口コミ数No.1プログラミング・WEBデザインスクール検索サイト

  • 校種
  • 目的
  • 通学スタイル
  • 地域
  • 費用
  • 人気の絞り込み条件
  • 学べるジャンル
    • さらに表示
  • 対象/学び方
    • さらに表示
  • 授業
    • さらに表示
  • フォロー体制
    • さらに表示
  • プログラミング言語
    • さらに表示
  • WEBアプリケーションフレームワーク
    • さらに表示
  • インフラ/クラウド
    • さらに表示
  • ツール
    • さらに表示
  • 講師/運営体制
    • さらに表示
  • 費用/体験授業
    • さらに表示

Kotlinが学べるプログラミングスクール一覧

初心者向けコースやプログラミング言語別のコースなど、受講者のニーズに合わせたコースが揃えられていることが特徴です。都心部に開校している場合が多く、オンライン講義を行っているスクールも。現役エンジニアが講師を務めるスクールなら、現場で即戦力となれるスキルを身につけられます。一般的な受講期間は1〜6ヶ月で、受講料は10〜80万円ほどかかります。条件付きで無料で受講できるスクールもあります。 Androidアプリを開発するエンジニアを目指すなら、Kotlinが学べるスクールを選びましょう。Androidを開発したGoogle社は、Androidアプリの開発言語としてKotlinを推奨することを公式に発表しています。スマホアプリだけでなくWebアプリ開発やサーバーサイド開発に使用されるケースもあり、見込まれる収入も比較的高く、将来性の高いプログラミング言語です。

プログラミングスクールの授業料は 千差万別ですが、優良スクールの場合はおおよそ20~50万円ぐらいのお金を準備すれば大丈夫というのが現在の相場のようです。

さらに詳しく見る
検索条件:
  • Kotlin

就職・転職、スキルアップのためのプログラミング学習ガイド

  • 質問 どんな業界や仕事に向いている言語ですか?

    答え Kotlinは人気言語「Java」をもとに設計された言語で、Androidアプリ開発分野において今高い注目を集めています。2017年には、GoogleがAndroidの公式開発言語としてKotlinを抜擢していることもあり、各企業からの期待度が高いことは確かです。そのほかサーバーサイド開発にも利用していけるポテンシャルも兼ね備えているとのこと。スマートフォン向けアプリの開発をしていきたいなら、Kotlinを身につける価値は十分あります。

  • 質問 未経験からの習得は難易度が高いですか?

    答え Kotlinの誕生は2011年で、C言語やJavaといった何十年も使われている言語と比べると非常に日の浅い言語です。そのため、勉強を始めようにも資料が少なく、とっかかりづらさを感じてしまうかもしれません。海外で開発された言語のため、英語が読めないと参考にできないものもあるでしょう。一方で、Android公式開発言語に選ぶほどKotlinに可能性を感じているGoogleは、現在Kotlinエンジニアに向けたオンライン学習コース等の環境を整備してくれているところです。日本語にもしっかり対応しているので、未経験の人はぜひ参考にしてみるといいでしょう。

  • 質問 仕事を獲得するには、他の言語やスキルも必要ですか?

    答え Kotlinのスキルさえあれば、Androidアプリ開発に十分携わっていけることは確か。しかしそれだと開発に時間がかかりすぎたり、細かい部分まで作りこんでいけなかったりする場合もあります。そのためKotlinで仕事を獲得していきたいのであれば、Android Studioのような統合開発環境や、その他アプリ開発を効率化できるフレームワーク等の知識も身につけておくのがおすすめです。そのほかJavaとの相互運用が可能であることも踏まえて、Javaのスキルや開発経験を積んでおくと、より幅広い活躍が期待できます。

  • 質問 需要や将来性が気になります。どれくらいの収入が見込めますか?

    答え 現状Androidアプリ開発分野でしかあまり見かけない言語ということもあり、将来性を懸念している人もいるかと思います。しかしAndroidは、世界で見るとiOS以上のシェアを誇り、数えきれないほど多くの人に利用されているOSなのです。そんなシェアの高いOS用のアプリを、Javaよりもシンプルかつスピーディに開発できるKotlinは、今後さらなる伸びを見せることはほぼ間違いないでしょう。年収相場としてはフリーランスで平均900万、会社員で平均500万程度と、案件単価としても決して悪くない金額となっています。