口コミ数No.1プログラミング・WEBデザインスクール検索サイト

30代以上でScalaエンジニアの転職は厳しい?転職市場を解説!

Javaと似通った記述であることから、世界的にも広まりをみせているのがプログラミング言語のScalaです。関数型プログラミングとオブジェクト指向の両方を扱える言語としても、Scalaは注目を集めています。

短期間で柔軟に開発を行いたいエンジニアにとって、Scalaは利用しやすいプログラミング言語だといえるでしょう。この記事では、Scalaの転職市場や転職時に必要となるスキルをわかりやすく解説します。

コエテコがおすすめ!エンジニア向け転職エージェント

  • レバテックキャリア ITエンジニアが利用したい転職エージェントNo.1に選ばれるITエンジニア経験者専門の転職エージェント!

  • TechClipsエージェント 高マッチング率のITエンジニア専門エージェント。利用者の95%が年収UP!

  • IT転職エージェントGEEKLY(ギークリー) 一都三県での転職を希望している方限定!大手を中心に非公開求人数は約10,000件で独占求人あり!

  • paiza転職 エンジニア・クリエイターの経験がある方のみ対象。paizaスキルチェックで客観的にスキルを可視化!

  • doda 専門スタッフによる各拠点でのカウンセリングが魅力!エントリーから内定までをトータルサポート!

現在のScalaエンジニアの転職市場について

求人検索エンジン「スタンバイ」の調べによると、2017年の平均年収はScalaが626万円と首位を誇っています。これは、世界的にも高いシェアがあるPythonやJavaをも上回る年収となっています。Scalaは高い性能と堅牢性を持つことから、TwitterやChatworkで導入されていることでも有名です。
出典:BIZREACH
Scalaの求人数は、JavaやPHPなどに比較すれば少ない傾向がありますが、平均年収の高さからも企業からの需要が高いことが伺えます。Scalaエンジニアは人手不足であるため、Javaの開発経験があれば採用されるケースも少なくありません。

未経験からでもScalaエンジニアとして転職できる?

Scalaエンジニアでは“未経験可”とされている求人もありますが、Scalaの求人数はやや少ないため、競争率は高いことが現状です。そのため、35歳以上で開発未経験の場合には、採用されることが難しいケースもあるでしょう。

Scalaが未経験だったとしても、リーダーシップがある人材や仕事に対して積極的な人材は採用されやすい傾向があります。そのため、他業種からScalaエンジニアへ転職する人のなかにも、前職で培ったスキルがあれば転職が成功する場合もあります。

Scalaエンジニアとして転職するために必要なスキル  

Scalaエンジニアとして転職を成功させたいと考えるなら、必要なスキルを身に付けておきたいですね。ここでは、Scalaエンジニアが転職で有利になるスキルについて説明します。

JVM言語での開発経験

Scalaは、JVM(Java仮想マシン)と呼ばれるJavaの稼働環境で動作することが特徴です。JVMを利用すれば、OSに依存することなく、一度書いたプログラムをマルチな環境で稼働させられることがメリット。

JVMを利用すれば効率的に開発を進められることから、JavaやScalaを扱うエンジニアにとって必須のスキルだといえるでしょう。

JavaからScalaへ変換させるスキル

Scalaは、Javaの後継となるプログラミング言語ともいわれています。Javaで利用する大半のライブラリも引用でき、ScalaはJavaよりも処理時間が短いことが強みです。また、反対にJavaからScalaを呼び出すことも可能です。

このような特性があることから、JavaエンジニアからScalaエンジニアへと転身するケースもあります。

フレームワークに関するスキル

Spring Boot」や「Play」は、Scalaで多く利用されているフレームワークです。これらのフレームワークはScalaだけではなくJavaでも利用されていることが特徴です。Webアプリケーションの開発に欠かせないフレームワークは、Scalaエンジニアが転職する際に必須となるスキルだといえます。

Scalaエンジニアとして転職する方法

Scalaエンジニアが利用しやすい転職サイトは、レバテックキャリア・リクルートダイレクトスカウト・DYM就職 ITなどがあります。大手企業とつながりのある転職サイトを利用すれば、大手企業へも転職しやすいことが魅力です。

また、転職エージェントで多く利用されているのは、マイナビIT  AGENT・リクルートエージェントなどがあります。なかには、非公開求人だけで5万件以上抱えている転職エージェントもあります。気になる転職サイトや転職エージェントに登録して、条件に合う求人を選んでみましょう。

Scalaエンジニアとして転職する上で抑えておくべきポイント  

Scalaエンジニアとして転職する際に、いくつか抑えておきたいポイントや注意点があります。転職を成功させるためにも、あらかじめチェックして準備しておきたいですね。

最低限のプログラミングスキルを身に付ける

Scalaエンジニアとして転職を成功させたいなら、ScalaのほかにもJavaなどのプログラミングスキルを身に付けておきましょう。企業によっては、面接の前にコーディングテストが行われる場合も。自信を持ってスキルテストに臨むためにも、時間をかけて学習しておきたいですね。

ヒアリング能力を磨く

Webサービスを制作する際に重要なのは、チームメンバーやクライアント、ユーザーの意向を正確に把握するためのヒアリング能力です。ヒアリング能力を磨くためには、勉強会や交流会に参加し他業種の人達から情報収集をしてみても良いでしょう。

多くの人と関わることでコミュニケーション能力が磨かれ、ヒアリング能力も向上しやすくなります。

転職しやすい時期をチェックする

一般的に、転職しやすい時期は2~3月と9~10月といわれています。この時期は年度末と上半期末であるため退職者が出やすく、求人数が多くなります。そのため、転職しやすい時期にスムーズに転職活動できるよう、あらかじめスキルやキャリアの棚卸しなどは済ませておきたいですね。

30代以上で未経験者の場合には、転職活動が難航するケースも少なくありません。そのため、職務経歴書などの準備も早めに済ませ、転職活動に臨むようにしましょう。

まとめ

Scalaエンジニアに転職を希望する際には、求人数が少ないことを理解したうえで転職活動を行うことが重要です。転職に成功できるよう、スキルを磨いたり転職しやすい時期を把握したりするなど、事前の準備を入念に行いましょう。

30代以上で転職を考えているなら、転職サイトや転職エージェントを上手に活用したいですね。自身のキャリアを考慮したうえで、最適な求人を紹介してもらえることがメリットです。

コエテコがおすすめ!エンジニア向け転職エージェント

  • レバテックキャリア ITエンジニアが利用したい転職エージェントNo.1に選ばれるITエンジニア経験者専門の転職エージェント!

  • TechClipsエージェント 高マッチング率のITエンジニア専門エージェント。利用者の95%が年収UP!

  • IT転職エージェントGEEKLY(ギークリー) 一都三県での転職を希望している方限定!大手を中心に非公開求人数は約10,000件で独占求人あり!

  • paiza転職 エンジニア・クリエイターの経験がある方のみ対象。paizaスキルチェックで客観的にスキルを可視化!

  • doda 専門スタッフによる各拠点でのカウンセリングが魅力!エントリーから内定までをトータルサポート!

RECOMMEND

この記事を読んだ方へおすすめ