口コミ数No.1プログラミング・WEBデザインスクール検索サイト

  • 校種
  • 目的
  • 通学スタイル
  • 地域
  • 費用
  • 人気の絞り込み条件
  • 学べるジャンル
    • さらに表示
  • 対象/学び方
    • さらに表示
  • 授業
    • さらに表示
  • フォロー体制
    • さらに表示
  • プログラミング言語
    • さらに表示
  • WEBアプリケーションフレームワーク
    • さらに表示
  • インフラ/クラウド
    • さらに表示
  • ツール
    • さらに表示
  • 講師/運営体制
    • さらに表示
  • 費用/体験授業
    • さらに表示

C#が学べるプログラミングスクール一覧

初心者向けコースやプログラミング言語別のコースなど、受講者のニーズに合わせたコースが揃えられていることが特徴です。都心部に開校している場合が多く、オンライン講義を行っているスクールも。現役エンジニアが講師を務めるスクールなら、現場で即戦力となれるスキルを身につけられます。一般的な受講期間は1〜6ヶ月で、受講料は10〜80万円ほどかかります。条件付きで無料で受講できるスクールもあります。 C#は、Microsoft社が開発したプログラミング言語です。使用できるOSはWindowsに限らず、WEBだけでなくスマホアプリの開発にも活用されています。『ドラゴンクエスト』や『ポケモンGO』などの、有名なゲームの開発にもC#が使われました。汎用性の高さから、さまざまなジャンルの企業で採用されているため需要が高く、エンジニアからも安定した人気を誇る言語です。

プログラミングスクールの授業料は 千差万別ですが、優良スクールの場合はおおよそ20~50万円ぐらいのお金を準備すれば大丈夫というのが現在の相場のようです。

さらに詳しく見る
検索条件:
  • C#

インタビュー記事

就職・転職、スキルアップのためのプログラミング学習ガイド

よくある質問

  • 質問 どんな業界や仕事に向いている言語ですか?

    答え C#は汎用性がかなり高く、Webアプリケーションをはじめ、デスクトップアプリやゲーム、さらには仮想現実やAIといった最先端分野の開発にまで活用されています。C#一つ身に着けておくと、幅広い業界で仕事を獲得していけることでしょう。とりわけアプリ開発分野においては、先に世に出回っていたRubyやPHPを上回るほどの人気があります。またマイクロソフト社が開発したという点からWindowsOSのシステム構築に広く利用されているため、既存ソフトウェアの改修作業等の需要も少なくありません。

  • 質問 未経験からの習得は難易度が高いですか?

    答え 昨今主流のPythonやSwiftといった、オブジェクト指向型の中でも極めてモダンな言語に対し、C#の記述は少々複雑です。歴史あるC言語を踏襲していることも一つの理由と考えられます。未経験から始める場合にはまずオブジェクト指向を理解しなければならず、難易度は低いとは言い難い言語です。一方で、誕生からすでに20年以上経過しているということもあり、言語としてはほぼ成熟しています。ネットや書籍を探せば、ほしい情報がピンポイントで見つかる可能性も高いでしょう。なおC#はC++とJavaの影響を特に強く受けた言語のため、これらを習得済の人にとっては取り組みやすい言語とも言えるかもしれません。

  • 質問 仕事を獲得するには、他の言語やスキルも必要ですか?

    答え C#で効率よく開発するためには、ライブラリやフレームワーク、各種プラットフォーム等の理解も欠かせません。これらの知識を持って効果的に活用することで、一からすべてコードを記述することなく、より効率のいい開発が可能になります。中でも、統合開発環境である「Visual Studio」は、C#でアプリ開発をしていくうえで切っても切り離せない存在と言えるでしょう。またゲーム開発をしていくなら、ゲームエンジンの一つ「Unity」の知識もぜひ身につけておきたいところです。

  • 質問 需要や将来性が気になります。どれくらいの収入が見込めますか?

    答え プログラミング言語の人気ランキング「TIOBE」によれば、C#は後発言語にもかかわらずトップ5に位置するほどの人気を博しています。アプリ開発分野においてはRubyやPHPよりも高い人気を獲得していることから、今後も一定以上の需要が見込めるでしょう。スキル次第にはなりますが、平均年収600万円台を狙っていくことも可能です。昨今のC#はAI・機械学習といった最先端分野にも活用されてきているため、マイクロソフト社が精力的に開発を続けている限り、突然シェアが奪われることは少ないはず。20年経った今も年1~2回のペースで頻繁にバージョンアップも図られているので、将来性は心配しなくても大丈夫でしょう。