口コミ数No.1プログラミング・WEBデザインスクール検索サイト

パラレルワークとはどんな働き方?メリットやデメリットを徹底解説!

近年、注目を集めている働き方の1つに、パラレルワークがあります。パラレルワークと呼ばれる働き方は、副業や兼業と間違われやすいことが特徴です。そのため、パラレルワーカーとして働きたいと考えている人は、特徴やメリット、デメリットを抑えておきたいですね。

今回は、パラレルワークの特徴やパラレルワークに選ばれている職種などを紹介します。

WEBデザインスクールで、転職や副業に有利なスキルが学べる!

パラレルワークの特徴を理解しよう

パラレルワークとは、2つ以上の仕事に並行して携わる働き方を指します。パラレルワークは仕事に順番をつけず、本業がいくつもあるというイメージの働き方です。パラレルワークは仕事だけではなく、ボランティアや学術的な研究、アーティストの創作活動や株式投資などの幅広い活動も含まれます。

パラレルワークは、経営学者のピータードラッガーが提唱した「パラレルキャリア」が起源となっています。パラレルワークのような多様な生き方は、人生をより豊かなものにし、さまざまな働き方の人々と出会うきっかけにもなるでしょう。

パラレルワーカーとして働く上での注意点

パラレルワーカーとして働き始める前に覚えておきたいことは、情報漏洩には徹底して注意するという点です。気がつかないうちに重要な情報を競合他社に漏洩してしまった場合は、職を失うことにもつながります。

パラレルワークは副業や兼業とどう違うの?

副業は、本業とは別にいくつかの仕事に取り組むことを指します。それに対し、兼業は、本業の他に別の事業にも取り組むことを指します。つまり、パラレルワークが本業をいくつも並行するのに対し、副業と兼業は本業は1つだけであることを意味します。

副業はWワークとも呼ばれ、メインとサブの仕事の区別が明確であることが特徴です。副業や兼業は、収入アップが目的であることが大半です。パラレルワークの場合は、収入アップを目的としないケースも少なくありません。

パラレルワークが注目される理由

パラレルワークが注目されるようになったのは、終身雇用の終焉や労働者の価値観の変化、景気の悪化などが理由として挙げられます。景気が悪化したことにより、定年まで1つの企業で働きたくても、それが叶わないことも珍しくありません。つまり、1つの企業に依存することはリスクにもつながるケースがあることを意味します。

大企業に就職したとしても、経営破綻しリストラを言い渡される場合もあります。スキルや経験が豊富な人なら、次の転職先がスムーズに見つかることもあるでしょう。しかし、スキルや経験が浅い人は、転職先が見つからない事態に陥ることも。

パラレルワークにチャレンジしやすくなったのは、テレワークの普及やクラウドソーシングサービスの発展などさまざまな理由があります。働いている企業に不信感を抱く人の中には、このような背景からパラレルワークへと移行することも少なくありません。

パラレルワークのメリットとデメリット

ここでは、パラレルワークのメリットとデメリットを説明します。

パラレルワークのメリット

パラレルワークのメリットは、以下の通りです。
  • 収入源を複数確保できる
  • 新たな生きがいが生まれる
  • 新たな人脈形成につながる
  • 視野が広がる
収入源が増えることや人脈が新たに増えることは、新たな仕事を呼び込むきっかけにもなります。つまり、パラレルワークをすることで、仕事や人との出会いのチャンスを増やせるのがメリットだと言えます。

パラレルワークのデメリット

パラレルワークのデメリットは、以下の通りです。
  • 金銭的負担が大きくなる場合がある
  • 労働時間が増え身体にかかる負担が大きくなる
  • 体調を崩したら複数の仕事に迷惑をかける恐れがある
まず、複数の事業を抱えるということは、事業の数だけ経費もかさむことを意味します。そのため、多額の初期投資が必要な事業の場合は、スタートする前に初期投資が回収できる見込みがあるかを検討する必要があります。

また、身体的負荷が大きくなりやすいこともパラレルワークのデメリットの1つです。体調を崩さないためにも、自身の体力や気力に見合うだけの仕事の量を請け負うことが重要です。

パラレルワークに向いているのはどんな人?

パラレルワークは、以下のような特徴がある人に向いています。
  • マルチタスクが得意な人
  • 自己解決能力がある人
  • 楽観的な人
  • 自己管理ができる人
  • 行動力がある人
マルチタスクが得意な人は、物事に優先順位をつけて実行できる能力がある人を指します。パラレルワーカーは、並行する仕事の段取りや納期を頭に入れ、効率よく業務を遂行する必要があります。

また、さまざまな困難や壁にぶつかったときに、楽観的な人は落ち込むこともなく、すぐに次の対処法を試すこともできるでしょう。楽観的で行動力がある人は、仕事におけるフットワークの軽さも強みになります。

パラレルワーカーに選ばれている仕事

パラレルワーカーから人気を得ている仕事は、以下の通りです。
  • Webデザイナー
  • アフィリエイト
  • Webライター
  • プログラマー・エンジニア
  • ブロガー
  • インフルエンサー
  • 動画配信
  • 翻訳
パラレルワーカーから選ばれる仕事の多くは、在宅ワークができ初期投資が少ないことが特徴です。在宅ワークができれば、時間を有効活用しながら業務を遂行しやすいでしょう。上記に挙げた職種は、インターネット環境とPCがあればスタートできます。

中古のPCを利用すれば、3〜5万円前後の初期投資でパラレルワーカーとして働き始めることも可能です。ただし、動画配信や翻訳、エンジニアなどは、案件を請け負うための経験とスキルが必要となります。

パラレルワーカーとして働くために必要なスキルを身につけたいなら、スクールに通うことを検討しても良いでしょう。スクールに通えば、短期間で高度なスキルを身につけられることがメリットです。

まとめ

パラレルワークをすることで、将来的に発生しうるリスクを回避できる可能性があります。初めてパラレルワークを行うなら、自宅でできる低コストの仕事からチャレンジしたいですね。「新たな働き方を模索したい」「リスク分散したい」と考える人は、メリットやデメリットを理解したうえでパラレルワークを始めてみましょう。

WEBデザインスクールで、転職や副業に有利なスキルが学べる!

新たなスキル「プログラミング教育」を先取りしませんか? 今後のプログラミング教育流れ図
今から、先取りしませんか?
コエテコ経由の体験申し込みでアマギフ2000円分プレゼント!
お近くの教室を探す →

あわせて読みたいガイド

ガイドを読めばプログラミング教育がスッキリわかる!
プログラミングまるわかりガイドを読む

RECOMMEND

この記事を読んだ方へおすすめ