中学生/高校生/大学生/社会人/法人向け、プログラミングスクール&WEBデザインスクール検索サイト

フリーランスエンジニアとは?サラリーマンエンジニアと比較したメリット・デメリット

今回はフリーランスエンジニアとサラリーマンエンジニアの違いについて解説します。
  • 現在会社に所属しているがフリーランスエンジニアに興味がある
  • スキルを学んでいる最中だがフリーランスかサラリーマンエンジニアか迷っている
  • フリーランスエンジニアはサラリーマンエンジニアより収入はよいのか知りたい
  • それぞれのメリット・デメリットを比較したい
上記のようなことを考えている人にとって参考になる内容です。

プログラミングスクールで、転職に有利なスキルが学べる!

フリーランスエンジニアとは

フリーランスエンジニアとは、会社などに属さず、個人で独立して働くエンジニアです。一般的なフリーランスと違い、大きくわけるとエンジニアには以下の2つの働き方があります。
  • 在宅ワーク
  • 客先常駐型
在宅ワークは言葉どおり、案件を受注し家で作業をします。

客先常駐型は現場常駐型とも呼ばれ、案件を発注した会社に出向いて、そこのPCなどを利用して作業を行います。フリーランスエンジニアでも高額な年収を得ている人の多くが、客先常駐型です。これは大型のプロジェクトが多いことや、他の工程と関連した作業が必要なこと、またクライアント側もエンジニアが出勤してくることでコミュニケーションが取りやすく、安心感もあることから、長期契約を結び、従って高い金額の案件が多くなるわけです。

在宅勤務でも高額な案件はありますが、客先常駐型よりは安価な案件のほうが多いようです。案件の相場や目安については、後半で解説します。

サラリーマンとフリーランスエンジニアの違い


フリーランス サラリーマン
働き方 自由に裁量できる 会社の指示に従う
仕事内容 案件を選べる 希望は出せるが
原則会社が決める
収入・給与の判断 スキルと需要による 会社の方針による
年功序列・成果重視など
収入 年収700万〜1,000万以上もあるが
ほとんど収入がないケースもある
安定している
同じスキルの場合、フリーランスと
比べて低いことが多い

働き方について

フリーランスは「フリー」ですから仕事をする時間も場所も自由に選べます。しかし、フリーランスとしてはより高い年収が見込める客先常駐型では、会社員エンジニアと同じく、勤務時間や場所が決まっています。とはいえ、案件を自分で選べるわけですから、条件が合わないなら受注しなければいいわけです。

いっぽうでサラリーマンエンジニアは、当然ながら会社が指示する働き方をします。フレックスなども広がってはいますが、原則としてサラリーマンエンジニアは労働時間の規則があり、勤務先も決められています。

仕事内容について

仕事の内容についても、ほぼ働き方と同じで、フリーランスは自分で内容を見て決められますが、サラリーマンは会社の決めた業務を行います。

収入や給与の判断基準について

フリーランスの場合、案件に見合ったスキルや実績があれば受注できます。高レベルのスキルや高い実績があれば、高額な案件を受注できるため収入も高くなります。

サラリーマンは会社によって、年功序列が優先されたり、成果主義であったり、方針に従って給与が決定します。

収入について

一般的に言われることは、同じスキルであればフリーランスのほうが高い収入を得ているという点です。必ずしもすべてではありませんが、フリーランスに仕事を発注するということは、発注側は社内にその仕事を行う人材がいないわけで「外注する」ために高めの金額を提示します。好条件の案件を請け負えるフリーランスの年収は700万〜1,000万を越えることもあります。

しかし、ニーズのあるスキルを持っていない、実績がない場合には逆に安い単価の案件しか受けられません。またずっと仕事が受注できる保証もないので、収入の見込みは不透明です。

サラリーマンは収入を安定して得られ、さらにボーナスもあります。また社会保険等の会社負担分を考えると、フリーランスよりもサラリーマンエンジニアのほうが結果的に生涯賃金が高くなることもよくあります。

フリーランスエンジニアのメリットとデメリット

エンジニア メリット デメリット フリーランス

メリット
  • 自分で仕事を選べる
  • 仕事の量も自分で決められる
  • 全体的には収入は高め

デメリット
  • 収入が不安定
  • 自分で仕事を探し続けなければならない
  • 社会保険や失業保険がない
  • 仕事上のトラブル時にはひとりで対応しなくてはならない
  • 社会的な信用が低いのが一般的
フリーランスの収入が不安定であることや、仕事を探し続けなければならない点などはフリーになる時点で多くの人が認識しています。実際にフリーランスになって実は大きいのが「社会的な信用」の問題です。たとえば住宅ローンを組むという場合、収入が不安定であるために審査が通りづらいといった面があります。

また、産休や育休といった制度はなく、失業保険もないので「休んでしまうと収入がない」ことも注意したいことです。

しかし、スキルや実績次第でフリーランスエンジニアは年収1,000万を越えることもあります。高年収のフリーランスエンジニアになることが、デメリットである社会的信用をも高めることになります。

サラリーマンエンジニアのメリットとデメリット

メリット
  • 収入が安定している
  • 社会保険完備
  • 福利厚生が充実している
  • 社会的な信用が高い
デメリット
  • 希望していない仕事もしなくてはならない
  • 会社によるが昇進・昇級が思ったとおりにいかない
  • 人間関係がうまくいかなくても部署替えなどしづらい

