口コミ数No.1プログラミング・WEBデザインスクール検索サイト

  • 校種
  • 目的
  • 通学スタイル
  • 地域
  • 費用
  • 人気の絞り込み条件
  • 対象/学び方
    • さらに表示
  • 授業
    • さらに表示
  • フォロー体制
    • さらに表示
  • プログラミング言語
    • さらに表示
  • WEBアプリケーションフレームワーク
    • さらに表示
  • インフラ/クラウド
    • さらに表示
  • 学べるジャンル
    • さらに表示
  • 講師/運営体制
    • さらに表示
  • 費用/体験授業
    • さらに表示

Javaが学べるプログラミングスクール一覧

初心者向けコースやプログラミング言語別のコースなど、受講者のニーズに合わせたコースが揃えられていることが特徴です。都心部に開校している場合が多く、オンライン講義を行っているスクールも。現役エンジニアが講師を務めるスクールなら、現場で即戦力となれるスキルを身につけられます。一般的な受講期間は1〜6ヶ月で、受講料は10〜80万円ほどかかります。条件付きで無料で受講できるスクールもあります。 Javaは多くの企業や公共機関で使われているプログラミング言語です。ゲーム開発やアプリ開発、IoTシステムの開発など、幅広い分野で活用されています。3DCGの開発も可能で、『トイストーリー』などもJavaで制作された作品。どんなOSでも使用でき、処理速度が速くセキュリティ面も強いことから、クレジットカードの決済処理にも多く使用されています。汎用性が高いJavaを学んで、将来の選択肢を広げませんか?

プログラミングスクールの授業料は 千差万別ですが、優良スクールの場合はおおよそ20~50万円ぐらいのお金を準備すれば大丈夫というのが現在の相場のようです。

さらに詳しく見る
検索条件:
  • Java

就職・転職、スキルアップのためのプログラミング学習ガイド

  • 質問 どんな業界や仕事に向いている言語ですか?

    答え ゲーム開発やアプリ開発、IoTシステムの開発と、汎用性の高さから、さまざまな分野で使われている言語です。公開当初から金融関係のシステム開発や交通通信号制御など、インフラを支える技術としても使われてきた実績があるため、大手企業や官公庁からも信頼が厚く、Javaエンジニアの活躍の場は多岐にわたります。クレジットカードの決済処理にも多く使用されています。近年はAndroid向けのスマートフォンアプリ開発に使用されることも多いです。

  • 質問 未経験者からの習得は難易度が高いですか?

    答え Java習得の難易度は、やや高めです。プログラミングにおける基本的な概念や、機能のほとんどが詰め込まれている汎用プログラミング言語なので、習得するべきスキルが多いことが理由に挙げられます。オブジェクト指向に関する理解が難しい点、コードの記述量が多い点は、初心者がつまずく原因になりやすいです。習得には時間がかかりますが、人気のある言語なので日本語でアクセスできる情報も多く、学習ツールや教本も豊富ですし、Javaに力を入れているスクールも多いので学習環境は恵まれていると言えます。

  • 質問 仕事を獲得するには、他の言語やスキルも必要ですか?

    答え Javaは汎用性が高いため、開発対象によってフレームワークや開発環境、ライブラリを切り替えることでスムーズな開発が可能になります。Javaの有名なフレームワークである「JavaScript」は学んでおいたほうがいいでしょう。また、Javaは大規模開発や企業の基幹システムに使用されるケースが多いため、サービスの立ち上げやプロジェクトマネジメント経験、要件定義などの上流工程の業務経験があると優遇されます。

  • 質問 需要や将来性が気になります。どれくらいの収入が見込めますか?

    答え Javaは社会のインフラや企業の中枢システムを支えているケースも多く、今後も需要が衰えることはないと考えられます。汎用性の高さと堅実性から、Javaは流行り廃りなく将来的にも長く活躍できるスキルだと言えます。また、これまでにJavaで開発された膨大なシステムやサービスのメンテナンスや管理業務、機能追加などの保守・運用業務の求人も多いです。Javaエンジニアの平均年収は689万円で、フリーランスの場合は月額報酬50〜100万円超えの案件が見込めます。