口コミ数No.1プログラミング・WEBデザインスクール検索サイト

プログラミング学習の方法にはどんなものがある?メリット・デメリット、おすすめスクールまとめ

プログラミング学習をはじめるのに年齢制限はありません。

ビジネスにおいてもビッグデータ、AI、IoTなど新しい技術が拡大していくなか当然大人でもプログラミングを学ぶ意味があります。最新のプログラミング技術を学べば職場内での業務の幅も広がり転職やキャリアアップにも有利です。

とはいえ、大人は何かと忙しいもの。効率的に使って学びたいと考える人も多いでしょう。

ここでは大人がプログラミングを学ぶ際、どのような方法があるのか?それぞれのメリット・デメリットについて解説し、おすすめのスクールをまとめました。

注目!2020年10月よりスタートする給付金制度が申請できるプログラミングスクール情報を追加しました。

コエテコが選ぶプログラミングスクール・教室

  • DMM WEBCAMP 転職成功率98%&離職率2.3%。転職できなければ全額返金。DMM.comグループならではの非公開求人も多数

  • nestsデジタルクリエイティブアカデミー 制作会社が支援。WEBデザインからXRまで初心者も経験者も学べるスクール!通学・オンラインが選べます

  • N Code Labo 角川ドワンゴ学園が運営する実践的プログラミング教室!講師は全員エンジニアで少人数指導!

  • Tech Kids Online Coaching 専属コーチがマンツーマン指導!なんでも聞ける!チャットサポートありでオンラインでも安心

  • TECH I.S.(テックアイエス) 転職のみならず就業・副業にもオススメ!一生モノのプログラミングを身につけるならここ!

大人向けのプログラミングスクールとは?

「プログラミングを学ぶ」といっても、目的や方法は多岐に渡ります。
  • 趣味でゲームやロボットのプログラミングをできるようになりたい
  • 現在の仕事に役立たせるためにプログラミングで武装したい
  • プログラミングを武器にして就職したい
  • プログラミングを武器に転職をしたい
  • プログラミングスクールの指導者をめざしてみたい
    ……など
学ぶ理由や予算、生活スタイルによって最適な方法は変わってきます。

漠然と「プログラミングを勉強してみたい」と思ったら、まずは「なぜプログラミングを学ぶのか」「どのレベルのスキルを必要としているか」を整理して考えてみるのがコツかも知れません。

以下では、「大人がプログラミングを学ぶ手段」を挙げ、メリット・デメリットをまとめます。

大人向けプログラミングの学び方

大学・短大・専門学校で学ぶ

大学・短大・専門学校の「情報処理科」「情報工学科」などに入学または学士入学する方法です。専門学校の場合は「プログラマーコース」「webデザイナーコース」「ITエンジニアコース」などがあるようです。

メリットは、
  • じっくり腰を落ち着けて学べる
  • コンピュータの歴史や社会での役割など、歴史的で体系立った知識も学べる
デメリットは、
  • お金・時間がかかる
  • 学校によっては「学問」寄りの内容が多く、実践的でない
などが考えられます。

みっちり学べるのは魅力であるものの、週に3~5日通学するのは負担が大きいと感じる方もいるでしょう。第二新卒など、1〜2年間集中して学習する余裕のある人に向いている学び方です。

また、最近の大学では公開授業などの名称でプログラミングを学べる機会を提供している場合があります。「ちょっと触れてみたい」など、ライトに知識を得たいときには便利な機会かもしれません。

通学式のパソコンスクールで学ぶ

大都市の駅前にあるビルにはたいてい「パソコンスクール」があります。

フランチャイズのチェーンが多く、中心的なカリキュラムは「パソコン初心者コース」「Officeソフトコース」など「パソコンの一般的な使い方を学ぶ」スクールとしての性格が強くなっています。

