口コミ数No.1プログラミング・WEBデザインスクール検索サイト

プログラミングスクールと専門学校との違いが知りたい!どちらを選ぶのがベスト?

プログラミングを学びたいと考えたときに、プログラミングスクールと専門学校のどちらへ通えば良いのかわからない人もいますよね。どちらに通った場合でも一長一短ですが、より自分の目的に沿った方を選ぶようにしたいですね。

この記事では、プログラミングスクールと専門学校の違いをわかりやすく解説します。それぞれの内容を徹底比較して、自分に合う学び方を考えていきたいですね。

プログラミングスクールで、転職や副業に有利なスキルが学べる!

プログラミングスクールと専門学校の違いをざっくりと解説!

プログラミングスクールと専門学校では、大きく分けて以下のような違いがあります。

費用面

プログラミングを学ぶ専門学校の費用は、おおよそ200〜300万円かかるといわれています。それに対し、プログラミングスクールの相場は40〜60万円前後の授業料のところがほとんどです。なかには無料で通えるプログラミングスクールもありますが、条件が厳しいところもあるため、入会前に必ず規約などには隅々まで目を通しておきたいですね。

学習期間

専門学校の学習期間は、2〜3年かかるところが多くあります。それに対し、プログラミングスクールは約2〜6ヶ月ほどでカリキュラムを終えられるところが大半です。なかには10日間ほどで基礎学習を終えられるスクールもあるため、自分の学習したい内容を把握したうえで選択するようにしましょう。

オンライン受講

専門学校では対面授業をするところが多く、オンライン受講ができない場合がほとんどです。それに対し、プログラミングスクールはオンライン受講可能なところが多くあります。地方に住んでいて通うことが難しい場合には、オンライン受講可能なプログラミングスクールを選ぶと良いでしょう。

就職面

専門学校から就職する場合、新卒採用が一般的になることを覚えておきましょう。それに対し、プログラミングスクールでは中途・未経験者も採用される求人を紹介してもらえます。社会人として働いている人や主婦の場合は、中途・未経験者の転職に手厚いサポートが受けられるプログラミングスクールを選びたいですね。

学習範囲

プログラミングだけではなくIT全般について幅広い知識を得たいなら、専門学校を選ぶと良いでしょう。それに対し、プログラミングスクールはコース毎に特化していることが特徴的です。プログラミングスクールのなかには、AIに特化したカリキュラムや特定のプログラミング言語に特化したカリキュラムなどがあります。
参考:エンジニアのススメ

学びたい内容が決まっているならどちらを選べば良い?

学びたいプログラミング言語など自分の目的が明確になっている場合には、プログラミングスクールがおすすめ。カリキュラムが細かく分かれているため、より専門的な知識を学びやすいことが特徴です。目指したい職業が決まっている人も、学ぶ範囲を絞り込めるためプログラミングスクールを選ぶ人が多い傾向があります。

早く就職したいならプログラミングスクールを選ぶべき理由

一刻も早く就職・転職したいと考えているなら、プログラミングスクールを選びましょう。専門学校は2〜3年の期間がかかるのに対し、プログラミングスクールなら1〜6ヶ月でカリキュラムを受講し終えられることがメリットです。転職保証なども手厚く、スクールによっては転職できなければ返金保証などのサービスを受けられるところもあるため確認しておきましょう。

【注意】「返金保証」について知っておきたいこと

多くのプログラミングスクールが制度を設けている「返金保証」。実は、スクールによって条件や期限が細かく異なることをご存知ですか?

中には「スクールの提供する転職支援以外の方法(自分で探す、など)をとった場合、返金保証が打ち切られる」場合なども。こちらの記事では知っておきたい「返金保証」についてまとめていますので、ぜひ一度ご覧ください。

すでに社会人の場合は、プログラミングスクールがおすすめ

IT業界への転職を検討し、社会人のうちからプログラミングスクールへの受講を検討している人は少なくありません。しかし、社会人の場合は仕事を続けながらスクールに通う時間を確保する必要があります。

