口コミ数No.1プログラミング・WEBデザインスクール検索サイト

プログラミングでできることを言語別に解説!代表的な活用例もご紹介

IT業界の発展に必要不可欠なプログラミング。最近では趣味や習い事でプログラミングを始めたいという人も増えていますが、実際にどのような場面でプログラミングが活用されているかは知らないという人も多いようです。

実はプログラミング言語にはさまざまな種類があり、Webサイトやアプリケーションなどそれぞれ使用される場面が異なります

今回はプログラミングでできることや活用の例などを言語別に解説します。、代表的なプログラミング言語についての知識を学びたい人やこれからプログラミング学習を始める初心者・未経験者はぜひ最後までご覧ください。

プログラミングスクールで、転職や副業に有利なスキルが学べる!

プログラミングでできること

システムやサービスに応じて必要なプログラム言語を使用することで、製品にAIを導入したり面倒な業務を正確に自動化したりすることができます。ここでは代表的なプログラミングの活用例をご紹介します。

高度な処理を自動化

プログラミングを使用することで単純作業や面倒な作業を自動化することができ、近年では業務の自動化を積極的に取り入れる企業が増えています。メールの送受信や画像編集、情報収集やExcel・Word操作をプログラミングによって高速処理することで人件費の削減や従業員の負担軽減につながるでしょう。

また作業の正確さもプログラミングならではの特徴で、適正に設定することで人的なミスを防ぐことができます。プログラミングは、業務の質向上や離職率低下といった長期的な企業の成長にも大きく影響しているといえます。

Webサービスを作成

基本設計に基づいてプログラミング言語を利用することでWebサイトやWebサービスを作成することができます。フロントエンドやバックエンド、データベースやフレームワークなどそれぞれの役割ごとに必要なプログラム言語が異なります。それぞれの作業を専門のプログラマーが担当することも多く、HTMLやRuby、Diango、MySQLなど求められる機能に応じて言語を使い分けます

アプリやゲームの開発

アプリやゲームの開発ではPythonやPHP、JavaやC++などの言語が使用され、制作チームやジャンル、使用するツールなどによって使い分けられます。アプリの場合、iOSとAndroidのどちらも対応している言語もあれば、どちらかのみの対応となっている場合もあるため、商品開発をスムーズに進めるためには幅広いプログラム言語の知識を持っている方が良いでしょう。

家電製品のシステム開発

プログラム言語はスマートフォンやエアコン、全自動洗濯機など、身近にある家電製品にも使用されています。システムを導入することで機械を動かすために必要な操作や指示の手間を省くことができ、さらに便利な家電製品が完成します。話しかけるだけで音楽を流したり家電製品のスイッチを入れたりすることができるAIスピーカーの音声認識機能もプログラミングによって開発されています。

家電製品開発に関わるプログラマーは、プログラミングスキルだけでなく製品の操作や修理など媒体の専門知識も求められることが多いようです。

ロボット開発

C言語やC++、Pythonなどを用いてロボットを制御します。基本的には処理速度の速いC言語が使われることが多いですが、習得の難易度や導入する機能によって使用する言語が異なります。ロボットにAI機能を加える場合はAI開発向きのPythonを利用します。産業用ロボットや医療用ロボット開発など、今後人々の生活を豊かにするために必要な分野です。

プログラミング言語の種類とできること

ここでは、現在Web上にあるプログラミング言語のなかで主流な言語と、できることや特徴を言語別にご紹介します。

Python

PythonはAI(人工知能)開発に特化しており、近年汎用性が高い言語といわれています。具体的には家電製品のAI導入やWebアプリケーション制作、データの情報収集など活躍の場が幅広いのが特徴です。かの有名なYoutubeやInstagram、ストレージサービスのDropboxの開発にもPythonが使用されています。

今後、家電の自動化や医療のAI化など人工知能が社会の発展に大きく影響する情勢に伴い、Pythonの認知度や普及率も高まっていくでしょう。

Java

定番プログラミング言語の一つでもあるJavaはアプリケーション開発やWebサイト制作などで広く利用されています。全世界のシェア率も高く、GoogleやTwtterの開発にも使用されている言語です。動作速度の速さが人気の理由の一つで、金融機関の基幹システムや自動車の制御システムなど大規模な処理にも対応可能です。

Ruby

主にWebアプリケーション開発に用いられるRubyは日本のまつもとひろゆき氏が開発したプログラミング言語で、国内ではじめて国際電気標準会議によって国際規格に認定された言語です。

