口コミ数No.1プログラミング・WEBデザインスクール検索サイト

プログラミングは何から始める?初心者が基礎から学ぶ方法を解説!

近年小学生から大人までプログラミング学習を始める人が増えており、副業や転職を目指している人が増えています。しかし独学では何から始めていいのかわからずに挫折してしまったという失敗談も多いようです

今回はプログラミング学習を何から始めればいいかわからないという人向けに、学習方法をわかりやすくまとめました。基礎からプログラミングを学びたいという人はぜひ最後までご覧ください。

プログラミングスクールで、転職や副業に有利なスキルが学べる!

独学かスクールのメリット・デメリット

プログラミング学習の方法は「独学」か「スクール」の2つです。何から始めればいいかわからないという人は、まず「独学」か「スクール」のどちらの学習スタイルが自分に合っているのかを探ってみましょう。

独学のメリット・デメリット

プログラミングを独学で勉強する場合、書籍やWebサービス、アプリゲームなどを駆使して学習します。

独学のメリットは費用が抑えられるという点で、独学の基本的な費用は書籍代やWeb上のサービスの利用料金です。書籍はたくさん買うよりも一冊の本を読み込んだ方が知識が定着しやすいため、初めは自分のレベルに合った書籍を一冊選べば十分です。Web上には無料で利用できる学習サービスもあるので、無料体験版が利用できるサービスを選ぶことで初期費用を抑えられます。

独学のデメリットは自分に合った学習ペースや難易度を見つけるのが難しく、挫折しやすい点です。独学の場合、自分で必要な情報を探すリサーチ力も求められます。目的を達成するために何から手をつければ良いかわからず、自ら行動することができない人は独学に向いていません。

スクールのメリット・デメリット

プログラミングスクールに通って勉強する場合、まずは各スクールの受講形式や料金、カリキュラムを調べて自分好みのスクールを探します。

プログラミングスクールに通うメリットは、目標達成のために必要な学習内容が網羅されている点です。スクールやコースの内容によって習得できるスキルは異なりますが、自分が目指すスキルや職業を明確にしておくことで効率的に勉強することができるでしょう。また、講師や仲間と交流することでモチベーションが維持されるのも大きなメリットの一つです。

スクールのデメリットは費用が高い点です。スクールによっては数万~50万円前後の受講料金がかかるので、独学に比べて大幅に費用が高くなります。返金保証のあるスクールなら慎重に決められるという人もいるでしょう。

プログラミング学習の学習方法

ここではプログラミング学習で知識を身に着ける際に大切なポイントをご紹介します。何から学習すれば良いかわからない人は以下の3点について自分の状況を把握しておくのもおすすめです。

論理的思考を身に着ける

プログラミングの業務を効率的に行うためには論理的思考力が必要です。意図する制作のためにどのような処理が必要なのかを逆算して考えることで、適切な判断をすることができます。日頃から物事を考えるときに筋道を立てて考えるクセをつけておくのがおすすめです。

目的を明確にする

プログラミングスキルを習得したら何をしたいのか、どの職業に就きたいのかといった学習の目的を明確にしておきましょう。目的がはっきりすると学ぶべきプログラミング言語がわかるので、スクール探しの判断材料としても役立ちます。大きな目標だけでなく、一週間単位の小さな目標を立てておけば勉強のモチベーションを維持できるでしょう。

仲間をつくる

一人で悩む時間が多いと挫折しやすいので、プログラマー仲間をつくって情報を共有したり進捗を教え合ったりするのがおすすめです。プログラミングは一人で悩み始めると疑問を解消することができずに諦めてしまう人が多い分野です。プログラミングに詳しい友人やスクールの講師などすぐに質問ができる人と交流するのがおすすめです。

オンラインやオフラインでのイベントや勉強会を設けているスクールを利用するのも良いでしょう。

初心者向けスクールおすすめ5選

初心者で、スクールに通って勉強してみたいという人におすすめのスクールです。

DMM WEBCAMP はじめてのプログラミングコース



出典:DMM WEBCAMP

DMM WEBCAMPのはじめてのプログラミングコースはWebアプリケーションや架空のWebサイトを実際に制作することを目標としたスクールで、Webアプリ・Webサイトが作られる仕組みやプログラミング言語の実践スキルを身に着けることができます

