口コミ数No.1プログラミング・WEBデザインスクール検索サイト

挫折しない・失敗しない!プログラミングスクールで学ぶ上での心がけとは

プログラミングスクールに通えば、誰でもエンジニアやWebデザイナーになって高収入を得られるのでしょうか?

プログラミングをスクールで学んでも「うまくいく人・いかなかった人」がいるのは事実です。

巷ではプログラミングスクールに通っても無駄という意見もありますし、スクールに通ったものの実践に役立つことがなく「転職に結びつかなかった」という人もいます。いっぽうでエンジニア転職を成功させた人も多くいますし、リモートワーク中心で働いたりフリーランスとして独立したり、希望にあった働き方を叶えた人もいます。

そこで今回はプログラミングスクールで学ぶ上のでの心がけ、挫折しない・失敗しない学び方のポイントを紹介します。

プログラミングスクールで、転職や副業に有利なスキルが学べる!

プログラミングスクールとは

プログラミングスクール 挫折

プログラミングを学ぶためのスクールですが、主に次にあげる3つのラーニングシステムがあります。
  • 通学型
  • オンライン型
  • 通学とオンライン併用型
通学型は教室に通いますが、主流となっているのはオープンにされている自習室のようなスペースで、それぞれがカリキュラムを進め、教室にいるメンター(講師)に不明点を教わるといった方法です。

通学型は自宅で学ぶよりも、周囲に仲間がいることでモチベーションがアップすることや、講師に質問しやすい環境により、「ひとりで学ぶのは途中で嫌になってしまいそうで不安」な人に向いています。

オンライン型はいつでも24時間、好きなときに好きな場所で学べるのがメリットです。

オンライン型でも、不明点はチャットでいつでも質問できたり、週に1度のオンライン面談等で相談できるサポートが用意されているところも多くあります。

また、オンライン・教室の両方を併用しているスクールもあります。

(コエテコライターが各スクールを直接取材し、おすすめスクールをまとめた記事)

プログラミングスクールで学ぶ上の心がけ

① 自分で選んだ「学び」だと強く認識する
② カリキュラムは予定どおり進めていく
③ プログラミングスクールのサポートは最大限利用する
④ 自ら学ぶ「前向きな姿勢」が大切

では、ひとつずつ、さらに詳しく解説します。

プログラミングスクールに通うことを決めたのは「あなたです」

エンジニア 挫折

まず、プログラミングスクールに通うのは誰でもない、自分の希望であり、自分で決めたことだとしっかり心に刻みつけましょう。

小学校や中学校のように、朝起きて誰かが送り出してくれて、学校へ行けば時間割通りに授業が進むわけではありません。

「当たり前だろ!」と思うかもしれませんが、当たり前すぎるわりには途中で挫折したり、だんだんとやる気をなくして「どうせ無理」と投げ出してしまう人が少なくありません。

自分の意志でしか学び続けることができないのが、社会人になってからの勉強です。

勉強しないからといって、誰もあなたを叱る人はいません。もっとも大切なのは「エンジニアになるために学ぶぞ!」という強い意志です。

「明日やる」ではなく「今やる」

プログラミングスクール 挫折

カリキュラムやスケジュールはスクールと相談して決めます。決めたことですから、できるかぎり予定通りに進めていくようにしましょう。

確かにプログラミングスクールではスケジュールは柔軟に対応してもらえます。だからといって、「今週はもういいか」「今日はやめておくかな」といったスタンスでは、なし崩しでスケジュールが後ろ倒しになってしまいます。

学習ペースはなるべく崩さないようにしましょう。「いつやるの?」「今でしょ!」はまさに名言です。

プログラミングスクールだからこそのサポートを活用しよう

プログラミングスクール 挫折しない

せっかくスクールに入ったのですから、スクールが提供しているサポートは上手に活用して下さい。

スクールの中には現役のエンジニアに質問ができたり、アドバイザーが悩み事を聞いてくれたり、転職支援などを行っているところも多数あります。こうしたサポートを使わない手はありません。

スクールに通うからこそ得られる特典は使い倒すくらいの勢いで利用しましょう。

自ら学ぶ「積極的・前向きな姿勢」が大切

エンジニア プログラミングスクール

プログラミングスクールは「あなたがお金を払い、あなたが選んだスクール」です。

あなたはスクールにとっては生徒であると同時に「お客様」でもあるわけですが、だからといって「お金を払ってるんだから」となんでもスクール任せで受け身の体制では充分な成果は得られません。

わからないことがあれば質問し、読んでおいたほうがいい書籍を教えてもらったり、参考になる解説動画がないか聞いてみましょう。

講師も熱心な人に対しては、より熱意をもって教えたくなるものです。

(コエテコ事業責任者が解説!プログラミングスクールのあれこれについて気になる方はこちら)

プログラミングは独学で身につくのか?

