国内最大級プログラミング・WEBデザインスクール検索サイト

エンジニアが人気を集める理由は?エンジニアの将来性や就職先を解説!

学生や転職を考えている人からも人気の職業に、エンジニアが挙げられます。IT社会において、エンジニアは常に求められる職業だといえるでしょう。プログラミング教育が小学校でも導入され、プログラミングスクールも増加の一途を辿っています。

この記事では、エンジニアが人気を集める理由や将来性、就職先についてわかりやすく解説します。

プログラミングスクールで、転職に有利なスキルが学べる!

エンジニアが人気を集める理由とは?

エンジニアが多くの人から人気を集めるのは、さまざまな理由があります。この段落では、エンジニアの魅力を紹介し人気を集める理由を深堀りします。

スキルアップすることで高い報酬が望める

エンジニアは常に人材不足が叫ばれており、さまざまな企業で需要が高まっています。そのため、高いスキルを有するエンジニアには高い報酬が支払われる傾向があります。

エンジニアの平均年収は542万円といわれており、一般的な職業の年収と比較すると130万円ほど上回るとされています。50代でエンジニアとしての確かなスキルを有していれば、年収は630万円を超えるといわれています。

フリーランスの道へが開かれやすい

エンジニアとしてのスキルを積むことで、独立しやすいことがメリットです。フリーランスエンジニアのなかには、1,000万円ほどの収入を得ている人も。フリーランスエンジニアには常駐型と在宅型の働き方があるため、経験とスキルに合わせた働き方を選ぶことをおすすめします。

企業に縛られず自身のライフスタイルを大切にしたい人にとっては、フリーランスに踏み出しやすい職業だといえるでしょう。

労働環境が自由なところが多い

エンジニアはフレックスタイムで働けるところが多くあり、天候不良のときにはリモートワークが認められるなどの会社もあることが特徴です。なかには、私服通勤や髪色・髪型が自由とされている会社があることも魅力。そのため、自由な働き方を望む人からエンジニアは選ばれている職業だといえます。

ユーザーとの距離が近くやりがいを感じやすい

ユーザーの意見を吸い上げ、要望を形にできることはエンジニアのやりがいに繋がります。実際にサービスを納品した際に、ユーザーやクライアントから感謝の言葉を伝えられることもあるでしょう。システムを作り上げ完成した時の達成感や、ユーザーからの反応をみられることもモチベーションアップに繋がります。

エンジニアの将来性と就職先

高年収が期待できるエンジニアですが、将来性があるのか不安に感じることもあるでしょう。この段落では、エンジニアの将来性と就職先について解説します。

エンジニアに将来性はあるの?

将来的にAIが進化を続けることで、エンジニアの将来性が低くなるのではと心配する声も聞かれています。AIは今後、建設や医療、介護の現場に進出していくことは考えられていますが、エンジニアの職業が直近でなくなる可能性は低いといわれています。

AIを開発するためのAIエンジニアの需要が高まっている背景もあり、今後もエンジニアの案件は増え続けることが予想されています。

(専業主婦からAIエンジニアになった方にインタビューした記事)

エンジニアの就職先

それでは、エンジニアとして就職するときには、どのような選択肢があるのかを確認しましょう。

社内SE

社内SEは、企業内のITに関する開発や保守運用、インフラの構築など幅広い役割を担います。社内のシステムが正常に稼働するよう調整し、社員のパソコンに関するトラブルを解決することもあります。経理や営業などの部署で求められるシステム設計を行う必要があり、臨機応変に対応できる力が求められます。

社内SEになるためには、5年以上の実務経験があることが求められる傾向があります。他部署と連携をとることも多くあり、プログラミングスキルだけではなく高いコミュニケーション能力が求められることが社内SEの特徴です。

SIer(システムインテグレーター)

SIerとはSystem Integratorの略称であり、エスアイヤーと呼ばれることが多くあります。システム開発の業務を一手に引き受けることがSIerの役割であり、顧客の要望に柔軟に対応する事業者のことを指します。

マーケティング系や金融系などSIerによって特化している開発領域もさまざまであるため、自身の得意分野を考慮してから就職先を考えると良いでしょう。システムの企画から設計、構築までを担うため、エンジニアとしての豊富な経験と知識が必要となります。

Web系企業

Web系企業は、WebアプリやECサイトのような自社サービスの開発を担う企業を意味します。SIerはBtoBに向けたサービスだといえますが、Web系企業はBtoCに向けたサービスを開発します。つまり、ユーザー目線に立ったアプリやサービスを開発する努力が必要となります。

Web系エンジニアには、JavaScriptやPythonなどの基礎的なプログラミングスキルが必要不可欠です。自社のシステムを守るためのセキュリティに関する知識や、Webアプリケーションフレームワークなどのスキルが求められるケースもあります。

専門的なプログラミング知識を身に付けたいならスクールを検討しよう

独学で高いレベルのプログラミングスキルを習得するためには、長い時間が必要となります。確実に短期間でプログラミングを身に付けたいなら、プログラミングスクールの利用も検討してみましょう。プログラミング初心者でもカリキュラムが完走できるよう、丁寧に指導してもらえることがスクールの特徴です。

自身が目指したいエンジニア像を描いてから、効果的な学習をスタートしたいですね。

プログラミングスクールで、転職に有利なスキルが学べる!

RECOMMEND

この記事を読んだ方へおすすめ

よくある質問

  • 質問 プログラミングスクールが「N週間でエンジニアになれる」というのは本当ですか?

    答え 事実ですが、個人の資質次第なところも(詳しくはこちら

  • 質問 返金保証のないスクールは、やめておいたほうがいいですか?

    答え 返金保証の有無はあまり関係ない!(詳しくはこちら

  • 質問 転職保証は本当ですか?どんな人でも保証されますか?

    答え 本当ですが、一定の条件があります(詳しくはこちら

  • 質問 未経験でもスクールの授業についていけますか?

    答え ついていけます!が、最終的には個人の努力次第(詳しくはこちら

  • 質問 「卒業率99%!」のような数値は信用してよいのでしょうか?

    答え 嘘ではないが、計算にトリックがあるかも(詳しくはこちら

  • 質問 どのプログラミング言語(Ruby、PHP、Java…etc.)がよいですか?

    答え 結論、どれでもOKです!(詳しくはこちら

  • 質問 メンターが素人や学生の場合もあると聞いたのですが……

    答え そういうケースもあります。が、必ずしもエンジニアから教わるのが正解ではないかも。(詳しくはこちら

  • 質問 SES/受託企業/事業会社の違いは何ですか?SESはよくないのですか?

    答え 転職先で多いのはSES/受託。大事なのは「自分に合うか」(詳しくはこちら

  • 質問 スクールはどのような基準で選んだらいいですか?

    答え まずは目標の自己分析を。カウンセリングで雰囲気を見きわめよう(詳しくはこちら