口コミ数No.1プログラミング・WEBデザインスクール検索サイト

動画制作を仕事にするならスクールに通おう!スクール選びのコツも解説

YouTubeやニコニコ動画など、動画市場の伸びは幅広い業界から注目を集めています。その影響を受け、動画制作を仕事にしたいと考える人も増えている傾向があります。動画制作が初心者なら、スムーズに知識を獲得できるスクールを上手に活用したいですね。

この記事では、動画制作スクールの選び方やおすすめの動画制作スクール5選をわかりやすく紹介します。

コエテコが選ぶ!副業・転職を目指せる動画編集スクール

今YouTubeのおかげで動画市場が伸びている

出典:Nielsen
テレビ離れが加速している」という言葉を耳にしたことがある人も多いのではないでしょうか?Nielsenのデータでは、2015年から2019年までの5年間の間に、スマートフォンからの動画試聴時間は約5倍にも増えていることがわかります。

これは、スマートフォンからの動画視聴に以下のようなメリットが影響していると考えられます。
  • 自分が好きな時間に好きな動画を視聴できる
  • 移動時間にも視聴でき、場所を選ばない
  • 5〜15分ほどの短時間で楽しめるコンテンツが多く、隙間時間に視聴できる
出典:Nielsen
さらに、Nielsenのデータから18〜34歳の世代が最も多く利用するサービスに、YouTubeが挙げられます。全体ではYouTubeの利用者が101万人、18〜34歳が61万人、35〜49歳で19万人、50歳以上で21万人となっています。

YouTubeには、あらゆる世代にマッチしたコンテンツが豊富にあり、動画配信者を身近に感じられる生配信などのサービスも充実しています。このような影響から、動画市場は右肩上がりに伸び続けており、動画制作のスキルを求める案件も数多く見受けられるようになりました。

動画制作を覚えるならスクールを受講しよう

動画制作スクールでは、動画編集ソフトの扱い方の基礎から学ぶことが可能です。具体的には、Adobe Premiere ProやAdobe After Effectsなどのソフトが挙げられます。スクールでは、動画制作をするために必要となる動画のカットやテロップ付け、BGMや効果音の付け方などを学べます。

さらに、動画制作の案件習得方法やプロのクリエイターになるために必須となるスキルを習得できることもスクールに通うメリット。独学で動画制作に挫折してしまった人は、スクールの受講を検討したいですね。

動画制作スクールを選ぶ時のポイント  

動画制作スクールを選ぶときには、以下のようなポイントを抑えておきましょう。

プロの講師が在籍しているか

動画制作スクールに通うためには、まとまった費用が必要になります。高い費用をかけてスクールに通うなら、プロの講師が在籍しているかは必ずチェックしておきたいポイントです。なかには、現役の人気動画配信者が講師として在籍しているスクールもあります。

オンラインなら対応時間の長さをチェック

オンラインで学習するスタイルのスクールなら、対応時間の長さも必ず確認しておきたいですね。会社勤めをしている人や主婦の場合には、学習できる時間が限られるケースも多くあります。チャットなどで対応してもらえる時間が、自分のライフスタイルと合っているかチェックしておきましょう。

動画制作を勉強できるスクール5選  

ここでは、動画制作を勉強できるおすすめのスクール5選を紹介します。

ヒューマンアカデミー

出典:ヒューマンアカデミー
月々6,300円からの受講費で、未経験者が通いやすいのはヒューマンアカデミーです。全国に23店舗あり、通学かオンラインかを自分自身で選べることがメリット。副業やフリーランスを目指したい人まで通うことが特徴で、動画制作を仕事にするためのスキルを集中的に学べることが魅力です。

就職や転職時に有利になるポートフォリオを制作することもでき、カウンセラーが手厚くサポートすることが特徴です。授業では、Adobe Premiere ProやAdobe After Effects、PhotoshopやIllustratorの扱い方まで学べます。
ヒューマンアカデミーはこちら

デジタルハリウッドSTUDIO by LIG

出典:デジタルハリウッドSTUDIO by LIG
9万人以上のクリエイターを輩出してきた確かな実績を誇るのは、デジタルハリウッドSTUDIO by LIGです。現役クリエイターによるLIVE授業が人気を得ており、現場で活かせる知識を身につけられることが特徴です。授業のスタイルは、通学かオンラインかを自分で選ぶことが可能です。授業のなかでは、実際にYouTubeチャンネルの動画を制作するなど、実践的な内容となっています。

授業では、Adobe Premiere ProやAdobe After Effects、PhotoshopやIllustratorなどのスキルを習得できます。アニメーション動画や2DCG動画など、より専門的な動画制作のスキルを習得したい人に向いているスクールだといえるでしょう。
デジタルハリウッドSTUDIO by LIGはこちら

MOVA

出典:MOVA
フリーランスの動画クリエイターの育成に特化しているスクールは、MOVAです。動画編集のための基礎知識から案件を獲得するためのノウハウまでを徹底して指導してもらえることが特徴です。第一線で活躍する動画クリエイターを講師に招き、「今、どのような動画が求められているのか」という視点から動画制作について学べます。

授業では企画構成や撮影、チーム撮影や課題動画の制作などを行うことで、動画制作における一連の流れをつかめます。生徒として在籍しながら動画制作の案件に携われることも、MOVAの魅力の1つ。少人数制のオフライン授業だから、仲間と共に切磋琢磨しながら動画制作のスキルを磨けます。
MOVAはこちら

studio US

出典:studio US
studio USは、Adobe Premiere ProやAdobe After Effects、Cinema 4Dなどのスキルを習得できる動画制作スクールです。完全オンライン授業であるため、忙しい人でも自分のペースで学びやすいことがメリット。700本以上の動画教材を用意しており、理解できるまで何度も視聴することが可能です。

オンライン授業で学習につまづかないよう、オンライン上でプロの講師のサポートを受けられることが特徴です。最大で動画を50本制作可能となっているため、動画制作のための基礎知識を徹底して身につけたい人に向いているスクールだといえるでしょう。
studio USはこちら

MOOCRES

出典:MOOCRES
「ゼロからプロへの最短ルート」をスクールコンセプトに掲げているのは、MOOCRESです。プログラミングスクールのTech Academyと提携しており、卒業後の案件獲得もスムーズであることが嬉しいポイント。1クラス20〜30名で、直接指導を行う授業スタイルです。オフラインで授業を受けることも可能であるため、地方に住んでいる人でも学びやすいスクールだといえるでしょう。

Adobe Premiere ProやAdobe After Effectsの基礎から応用まで、動画制作に必要となる知識をじっくりと学べます。
ムークリはこちら

まとめ 

動画制作は、初心者にとってハードルが高い作業となることが少なくありません。独学で挫折してしまった人でも、スクールに通えば疑問を解消しながら丁寧に学べます。フリーランスや副業として動画制作に携わりたい場合にも、動画制作スクールに通えば現場で必要とされるスキルが身につきやすいでしょう。

コエテコが選ぶ!副業・転職を目指せる動画編集スクール

新たなスキル「プログラミング教育」を先取りしませんか? 今後のプログラミング教育流れ図
今から、先取りしませんか?
コエテコ経由の体験申し込みでアマギフ2000円分プレゼント!
お近くの教室を探す →

あわせて読みたいガイド

ガイドを読めばプログラミング教育がスッキリわかる!
プログラミングまるわかりガイドを読む

RECOMMEND

この記事を読んだ方へおすすめ