サラリーマンは毎月の収入があり、安定していることが一番のメリットです。

しかし、会社に所属する以上は会社の方針・規則に従わなくてはなりませんから、やりたくない仕事であっても、これは自分の業務外ではないかと思っても、指示があれば行わなくてはなりません。たまたま相性の悪い上司とあたったとしても部署替えなどもすぐに通ることはなく、ストレスがたまるケースもあります。

会社というバックグラウンドがあるため、収入が保証されているとみなされ、社会的信用が高いことは生活するにあたっては大きなメリットです。また、産休や育休、病気になった時も一定期間の収入があるなど福利厚生面の制度が充実していることも大きいですね。

フリーランスエンジニアかサラリーマンエンジニアか

フリーランス サラリーマン エンジニア

ではフリーランスエンジニアとサラリーマンエンジニアとどちらがよいのでしょうか? どちらも一長一短といったところです。

つまり、自分がどちらに向いているか、何を求めているかで判断するしかありません。

フリーランスエンジニアが向いている人
  • スキルがあり好条件の案件を受注できる
  • 人脈が広く仕事のつながりが構築されている
  • 組織に属することでストレスを感じやすい
  • スキルを活用し高い年収を得たい
  • 逆に年収にこだわらず自由に仕事をし自由に休みたい

サラリーマンエンジニアは決して悪くはない!

フリーランスエンジニアをめざす前に、一度ぜひ「会社員・サラリーマンエンジニア」について今いちど考えてみることをおすすめします。

というのも、会社員ならではのメリットは見ているだけだと「魅力的」に映りづらいんですね。独立とかフリーランスには自由があり、大きな将来をめざすこともできる。けれどサラリーマンといえば「会社の言いなり」「やりたいこともできない」「我慢することばかり」と思いがちです。

それは確かに事実としてあるのですが、ではフリーランスは自由でバラ色の未来かといえば、これも約束されたわけではありません。どちらかといえば、サラリーマンエンジニアのほうがいろいろと「約束され守られている」のです。サラリーマンエンジニアの良さを充分に理解した上で、フリーランスエンジニアをめざすことが実はとても大切です。

フリーランスエンジニアになって、結局、サラリーマンエンジニアに戻る人も少なくありません。それはそれでフリーランスとして経験したことが決して無駄にはなりません。

いずれにしても、自分の人生と働き方をじっくり考え、スキルを身に付けながら具体的なキャリアパスを描いていきましょう。

フリーランスエンジニアの仕事を受注する方法とは

フリーランス エンジニア 仕事
* 引用:【ランサーズ】フリーランス実態調査2018年版

フリーランスエンジニアが仕事を受注する方法でもっとも多いのが人脈です。二番目の過去・現在の取引先も人脈の一種とも言えますね。

人脈をフル活用

なんといっても仕事を受注するには「人脈」がもっとも大きなポイントです。フリーランスエンジニアは、だから一度はサラリーマンエンジニアの経験を持っていたほうがやりやすいのは事実です。仕事に直結する人脈はやはり会社で知り合った人が一番多いからです。

あるいは会社員エンジニアでなくても、業界に一時期でも身を置くことで仕事に関連する知り合いが増えます。ひとつの仕事をきっかけにして、また次の仕事につながるのはよくあることです。

クラウドソーシング

手軽なのはクラウドソーシングを利用して仕事を受注する方法です。

高額な案件ばかりではありませんが、最初のうちは小さな仕事でも受けてきちんと結果を出すことで「信用」を得られます。信用があれば、もっと大きな案件をお願いされることもあるでしょう。クラウドソーシングはお互いに初対面同士をマッチングするわけですから、仕事を出す側も、受ける側も、初回は不安が残ります。

しかし、仕事を繰り返すうちにクラウドソーシングで出会ったクライアントと「人脈」が築けます。そうすれば、もっと別の仕事にもつながります。

ポテパンフリーランス


エンジニアに特化した案件紹介サービスです。Ruby、JavaScript、PHP、Pythonなどのキーワードから案件を探すことも可能です。
ポテパンフリーランスはこちら 

ココナラ


ココナラは、自分のスキルを売り込むサイトです。既に実績のあるエンジニアなら、上手に活用すれば、希望の条件で仕事を受注できます。
ココナラはこちら 

クラウドワークス


フリーランス向けの案件マッチングとして多くの実績があるクラウドワークス。エンジニア系の案件も多く、特に初心者向け・未経験者OKの案件も見つけやすいのが特徴です。
クラウドワークスはこちら 

将来性のあるフリーランスエンジニアになるために

「いつ仕事がなくなるかわからない」のがフリーランスエンジニアにとっては一番の不安です。仕事が常にある=ニーズのある案件に対応できるだけのスキルがある人、です。さらにIT業界は常に進歩しています。新しいスキルが次々と生まれ、過去のスキルがあまり必要とされなくなることも少なくありません。

そのためにはスキルアップはとても大切です。

自分ひとりでは新しいスキルを学ぶことや、今後の業界の動向などはなかなかわかりません。その点、しっかりしたスクールでは転職や独立に関しても具体的なアドバイスをくれます。特にこれから何を学び、どのような方向でキャリアプランをたてていくかまでサポートしてくれるスクールを選べば、将来に向けて着実に進めるでしょう。

また、これからエンジニアをめざす人も、スクール選びは重要です。スクールについては次の記事を参考にしてください。


自分が求めている働き方で、納得のいく収入を得て、充実した人生を送りたいですね。

プログラミングスクールで、転職に有利なスキルが学べる!

あわせて読みたいガイド

ガイドを読めばプログラミング教育がスッキリわかる!
プログラミングまるわかりガイドを読む

RECOMMEND

この記事を読んだ方へおすすめ