IT/WEBエンジニア・デザイナーのため転職・求人支援メディア「コエテコ転職 byGMO」

サーバーサイドエンジニアの仕事内容を詳しく解説!必須スキルやおすすめ資格、年収など

私たちが使用しているインターネットサイトやアプリ、ソフトウェアを構築するのに欠かせない職業の一つであるサーバーサイドエンジニア。その名のとおりサーバー側における処理システムの開発や運用などを行っており、各システムの基幹を支えています。今回はサーバーサイドエンジニアの詳しい仕事内容や求められるスキル、おすすめの資格などを解説します。気になる年収やキャリアパスについてもご紹介するので、ぜひ最後までご覧ください。

コエテコがおすすめ!ITキャリア向け転職エージェント

  • レバテックキャリア ITエンジニアが利用したい転職エージェントNo.1に選ばれるITエンジニア経験者専門の転職エージェント!

  • TechClipsエージェント 高マッチング率のITエンジニア専門エージェント。利用者の95%が年収UP!

  • マイナビクリエイター 1都3県にお住みでクリエイティブ職の実務経験があるorスクールを修了された方が対象!​専門性とマッチング力が魅力​

  • ネクストキャリア ミドル  エンジニア1年以上経験者のみ対象。転職後のオンボーディングサポート&年収アップ保証あり!

サーバーサイドエンジニアって、どんな仕事?

サーバーサイドエンジニアの概要については以下のとおりです。

職種名 サーバーサイドエンジニア
平均年収 500万円前後
概要 サーバーにおける動作プログラムの開発や、サーバーが扱うデータの処理や管理を担当するエンジニア
活かせる資格 Linux技術者認定試験(LPIC)、基本情報技術者試験

では、それぞれの項目についてさらに詳しく解説していきます。

サーバーサイドエンジニアの仕事とは?

サーバーサイドエンジニアの仕事はシステムの開発や保守などさまざまですが、ここでは「システム開発」「システムの運用」「バグの修正」といった特に重視される3つの仕事内容についてご紹介します。

システムの開発

サーバーサイドエンジニアはシステムの設計や要件定義など初期段階にも関わる仕事です。自社において新規のシステム構築を行うのはもちろん、クライアントの依頼に沿ったシステム開発を行うこともあります。システム開発においてはプログラミング言語を要しますが、特に使用されるのは「コンパイラ言語」と「インタプリタ言語」の2種類です。その他にも開発フレームワークやデータベースの知識も必要です。

システムの運用

開発したシステムを運用するために、アップグレードに必要な機能を追加したりセキュリティシステムを追加したりといった業務を行います。IT業界は日々新たな知識やツールが展開されているため、新規ツールを調べたりデータを追加したりする必要があります。システムの運用に伴い、常に新たな知識を学ぶ姿勢も求められるでしょう。定期メンテナンスバックアップといった管理業務も重要です。

バグの修正

サーバーサイドエンジニアの業務で重要な作業の一つがバグの修正です。システム開発したのちのバグの発生はつきものですが、サーバーサイドエンジニアには迅速かつ的確な対応が求められます。また予めシンプルでわかりやすいコードを構築しておくことで後の大きなトラブルを防ぐことにも繋がります。納品する際にはただ実装処理を行うだけでなく、品質も重視されるでしょう。

サーバーサイドエンジニアとフロントエンドエンジニアの違い

フロントエンドエンジニアとはどう違う?

企業によってはサーバーサイドエンジニアと兼任されることもあるフロントエンドエンジニアですが、仕事内容は全く異なります。サイトの設計利用者が操作する部分など、目に見えるフロント部分の作業を担当します。

サーバーサイドエンジニアの役割と業務フロー

サーバーサイドエンジニアの業務フローは企業によって異なりますが、主にシステムの要件定義や開発業務、システム運用のための機能追加やバグ修正といった幅広い業務を担当することがあります。開発や運用業務においてはソフトウェアのインストールや外部システムとの連携、セキュリティ管理などで適正な対応を行うことが重要です。そして日々進歩しているIT業界の状況を把握し、常にシステムの状況を整える必要があります。またクライアントの要件を受託する場合は、ヒアリングによってクライアントの要望を的確に聞きとることが重要です。さらに企業内でのミーティングやチームとして情報を共有し合うためにも、さまざまな場面でコミュニケーションスキルが求められるでしょう。

フロントエンドエンジニアの役割と業務フロー

フロントエンドエンジニアはサイト上の設計やインターフェースなど、実際にユーザーの目に留まるフロント部分に関わる業務を担当する仕事です。主な業務としてはフロント領域のシステム設計や開発などを行っており、システム開発作業ではコーディングとテスト作業を繰り返して適正化します。その他にもシステム開発に伴って外部の担当者と打ち合わせやヒアリングを行ったり、制作チーム内でミーティングの機会を設けたりすることも多く、ユーザーに求められているシステムを構築するために幅広い業務を担います。フロント領域の開発においてはデザイナーと情報共有を行う場合があるというのも特徴の一つです。

サーバーサイドエンジニアに必要なスキル

ここではサーバーサイドエンジニアとして働くために求められるスキルのなかで特に重要な3点について詳しく解説します。

プログラミングのスキル

サーバーサイドエンジニアの業務を行うにあたって必須スキルといえるのがプログラミング言語を扱うスキルです。実際に使用されるプログラミング言語には複数の種類があり、大きくわけて「インタプリタ型言語」と「コンパイラ型言語」の2種類があります。案件ごとに使用する言語が異なることがあるため、さまざまな案件に対応できるよう幅広く学んでおくことが大切でしょう。