最近では、これらフランチャイズのパソコンスクールでもプログラミングを学べる教室が増えてきました。

メリットは、
  • 手軽に通える
  • 通学スタイルの中では、比較的お手頃価格
デメリットは、
  • (動画学習の場合)専門の先生が現場にいないので、疑問点があっても質問しにくい
  • 自由登校式の場合、中断する(挫折してしまう)恐れがある
  • 就職指導などのカウンセリングが十分でないところが多い
現在の仕事を退職せず、会社の帰り道に学ぶには便利です。一方で、毎回レッスン予約をするのは案外面倒……という声もあります。

通信教育で学ぶ

テキストとDVDを使って学習する方法です。プログラミングの基礎から入り、プログラミング言語の仕組みなどを学べます。

メリットは、
  • 料金が比較的安い
  • 24時間じぶんの都合のいい時間に学べる
デメリットは、
  • モチベーションを保つのが難しく、挫折しやすい
  • スクールによっては、困ったときの質問がしにくい
  • 就職指導などのカウンセリングが十分でないところが多い
目的意識をきちんと保てる意欲ある人には向いている学び方かもしれません。

最近はデメリットをカバーするためにビデオ通話による個人指導を受けられる通信教育コンテンツ提供会社も現れているようです。

書物で学ぶ/インターネットのフリーコンテンツで学ぶ

完全独学!書店でじぶんに合った本を探して読み解いていく!という学習スタイルです。わからない点はインターネットで検索し、自己解決しながら学んでいきます。

メリットは、
  • お金がかからない
  • マイペースでじぶんの時間に合わせて学べる
デメリットは、
  • 強い意志が必要
  • 間違った知識を学んでしまったら、修正する機会がない
  • 就職・転職はゼロから努力しなくてはいけない
情報を収集する能力に長けていて、ちょっとやそっとではくじけない意志の持ち主ならチャレンジしてみてもいいかもしれません。


オンラインスクールで学ぶ

最近はZoomなどのビデオ通話を利用した学習により「通学と同水準の教育」をめざすオンラインスクールが増えてきました。

メリットは、
  • 比較的低価格
  • コースが細かく分かれているスクールが多く、学びたい分野だけを徹底的に学べる
  • 就職/転職、目標に向けてのカウンセリングがある
  • オンラインテキストを利用でき、教材がかさばらない
デメリットは、
  • 適したパソコンを自分で用意する必要がある
  • 友達やライバルなど、刺激しあえる相手が作りにくい
オンラインスクールは費用を抑えつつ、最新の技術を高いレベルで学びたい人が選択するケースが多いようです。

ライブ感あふれる授業ときめ細かなカウンセリングが好評の秘密かもしれません。

オンラインで学べるおすすめスクール3選

ここでは確かな実績のあるオンラインスクールを3つ、まとめます。

Tech Academy(テックアカデミー)|最短4週間で未経験からプロを育てる!

テックアカデミーは最短4週間で未経験からプロを育てるオンライン完結のスクールです。通学の必要は一切なく、自宅でプログラミング/アプリ開発などを学習できます。

その特徴はカバーする範囲が広い点にあります。

PHPをはじめWebアプリケーション/Python/フロントエンド/WordPress/iPhoneアプリ/Androidアプリ……など、現在のビジネスシーンが求めるプログラミング/webマーケティング/webディレクションに必要とされる技術を学ぶコースが網羅されています。

第二には学習内容をカスタマイジングできる点です。

必要とされる一つのコースだけを学ぶのもよし。ニーズに応じて2セット、3セットと複数のコースを同時に学ぶのも可能。その上最大118,000円の割引を受けられるメリットもあります。

第三にはサポート体制の充実でしょうか。

ブートキャンプと呼ばれる現役のプロがマンツーマンメンタリングで実践的スキルを提供してくれるサービスもあります。

学ぶひと一人一人に目的も必要とされる内容も違う。だからこそ必要な知識だけを過不足なく学べる。多忙で時間の制約がある現代のビジネスパーソンにこそオススメしたいオンラインスクールです。
TechAcademyはこちら 

テックキャンプ|挫折体験のある人も、かならずゴールに到達できる!

