中学生/高校生/大学生/社会人/法人向け、プログラミングスクール&WEBデザインスクール検索サイト

ドローン物流とはどんな仕組みなの?実現するまでの課題とは

コエテコが選ぶ!子どもにおすすめのオンラインプログラミング教材

LITALICOワンダーオンライン 継続率98%!自宅で楽しく少人数レッスン★PC初めてから上級者までOK

D-SCHOOLオンライン 子どもが大好きなマイクラでプログラミングが学べる。コエテコ人気No.1!

プログラミングキッズ プログラミングのプロ集団が運営。1クラス定員6名のリアルタイム双方向授業で学べる 

Tech Kids Online Coaching ゲームのように楽しく学べる!全420レッスンでプログラミングの基礎を身につける 

アイティーンズラボ 一人一人の個性や特徴に応じて学べる!動画やデザインや資格対策が学べるクラス有り


ドローンは農業や災害対応など、幅広い場面で導入されるようになりました。ドローンスクールが全国各地で開校されているように、多くの人にとってドローンはより身近な存在になりつつあります。現在、大きな注目を集めているのは、ドローン物流サービスです。

日本国内でドローン物流が実現すれば、荷物をよりスピーディーに運べるようになることが期待されています。ドローン物流を実現させるために、大手企業によるさまざまな取り組みもスタートしています。

この記事では、ドローン物流実用化を目指している現状や、ドローン物流におけるメリットやデメリットをご紹介します。来るドローン物流の実現に向けて、ドローン物流の詳細を理解しておきましょう!

コエテコが選ぶ!子どもにおすすめのオンラインプログラミング教材

物流業界が抱えている課題とは?

物流業界では、オンライン通販を利用する人が増えたことで多くの課題を抱えています。まずは、再配達による時間と労力のロスです。都内では35%ほどの荷物は、不在配達となり持ち帰るという問題が起こっています。不在配達による行き違いで、配達員と客間に生じるトラブルも少なくありません。

また、物流量が年々増加していることにより、交通渋滞が慢性的に起こっていることも問題視されています。交通渋滞により、荷物を時間通りに配達できないなど悪循環も起こっていることが物流業界の現状です。さらに、荷物量に対して、圧倒的にドライバー数が少ないことも問題となっています。ドライバー達の高齢化により、現場からは労働力不足も叫ばれています。

CO2排出量を削減させていくことも、トラック輸送をする際には大きな課題だといえるでしょう。自転車配達を導入している企業もありますが、大型の荷物や長距離の移動には向かないことが問題点だといえます。
参考:楽天

2022年にドローン実用化を目指す物流業界

日本では2022年にドローン物流を実現させるために、実証実験が各地で行われています。産業用のドローンにおける市場規模も、2019年から2025年までに4.5倍ほどまで成長するといわれ、注目を集めています。ドローン市場を牽引するとされているのは、ドローン物流も含まれる「サービス分野」です。

政府は「空の産業革命に向けたロードマップ2019」を発表した際に、2022年を目標にドローンを活用した荷物配送の実現を目指したいと宣言しました。具体的な方法として、技術開発や環境整備を行いながら、過疎地からサービスを導入していきます。次いで、郊外の人が密集しないエリアへ拡大し、最終的には都心部や市街地でもサービスを広げていく方針です。

しかし、ドローンが抱えている問題点として、精密機器や重量が重いものの運搬が難しい点が挙げられます。そのようなドローンの弱点を補うためにエアロネクストの「4D GRAVITY® 」の導入が注目を集めています。ハードウェアとソフトウェアの技術を駆使することによって、ドローンを正確かつ安全に目標地点へ飛ばすことを実現できると予想されています。
参考:AERONEXT

日本や世界でスタートしているドローン物流

日本では、2022年の本格的なドローン物流のスタートを目指して、各地でドローン物流が導入されるようになりました。この段落では、2021年4月時点で導入されている日本や世界のドローン物流の一部をご紹介します。

