口コミ数No.1プログラミング・WEBデザインスクール検索サイト

フリーランスにおすすめの仕事の探し方5選

時間や場所に縛られない自由な働き方を目指して、フリーランスに憧れを抱く人も多いでしょう。しかし、いざ独立する際にもっとも悩ましいのが、「仕事の探し方」です

企業に勤めている間とは違い、フリーランスは自分の力で仕事を見つけなければなりません。そこで、この記事ではフリーランスが仕事を探す方法をご紹介します。

コエテコがおすすめするフリーランスエージェント!

  • レバテックフリーランス リモート、複業・副業案件が業界最大級!契約更新率93.2%の国内最大級フリーランス専門エージェント!

  • Midworks(ミッドワークス) ​手厚い保障内容で正社員並みの安心感!​フリーランスと正社員の良いとこ取り!

  • エンジニアスタイル東京 一都三県かつ2年以上の経験年数の方が対象!10万件の中から厳選された案件情報をキャッチ可能!

  • フリエン 実務経験3年以上の方におすすめ!45%が高額案件で業界最速の給与支払いスピード

  • テックビズフリーランス 確定申告を税理士が実質無料対応!業務時間後や土日も対応可能なエージェント!

以前の職場からの業務委託

以前の職場で担当していた業務を、フリーランスとして独立したのをきっかけに、業務委託という形で引き継ぐ方法があります。専門性の高い業務内容であるほどに、独立して自分が担当していた分野のみを請け負うことが可能です。ITエンジニアやWebデザイナーなど、専門知識を有する職種で就職されていた方は、独立後もスキルを武器にフリーランスとして仕事を得ることができます。

在職中に面識のあるクライアント先とは、すでに互いへの信頼関係も構築されているため、新たに人間関係を築き上げる必要がありません。仕事を探すにあたり、前職の繋がりを有効に生かせる人は、フリーランスとして独立するうえで非常に有利であるといえるでしょう。

クラウドソーシング型案件サイトを利用する

フリーランスが仕事を探す手段としてもっとも手軽な方法は、クラウドソーシング型案件サイトの活用です。代表的なものとして「クラウドワークス」や「ランサーズ」などのサービスがありますが、その他にもクラウドソーシングサイトは様々な種類があります。

紹介されている業種は多岐にわたり、案件数も豊富です。ただし、利用者が多いため、条件の良い案件には応募者が殺到しやすい傾向にあります。また、クラウドソーシングサービスを利用する際には手数料がかかります。手数料は、サイトや収益によって変動します。

【1例――クラウドワークスの場合】
システム利用料の割合
  • 「10万円以下」の部分:契約金額の20%
  • 「10万円超20万円以下」の部分:契約金額の10%
  • 「20万円超」の部分:契約金額の5%
※引用元※ https://crowdworks.secure.force.com/faq/articles/FAQ/10210?l=ja&url=10210

システム利用料は決して安くないため、クラウドソーシングサイトで一度案件を獲得したのち、クライアントとの直接契約に持ち込むべく交渉をするフリーランスも多いようです。

ただし、クラウドソーシングサイトは契約トラブルや賃金未払いに備え、クライアントが事前にサイトに賃金を支払う「仮払い制度」を活用しているところがほとんどです。そのため、直接契約に切り替えた場合、サイトが用意してくれている安全面、保障面の恩恵は受けられなくなることを事前に理解したうえで、直接契約に踏み切るかを各々判断するようにしましょう。

フリーランスエージェントを通じた案件獲得

エンジニアやデザイナーなど、専門スキルを持っているフリーランスの場合、フリーランスエージェントを通じて仕事を探す方法があります。エージェントはフリーランス個人のスキルや実績を正確に把握し、個人に適した仕事を紹介してくれます。

フリーランスエージェントでは個別の相談会を実施しているところもあり、自身のスキルや今後の見通しなど、不安に思っていることを専門家に1対1でじっくりと相談できるメリットもあります。

クラウドソーシングと比べて高額の案件が多く、フリーランスの力量によっては非公開案件を紹介してもらえることもあります。営業が苦手な人や、営業にかかる時間コストを削減したい方は、フリーランスエージェントの利用を検討してみてはいかがでしょうか。