具体的にはコーディングやRuby、Ruby on Railsの扱い方を学びます。さまざまな開発フローを知ることができるので、他にはない実践体験ができるでしょう。料金は4週間プランの場合169,800円、8週間プランの場合は224,800円です。
DMM WEBCAMPはこちら

KENスクール プログラミングコース


出典:KENスクール

KENスクールは業界に先駆けてJavaの講座を取り入れたスクールで、常に最先端の情報を提供しています。プログラミングコースではJavaやC言語といったプログラミング言語だけでなく、データベースの知識やフロントエンドのスキルなど多様なスキルを習得することができます

個別指導を受けながら多様なニーズに対応するスマートフォンアプリ制作に取り組むことで、実践に役立つ技術の獲得を目指します。Javaプログラマー養成コースの受講料は401,500円です。
KENスクールはこちら

SAMURAI ENGINEER (侍エンジニア)のデビューコース


出典:SAMURAI ENGINEER

SAMURAI ENGINEERのデビューコースRubyやPHP、Javaといった主流のプログラミング言語を学ぶことができます。さらにWordpressやLPIC資格など、Webサイト制作には欠かせない知識も幅広く学習可能です。

SAMURAI ENGINEERの受講生は、すぐに疑問を解決することができるQAサイトや受講生向けイベントの利用ができます。エンジニア仲間をつくって情報交換することができるのも魅力的なポイントです。料金は4週間プランが66,000円、12週間プランが198,000です。
SAMURAI ENGINEERはこちら

CodeCamp アプリマスターコース


出典:CodeCamp

CodeCampのアプリマスターコースiOSとAndroidのどちらのアプリケーション開発も学ぶことができるコースです。現役エンジニアが専属となって指導しているので、疑問を解決しながら学習を進めていくことができるのも特徴の一つです。

具体的なアプリとしてはニュースリーダーアプリや地図アプリ、カメラアプリやSNS用アプリなどバラエティ豊かなジャンルが挙げられます。アプリ制作を中心に学びたいという人のニーズを網羅しているカリキュラムといえるでしょう。受講料は6か月プランの場合330,000円です。
CodeCampはこちら

テックキャンプ プログラミング教養


出典:テックキャンプ

テックキャプのプログラミング教養では未経験からオリジナルサービスの開発までの一連の流れを学ぶことができます。Webサービスの開発はもちろん、AIにまつわる実践スキルやデザイン関係のスキル、DXプログラミングなど幅広い知識を習得できるのが人気です。

プログラミングを使って制作や自動化などさまざまな原理を学びたいという人にピッタリでしょう。さらにパーソナルメンターがアドバイスをしてくれるので、一人で学習するのが不安だという人にもおすすめです。

受講料金は月額21,780円で、入会費用に217,800円かかります。「ご紹介割」や「ともだち割」といった割引サービスや、全額返金保証サービスも設置しています。
テックキャンプはこちら

まとめ

プログラミング学習を何から始めていいのかわからないという人は、まず自分の学習スタイルを決めましょう。独学かプログラミングスクールのどちらかを選び、生活ペースに合った学習計画や細かい目標を考えるのがおすすめです。また、将来的にどのような職業に就きたいかを考えておくことで、学ぶべきカリキュラムがはっきりします。

プログラミングスクールで、転職や副業に有利なスキルが学べる!

新たなスキル「プログラミング教育」を先取りしませんか? 今後のプログラミング教育流れ図
今から、先取りしませんか?
コエテコ経由の体験申し込みでアマギフ2000円分プレゼント!
お近くの教室を探す →

あわせて読みたいガイド

ガイドを読めばプログラミング教育がスッキリわかる!
プログラミングまるわかりガイドを読む

RECOMMEND

この記事を読んだ方へおすすめ