口コミ数No.1プログラミング・WEBデザインスクール検索サイト

Pythonエンジニアとして転職を成功させよう!気になる転職市場は?

プログラミング初心者にとって、扱いやすいプログラミング言語であるPythonPythonは世界中の企業が導入していることから、今後も需要は高まっていくことが予想されます。Pythonエンジニアとして転職をするなら、転職する方法や必要なスキルを理解しておきましょう。

この記事では、Pythonエンジニアの転職市場や転職時に抑えておくべきポイントについてわかりやすく紹介します。

コエテコがおすすめ!エンジニア向け転職エージェント

  • レバテックキャリア ITエンジニアが利用したい転職エージェントNo.1に選ばれるITエンジニア経験者専門の転職エージェント!

  • TechClipsエージェント 高マッチング率のITエンジニア専門エージェント。利用者の95%が年収UP!

  • IT転職エージェントGEEKLY(ギークリー) 一都三県での転職を希望している方限定!大手を中心に非公開求人数は約10,000件で独占求人あり!

  • paiza転職 エンジニア・クリエイターの経験がある方のみ対象。paizaスキルチェックで客観的にスキルを可視化!

  • doda 専門スタッフによる各拠点でのカウンセリングが魅力!エントリーから内定までをトータルサポート!

現在のPythonエンジニアの転職市場について

国内外のサービスの開発やシステムにPythonは利用されており、求人数は増加の一途をたどっていますPythonは、InstagramやYouTube、Dropboxのような、ビッグデータや機械学習を用いるシステムに導入されている傾向があります。
出典:レバテックキャリア
レバテックキャリアの調べでは、転職サイトの求人数においてPythonは3位を獲得しています(2021年9月時点)。世界的にも人気が高いJavaやPHPに次ぐ求人数の多さを誇り、今後もシステム開発現場で積極的に採用されていくことが見込めます。

未経験からでもPythonエンジニアとして転職できる?

Pythonエンジニアを求めている企業では、“未経験可”や“学歴不問”で採用しているケースもあります。しかし、プログラミングスキルが一切ない場合には、採用されることは難しいでしょう。多くの企業では、Pythonの開発経験がなかったとしても、他言語での開発経験や高いコミュニケーション能力を求められることも。

プログラミングの基礎ともいえるHTMLやCSSでの開発経験を歓迎する企業は、数多くあります。そのため、プログラミング初心者は、Pythonと共にHTMLやCSSの学びを深めるようにしたいですね。

Pythonエンジニアとして転職するために必要なスキル  

Pythonエンジニアとして転職を検討しているなら、必要とされるスキルを理解して備えておきましょう。ここでは、Pythonエンジニアに必要なスキル3選を説明します。

データサイエンスやマーケティングの知識

データサイエンスやマーケティングに関する知識を有しているということは、データ分析ができる人材だとみなされます。IT業界では、トレンドやユーザーの反応、IT業界の最新情報などの膨大な量のデータを分析し、未来予測を行うことが重要です。

情報を集めるだけではなく、問題が生じることが予想される場合には対策を考える必要もあるでしょう。データサイエンスやマーケティングにおいて、数学や統計学の知識を有しているとスムーズに学習しやすいといわれています。

英語力

一般的には、エラーコードは英語で表示されます。英語力がなければ、エラーが出る度に英語を調べる必要があり、効率が落ちてしまうことも。Pythonのコードはほぼ英語であるため、英語力が高まることで学習の吸収度も変わるでしょう。

また、海外の企業でもPythonを扱えるエンジニアの需要は高いため、英語力があれば海外で働くことも可能になります。英語でのプログラミングの情報量は日本語と比較して、圧倒的に豊富にあります。そのため、素早く最新情報を得たいなら、英語を習得しておくようにしたいですね。

Python3エンジニア認定基礎試験

自身のプログラミングスキルをアピールしたいなら、「Python3エンジニア認定基礎試験」を受験しましょう。Pythonにおける基礎力があることの証明にもなる試験であるため、採用で有利に働くケースもあります。

さらに、開発業務の豊富な経験をアピールしたい場合には、「Python3エンジニア認定データ分析試験」を受験するエンジニアもいます。

Pythonエンジニアとして転職する方法

Pythonエンジニアとして転職するなら、以下のような転職サイトを利用してみましょう。
  • Green
  • レバテックキャリア
  • DYM就職×IT

また、IT業界で多数のエンジニアから利用されている転職エージェントは、以下の通りです。
  • リクルートエージェント
  • マイナビIT AGENT
転職サイトや転職エージェントを選ぶときには、求人数や転職支援サービスの質、利用者の口コミなどを考慮したうえで、選択するようにしましょう。なかには、非公開求人のなかに好条件の求人が取り揃えられているケースもあります。そのため、いくつかの転職サイトや転職エージェントに登録しておくと良いでしょう。

Pythonエンジニアとして転職する上で抑えておくべきポイント  

Pythonエンジニアとして転職する際、抑えておくべきポイントを理解しておくことで、転職活動がスムーズに進みやすくなります。ここでは、転職するときに抑えるべきポイント3選を説明します。

1~3年の開発経験があるエンジニアは採用されやすい

人気が高い大手企業への転職を望む場合には、最低でも3年以上の開発経験を求められるケースが少なくありません。倍率が低い企業だとしても、他言語での開発経験が1年以上などの条件がある場合もあるでしょう。開発経験が1年未満なら、高いポテンシャルを有していることをアピールすることが重要です。

自己分析を行う

転職活動では求人を探すことに注力してしまいがちですが、立ち止まって自己分析を行うことも大切なポイントです。転職したい理由や将来的に挑戦したいこと、Pythonのスキルなどを洗い出してみましょう。冷静に考えをまとめることで、転職におけるミスマッチを事前に防げます。

応募書類の質を高める

企業に応募する際には、履歴書職務経歴書を提出する必要があります。書類選考が通らなければ、面接まで行ってもらえない企業も少なくありません。そのため、文章力を磨き、自身のスキルや知識をわかりやすくアピールできるよう履歴書や職務経歴書を書きましょう。

まとめ 

Pythonエンジニアが転職するときには、積極的に情報取集を心がけることが重要です。勉強会へ参加したりSNSで人脈を広げたりすることで、有益な転職情報を集められる場合もあるでしょう。Pytyonをプログラミングスクールで学習したなら、自身の条件に合う企業を紹介してもらえることも。

視野を広く持ち、応募先の範囲を広げることを意識して、転職活動を進めていきたいですね。

コエテコがおすすめ!エンジニア向け転職エージェント

  • レバテックキャリア ITエンジニアが利用したい転職エージェントNo.1に選ばれるITエンジニア経験者専門の転職エージェント!

  • TechClipsエージェント 高マッチング率のITエンジニア専門エージェント。利用者の95%が年収UP!

  • IT転職エージェントGEEKLY(ギークリー) 一都三県での転職を希望している方限定!大手を中心に非公開求人数は約10,000件で独占求人あり!

  • paiza転職 エンジニア・クリエイターの経験がある方のみ対象。paizaスキルチェックで客観的にスキルを可視化!

  • doda 専門スタッフによる各拠点でのカウンセリングが魅力!エントリーから内定までをトータルサポート!

RECOMMEND

この記事を読んだ方へおすすめ