MidWorks(ミッドワークス)

出典:MidWorks

MidWorksは、IT系のフリーランス(個人事業主)のエンジニアやデザイナー専門エージェントサービスです。
20代〜50代までの実務経験2〜3年以上を対象に、IT・Web業界の中小企業や有名大手企業の案件も含めて常時3000件以上の案件を保有しているのが特徴です

高単価の案件も多数保有しており、MidWorksに登録しているフリーランスの報酬のボリュームゾーンは年収800万〜1000万(月額報酬65万円〜80万円)と言われており、実務経験やスキルによっては会社員時代に比べて報酬アップも期待できます

業界を熟知したコンサルタントによるフォローで、フリーランスとしての報酬面のメリットを享受しつつ、正社員並みの保障付きで安心して案件に参画できるので、会社員から独立するのが不安な方にも安心して働けるのが魅力です。
MidWorksはこちら

希望の企業に直接営業をする

仕事先として希望する企業が明確なビジョンとしてある場合は、企業ホームページのお問合せフォームから直接営業メールを送る方法があります。この場合、自分のポートフォリオの他に、以下の内容を具体的に明記することで採用率を上げることができます。
  • 「なぜ」その企業と仕事をしたいのか
  • 自分が「何を」できるのか(具体的な企画案があれば尚良し
  • 自分がその企業と仕事をすることで、企業に「どのような」メリットを与えられるのか
「一緒にお仕事がしたいです」といった漠然とした内容だけを送ったところで、無名のフリーランスを採用してくれる企業はほとんどありません。営業メールの内容ひとつに、その人の仕事に対する姿勢は如実に表れます。決して手を抜かず、しっかりと内容を練ったうえで営業メールを送るようにしましょう。

SNSを通した営業活動

SNSの拡散力を有効に活用し、フリーランスの仕事を探す方法があります。具体的には、以下のような方法が挙げられます。
  • 個人ブログを開設する
  • ホームページを作る
  • SNSで発信、交流をする
  • ポートフォリオを作る
仕事実績のある方はポートフォリオを丁寧に作り込み、ブログやホームページのわかりやすい位置に掲載するといいでしょう。自分の得意分野やできることを積極的にアピールすることで、前向きなご縁が生まれるかもしれません。

SNSを通して育まれた人脈が、大きな仕事へと繋がるケースもあります。ただし、人としての誠実なコミュニケーションが土台になければ、仕事へと結びつくことは基本的にあり得ません。人も仕事も、信用できるところへと流れていくものです。闇雲にフォローやメッセージを繰り返すのではなく、きちんと一人ひとりと向き合って適切なコミュニケーションを取ることを心がけましょう。

フリーランスとして独立するためには、単発案件だけではなく長期の継続案件を獲得する必要がある

フリーランスが仕事を得る方法はひとつではありません。各々に適した方法で、望む仕事を掴めるよう着実に行動していきましょう。

また、フリーランスとして独立するためには、単発案件だけではなく、長期の継続案件を獲得する必要があります。継続案件を獲得できるかどうかは、クライアントとの信頼関係が構築できるかどうかにかかっています。与えられた仕事に真摯に向き合い、精一杯取り組むことでクライアントの信頼を勝ち取り、継続案件へと繋げていきましょう。

コエテコがおすすめするフリーランスエージェント!

  • レバテックフリーランス リモート、複業・副業案件が業界最大級!契約更新率93.2%の国内最大級フリーランス専門エージェント!

  • Midworks(ミッドワークス) ​手厚い保障内容で正社員並みの安心感!​フリーランスと正社員の良いとこ取り!

  • エンジニアスタイル東京 一都三県かつ2年以上の経験年数の方が対象!10万件の中から厳選された案件情報をキャッチ可能!

  • フリエン 実務経験3年以上の方におすすめ!45%が高額案件で業界最速の給与支払いスピード

  • テックビズフリーランス 確定申告を税理士が実質無料対応!業務時間後や土日も対応可能なエージェント!

RECOMMEND

この記事を読んだ方へおすすめ