掲載数No.1プログラミング教室・ロボット教室検索サイト

「EXA KIDS 2021 ITキッズコンテスト」ファイナリスト決定!一次審査オーディションを勝ち抜いた24組が出場

「EXA KIDS 2021 ITキッズコンテスト」のファイナリストが決定しました。
ファイナリストに選ばれた24組の子どもたちは、11月28日(日)に最終プレゼンを行います。

ファイナリスト決定!今年はさらにパワーアップ

今年のITキッズコンテストでは過去のEXA KIDSでも活躍した参加者や、初の海外からの参加者も名を連ねました。
これまでの開催に比べてさらにレベルアップ。

ファイナリストに選ばれた24組の子どもたちは、11月28日(日)に開催されるEXA KIDS 2021にて最終プレゼンを行います。

ファイナリスト一覧

ファイナリスト一覧は以下の通りです。
作品詳細はこちらをご覧ください。

■チャレンジコース
Dish!〜これでまんてんパパ〜/宇枝 梨良
HackforPlayで楽しもう!ゲームセンター!/北川 諒
ひむかの神話/迫園 梨央
自分とアリと/別宮 志郎
まばたきの秘密/木村 日向子
アミと一緒に!未来へつむぐ大島紬/小田原 叶和
Robloxトライアスロン/内田 恵悟
I・my・me/村井 椛恋
口ポカペット~自分の癖をやめるために~/川口 聡介
未来ニュース/松原 弘明
ぼくのマーチ/田中 杏治

■エキスパートコース
Takikomi /若狭 龍
九州一周!キーボードクエスト/内田 恵悟
患者を病院にスムーズに運ぶシステム/永井 雄大
学習計画アプリ マナベル/清田 怜生
AquaBaceProject/関根 彪
失われた記憶を探すRPGゲーム ~過去は鏡のように反射し続ける~/Eesa Ahmed(イーサ・アフメド)
Tamayura/黒田 克徳
どうくつからぬけだせ!!/木村 佑樹
AnyBot/安東 鷹亮
自分(俺)の投票箱/田村 天磨
僕の日常/青木 陽都
My.Fighters/岡﨑 零響音
Who am I?/関嶋 莉子

EXA KIDS 2021 最終審査開催概要


EXA KIDS 2021の最終審査の開催概要です。

■日時
2021年11月28日(日曜日) 10:00〜17:00(仮)

■場所
YouTubeライブ配信(無料視聴)

■内容
ITキッズコンテスト最終審査プレゼンテーション

■EXA KIDS とは
EXA KIDS(エクサキッズ)はITやプログラミングを学ぶ小・中学生の子供達、そして子どもたちを取り巻く大人に向けて、IT教育のムーブメントを起こすイベントです。

■運営
NPO法人T-PEZY

■ITキッズコンテストとは
イベント『EXA KIDS』にて行われる、小中学生がITを活用したオリジナル作品をプレゼンし、競い合うコンテストです。使用言語やプラットフォームやツールを限定せず、プログラミング作品だけでなくITを活用したものづくりなら何でもアリとなっています。

■申し込み先
https://contest2021.exa-kids.org/bc-entry

特典付きの配信視聴申し込みも

EXA KIDS 2021のオンライン配信では、特典付きの配信視聴申し込みを開始。

特典1:希望者にHoldOn Ai/Glassesを抽選でプレゼント!
AIメガネ

・親子で、または子どものみで申し込み可能
・最近視力が気になるけど、まだ度入りメガネをかけるほど近視になっていない小中学生が対象
・当選者には後ほど色やサイズや送り先をヒアリング予定

Ai/Glassesは、子どもたちに「目にいい習慣」を身につけてもらうために生まれたトレーニング用のめがねです。 自分の子どもが、毎日どんな風に目に負担をかけているのか?センサー付きのめがねで日々の行動を見守り、視力が低下して生活や勉強に支障が出はじめる“前”から、「いい習慣」を育んでもらいたい。 そんなコンセプトから開発されたAi/Glassesには、日々子育てをしながら働く社員たちの「実体験にもとづいたアイデア」がたくさん詰まっていて、「子どもの目や姿勢を心配するママの眼差し」がいろいろな所に活かされています。

https://aiglasses.tokyo/

特典2:ITキッズコンテスト最終プレゼンテーション視聴者投票券
視聴者投票がコンテストの審査にも影響されます。
また、投票と合わせてファイナリストプレゼンターに応援コメントを直接送ることも可能。

特典3 EXA KIDS 2021 ライブ配信アーカイブ動画限定プレゼント
ライブ配信は当日終了後非公開となりダイジェスト版のみ一般公開となります。
全編アーカイブ動画は事前申込者にのみプレゼントされる予定です。

特典4 ファイナリストの作品にアクセス
ファイナリストに任意で提出いただいた作品を実際に全編見たり遊んだりすることができます。

ライターコメント

今回のコンテストでは、テーマが「自分_」 とのこともあり、自分や自分の身の回りに関心を寄せた作品が多くなりました。
問題解決のためにプログラミングで作品を作ってアウトプットする形は、ただ学習を続けるより望ましい形のように思えます。
学習するモチベーションも高まりそうですね!

本コンテストの事前申し込みでは、全編アーカイブ動画やファイナリストの作品にアクセスできる権限が特典となります。
来年以降のコンテスト参加を検討しているご家庭にとっては、ものすごく参考になるはずです!
応募してみてはいかがでしょうか?
新たなスキル「プログラミング教育」を先取りしませんか? 今後のプログラミング教育流れ図
今から、先取りしませんか?
コエテコ経由の体験申し込みでアマギフ2000円分プレゼント!
お近くの教室を探す →

あわせて読みたいガイド

ガイドを読めばプログラミング教育がスッキリわかる!
プログラミングまるわかりガイドを読む

RECOMMEND

この記事を読んだ方へおすすめ