口コミ数No.1プログラミング・WEBデザインスクール検索サイト

フリーランスWebデザイナーに必要なスキルと基礎知識|独立方法や必要なスキルを解説

フリーランスデザイナーは、専用ソフトとパソコンさえあればすぐに仕事を始められます。特別な資格は必要なく、誰しもが自由に名乗ることができます。だからこそ、どのように独立を目指すのか、どのように仕事の幅を広げていくのかによって差別化を図ることが大切です。

この記事では、フリーランスのデザイナーに必要なスキルや仕事を請け負う際の注意点などについてご紹介します。

コエテコが選ぶ!Webクリエイター(デザイナー/ディレクター)向け案件サイト

デザイナーが独立してフリーランスになる方法

デザイナーが独立してフリーランスになるためには、以下の2通りの方法があります。
  • 企業に就職し、デザイナーに必要なスキルと経験を積んだのち、独立する
  • 未経験からデザイナー専門スクールでスキルを身に付けたのち、独立する
企業に就職する最大のメリットは、働きながらスキルを手に入れられることです。仕事実績を積み重ねるごとにスキルは上がり、人脈も広がっていきます。フリーランスデザイナーの多くが、企業でデザイナーとしての知識や経験を身に着けたのちに独立しています

住んでいる地域によっては、デザイナーの求人企業がないケースもあります。職場で学ぶ機会を得られない場合は、デザイナー専門スクールで知識とスキルを学びましょう。多様な顧客のニーズに応え続けるためにも、独学だけではなく専門スキルを学ぶことをおすすめします。

フリーランスデザイナーの平均年収と年収が左右する4つの要因

フリーランスデザイナーの平均年収額は、およそ300万円~400万円と言われています。もちろんこれより低い場合もあれば、年収1,000万円を超える人もいます。

フリーランスデザイナーの年収は、以下の4つの要因に大きく左右されます。
  • 案件ごとの単価
  • SNS運用のスキルと実績
  • 仕事実績とデザインスキル
  • デザイナーの経験年数
デザインの種類ごとに、案件の単価は異なります。1日の稼働時間が決まっている以上、単価の高い案件を受注できるほど年収は増えていきます。

また、SNSは営業活動にもつながるため、「たかがSNS」と侮らずにしっかりと運用しましょう。ただし、手当たり次第に誰にでも声をかければいいわけではありません。ネットで相手の顔が見えないからこそ、より丁寧なコミュニケーションを心がけましょう。ポートフォリオを作成しておけば、実績を可視化できるだけではなく拡散も容易です。

当然ですが、年齢や経験年数が上がるほど信頼度もスキルも上がっていきます。しかし、年齢が若かったり実績がないからといって諦める必要はありません。日々着実に実績を積み重ね、デザイナースキルを磨いていきましょう。

フリーランスデザイナーに必要な仕事のスキル

フリーランスデザイナーが押さえておくべきポイントとして、以下の3つが挙げられます。
  • 高いデザインスキル
  • コミュニケーションスキル
  • SEO・マーケティングの知識
フリーランスデザイナーとして活躍するためには、高いデザインスキルが必須となります。デザインのトレンドはハイペースで入れ替わるため、日常的にアンテナを張り、インプットに意識を向けることが大切です。

また、デザインスキルと同じくらい重要なのが、コミュニケーションスキルです。デザインの仕事は、顧客との十分なすり合わせが必要です。よって、ヒアリング能力と提案能力の両方が大切になります。顧客の声に耳を傾けつつ、自身のデザインの特徴やアピールポイントを言語化できるようにしておきましょう。

マーケティングの知識があると、「何を作るか」だけではなく「どのように商品を顧客に届けるか」までを総合的に考えられるようになります。デザイナーに限らず、フリーランスは営業活動も含めて自身の手で行わなければなりません。GoogleやYahooなどの検索エンジンでサイトを上位に表示させるSEOの知識を持っていることは、フリーランスデザイナーとして働く上で大きな強みとなります

フリーランスデザイナーが仕事を獲得するなら、エージェント型案件サイトがおすすめ

フリーランスデザイナーが仕事を獲得するためにおすすめな方法は、エージェント型案件サイトを活用する方法です。キャリアアドバイザーから個人に合わせた案件を紹介してもらえる他、エージェントが営業も引き受けてくれるため、デザインの仕事に集中できます。

エージェント型案件サイトは、非公開案件も含め、全体的にクラウドソーシングより高額案件の取り扱いが多いのも特徴です。人脈が育っていない初心者フリーランスは特に、エージェントに仕事の方向性を相談しつつ、実績とスキルを積み上げていくことをおすすめします。

近年ではさまざまな案件サイトが紹介されていますが、コエテコ編集部がおすすめするのはこちらのレバテッククリエイターです。

出典:レバテッククリエイター

レバテッククリエイターは業界最大級の案件を保有するクリエイター専門のフリーランスエージェント。企業との条件交渉や手続きはもちろん、フリーランスデザイナーとして働く際に必要な税務関連などのバックオフィス業務も支援しています。案件探し・単価交渉に必要な時間や労力を省くことができるため、デザイナー業務に集中したい人にもおすすめです。

さらに「レバテックプラットフォーム」ではフリーランスデザイナーとしての自分の市場価値を分析することができます。職種ごとの平均単価や案件数、注目度の高いジャンルといった最新情報を知ることで、フリーランスとしての働き方の参考になるでしょう。「案件が途切れないか不安」「自分のデザインスキルの需要が知りたい」といった悩みがある人は、担当のコーディネーターに相談することで不安の解消に繋がります。

※経験者の方のみ案件紹介可能
レバテッククリエイターはこちら

フリーランスデザイナーが仕事を請け負う際に注意すべきこと

フリーランスデザイナーが仕事を請け負う際に注意すべき点として、以下の3つが挙げられます。
  • 仕事の範囲は明確に定める
  • クライアントを見極める
  • 契約書を必ず作る
仕事の範囲は、契約時にあらかじめしっかりと確認しておきましょう。デザインの仕事は工数が多く、範囲を曖昧にしたまま進めてしまうと、予想外に時間コストがかかってしまう結果となります。

また、クライアントの見極めも重要です。良心的なクライアントばかりならいいのですが、場合によっては何度も作り直しを要求してきたり、酷いときには支払いを渋られるような悪質なケースもあります。互いに気持ち良く仕事ができるクライアントを見極め、必要以上の負荷をかけないようにしましょう。

仕事を請け負う際には、契約書を必ず作成しましょう。口頭だけのやり取りでは、「契約を交わした」という証拠が残りません。仕事上のトラブルが起きた際も、契約書を交わしていれば対処の仕様があります。

あらかじめトラブルに備えて、「フリーランス協会」などのフリーランス専用の保証制度を調べておき、必要な保険に加入して万が一に備えておくと安心です。

フリーランスデザイナーとして生き残るために、知識を日々アップデートしよう

フリーランスデザイナーは、独立までの敷居は低いものの、生き残るためには相応のスキルと実績が必要になります。希望する働き方で、長く楽しく仕事を続けていくためにも、知識を日々アップデートしながらスキルを磨いていきましょう。

コエテコが選ぶ!Webクリエイター(デザイナー/ディレクター)向け案件サイト

RECOMMEND

この記事を読んだ方へおすすめ