プログラミング教育がわかる、プログラミング・ロボット教室がみつかる

子どもの夏休みの宿題はスタートダッシュが大事!

もうすぐ待ちに待った夏休み!子どもにとって長いお休みに入りますね。
ですが毎年必ずくる夏休みの宿題...

バンダイの調査によると、夏休みについて気にかかることは『宿題』と答えている親御さんが多いことが分かります。小学生の宿題は学校や学年によって内容や量が異なりますが、「多いな…」と感じている親御さんも少なくないと思います。

そして、子どもに任せたままにすると、夏休みが終わる直前に「終わってない!」「忘れていた!」と慌ててしまうこともあるのではないでしょうか。

(参考)株式会社バンダイ「小学生の夏休みに関する意識調査」 結果 

しかし、子どもにいくら「やりなさい!」と言っても、なかなか取りかかってくれないのが悩みの種。できれば、子ども自ら宿題に取り組んでほしいけれども、どうしたらよいのかわからない親御さんも多いと思います。

大人もやることが山積みだと、何から取りかかってよいのかわからず、やる気が失せて後回しになってしまう…そのようなことがありますよね。なので、まだまだ自分でスケジュール管理が難しいお子さんには、親御さんの手助けが必要です。

夏休みのはじめに計画を

宿題のやり忘れがないように、夏休みのはじめにスケジュールを作りましょう。

・TODO確認


まずは、出された宿題をリストアップ。このときは、日時は気にせず、やらなければいけないことをすべて洗い出しましょう。

例えば、読書感想文を書くなら、本を読まなければなりません。

なので、本を読む時間も考えながら計画しましょう。自由研究も、何をするかで必要な時間・日数が違うので、内容も早めに決めてしまいましょう。

洗い出す作業をすることで、やるべきことが確認できます。子どもも親も頭の中で整理ができ、宿題のボリュームもわかるので一緒に行いましょう。

・スケジュールを立てる



宿題をすべてリストアップしたら、次は日時を決めましょう。ここで大事なのは、親の一方的な指示にならないようにすることです。

子どもが考えたスケジュールについつい口を出したくなりますよね。しかし、そこはじっと我慢。子どもの意見も尊重しましょう。

さらに、あらかじめ決まっている予定や行事も確認し、いつやるべきか子どもと相談しながら決めます。

例えば、「○日に旅行へ行くから、この日までに計算プリントを○枚終わらせよう」など、宿題の話だけだとお子さんも嫌になってしまうので、楽しい行事の予定も話しながらすすめるとよいでしょう。

ゲーム感覚でできるスケジュール管理

宿題のスケジュールを決めたのはよいけれど、子どもがやる気にならなければ意味がありません。そこで、ゲーム感覚で楽しくできるスケジュール管理をご紹介します。

・カレンダーの活用



子どもの好きなキャラクターやデザインのカレンダーを準備します。カレンダーにリストアップしたものを書き込んでいきます。例えば、毎日漢字ドリルを2ページずつやり、その後は読書感想文の本を読むなど、毎日その日にすることを記入します。

低学年の場合、予定通りにできたらシールを貼るのもおすすめです。また、高学年の場合、タブレットやパソコンを活用して管理するというのも大人っぽくてよいですね。

・ホワイトボードの活用



100円ショップなどにも売っているA4やB5サイズのホワイトボードとマグネットを準備します。

朝起きてから寝るまでの1日のスケジュールを書いたり、週ごとの宿題計画を書いたりと子どもが使いやすい方式で記入しましょう。そして、予定通り終わったらマグネットを貼ります。

例えば、マグネットシートに『できた』などと書いたり、色分けしたりするとカラフルで楽しめます。

ポイントはホワイトボードを子どもが見やすい場所に置くということです。毎日見ることで、意識しやすく、「この時間までにやらなきゃ!」と頑張れます。

夜は子どもと一緒に進捗を確認


スケジュールを立てて、あとは実行するだけ!と思っても、なかなかスケジュールどおりにはできないですよね。スケジュール管理表を作っただけで満足してしまって放置…とならないように、毎日一緒にスケジュールを確認しましょう。

何よりも親御さんが毎日関わり、ちょっとしたことでも褒めてあげることで、やる気につながります。

スケジュール管理表を活用することで、宿題の進捗状況もわかりやすいので、『宿題があと少しで終わる』というゴールが見えます。

スケジュール管理表は、子ども任せにならないよう、または大人が一方的にやってしまうことがないよう、子どもと一緒に作り上るというのが大事なポイントです。

まとめ

スケジュール管理能力が向上することで、自分のやるべきことを知り、計画する力が養われます。このスキルを身につけることができれば、夏休みの宿題だけでなく普段の学習にも応用できそうですね。小さい頃に身につけておくととても便利ですよ。

そのために、まずは夏休みの宿題スケジュール管理からはじめてみませんか?スケジュール管理表をうまく活用して、夏休みの宿題をスタートダッシュで終わらせましょう!宿題の悩みが解決できれば、きっと親子で楽しい夏休みが過ごせますね。


記事が気に入ったら「いいね!」をしよう!
プログラミング教育に関する情報をお届けします!

この記事を書いた人


関連記事