国内最大級プログラミング・WEBデザインスクール検索サイト

「中小企業デジタル化応援隊」事業でどのくらい稼げる?上限はある?

中小企業庁と独立行政法人 中小機構がタッグを組んで日本のデジタル社会のレベルアップをめざす「中小企業デジタル化応援隊」事業

応募したIT専門家にとっても、基本的に時間単価4,000円円以上(税込)の実費+謝金が見込める魅力的な制度です。

コロナ禍の2020年、仕事減やプロジェクトの中断などの問題に悩むフリーサンス、副業、兼業の人も多いなかでグッドニュースといえるでしょう。

「でも、本当のところ、どれぐらいのお金が稼げるのかな?」と考えてしまうのも人情です。

ここでは、制度のおさらいをしつつ「この制度に登録したIT専門家がどれぐらいの収入を期待できるか」予測します。

無料セミナー毎日開催中!「中小企業デジタル化応援隊」のすべてがわかる

中小企業庁・中小機構発のプロジェクト「中小企業デジタル化応援隊」への登録は2021年1月31日まで!

時給4,000円以上が期待でき、副業・フリーランスの新規クライアント開拓にもつながる「IT支援員」に登録してみませんか?
  • それぞれに合った案件をマッチング。「対応できる仕事」にだけ応募できる
  • デジタルツールの知識さえあれば、特別な資格は不要
  • ご縁のあった中小企業とは別途個別契約(クライアント開拓)も可能
コエテコでは、無料オンラインセミナー毎日18時〜開催中!
疑問や不安は、セミナーですべて解決できます。

まずは気軽に、話だけでも聞いてみませんか?

\フリーランスが社会を変える/
IT専門家登録後のフローについて聞く(専門家登録は2021年1月末で終了します。)

「中小企業デジタル化応援隊」事業とは?

現在のビジネスは、あらゆる意味でデジタル化、IT化競争と言われます。

AI、IoT、Eコマース、オンライン会議などの最新技術を取り入れて、スリムで高収益を得られるビジネスモデルを確立した企業だけが生き残れる時代。

残念なことに、この競争は、日本の99.7%を占めるという中小企業(総務省と経済産業省「平成28年度経済センサス-活動状況」による)にとっては不利な戦いになっています。

会社のなかにデジタル化、IT化を進める専門家の数を十分に置くことができないために、競争に乗りおくれる企業があっては日本社会にとっても大きな損失となります。

「中小企業デジタル化応援隊」事業は、デジタル化、IT化に悩む中小企業と、フリーランス、副業、兼業などの立場で働くIT専門家マッチングするプロジェクトです。

時代に乗りおくれまいとする中小企業にはデジタル化の機会を、コロナ禍の不況に苦しむIT専門家には収入増のチャンスをもたらす一挙両得なプランとして注目を集めています。

「中小企業デジタル化応援隊」事業の「報酬」の考え方は?


「中小企業デジタル化応援隊」事業の基本は、マッチングされた中小企業IT専門家の直接の取引となります。

企業側のニーズに対して、どのようなメリットを提供できるかを提案して、それに必要な時間単価と時間数が同意され委託契約が結ばれることで仕事が開始する点においては通常の取引と変わりありません。

「中小企業デジタル化応援隊」事業事務局のサポートは、同意された取引金額中、時間単価最大3,500円(税込)までを謝金として補助する形で行われます。

一方で、中小企業の側には、実費として最低でも時間単価500円(税込)を支払う義務があります。

このためのIT専門家が受け取る時間単価は基本的に3,500円+500円=4,000円(税込)を期待できる仕組みとなっています。

報酬のイメージ

IT専門家が受け取る時給 事務局からの謝金 中小企業負担額
3,000円/時の場合 2,500円/時(税込) 500円/時(税込)
4,000円/時の場合 3,500円/時(税込) 500円/時(税込)
10,000円/時の場合 3,500円/時(税込) 6,500円/時(税込)

報酬に関する実際の運用は?

基本は時間単価4,000円(税込)以上とわかっても、シビアな時代なのでIT専門家の皆さんもつい不安になる部分もありそうです。

ここでは、そのような疑問のいくつかについて解説します。

時間単価4,000円(税込)以下になることはないのか?

報酬金額を中小企業と直接に交渉する段階で値引きが要求されるのでは?だれもが感じる不安でしょう。

しかし現実問題「中小企業デジタル化応援隊」事業においては「理屈の上ではありうるけれど、現実的に時間単価が4,000円(税込)以下になるケースはまず起きない」と思っていいでしょう。

企業側が支払うお金は最低500円/時と決まっています。

一方で「中小企業デジタル化応援隊」事業事務局からの謝金は最大3,500円/時となります。

中小企業の立場からすれば、IT専門家と同意する時間単価が500円でも4,000円でも、支払う金額は変わりません。

よりよいサービスを受けたい企業側としては、4,000円/時で同意しようと考えるのは当然でしょう。

このために「中小企業デジタル化応援隊」事業によるほぼすべての支援は、時間単価4,000円以上で行われると推測されます。

時間単価4,000円以上の報酬はありえるのか?

