口コミ数No.1プログラミング・WEBデザインスクール検索サイト

Javaエンジニアは転職活動しやすいって本当?転職市場を徹底解説!

数あるプログラミング言語のなかでも、トップのシェアを誇るのがJavaです。上級者向けから未経験者向けの案件まで豊富にあるため、求人の選び方で迷うこともあるでしょう。求人数が豊富にあったとしても、準備不足によって不採用となるケースも少なくありません。

この記事では、Javaの転職市場や転職時に抑えておくべきポイントについてわかりやすく紹介します。

コエテコがおすすめ!エンジニア向け転職エージェント

  • レバテックキャリア ITエンジニアが利用したい転職エージェントNo.1に選ばれるITエンジニア経験者専門の転職エージェント!

  • TechClipsエージェント 高マッチング率のITエンジニア専門エージェント。利用者の95%が年収UP!

  • IT転職エージェントGEEKLY(ギークリー) 一都三県での転職を希望している方限定!大手を中心に非公開求人数は約10,000件で独占求人あり!

  • paiza転職 エンジニア・クリエイターの経験がある方のみ対象。paizaスキルチェックで客観的にスキルを可視化!

  • doda 専門スタッフによる各拠点でのカウンセリングが魅力!エントリーから内定までをトータルサポート!

現在のJavaエンジニアの転職市場について 

レバテックキャリアの調べでは、2011年11月時点でJavaの新規求人割合は全体の約40%となっています。これはトップクラスの求人数となっており、2018~2019年にかけて求人数の高さは維持されています。
出典:レバテックキャリア
ゲーム開発からスマートフォンアプリ開発、金融系の業務システムなど、幅広い開発にJavaは利用されています。そのため、ほかのプログラミング言語と比較すると、転職活動を行いやすいといえるでしょう。

未経験からでもJavaエンジニアとして転職できる? 

IT業界では、求人数の多さからも常にJavaエンジニアの人材不足が叫ばれています。そのため、未経験者でも手厚い待遇の企業へ転職できるチャンスがあるといえるでしょう。他業種からJavaエンジニアへ転職した人も多く、正社員への道も開かれていることが特徴です。

未経験者が現場で活躍できるよう、新人研修が手厚く行われる企業もあります。そのような“未経験可”の求人では、仕事に対する前向きな姿勢や人柄を重視される傾向があります。未経験可の求人だとしても、自身でプログラミングの学習をするなど、転職の準備をしておくと良いでしょう。

Javaエンジニアとして転職するために必要なスキル 

Javaエンジニアとして転職する際に、「大手企業に転職したい」「高年収を目指したい」などの目標があるなら、必要なスキルを理解しておきたいですね。ここでは、Javaエンジニアとして転職する際に必要なスキルを説明します。

Androidアプリ開発の知識

Javaと親和性が高いAndroidアプリの開発を志すなら、「Android Studio」の使い方を理解しておくことが重要です。Google社公式の開発ツールであるAndroid Studioは、世界的にも広く利用されているAndroidスマートフォンやタブレットのアプリを制作できます。

高速で開発することが可能で、テストも行いやすいAndroid Studioは、多くの大手企業で導入されています。さらに、Androidアプリ開発を志すなら、JavaだけではなくKotlinも学んでおくと良いでしょう。

システム開発の知識

システム開発は、企画から要件定義、リリースまでの一貫した流れを指します。Javaエンジニアの正社員として大規模な開発に携わりたいなら、システム開発は重要なスキルとなります。事前に開発手順と内容を理解しておくことで、現場で即戦力として働きやすくなるでしょう。

下流工程から上流工程までのシステム開発の経験があれば、大手企業でも求められるJavaエンジニアだといえるでしょう。

デザインに関するスキル

モバイルアプリの開発では、JavaだけではなくUX/UIのようなデザインの知識も必要です。デザインを考えるうえで、サイト内の回遊のしやすさやフォントの大きさなど、ユーザー目線に立ったWebサイトを制作できるスキルを要します。さらに、マーケティングに関する知識を有していることも、デザインを制作するうえで重要です。

“ユーザーの代弁者”になることに努めデザインを制作することで、ユーザーにとって満足度が高くリピーターを掴むWebサイトが制作できるでしょう。

Javaエンジニアとして転職する方法

Javaエンジニアが多く利用している転職サイトは、以下の通りです。
  • Green
  • paiza転職
  • レバテックキャリア
転職サイトのなかには、平均年収がアップしやすい求人や企業別の面接対策を行ってくれるケースもあります。年収アップを目指すなら、求人数を多く抱えている大手転職サイトを利用すると良いでしょう。

また、Javaエンジニアから人気が高い転職エージェントには、以下があります。
  • マイナビIT AGENT
  • type転職エージェントIT
  • TechClipsエージェント
現役エンジニアが転職を手厚くサポートしたり自社開発案件に特化していたりする転職エージェントがあるため、特色を理解してから利用をスタートしたいですね。

Javaエンジニアとして転職する上で抑えておくべきポイント  

Javaエンジニアとして転職を成功させたいなら、抑えておくべきポイントがあります。十分な準備をしておくことで、転職活動の指針にもなるでしょう。ここでは、Javaエンジニアが転職するうえで抑えておくべきポイントを説明します。

Javaエンジニアで転職経験者の話を聞く

Javaエンジニアの転職経験者とつながりがある場合には、直接話を聞いてみると良いでしょう。転職する際に準備したポイントや求人を出している企業の傾向、求人の選び方など、転職経験者ならではの話は参考になる部分が多いでしょう。

交流会や勉強会に参加する

交流会や勉強会に参加すると、同業者だけではなく他業種の人達とも出会い、人脈が広がるでしょう。人脈が広がるだけではなく、交流会や勉強会に参加することでコミュニケーションスキルが磨かれることがメリット。チームワークが必須となるJavaエンジニアにとって、プログラミングスキルと共に重要となるのがコミュニケーションスキルだといえます。

キャリア・スキルの棚卸しをする

キャリア・スキルの棚卸しをするうえで、大切なのは“転職の目的”を明確にすることです。Javaエンジニアとして携わりたい仕事内容や企業に希望すること、ライフスタイルを重要視する働き方など、今後の展望も踏まえ、紙に書き出してみると良いでしょう。客観的にキャリアやスキルを見つめ直すことで、転職の目標がみえてくることも。

まとめ

Javaエンジニアは求人情報が豊富にあるため、ほかの言語よりも転職に成功しやすいといえるでしょう。転職活動を行う際には、転職において譲れない軸を持つことが大切です。軸がぶれなければ求人が探しやすくなり、準備するべきポイントも明確になるでしょう。

コエテコがおすすめ!エンジニア向け転職エージェント

  • レバテックキャリア ITエンジニアが利用したい転職エージェントNo.1に選ばれるITエンジニア経験者専門の転職エージェント!

  • TechClipsエージェント 高マッチング率のITエンジニア専門エージェント。利用者の95%が年収UP!

  • IT転職エージェントGEEKLY(ギークリー) 一都三県での転職を希望している方限定!大手を中心に非公開求人数は約10,000件で独占求人あり!

  • paiza転職 エンジニア・クリエイターの経験がある方のみ対象。paizaスキルチェックで客観的にスキルを可視化!

  • doda 専門スタッフによる各拠点でのカウンセリングが魅力!エントリーから内定までをトータルサポート!

RECOMMEND

この記事を読んだ方へおすすめ