世界で初めて導入されたドローン物流「そら楽」

楽天が業界の中でもいち早く導入したドローンサービスは、「そら楽」です。そら楽は第一弾プロジェクトとして、ゴルフ場へドローン技術サービスを提供していました。コントローラ不要のマルチコプター型ドローンの「天空」を導入し、完全自律飛行するドローンを実現しました。

専用のショッピングアプリを利用することで、搭載されている「重量インジケーター」が自動で商品の重さを表示してくれます。「ドローンダッシュボード」からは、飛行中のドローンの状態を随時チェックすることが可能です。
参考:RakutenDrone

Amazonのドローン配送サービス

通販サービスとして大手のAmazonは、2020年に「航空運送業者」として米連邦航空局からドローン配送開始の許可を得ています。ドローンが排気ガスを出さない点や交通渋滞を引き起こさないというメリットがあることから、ドローンの実証実験に踏み出したといわれています。

ドローン配送の実証実験も重ねていますが、未だ政府が規制を決めかねていることや安全性などの問題からドローンが本格的に配送に導入されるのは数年先になると予想されています。なお、Amazonが初めて試験運用としてドローンで輸送したのは、企業間の医療品でした。ドローンの実証実験を行った際に、近隣住民からは「騒音や安全性に対する不安感」で苦情が出た点については今後のドローン配送の課題となりそうです。
参考:WIRED

ドローン物流のメリットとデメリットを知ろう!

それでは、ドローン物流が実現された場合のメリットとデメリットを理解していきましょう。私たちはドローン物流が実現されたとき、どのように活用していくべきなのでしょうか?

ドローン物流のメリット

ドローン物流が実現することのメリットは、以下の通りです。
  • 交通渋滞を緩和することが可能
  • よりスピーディーに荷物を宅配できる
  • 運搬時のコストを抑えられる
  • 運送業の人手不足を補える
  • 過疎地や被災地へも宅配できる
  • 配達員と客間でのトラブル防止
日本国内のドローンの飛行高度は、150m未満と定められています。150m未満の高度なら、直線的に荷物を運搬しやすくなります。これによって、道路を利用して配送するよりも、よりスピーディーに荷物を宅配できます。

また、東日本大震災のような荷物の運搬が困難な場面においても、ドローンの活用は期待されています。被災地では二次災害に巻き込まれる恐れもありますが、ドローンを有効活用することでそのような被災を防ぐことができるでしょう。
参考:ATCL

ドローン物流のデメリット

それでは、ドローン物流におけるデメリットを確認していきましょう。
  • ドローンが破損し墜落する可能性がある
  • ドローンが墜落する際に人に被害を及ぼす可能性がある
  • ドローンと荷物が盗難に遭う可能性がある
  • 荷物の重量制限が予想される
 ドローン物流のデメリットとして問題視されているのは、人に被害を及ぼす可能性が否定できない点にあります。ドローンの墜落時に、大怪我を負わせるなど重大な被害を及ぼしてしまうことを心配する人は少なくありません。家や所有物にドローンがぶつかった際に、器物損害を起こす可能性もあるでしょう。

配達員が直接荷物を宅配するのとは異なり、ドローンが荷物を途中で落下させてしまう可能性も否定できません。誤った場所に届けてしまった場合に、荷物やドローンを盗難されるなどのトラブルも起こりうるでしょう。

まとめ

多くの企業から熱い期待を寄せられるドローン物流は、2022年の本格的な導入が開始される前に乗り越えるべき壁が多くあります。今後、ドローン物流がスタートしたときに、メリットやデメリットを理解したうえで利用するかを検討したいですね。

コエテコが選ぶ!子どもにおすすめのオンラインプログラミング教材

コエテコ 読者会員募集!

いいね!すると、プログラミング教育に関する最新情報や
セミナー情報などを定期的にお届けします。

  • # セミナー情報

  • # 数値レポート

  • # FC募集

あわせて読みたいガイド

ガイドを読めばプログラミング教育がスッキリわかる!
プログラミングまるわかりガイドを読む

RECOMMEND

この記事を読んだ方へおすすめ