口コミ数No.1プログラミング・WEBデザインスクール検索サイト

Scalaエンジニアの求人の動向が知りたい!注目の働き方とは?

私たちの身近なSNSやWebサービスに、プログラミング言語のScalaが利用されていることをご存じでしょうか? 海外のIT業界で幅広く利用されているScalaは、日本の企業も続々と導入しています。

需要が高まっているScalaは、エンジニアにとって身に付けておきたいプログラミング言語の1つだといえます。この記事では、Scalaの特徴や平均年収、必要となるスキルなどをわかりやすく紹介します。

コエテコがおすすめ!エンジニア向け転職エージェント

  • レバテックキャリア ITエンジニアが利用したい転職エージェントNo.1に選ばれるITエンジニア経験者専門の転職エージェント!

  • TechClipsエージェント 高マッチング率のITエンジニア専門エージェント。利用者の95%が年収UP!

  • IT転職エージェントGEEKLY(ギークリー) 一都三県での転職を希望している方限定!大手を中心に非公開求人数は約10,000件で独占求人あり!

  • paiza転職 エンジニア・クリエイターの経験がある方のみ対象。paizaスキルチェックで客観的にスキルを可視化!

  • doda 専門スタッフによる各拠点でのカウンセリングが魅力!エントリーから内定までをトータルサポート!

Scalaとはどのようなプログラミング言語か? 

Scalaの特筆すべき点に、オブジェクト指向と関数型プログラミングの両方を扱えることが挙げられます。さらに、IT業界で高い人気を得ているJavaとの互換性が高いことでも有名です。Scalaは、Javaの環境やライブラリを利用できることから、IT業界でも扱いやすいプログラミング言語だといえるでしょう。

私たちが日常で使っているTwitterやPayPal、ChatWorkにも、Scalaは利用されています。さらに、株式会社ドワンゴや株式会社ビズリーチなど、国内の大手企業もScalaを導入していることが特徴です。

なお、Scalaには、以下のような特徴があります。
  • コードの記述量が少なく効率的に開発できる
  • コードがシンプルでエラーの発生が少ない
  • 便利なフレームワークを利用できる
  • ほかのプログラミング言語よりも採用率や年収が高い
プログラミング初心者には難易度が高いといわれるScalaですが、メリットが多いため、習得しておきたいプログラミング言語だといえるでしょう。

Scalaは今需要があるのか?

HRogの調べでは、2020年のScalaの求人件数は562件で、前年よりも145件増加しています。難易度が高いScalaを扱えるエンジニアは不足しているため、今後も求人数は増えていくでしょう。

さらに、Scalaは、Javaよりもスピード感のある開発ができるため、Javaと共にIT業界を牽引するプログラミング言語だといえます。今後も、国内外でScalaは、さらに需要が高まることが予想されます。
参考:HRog

Scalaエンジニアの平均年収

Scalaエンジニアの平均年収は626万円ほどであり、最高年収は1,300万円にも上るといわれています。数あるプログラミング言語のなかでも上位を占めるScalaは、高年収になりやすいことが特徴です。Scalaをマスターしているエンジニアは数少ないため、Scalaによる開発経験があれば、さらに年収は高くなるでしょう。

Scalaエンジニアに必要とされるスキルは、以下の通りです。
  • インフラの知識
  • データベースの知識
  • 情報セキュリティの知識
  • OSやデバイスに関する知識
プログラミング初心者からScalaエンジニアを目指すなら、まずはポートフォリオを作成しましょう。Scalaによる制作実績をポートフォリオに載せることで、採用されやすくなる傾向があります。

Scalaエンジニアとしての働き方  

Scalaエンジニアには、正社員・副業・フリーランスとして働く方法があります。ここでは、それぞれの働き方や求人の特徴について説明します。

正社員  

Scalaエンジニアの正社員において、“未経験可”の求人は非常に数が少ないことが現状です。Scalaでの開発経験がなかったとしても、他言語での3~5年の開発経験が求められるケースもあります。

また、Scalaを習得しているエンジニアは、Javaも習得済みであると捉えられる傾向があります。そのため、Scalaエンジニアの正社員を目指すならJavaのスキルも高める必要があるでしょう。

副業  

Scalaエンジニアの副業では、大手企業やベンチャー企業の案件も豊富にあることが特徴です。つまり、高単価な案件を受注しやすいことがメリットだといえるでしょう。

高単価な案件のなかには、大規模なプロジェクトなどもあります。副業で継続して案件を受注するためには、さまざまなWebサービスを開発した経験や高度なスキルが求められます。

フリーランス  

Scalaエンジニアのフリーランスでは、在宅よりも企業で常駐して行う案件が多い傾向があります。案件の内容は、システム開発・Webアプリ開発・ソーシャルゲーム開発などがあることが特徴です。

案件の多くは東京都に集中しているため、関東近郊に住んでいるエンジニアがフリーランスの案件を取得しやすいといえるでしょう。

Scalaエンジニアの求人例

Scalaエンジニアの求人には、以下のような例があります。

業務形態 仕事内容 必須スキル 求人の特徴 給与
正社員 自社クラウドサービスの開発・運用 Web開発経験が5年以上 フルリモート制度あり・ノートPC、モニタ別途支給 年収900~1,200万円
正社員 Scalaでの自社開発サービス ゲーム業界経験不問 研修体制充実 年収311~1,400万円
正社員 自社開発 何らかのシステム開発経験・実務3年以上 ノートPC、モニタ別途支給・残業30時間以内 年収400~600万円
参考:paiza転職

Scalaエンジニアの求人の探し方

Scalaエンジニアが求人を探すときには、以下のような探し方を検討してみましょう。
  • 転職サイト
  • 転職エージェント
  • クラウドソーシング
  • プログラミングスクール経由
大手企業に就職したいなら、プログラミングスクール経由がオススメです。プログラミングスクールに通っていれば、スクールと提携している大手企業の求人を紹介してもらえるケースも少なくありません。

クラウドソーシングではScalaエンジニアの案件は、高単価になりやすい傾向があります。クラウドソーシングで案件を探すなら、ポートフォリオを充実させて企業にアピールできるようにしたいですね。

まとめ 

今後、IT業界においてAI開発はさらに加速していくでしょう。そのなかで、JavaとScalaは多くの企業で需要が高まるプログラミング言語になるといえます。Scalaエンジニアとして活躍することを目指すなら、Scalaのほかにもプログラミングの基礎知識を身に付けておきたいですね。

独学で限界を感じた場合には、プログラミング教室の利用を検討してみましょう。カリキュラムを完走するまで、丁寧に指導してもらえることがメリットです。

コエテコがおすすめ!エンジニア向け転職エージェント

  • レバテックキャリア ITエンジニアが利用したい転職エージェントNo.1に選ばれるITエンジニア経験者専門の転職エージェント!

  • TechClipsエージェント 高マッチング率のITエンジニア専門エージェント。利用者の95%が年収UP!

  • IT転職エージェントGEEKLY(ギークリー) 一都三県での転職を希望している方限定!大手を中心に非公開求人数は約10,000件で独占求人あり!

  • paiza転職 エンジニア・クリエイターの経験がある方のみ対象。paizaスキルチェックで客観的にスキルを可視化!

  • doda 専門スタッフによる各拠点でのカウンセリングが魅力!エントリーから内定までをトータルサポート!

RECOMMEND

この記事を読んだ方へおすすめ