ログインや検索、オンライン決済処理といった機能を開発することができるので、SNS開発やショッピングサイト制作が可能です。日本語で情報を集めることができるため独学でも習得しやすく、初心者向けの言語であるといえます。

JavaScript

JavaScriptはアプリ開発やWebサイト制作に使用される言語で、Webブラウザを使用中にJavaScriptの表示を見たことがあるという人も多いでしょう。ブラウザ画面に動きを加えたり検索フォームでキーワード予測をしたり、業務効率化システムを作ったりと、身近な機能に用いられているので認知度が高いプログラム言語でもあります。Javaと名前が似ていますが、これらの言語は別物です。

PHP

PHPはアプリ開発に特化した言語で、他にもSNSやECサイト、予約システムや業務管理システムなど汎用性が高いのが特徴です。PHPはWordPressブログにも使用されているので、WordPress内を細かく編集したい場合はPHPの知識を活かすことができます。またオンラインショップ実装にもPHPが使われているので、全世界でも多くの人がPHP言語の特性を利用しているといえるでしょう。

Swift

Swiftは2014年にApple社によって開発された比較的新しい言語です。主にiOS向けのアプリ制作に使われており、多くの人が簡単に習得できるように作られています。Swiftの処理速度の速さはPythonの8倍以上といわれ、その優秀さから年々さまざまなサービスの制作に採用されています。Swiftはmac製品でのみ動作する言語なので、学習をする際はmac製のパソコンを用意する必要があります。

C言語

C言語ロボット開発に使用されることが多いプログラミング言語です。C言語はハードウェアを制御する役割も持つので、C言語だけでなくハードウェアにまつわる知識も同時に必要です。具体的には掃除ロボットや車のカーナビなど、身近な家電製品に使用されています。難易度が高いと思われがちな言語ですが、歴史ある言語なのでさまざまな教材からリサーチしながら着手することができるでしょう。

C#

C#は汎用性が高く、あらゆるシーンで使うことができます。アプリケーション開発やゲーム開発はもちろん、システムやVR・AR開発にも使用されています。IT業界では大半の人が知っているExcelやWordもC#言語をベースに考えられています。

まとめ

プログラミング言語は20種類程で、用途や難易度、性能によって使い分けられています。アプリ開発やソフトウェア開発、システム開発など将来自分がなりたい職業を思い描くことでどの言語を学ぶべきかがはっきりとわかるでしょう。
自分の目的や目標にあったプログラミング言語を使用するだけでなく、自分のレベルに合った難易度の低い言語を選ぶのもおすすめです。無理せずに継続できる学習を意識しましょう。

プログラミングスクールで、転職や副業に有利なスキルが学べる!

新たなスキル「プログラミング教育」を先取りしませんか? 今後のプログラミング教育流れ図
今から、先取りしませんか?
コエテコ経由の体験申し込みでアマギフ2000円分プレゼント!
お近くの教室を探す →

あわせて読みたいガイド

ガイドを読めばプログラミング教育がスッキリわかる!
プログラミングまるわかりガイドを読む

RECOMMEND

この記事を読んだ方へおすすめ

よくある質問

  • 質問 プログラミングに向き不向きはありますか?具体的にどんな人が向いていますか?

    答え 論理的に物事を考える能力(ロジカルシンキング)や集中力、探究心があり、常に学び続ける努力ができる人が向いています。無料のコンピュータ職適性診断テストもありますがその結果が全てではありません。1つの目安として、自分が興味のあることなら諦めずに挑戦してみましょう。

  • 質問 スマートフォンやタブレットでもプログラミングを学べますか?

    答え スマートフォンやタブレットでもプログラミングを学べるアプリ・サイトもあります。ProgateやMimoはスマホでもプログラミングを学べると人気ですが、アプリ版はコードの全貌が見えづらいのも事実。本格的にプログラミングを学ぶのであればパソコンがおすすめです。

  • 質問 転職希望でなくても趣味レベルでプログラミングスクールに入れますか?

    答え もちろん!ゲームやアプリ制作などご自身が興味のあるコースを探してみましょう プログラミングスクールは転職希望者が多いのは事実ですが、全ての人が転職をゴールにしているわけではありません。自分の目的に合わせた学習内容を組める完全オーダーメイド型のスクールがおすすめです。

  • 質問 プログラミング言語じゃないHTML/CSSを学ぶ必要ありますか?

    答え Webサイト制作に興味があるなら、HTML/CSSは必須です。HTMLは文書を構造化するためのマークアップ言語、CSSはHTMLの見た目や装飾を整えるスタイルシート言語です。プログラミング言語ではありませんが、Web開発には必要な言語の1つなのでしっかり学びましょう。