プログラミング 独学

独学でもプログラミングが学べないわけではありません。高い意欲と挫折しない強い決意があれば、独学でもプログラミングスキルは身につきます。

独学でプログラミングスキルを身につける3つのポイント
  • 自分でカリキュラムをたてられること
  • ひとりでもコツコツと勉強を続けられること
  • 身近にエンジニア知識とスキルのある人がいて手助けしてくれる
独学で大切なのが「わからなかったときに気軽に聞ける人がいること」です。

たとえ詳しい教材が何冊あっても、動画解説を見ても「どこがいけないのかわからない」エラーの問題は必ず出てきます。これを解決しないと一歩も進めなくなるため、問題解決への手助けをしてくれる人が必要です。

とにかく周囲に気軽に「これ、どこがダメなんだろう」と聞けるエンジニア経験者がいることが独学で挫折しないポイントです。

(コエテコライターが独学向け教材・Progateを体験したレポート記事)

プログラミング学習者の9割が「挫折!?」学ぶための心がけが大切!

とはいえ、独学では挫折する人が多いのも現実。加えて、プログラミングスクールに通っていても「途中でくじけそうになった人」は少なくありません。

一部の調査や統計を見ると、エンジニアになるための学習をスタートしたものの、8割から9割の人が「挫折または挫折しそうになった」とのこと。

ではプログラミングスクールを途中で辞めてしまわないように、挫折せずに続けるポイントを次で解説します。

プログラミングスクールで挫折しないために

  • できる学習プランとスケジュールをたてる
  • やりたいこと・めざしていることをしっかり認識する
  • 困ったときはためらわずに相談する

プログラミングスクールを挫折しない方法|無理なスケジュールはたてない

プログラミングスクール 挫折

仕事をしながら平日も真夜中までオンラインで学び、土日は教室で朝から夕方まで缶詰めでプログラミングを学ぶことができる人はそう多くはありません。まして、これは1日だけではなく、1ヶ月~半年続けなくては、エンジニアになるために必要なスキルは身につきません。

プログラミングスクールでエンジニアのスキルを身につけるためには「すべてのカリキュラムをしっかり最後まで行えること」が大前提。

現在の仕事内容や勤務スタイル、子育て中といった環境にもよるでしょうから、無理なくカリキュラムを進められるようにスケジュールをたてるのが大事です。

プログラミングスクールは、かなり柔軟にラーニングスケジュールをたてられます。講師やアドバイザーと相談し「できる学習プログラム」をたてるようにしましょう。

プログラミングスクールを挫折しない方法|やりたいこと・めざしていることを認識する

プログラミングスクール 続かない

そもそもエンジニアといっても職種もさまざまあり、それによって学ぶべき言語やスキルも違ってきます。プログラミングスクールでは最初に面談があると思いますが、ここでわからないことは質問し、どのようなことを学び、どのような職に就きたいのかを明確にしましょう。

面談前からエンジニアやIT業界について自分でも調べて、まずは自分なりの目標をたてた上で相談すると、より効率的に「目標」が定められます。

プログラミングスクールを挫折しない方法|困ったときには相談する

プログラミングスクール メリット

プログラミング学習で挫折のきっかけとなりやすいのが、エラーが解決せずに嫌気がさしてしまうことです。

プログラミングスクールのメリットは「講師」がいることです。

遠慮せずに、どんどん質問をしましょう。スクールの方針にもよりますが、回答を教えるというよりも、回答につながるヒントを教えて「自分で解決策を見つけられるように導く」ことも多くあります。

また、それ以外にも「このままで大丈夫なのか」「他の言語やスキルを学ぶべきなのか」と迷うことも出てきます。ひとりで抱え込まずに、スクールの相談や面談は最大限に活用して、プロの視点でアドバイスをもらいましょう。講師以外にも、アドバイザー、キャリア専門(転職)担当者などがいるスクールもあります。

プログラミングスクールで多い失敗と解決策

プログラミングスクール 失敗
  • エラーが解決できずにそのまま放置してしまう
  • 学習時間が確保できなくなってしまう
  • モチベーションが続かずに嫌気がさしてしまう
特にオンライン型のスクールで多いのが、エラーが出たまま解決法が見つけられずに嫌気がさしてしまうこと。ズルズルと「明日やるか」「週末いやればいいか」がいつの間にか長引き、そのまま挫折してしまうケースです。

スクールは講師やアドバイザーがいるのですから、どんな小さなことでも遠慮せずに聞きましょう。お金を払ってスクールに通っているのです、利用できるものは最大限利用するべきです!

現職の状況が変わり、当初思っていたようには学習時間が確保できずに挫折してしまうことも比較的よくあるケース。仕事だけでなく、誰でもいろいろな事情がありますから、1日2時間、週末に4時間と計画をたてていたのに、その時間がとれなくなることもあるでしょう。

この場合もスクールの担当者に相談して下さい。事情が変わったことを説明し、たとえばカリキュラムの内容を減らしたり、逆に日程を延長したり、一緒にいろいろな方法を探してくれるはずです。

モチベーションは人によっていろいろですが、ズバリ「払ったお金を無駄にしない!」こともぜひ考えて下さい。

プログラミングスクールにもよりますが、決して安いお金ではないわけですから、それだけの学びをし、成果をだして、目標である転職などにつなげていかなくては「お金が無駄になる」のだと考えて下さい。

