ベネッセサイエンス教室の詳細情報・口コミ・評判

掲載数No.1プログラミング教室・ロボット教室検索サイト

ベネッセサイエンスキョウシツ

ベネッセサイエンス教室

運営本部: 株式会社東京個別指導学院

★★★★★
-

(※口コミ件数が一定以下のため、評価は非表示)

※ 上記の評価は、スクール全体の口コミ点数・件数です

ベネッセサイエンス教室の教室一覧(1件)

ベネッセサイエンス教室の特徴

合言葉は「いっしょにつくろう!」お友だちとの学び合いを大切に、「未来を生き抜く力」をはぐくみます。

  • 教育方針・理念

    他社と協働して課題解決する力を

    小学校で必修化される「プログラミング教育」は、プログラマーの育成ではなく、問題の解決に必要な手順を考え、コンピュータの働きをよりよい人生や社会に生かそうとする力を育てることを目的としています。ベネッセサイエンス教室STEMプログラミングコースは、プログラミングスキルを身につけることが目的ではなく、社会とプログラミングやテクノロジーの関わりに興味を持ち、自分でITツールを使って創作を行い、他者と自分のアイデアを生かして、協働的に課題解決することをねらいとしています。「お友だちとの学び合い」を大切に、楽しみながら力をつけられるコースです。

  • 授業内容

    大切にしているのは「プログラミング的思考の活用」

    講師が一方的にプログラミングのレクチャーをするだけではなく、授業の前に簡単なゲームの時間を作ったり、体を動かしてプログラミングの考え方を学んだりして、「自分の力で気づく、考えること」を重視しています。タブレットを使うだけの授業だと遊びの雰囲気になってしまい、「学び」の要素が薄れてしまうこともあるので、自分の考えをノートに書いてまとめる時間も設けています。テーマについては毎回、子ども達にとって身近な内容で設定することを心がけ、授業の流れ、講師からの声かけなど、いずれにおいてもプログラミング的思考を体感できるよう気を配っているのが特長です。

  • 講師・教員

    一方的な指導ではなく、考える力をサポートする講師

    ベネッセサイエンス教室・ベネッセ文章表現教室での指導ノウハウを、STEMプログラミングコースにもいかしています。専門性の高さはもちろん、お子さまに寄り添うことのできる、コミュニケーションの上手な講師が授業を担当。元気なお子さまも、自分の意見を伝えるのが苦手なお子さまも、1人ひとりが主役になって学びを持ち帰れるよう、声のかけ方やフォローも、お子さまに合わせて工夫をしています。保護者の方にも、その日に学んだことやお子さまのがんばりをお伝えし、学びが積み上がる様子を感じていただけるようにしています。

ベネッセサイエンス教室のコース紹介 (2件)

ベネッセサイエンス教室の基本情報

運営本部 株式会社東京個別指導学院
スクール名 ベネッセサイエンス教室
対象学年 小学1年生~小学4年生
公式サイト https://benesse-kyoshitu.jp/science/stemprogramming/
備考 ・振替制度あり(詳しくは教室でご案内します。)

・「通いやすさ」にもこだわっています。
豊洲駅5番出入口から徒歩1分と、とてもアクセスしやすい立地です。
1階に東京ベイ信用金庫が入居するビルの4階で、東京個別指導学院 豊洲教室の中にあります。
また、振替授業も可能なので、予定が入ってしまったときにも安心です。

・本コースは、以下を利用しています。
iPad、Apple TV:Apple、iPad、Apple TVは、米国もしくはその他の国や地域におけるApple Inc.の商標です。
littleBits、DROID INVENTOR KIT :littleBits、”DROID INVENTOR KIT”は、littleBits Electronics Inc.の商標です。
ScratchJr : スクラッチジュニア はタフツ大学のDevTech研究グループ 、MIT メディアラボのライフロング幼稚園グループ、プレイフルインベンションカンパニー の共同制作です。
詳しくは http://scratchjr.org
Scratch:ScratchはMITメディアラボのライフロング・キンダーガーテン・グループが設計、開発、維持を行っています。
Pyonkee:Pyonkee(ピョンキー)は、合同会社ソフトウメヤが、MITメディアラボのScratchソースコードライセンスにしたがって、Scratchをベースに開発したiPad用のアプリケーションです。AppStoreから無料でダウンロードできます。詳しくは以下のWebサイトをご覧ください。
https://www.softumeya.com/pyonkee/ja/

ピックアップ記事