口コミ数No.1プログラミング・WEBデザインスクール検索サイト

キャリアカウンセリングを受けるメリットと有効性を高める事前準備とは?

転職活動を行う際に多くの方が耳にする「キャリアカウンセリング」という言葉。
"カウンセリング”と名の付く通り、誰かに話や相談を聞いてもらうという漠然とした認識をお持ちだと思います。
本記事では、転職活動を行う上で理解を深めておきたい『キャリアカウンセリング』について、受けるメリットと有効性を高める事前準備を伝えします。

コエテコがおすすめ!ITキャリア向け転職エージェント

  • レバテックキャリア ITエンジニアが利用したい転職エージェントNo.1に選ばれるITエンジニア経験者専門の転職エージェント!

  • ネクストキャリア ミドル  エンジニア1年以上経験者のみ対象。転職後のオンボーディングサポート&年収アップ保証あり!

  • マイナビクリエイター 1都3県にお住みでクリエイティブ職の実務経験があるorスクールを修了された方が対象!​専門性とマッチング力が魅力​

  • TechClipsエージェント 高マッチング率のITエンジニア専門エージェント。利用者の95%が年収UP!

  • キャリアパーク 第二新卒・既卒の方が対象!内定獲得まで最短2週間!上場企業が運営するエージェント

キャリアカウンセリングとは

キャリアカウンセリング(キャリアコンサルティングとも言う)とは、個人のキャリア選択・形成の相談を受け支援・サポートを行うカウンセリングの一種

「キャリア」という言葉には、職業・仕事・ 進路・ 経歴など多くの意味が含まれています。また仕事の悩みは仕事単体で切り抜くことはできません。人によっては人生・家庭などが仕事の悩みに紐づいているケースもあるでしょう。
キャリアカウンセリングでは仕事起点・仕事を中心とする問題や課題はもちろん、個人が抱える仕事にまつわる悩みに対し、解決のヒントを探す相談機会の場となります。

 キャリアカウンラーとは

相談を受けるキャリアカウンセラーは、国家資格である『キャリアコンサルタント』 や民間資格『CDA(キャリア・デベロップメント・アドバイザー)』 などの資格保有者から資格を持たない人まで様々です。
キャリアカウンセリングの実施に資格は必要ないため、資格の有無でカウンセラーの質を図ることはできません。相談の際には相性やフィーリングも大切です。
 
下記事項は、キャリアカウンセリングでよくある相談例です。
  • 希望の仕事に就くために、何をすれば良いか分からない
  • 自分に向いている仕事が分からない
  • ワークライフバランスの組み立て方を教えて欲しい
  • 部下との接し方について最適解を知りたい
  • 職場の女性同士の人間関係について相談したい など

上記のように一口にキャリアカウンセリングと言っても、実に幅広い相談内容があります。
キャリアカウンセリングを受ける際は、相談内容に適したキャリアカウンセラーを選ぶようにしましょう。

 キャリアカウンセリングが受けられる機関・サービス

それでは、キャリアカウンセリングを受けたい場合は、どのような場所・機関で受けられるのか?
キャリアカウンセリグが受けられる機関やサービスをご紹介します。

公的機関を利用する

各地域にあるハローワーク就労支援センターなどの就職支援を受けられる機関では、プロのキャリアコンサルタントに無料でキャリア相談ができます。今までの職歴や経験はもちろん、興味や強み・弱み、将来目指したいキャリア・ビジョンなどのヒアリングを通じて、仕事の選択に役立つ情報を提供してくれます。

相談には予約が必要になるケースもあるため、申込を検討する際は事前に予約情報やカウンセリング実施日などを確認しましょう。

会社のキャリア相談窓口を利用する

在籍している会社にキャリア相談窓口があれば、利用してみましょう。中には匿名や上司に内緒で相談できる窓口もあります。
会社内の組織図や自身のポジションを把握した上で、現状に沿った回答やアドバイスが得られるため、即効性の高い有益なアドバイスを期待できるでしょう。

転職エージェントなどのサービスを活用する

転職や再就職などを検討している場合、転職エージェントに登録すればキャリア相談サービスを受けられます。転職の際の方向性や自分が目指すべきキャリアなど、転職・再就職に特化したキャリアカウンセリングを受けることができます。

