口コミ数No.1プログラミング・WEBデザインスクール検索サイト

PHPエンジニアの転職は何を準備するべき?必須スキルを知ろう

サーバーサイドのプログラミング言語として、幅広いWebサービスに利用されているのがPHPです。PHPはフレームワークの種類が豊富にあるため、開発しやすさからも多くの企業で導入されています。PHPエンジニアとして転職したい人は、転職市場を理解したうえで転職活動を開始しましょう。

この記事では、PHPエンジニアにとって必要なスキルや転職時の注意点などをわかりやすく解説します。

コエテコがおすすめ!エンジニア向け転職エージェント

  • レバテックキャリア ITエンジニアが利用したい転職エージェントNo.1に選ばれるITエンジニア経験者専門の転職エージェント!

  • TechClipsエージェント 高マッチング率のITエンジニア専門エージェント。利用者の95%が年収UP!

  • IT転職エージェントGEEKLY(ギークリー) 一都三県での転職を希望している方限定!大手を中心に非公開求人数は約10,000件で独占求人あり!

  • paiza転職 エンジニア・クリエイターの経験がある方のみ対象。paizaスキルチェックで客観的にスキルを可視化!

  • doda 専門スタッフによる各拠点でのカウンセリングが魅力!エントリーから内定までをトータルサポート!

現在のPHPエンジニアの転職市場について 

サーバーサイド言語のなかでは、PHPは圧倒的なシェアを誇ります。世界に存在するWebサイトの35%ほどはWordPressによって作られており、PHPはWordPressに採用されていることでも有名です。PHPは簡単で扱いやすく、高機能であることから求人数も豊富に見受けられます。
出典:PHP技術者認定機構
具体的には、PHP技術者認定機構の調べで、PHP求人数は国内2位を占めています(2020年3月時点)。年収700万円以上になる求人数が多いこともPHPの特徴であり、需要が高く転職しやすい市場だといえるでしょう。

未経験からでもPHPエンジニアとして転職できる?

PHPの求人のなかには、“未経験可”と提示されている求人もあります。未経験者を積極的に採用しているベンチャー企業もあるため、プログラミング初心者でも参入しやすい市場だといえるでしょう。なかには、スキルよりも人柄を重視して採用される求人もあります。

ただし、他言語での開発経験や金融系システムの知識やノウハウを有していると、採用されやすい傾向があります。

PHPエンジニアとして転職するために必要なスキル  

PHPエンジニアとして転職するなら、転職時に有利に働くスキルを把握しておきたいですね。ここでは、PHPエンジニアが転職する際に必要なスキルを説明します。

基礎的なプログラミング言語の習得 

PHPエンジニアとして転職するなら、まず抑えておきたいのはHTMLやCSS、JavaScriptなどの知識です。さらに、LAMPと呼ばれるWebアプリケーション開発スキルを身に付けておくと安心です。LAMPは、Linux・Apache・MySQL・PHPの頭文字をとっています。

XAMMPを導入する

XAMMPは、PHPを利用したWebアプリケーションの実行をするために必要となるソフトウェアをまとめたパッケージを指します。完全無償で利用できるXAMMPは、プログラミング初心者でも導入しやすいことがメリット。

XAMMPには、以下のようなソフトウェアが含まれています。
  • クロスプラットフォーム
  • Apache
  • MariaDB
  • PHP
  • Perl
XAMMPをインストールしておくことで、環境構築の不要な手順を省くことが可能になります。高速で環境構築できるようになることから、作業を効率化させたいエンジニアからも選ばれています。

Gitに関する知識

Gitとは、ソースコードを管理するソフトウェアを指します。大手企業も積極的にGitを導入しているため、PHPエンジニアを目指すなら習得しておきたいスキルの1つだといえるでしょう。無料で利用可能なProgateでもGitは学習できるため、ソースの復元やbranchの概念などを独学しやすいことが特徴です。

PHPエンジニアとして転職する方法

PHPエンジニアとして転職するためには、以下のような方法があります。
  • 転職サイト
  • 転職エージェント
  • アルバイトからキャリアアップ
  • クラウドソーシング
多くのエンジニアが利用している転職サイトは、dodaエンジニアIT・リクルートダイレクトスカウト・レバテックキャリアなどがあります。IT業界に特化した転職サイトは、条件を絞り込んでも豊富な求人のなかから選びやすいことが強み。転職に妥協したくないなら、いくつかの転職サイトのなかから最適な求人を選びたいですね。

また、転職エージェントのなかで人気が高いのは、マイナビIT AGENT・リクルートエージェントなどがあります。転職エージェントでは、面接対策や書類の添削などを手厚くサポートしてもらえます。

PHPエンジニアとして転職する上で抑えておくべきポイント  

PHPエンジニアは転職活動をする際に、抑えておくべきポイントがあります。転職活動が成功するためにも、それぞれのポイントを確認しておきましょう。

PHPのポートフォリオを作成する

現場でPHPによる開発経験がなかったとしても、プログラミングスクールや独学などでPHPを学んだ際に、スキルを証明するためにもポートフォリオを作成しましょう。成果物があることで、採用担当者にとってもPHPのスキルを判断しやすくなります。

具体的には、ログイン機能やお問合せフォーム、画像アップロード掲示板などはPHPで制作し、ポートフォリオとして提出することが可能です。

プレゼンテーションスキルを高める

PHPエンジニアとして就業すると、研修制度がない企業であれば即戦力として働くケースもあるでしょう。その際に、開発計画や進捗状況などをプレゼンテーションをする必要に迫られることが多くあります。

プレゼンテーションスキルを高めるためには、チームメンバーが求めている内容を、端的にわかりやすく伝える必要があります。話すペースや声の大きさなど、プレゼンテーションを聞く相手の立場に立って考慮するようにしたいですね。

マネジメント能力を身に付ける

PHPエンジニアとして転職する人になかには、30~40代の人もいるでしょう。30~40代のエンジニアは、現場を管理できるマネジメント能力を求められることも少なくありません。マネジメント能力とは、部下を統率し目標を正しく伝え、現場のメンバーに力を発揮してもらう能力を指します、

高いマネジメント能力を有するエンジニアは、大手企業でも人手不足であることが現状です。そのため、マネジメント能力を有したPHPエンジニアは、キャリアアップしやすいといわれています。

まとめ

PHPエンジニアは求人が豊富にあることから、条件に見合う求人をみつけやすいことがメリットです。企業からも求められるエンジニアとなれるよう、身に付けるべきスキルや抑えるべきポイントをチェックしておきましょう。

コエテコがおすすめ!エンジニア向け転職エージェント

  • レバテックキャリア ITエンジニアが利用したい転職エージェントNo.1に選ばれるITエンジニア経験者専門の転職エージェント!

  • TechClipsエージェント 高マッチング率のITエンジニア専門エージェント。利用者の95%が年収UP!

  • IT転職エージェントGEEKLY(ギークリー) 一都三県での転職を希望している方限定!大手を中心に非公開求人数は約10,000件で独占求人あり!

  • paiza転職 エンジニア・クリエイターの経験がある方のみ対象。paizaスキルチェックで客観的にスキルを可視化!

  • doda 専門スタッフによる各拠点でのカウンセリングが魅力!エントリーから内定までをトータルサポート!

RECOMMEND

この記事を読んだ方へおすすめ