テックキャンプは東京4校、名古屋1校、大阪1校を提供するプログラミングスクールです。

プログラミングが国語や算数のような一般教養になる時代に向けて、挫折体験のあるひとでもかならずゴールにたどりつく仕組みづくりを進めてきました。

  • 通学コースとオンラインの両方で学習できる
  • Webサービス開発/デザイン/AI(人口知能)のすべてが学べる
  • メンター(講師)に質問し放題、学び放題

……というスクールで、すでに15,000人以上が参加しています。

未経験からログラミングを学びたい大人にとっては一つの有効な選択肢となるでしょう。
テックキャンプはこちら 

コードキャンプ|現役エンジニアがマンツーマンで指導!

コードキャンプは「ITスキルをプロから学びキャリアを広げるプログラミングスクール」をテーマにしたオンライン完結型の学習サービスです。

現役エンジニアがマンツーマンで指導する」授業スタイルが大きな特徴で、エンジニア転向/Web/Ruby/Java/デザイン/アプリ/Python/WordPress/ITリテラシー速習など、多くの分野で未経験からでも着実に学べる最適な学習カリキュラムを整備してきました。

また、幅広く言語を学べる「プレミアムプラスコース」「プレミアムコース」も好評です。

コードキャンプの魅力は、
  • 手厚い個別指導
  • 働き方、キャリアの選択肢を広げる
  • 日本全国、365日好きな時間に学習できる
などです。受講者は30,000名を突破(※2020年3月現在)し、レッスン満足は96.6%(※2020年3月現在)。導入企業は300社突破(※2019年8月現在)、という高い評価を得ています。

現役エンジニアから手厚い指導を受けたい方におすすめスクールです。
CodeCampはこちら 

受講料最大70%の助成!テックアカデミー15コースが認定

上記でおすすめ3選として紹介したプログラミングスクールのひとつ「テックアカデミー」の講座が第四次産業革命スキルに認されました。



給付金あり プログラミングスクール
経済産業省による第四次産業革命スキルとは、IT・データを中心とした将来の成長が強く見込まれ、雇用創出に貢献する分野において、社会人が高度な専門性を身に付けてキャリアアップを図る、専門的・実践的な教育訓練講座を経済産業大臣が認定する制度です。テックアカデミーの講座のうち、15コース・プランが第四次産業革命スキル習得講座として認定されています。

今回、第四次産業革命スキルに認定された15コース・プランは給付金の対象にもなっています。教育給付金は、教育訓練受講に支払った費用の最大70%が助成されます。

テックアカデミー プログラミング コース

人気の高いPython+AIのコースは8週間で268,000円です。給付金を申請すれば条件によりますが最大で70%が助成され、実質的にはPython+AIのコースを8万円程度で学べます。これはお得感が大きいですね!

諸条件があるので、必ず近くのハローワークに確認しましょう。

まとめ|プログラミング学習をはじめるのはいまがチャンス!

「将来に向けてプログラミング学習をはじめたい」と希望を持ちながらも、今まで一歩を踏み出せなかった人も多いでしょう。

新型コロナウィルスの影響で「在宅勤務」や「テレワーク」に注目が集まり、これを機に自分もテレワークできる職業に転職したい、と考えている人もいるかもしれません。

巣ごもりの風潮が続く今こそ、未来に向けて一歩を踏み出す最高のタイミングかもしれません。これを機に、ぜひ一歩を踏み出してみてくださいね。

コエテコが選ぶプログラミングスクール・教室

  • DMM WEBCAMP 転職成功率98%&離職率2.3%。転職できなければ全額返金。DMM.comグループならではの非公開求人も多数

  • nestsデジタルクリエイティブアカデミー 制作会社が支援。WEBデザインからXRまで初心者も経験者も学べるスクール!通学・オンラインが選べます

  • N Code Labo 角川ドワンゴ学園が運営する実践的プログラミング教室!講師は全員エンジニアで少人数指導!

  • Tech Kids Online Coaching 専属コーチがマンツーマン指導!なんでも聞ける!チャットサポートありでオンラインでも安心

  • TECH I.S.(テックアイエス) 転職のみならず就業・副業にもオススメ!一生モノのプログラミングを身につけるならここ!

RECOMMEND

この記事を読んだ方へおすすめ