また歴の長いキャリアカウンセラーの場合、多くの転職者にキャリアアドバイスを行ってきた実績があります。経験に基づく確かな助言が得られるでしょう。

キャリアカウンセリング無料と有料の違い

キャリアカウンセリングは、大きく無料と有料の機関・サービスにも分類できます。
本項目では、無料と有料とでキャリアカウンセリングの精度の違いはあるのか、どちらを選ぶべきかを解説します。

無料キャリアカウンセリング

 無料のキャリアカウンセリングは以下の場所で受けられます。
  • 公的機関(ハローワーク、就労支援センターなど)
  • 会社のキャリア相談室
  • 転職エージェント
無料のキャリアカウンセリングは、キャリア全般ではなく『転職』に関する相談に強い傾向がみられます。
ハローワークや転職エージェントなら転職支援、会社のキャリア相談室なら退職防止などの目的があります。そのため、どうしてもその目的に沿ったカウンセリングに寄ることがあります。

有料とカウンセリングの精度に大きな差が出ることはありません。先述の通り、キャリアカウンセリングはキャリアカウンセラーとの相性もあります。
無料のキャリアカウンセリングは、相談できるキャリアの範囲が限定的なケースがあることを覚えておきましょう。

有料キャリアカウンセリング

有料キャリアカウンセリングは、有料キャリアコンサルタント会社が提供するサービスを介して受けることが大半。
費用は一律ではなく会社や受けるサービスによって様々です。中には入会金や手付金が発生する場合もあります。
相談できる内容は幅広く、中立な立場で俯瞰的なアドバイスが受けられます。

『転職相談』 だけではなく、家族・職場・環境など自身を取り巻く状況全てを含んだ上で今後のキャリアを相談したい、という方は有料キャリアカウンセリングのほうがマッチしているでしょう。

キャリアカウンセリングを受けるメリット

それでは、キャリアカウンセリングを受けるメリットには、どのような点が挙げられるのでしょうか。

自己理解を深められる

キャリアカウンセリングを受けると、キャリアカウンセラーの客観的な視点を通して、自分では気づけなかった強みや適性を知ることができます。
反対に弱みや成長を求められる側面に気付けるケースもあるでしょう。

また家族や友人から指摘されながら耳を塞いでいたアドバイスも、キャリアアドバイザーからであればすんなり受け入れられるケースもあるのではないでしょうか。
このように、自分では気が付けないことに気付けたり、受け入れがたいアドバイスもキャリア形成の糧にすることができるでしょう。

今後のキャリア設計を立てられる

現状のキャリアに関する悩みや心配を整理し、改めて自分の強みや適性を生かしたキャリアを描けるのは、キャリアカウンセリングを受ける大きなメリットです。

さらにそれだけではなく、今後のキャリアや老後まで見据えた人生設計についてのアドバイスも受けられるため、長期的なプラン・広い視野を持ったキャリア設計が叶うでしょう。

精神的な不安を和らげる

キャリアカウンセリングを受ける方の多くが、未来についての不安や焦りを抱いています。
キャリアカウンセラーに相談することで心が落ち着き、新しい思考に移れたり、別の視点を持てるようにもなるでしょう。

また人に話すことで精神負担が和らぎ将来不安からくる緊張もほぐれることで、安心感も得られることでしょう。

まとめ

キャリアカウンセリングは、日本では敷居が高く馴染みの薄い存在でした。しかし昨今の「働き方改革」の浸透や、転職市場の活性化により身近な存在になりつつあります。

自身のキャリアにひとりで悩んでいる方は、一度キャリアカウンセリングを受けてみるのも良いでしょう。
気づかなかった新たな自分に出会えるかもしれません。

コエテコがおすすめ!ITキャリア向け転職エージェント

  • レバテックキャリア ITエンジニアが利用したい転職エージェントNo.1に選ばれるITエンジニア経験者専門の転職エージェント!

  • ネクストキャリア ミドル  エンジニア1年以上経験者のみ対象。転職後のオンボーディングサポート&年収アップ保証あり!

  • マイナビクリエイター 1都3県にお住みでクリエイティブ職の実務経験があるorスクールを修了された方が対象!​専門性とマッチング力が魅力​

  • TechClipsエージェント 高マッチング率のITエンジニア専門エージェント。利用者の95%が年収UP!

  • キャリアパーク 第二新卒・既卒の方が対象!内定獲得まで最短2週間!上場企業が運営するエージェント

RECOMMEND

この記事を読んだ方へおすすめ