専門学校の認可には1,700時間以上の授業を受ける必要がありますが、プログラミングスクールは民間が運営しているため、柔軟性に富んでいます。プログラミングスクールの受講期間は数ヶ月~半年と短期集中が中心だったり、オンラインで受講できるスクールも多いので、学習を続けやすいのが特徴です。スクールによっては、1人1人の生徒向けにカスタマイズされたスケジュールや、カリキュラムを受けられるところもあります。

仕事をしながらプログラミングスキルを身につけるなら、多くの学習時間が必要な専門学校より、柔軟性の高いプログラミングスクールの方が続けやすいのでおすすめです。

おすすめのプログラミングスクール3選

ここでは、コエテコがおすすめするプログラミングスクール3選をご紹介します。

DMM WEBCAMP


自身の目的に合わせて適切なコースを選びやすいのは、DMM WEBCAMPです。「自分のペースで勉強したい」「確実に転職したい」など、生徒の要望に丁寧に応えてくれるスクールとして、定評があります。300件以上の求人があり、プログラミング未経験者からでも就職・転職しやすいことが強みです。

最大56万円がキャッシュバックされるDMM WEBCAMP COMMIT専門技術コースなら、授業料を安く抑えて本格的なプログラミングを学べます。

DMM WEBCAMPはこちら

RUNTEQ


企業が求めるスキルを短期間で身につけられるのは、RUNTEQです。開発現場で求められるのは、問題があったときに自己で解決できる「自走力」です。RUNTEQでは、プログラミングの基礎から応用まで学ぶことができ、現場で必要とされる自走力を身につけられます。課題解決型のカリキュラムを採用することで、ユーザー目線の開発を学ぶことが可能です。

プログラミング初心者向けのWebマスターコースは、5〜9ヶ月の受講期間で授業料は437,800円(税込)です。

RUNTEQはこちら

COACHTECH


プログラミング初心者でも、学習挫折率が3%を誇るのはCOACHTECHです。フリーランス特化型のオンラインスクールであるため、フリーランスエンジニアを目指す人から選ばれています。現役エンジニアが専属コーチになってくれるから、現場目線の指導をしてもらえることがCOACHTECHの魅力です。

14日間の全額返金保証があるため、プログラミング学習に自信がない人に向いているスクールだといえるでしょう。5ヶ月プランのフリーランスコースなら、385,000円(税込)で受講できます。

COACHTECHはこちら

まとめ

専門学校かプログラミングスクールかで迷ったときには、「自分が何を学びたいか」を主軸にして選ぶ必要があります。そのためには、将来どの道に進みたいかを具体的に描いておく必要がありますね。

自分の目的に合った学習方法を選んで、スムーズにプログラミング学習をスタートしていきましょう!

プログラミングスクールで、転職や副業に有利なスキルが学べる!

RECOMMEND

この記事を読んだ方へおすすめ
  • 質問 プログラミングスクールが「N週間でエンジニアになれる」というのは本当ですか?

    答え 事実ですが、個人の資質次第なところも(詳しくはこちら

  • 質問 返金保証のないスクールは、やめておいたほうがいいですか?

    答え 返金保証の有無はあまり関係ない!(詳しくはこちら

  • 質問 転職保証は本当ですか?どんな人でも保証されますか?

    答え 本当ですが、一定の条件があります(詳しくはこちら

  • 質問 未経験でもスクールの授業についていけますか?

    答え ついていけます!が、最終的には個人の努力次第(詳しくはこちら

  • 質問 「卒業率99%!」のような数値は信用してよいのでしょうか?

    答え 嘘ではないが、計算にトリックがあるかも(詳しくはこちら

  • 質問 どのプログラミング言語(Ruby、PHP、Java…etc.)がよいですか?

    答え 結論、どれでもOKです!(詳しくはこちら

  • 質問 メンターが素人や学生の場合もあると聞いたのですが……

    答え そういうケースもあります。が、必ずしもエンジニアから教わるのが正解ではないかも。(詳しくはこちら

  • 質問 SES/受託企業/事業会社の違いは何ですか?SESはよくないのですか?

    答え 転職先で多いのはSES/受託。大事なのは「自分に合うか」(詳しくはこちら

  • 質問 スクールはどのような基準で選んだらいいですか?

    答え まずは目標の自己分析を。カウンセリングで雰囲気を見きわめよう(詳しくはこちら