またモチベーションとしては、プログラミングスクール内での生徒同士の交流会や講師にIT業界のリアルな状況を聞いてみることで「よし、続けていこう、めざしているものを叶えよう」と思えるかもしれません。

励まし合ったり、今後について話し合ったりできる仲間を持つのはモチベーション維持に役立ちます。

エンジニア転職で成功している人の体験談を読んだり、将来のステップアップを具体的に考え書き出してみるのも良い方法です。

(コエテコが各スクールの卒業生に連続インタビューする特集企画!専業主婦やサラリーマン、自衛官(!)から副業、フリーランス、転職を叶えた人のリアルについて、本音で聞きました)

プログラミングスクールの現実をしっかり見つめよう

プログラミングスクール 闇

プログラミングスクールは無駄、プログラミングスクールはは意味がない、という意見も見かけます。

プログラミングスクールに通うことが無駄なのではありません。しっかり運営されているプログラミングスクールを選び、きっちり学んで転職につなげられなかったら「無駄になる」のです。

プログラミングスクールに通うことを無駄にしない、意味あるものとできるかどうかは、最終的にはあなた次第です。

とはいえ、プログラミングスクールには怪しいところや闇があるのも事実!?

今やプログラミングスクールはたくさんあります。多くのスクールがあり、中には悪質とまでは言いませんが、講師の質がよくなかったり、カリキュラムが適当なところがないわけではありません。

プログラミングスクール自体はきちんと運営はされているけれど、講師の質にばらつきがあるという声は比較的よく聞かれることです。あまりにひどい場合には運営側に問い合わせて、今後の対応をしてもらいましょう。

問題はこうしたことでも何もしてくれない、入金後は思ったようなサポートもないようなスクールです。事前によく調べることが重要ですが、万が一、あやしいなと思ったら次のステップで対応していきましょう。

1:運営側に問い合わせる
2:母体(プログラミングスクールの母体となっている企業や団体がある場合)に問い合わせる
3:消費者センターなど公的機関に相談する

第四時産業革命スキル習得講座認定制度(Reスキル)で学ぶ

高度なIT技術を持つ人材を育成するため、経済産業省では「第四時産業革命スキル習得講座認定制度」を行っています。認定された講座を一定の条件を満たした上で受講した場合には助成金がでます。

このようなスキル講座を「目標のひとつ」にしてもいいかもしれません。認定されている講座は専門的な技術のコースで、主にAIやデータサイエンス、ディープラーニング、ビッグデータなどが中心です。

こうした講座はおおむね、ある程度の期間学ぶ必要があり、内容も高度です。逆にいえば、これらの講座を受講しスキルを得て、あるいは資格取得なども行えば「初心者向け講座を4回受けました」というのとはまるで違い転職などでも大きなアドバンテージになります。

すでに現在プログラミングスクールで学んでいるのであれば、さらにステップアップとして検討してみるのもひとつの方法ですし、これから学ぶのであれば未経験者でも受講できるコースを選んでみるのも選択肢のひとつです。

(教育訓練給付金についてわかりやすく解説した記事)

プログラミングスクールに通う時間とお金を無駄にしないために

プログラミング言語も、エンジニアのスキルも日々進化しています。常にアップデートして最新の情報を持ち、これから必須となる、あるいは重視されるスキルを把握しているプログラミングスクールを選ぶようにしましょう。

将来のための投資、スキルアップのためにお金を払い、貴重な時間をさいて学ぶのですから、何ひとつ無駄にすることなく「しっかり目標に向けて」進んでいきたいですね。

プログラミングスクールで、転職や副業に有利なスキルが学べる!

RECOMMEND

この記事を読んだ方へおすすめ

よくある質問

  • 質問 プログラミングスクールが「N週間でエンジニアになれる」というのは本当ですか?

    答え 事実ですが、個人の資質次第なところも(詳しくはこちら

  • 質問 返金保証のないスクールは、やめておいたほうがいいですか?

    答え 返金保証の有無はあまり関係ない!(詳しくはこちら

  • 質問 転職保証は本当ですか?どんな人でも保証されますか?

    答え 本当ですが、一定の条件があります(詳しくはこちら

  • 質問 未経験でもスクールの授業についていけますか?

    答え ついていけます!が、最終的には個人の努力次第(詳しくはこちら

  • 質問 「卒業率99%!」のような数値は信用してよいのでしょうか?

    答え 嘘ではないが、計算にトリックがあるかも(詳しくはこちら

  • 質問 どのプログラミング言語(Ruby、PHP、Java…etc.)がよいですか?

    答え 結論、どれでもOKです!(詳しくはこちら

  • 質問 メンターが素人や学生の場合もあると聞いたのですが……

    答え そういうケースもあります。が、必ずしもエンジニアから教わるのが正解ではないかも。(詳しくはこちら

  • 質問 SES/受託企業/事業会社の違いは何ですか?SESはよくないのですか?

    答え 転職先で多いのはSES/受託。大事なのは「自分に合うか」(詳しくはこちら

  • 質問 スクールはどのような基準で選んだらいいですか?

    答え まずは目標の自己分析を。カウンセリングで雰囲気を見きわめよう(詳しくはこちら