データベースやフレームワークの知識

サーバーサイドエンジニアはデータベースフレームワークに関する知識や技術スキルが求められます。Web開発に利用される事が多いデータベースはサーバーと連携することでユーザー情報などの膨大なデータを保管することができます。またフレームワークを使い分けることによってシステム開発業務を効率化することができます。どちらも案件や言語に対して適正な種類を使い分けるスキルが必要でしょう。

問題解決能力

サーバーサイドエンジニアはコードの構築やシステム修正業務が多く、タスクをこなすためには問題点に対して迅速に対応できるスキルが重要視されます。なるべく早い段階でバグを見つけ、原因を特定・解決するためには論理的思考も大切でしょう。またクライアントの要件を受託した場合も、要望や目的を達成するために必要な要素を分解して考えられるスキルが必要です。

未経験からサーバーサイドエンジニアに転職できる?

近年ではIT業界の人材不足などから未経験者の採用も増えているので、未経験からでもサーバーサイドエンジニアを目指すことは可能です。ただ、サーバーサイドエンジニアの仕事はプログラミングスキルが求められるため、未経験から目指す場合はスクールで知識を得る、または資格取得を目指して学習しておくと良いでしょう。

プログラミングスクールでスキルを身に付けたら、未経験者向けの求人を多く紹介している転職エージェントで仕事を探してみましょう。転職エージェントによっては、履歴書添削、またはその人のスキルに合わせて仕事を紹介してくれるところもあるので、未経験でも安心して転職活動を行うことができます。

「まずは経験から」と考えているならば、いきなり正社員向けの仕事ではなく、派遣やアルバイトの募集に応募して、まず働いて経験値を増やすという方法もあります。

サーバーサイドエンジニアにおすすめの資格

サーバーサイドエンジニアとして働くために必須となる資格はありませんが、取得しておくことで自身のスキルをアピールすることができます。ここでは就活や転職で特に有利となる資格「LPIC」「基本情報技術者試験」についてご紹介します。

Linux技術者認定試験(LPIC)

Linux技術者認定試験(LPIC)はOSの一種であるLinuxを扱う技術を証明するもので、世界でも多くの受験者がいる国際的な試験です。Linuxを扱う際のスキルや知識を学びたいという方におすすめの試験で、ステップアップ型になっているので下位試験から順に合格していくことによってスキルアップを実感することもできるでしょう。

基本情報技術者試験

基本情報技術者試験はIPA(独立行政法人情報処理推進機構)が認定する国家資格で、ITテクノロジーはもちろんマネジメントやストラテジなど幅広い分野を扱っています。試験に合格することでIT技術や知識に関する一定以上のスキルをアピールすることができるでしょう。

サーバーサイドエンジニアの年収

サーバーサイドエンジニアの平均年収は個人のスキルやプロジェクトの規模にもよりますが、およそ500万円といわれています。若い年代であれば400万円ほど、経験年数のある方であれば800万円近くを得る方もいるようです。これらの年収は一般的な総合職に対して高い水準と考えられます。また、さまざまなエンジニア職のなかでもサーバーサイドエンジニアの年収は比較的高い方であるといわれています。実力社会の業界であるため、複数のプログラミング言語を扱うことができたり、サーバー構築の経験があったりなど実務経験が年収アップのカギとなります。スキルがあれば若い年齢でも年収500万円を超えるという方もいるようです。年収を上げたいと考えている方は、自らサーバーサイドエンジニアの業務について身に着けることによって高年収を期待できる場合が多いでしょう。

サーバーサイドエンジニアのキャリアパス

サーバーサイドエンジニアはとても豊富なIT関連技術を身に着けているため、キャリアパスの選択肢もさまざまです。スキルアップを考えている場合はアプリクラウドデータベースなどさまざまな知識を持ち合わせておくことによって他のエンジニアとの差別化をはかることができると考えられます。また企業やプロジェクトの規模が小さい場合はサーバーサイドエンジニアがフロントエンドエンジニアの業務を兼業している場合もあります。フロントエンドに関するシステム構築やデザインなどのスキルを学んでおくことによって採用先も増えるでしょう。またエンジニア業界は人材不足という背景もあり、サーバーサイドエンジニア業務のために習得したスキルはさまざまな転職先で活かすことができます。特にさまざまなプログラミング言語を扱うことができる場合は、プログラマーやシステムエンジニア、データベースエンジニアなどさまざまな職種への転職が可能です。

コエテコがおすすめ!ITキャリア向け転職エージェント

  • レバテックキャリア ITエンジニアが利用したい転職エージェントNo.1に選ばれるITエンジニア経験者専門の転職エージェント!

  • TechClipsエージェント 高マッチング率のITエンジニア専門エージェント。利用者の95%が年収UP!

  • マイナビクリエイター 1都3県にお住みでクリエイティブ職の実務経験があるorスクールを修了された方が対象!​専門性とマッチング力が魅力​

  • ネクストキャリア ミドル  エンジニア1年以上経験者のみ対象。転職後のオンボーディングサポート&年収アップ保証あり!

RECOMMEND

この記事を読んだ方へおすすめ