可能です。

IT専門家の仕事も多様であり、AI開発の企画など極めて高い専門性のある仕事をしている人もいます。

当然、そのような人物に依頼すると高額の費用が必要になります。

「中小企業デジタル化応援隊」事業では、そのようなハイスペックな人材に依頼する場合にも恩恵をもたらすようになっています。

たとえば通常、時間単価10,000円(税込)の費用がかかるIT専門家に依頼しても、支援を事務局が承認すれば10,000円-3,500円=6,500円(税込)の時間単価で依頼できます。

高レベルな提案を必要としている中小企業にとって、これは十分に魅力的でしょう。

時間単価4,000円という金額を見て「安い」「物足りない」と考えるIT専門家も「中小企業デジタル化応援隊」事業を利用する意義は十分にあります。

報酬の上限は決まっているの?

「中小企業デジタル化応援隊」事業事務局からの謝金は、2つの上限が決められています。

1.1人のIT専門家あたりの累積:150万円(税込)

IT専門家は複数の中小企業の支援を請け負うことはできますが、事務局から支払われる謝金の総金額は最高150万円(税込)(時間単価3,500円の場合、約420時間)と決まっています。

2.中小企業一法人あたりの謝金の累積:30万円(税込)

中小企業も複数のIT専門家の支援を受けられますが、1つの会社や法人が利用できる謝金の合計は30万円(税込)(時間単価3,500円の場合、約85時間)となります。

このために一つの支援計画あたりの謝金も30万円(税込)が限度となります。

今回の「中小企業デジタル化応援隊」事業が2021年2月末までに支援実施報告を出す必要のある短期集中型のものなので、あまり意識しないでも大丈夫な上限といえます。

ただ、支援内容はコンサルティング的な内容に限られ、実際のデザインコーディングを行った部分に関しては謝金が支給されないのでご注意ください。

時間数の決め方はどうすればいい?

「中小企業デジタル化応援隊」事業の謝金が受けられる時間数は、実際の稼働時間になります。

中小企業と打合せを行う時間だけでなく、検討調査情報収集ドキュメント作成にかかる時間も換算できるのでご安心を。

もちろん、時間設定は合理的な説明のつく範囲でなければいけません。

過剰な時間設定は、事務局の審査で「修正依頼」「事務局審査NG」となる場合もあるので要注意です。

実費は請求できるかな?

「中小企業デジタル化応援隊」事業事務局から支払われる実費は片道100km以上の場合での交通費往復1回分に限られています。

しかし、複数の訪問が必要な場合、調査のための書物を購入する場合など、支援のために必要な経費に関しては、あらかじめ中小企業とIT専門家の契約内容に含めてあれば、謝金支給の対象になります。

また、支援の過程で新たな経費が発生する場合には、再度委託契約を締結して事務局の審査を受けることで謝金が受けられる場合もあります。

まとめ|技術を活かして短期間でしっかり稼ぐチャンスかも

2020年、コロナ禍が世界を襲うなかでIT業界もまた試練の時代を迎えています。

進行中のプロジェクトが中断・中止・変更になり、予定していた収入が得られないフリーランス・副業・兼業のIT専門家も少なくないでしょう。

そんななかではじまった「中小企業デジタル化応援隊」事業は、実質的な時間単価4,000円(単価)以上が想定され、お金の面から考えればかなり有利な設定となっていると思われます。

年末年始に思わぬ時間が空いてしまったIT専門家のみなさんが、その知識・技術・経験を活かして、デジタル化に悩む中小企業に貢献しながら、しっかり収入も獲得するよい機会といえるでしょう。

登録申請〆切りは2021年(令和3年)1月31日

支援実施報告期限が2021年(令和3年)2月28日

意義大きな仕事で、しっかり稼ぐ。第一歩となる登録申請はお早めに!

無料セミナー毎日開催中!「中小企業デジタル化応援隊」のすべてがわかる

中小企業庁・中小機構発のプロジェクト「中小企業デジタル化応援隊」への登録は2021年1月31日まで!

時給4,000円以上が期待でき、副業・フリーランスの新規クライアント開拓にもつながる「IT支援員」に登録してみませんか?
  • それぞれに合った案件をマッチング。「対応できる仕事」にだけ応募できる
  • デジタルツールの知識さえあれば、特別な資格は不要
  • ご縁のあった中小企業とは別途個別契約(クライアント開拓)も可能
コエテコでは、無料オンラインセミナー毎日18時〜開催中!
疑問や不安は、セミナーですべて解決できます。

まずは気軽に、話だけでも聞いてみませんか?

\フリーランスが社会を変える/
IT専門家登録後のフローについて聞く(専門家登録は2021年1月末で終了します。)

RECOMMEND

この記事を読んだ方へおすすめ