国内最大級プログラミング・WEBデザインスクール検索サイト

Swiftエンジニアが転職するときに注意するべきポイントとは?

Apple社がリリースしたSwiftは、Apple製品の開発に欠かせません。世界的にも広く利用されているApple製品に採用されていることで、Swiftエンジニアは需要が高いことが特徴です。

この記事では、Swiftエンジニアの転職市場や必要なスキルについてわかりやすく解説します。

プログラミングスクールで、転職に有利なスキルが学べる!

現在のSwiftエンジニアの転職市場について

FREELANCE STARTの調べでは、2021年9月時点でSwiftのフリーランスの求人は2,139件あります。at-engineerが497件、レバテックフリーランスには219件のSwiftエンジニアの求人があるため、求人サイトを選ぶ際の参考にしましょう。
出典:FREELANCE START
Swiftエンジニア求人のなかには、月額単価が100万円に上る求人も多く見受けられます。これは、企業にとって需要が高いことを意味し、キャリアアップしやすい転職市場だといえるでしょう。

未経験からでもSwiftエンジニアとして転職できる?

未経験だとしても、Swiftエンジニアの正社員向け求人は豊富にあります。ただし、求人によっては月の残業時間が10時間を超える企業やリモート不可の企業もあります。そのため、“未経験可”の求人では、どのような条件となっているか、応募前に必ず確認するようにしましょう。

求人によっては、新人研修が手厚い企業も見受けられます。未経験の場合には、自身のスキルや経験に見合った求人を見極めることが重要です。

Swiftエンジニアとして転職するために必要なスキル  

Swiftエンジニアは、転職時に有利に働くようなスキルを有しておきたいですね。ここでは、Swiftエンジニアが身に付けておくべきスキルを説明します。

Swiftをはじめとしたプログラミング言語の習得

Swiftエンジニアの求人では、KotlinやJavaScript、Rubyなどのスキルも求められるケースがあります。FlutterやUnityによるスマートフォンアプリの開発経験があると、企業から重宝されるでしょう。また、UI/UXのようなデザインに関する知識も有していれば、条件が良い求人を選びやすい傾向があります。

チーム開発経験

Swiftでアプリケーションを開発する際には、大規模チームで開発を行うことが一般的です。そのため、ほかのプログラミング言語でもチーム開発経験があるエンジニアは、転職しやすいでしょう。

具体的にはGitやSVNによるアプリケーション開発の経験があると、企業から重宝されやすいエンジニアだといえます。

iOSアプリケーションの開発経験

SwiftはApple社の製品開発に用いられるため、iOSアプリケーションの開発経験は有しておきたいスキルの1つです。また、Objective-Cを利用してもiOSアプリケーションは開発可能です。そのため、Objective-Cによる開発経験があれば、採用されるケースも少なくありません。

iOSアプリケーション市場にはドライブシェアアプリや漫画専用電子書籍アプリなどのトレンドがあるため、トレンドを踏まえたうえでスキルや開発経験を重ねていきたいですね。

Swiftエンジニアとして転職する方法

Swiftエンジニアが利用しやすい転職サイトは、paiza転職・Green・レバテックキャリアなどがあります。いずれも転職サポートが丁寧であるため、初めての転職でも安心して利用しやすいでしょう。

また、転職エージェントなら、リクルートエージェントやマイナビIT AGENTなどがあります。ベンチャー企業や大手企業の求人も数多く取り揃えている転職エージェントは、キャリアアップしたいエンジニアが利用する傾向があります。

Swiftエンジニアとして転職する上で抑えておくべきポイント  

Swiftエンジニアとして転職するなら、何に気を配って転職活動をすべきか理解しておきたいですね。ここでは、Swiftエンジニアが転職する際に抑えておくべきポイントを説明します。

資料作成能力を伸ばす

チーム開発を行うSwiftエンジニアにとって、資料作成能力は重要なスキルです。開発計画から進捗状況まで、チームリーダーやチームメンバーに共有する機会もあるでしょう。そのようなときに、情報を正確に伝えられるような文章力やドキュメント力が求められます。

図や表を効果的に用いる資料作成を行うことで、相手にとって情報を汲み取りやすい資料となります。そのため、プログラミングスキルだけではなく、資料作成についても知識を得ておくと良いでしょう。

資格を取得する

Swiftエンジニアにとって、保有していると転職に有利になりやすい資格はシステムアーキテクト試験です。システムアーキテクト試験は国家資格であるため、自身の高いスキルを企業にアピールしやすくなるでしょう。

試験では、要件定義や外部設計などの知識を問われます。難易度が高いといわれるシステム開発の上流工程を理解していなければ合格は難しいため、受験する際には十分に時間をかけて準備したいですね。

目標を明確にする

数あるSwiftエンジニアの求人のなかから絞り込む際には、自身の“目標”を軸に条件を設定してみましょう。ロールモデルとなるエンジニアがいれば、その人に近づけるような条件を書き出してみても良いでしょう。ロールモデルがいる場合は、キャリア形成を行いやすいことがメリット。

年収やライフスタイル、開発内容など、重視したい条件を洗い出すことで、目標が明確になります。そうすることで、転職活動もスムーズに進みやすくなるでしょう。

まとめ 

勢いが衰えないApple社では、今後も数々のアプリケーションが開発されることが予想されます。それに伴い、Swiftエンジニアの需要も右肩上がりに高まることが予想されます。Swiftエンジニアは転職しやすい市場だといえますが、後悔しない転職をするためにも十分に情報収集しておきたいですね。

初めての転職や30~40代からの転職で不安を感じている人は、転職サイトや転職エージェントを利用すると良いでしょう。キャリアやスキルを考慮したうえで、条件に見合う求人を提案してもらえることが魅力です。

プログラミングスクールで、転職に有利なスキルが学べる!

RECOMMEND

この記事を読んだ方へおすすめ