口コミ数No.1プログラミング・WEBデザインスクール検索サイト

転職エージェントのデメリットとは?転職エージェントを上手に活用するためのデメリット理解

活性化する転職市場において、求職者の転職をサポートする転職支援サービスは多様化を極めつつあります。様々なサービスがある中でも『転職エージェント』は求職者に人気の転職支援サービスの1つ。転職を検討する方なら1度は耳にしたことがあるサービスでしょう。

転職エージェントは、「専任の担当者が付く」「キャリアアドバイスを受けられる」「完全無料で利用できる」など求職者にとって嬉しいサービスを受けられます。

しかし一方でデメリットに感じる面があるのも事実。どんな転職支援サービスでも同様ですが、デメリットをしっかりと理解せず安易に利用をしてしまうと「こんなハズではなかったのに!」と後悔に繋がってしまうことにもなりかねません。
 
本記事では転職エージェント利用の際に懸念すべきデメリットと、デメリットを踏まえた上で転職エージェントの強みが発揮される利用者の特徴をご紹介します。

コエテコがおすすめ!ITキャリア向け転職エージェント

  • レバテックキャリア ITエンジニアが利用したい転職エージェントNo.1に選ばれるITエンジニア経験者専門の転職エージェント!

  • ネクストキャリア ミドル  エンジニア1年以上経験者のみ対象。転職後のオンボーディングサポート&年収アップ保証あり!

  • マイナビクリエイター 1都3県にお住みでクリエイティブ職の実務経験があるorスクールを修了された方が対象!​専門性とマッチング力が魅力​

  • TechClipsエージェント 高マッチング率のITエンジニア専門エージェント。利用者の95%が年収UP!

  • キャリアパーク 第二新卒・既卒の方が対象!内定獲得まで最短2週間!上場企業が運営するエージェント

転職エージェント利用の際に懸念すべきデメリット

転職エージェントを利用する際に懸念すべきデメリットは、主に次の4点。

キャリアアドバイザーの手腕によって転職成功が左右されることがある

転職エージェントに登録をすると、自分の転職を支援してくれる担当のキャリアアドバイザーが付きます。自分に付いたキャリアアドバイザーが自分の代わりに、希望に合った求人選定や企業との面談・選考の日程調整、雇用条件の交渉などを進めてくれます。

しかしキャリアアドバイザーと一口に言っても、質や人柄は様々です。

求職者に寄り添ったサポートを心がけているアドバイザーもいれば、残念ながら自身の利益のみを追求するアドバイザーが居るのも事実です。また歴が浅い方キャリアアドバイザーや、自分の希望する業界の知見を持たないキャリアアドバイザーもいます。そのためキャリアアドバイザーの手腕によっては、転職成功が大きく左右されることもあります。

キャリアアドバイザーも人であるため多少の相性はあるかもしれません。しかし時にはキャリアアドバイザーと性格や考え方が合わないと感じるケースもあるでしょう。

どうしても自分に合わないと感じた場合は他の転職エージェントの利用を検討するか、他のキャリアアドバイザーに担当を変更してもらうようにしましょう。

キャリアアドバイザーとの連絡が煩雑に感じられる

転職エージェントの活用において、キャリアアドバイザーとのやり取りは欠かせません。

転職条件はもちろん、面談日や入社条件などについても細かいすり合わせが必要です。そのため求人紹介なども含め、頻繫に電話やメールでのコミュニケーションが必要になることもあるでしょう。

密な連絡が苦手な方は、キャリアアドバイザーとのやり取りが煩雑に感じられてしまうかもしれません。

転職エージェントが抱えている求人を全て見ることはできない

転職エージェントには多くの企業が求人希望を登録しています。しかし転職サイトのように公開求人を全て見ることはできません。転職エージェントが抱えている求人の中でも、面談を通じてキャリアアドバイザーに伝えた希望にマッチした求人しか紹介してもらうことはできません。

また希望にマッチした求人でも学歴・職歴・年齢などから内定を獲得する可能性が低いと判断された場合は、そもそも紹介すらしてもらえないケースもあるとか。

多様な求人を網羅的にチェックしたい場合は、複数のエージェントに登録することで紹介してもらえる求人幅が広がるでしょう。

サポート期間が設けられている転職エージェントもある

転職エージェントの中には登録日を起点として転職支援を受けられる期間が定められている媒体もあります。
転職意思が明確な方、転職後のビジョンや転職軸がある程度定まっている方は、スピーディーな転職が叶うでしょう。

しかし「色々な企業を比較・検討したい」「転職活動を進める中でやりたいことを見つけたい」という方にとってはアンマッチに感じるかもしれません。

また期間を設けていない転職エージェントでも、1人ひとりのキャリアアドバイザーが受け持てる求職者の数は限られています。転職エージェントとの連絡を蔑ろにしていると、転職意思がないとみなされ積極的なサービス支援が受けられなくなる可能性もあります。
 
もちろん上記でご紹介したデメリットが全ての人に該当するわけではありません。
他の転職支援サービスとも比較・検討をした上でより自分のニーズに合うサービスを選択、もしくは状況によって使い分けることが肝要です。

転職エージェントの強みが発揮される人の特徴

本項目では先述の転職エージェントのデメリットを踏まえて、転職エージェントの強みが発揮される人の特徴をお伝えします。

転職エージェントがマッチする人は、次に該当するような方。
  • 在職中で転職活動にかける時間がない方
  • 転職活動に自信がなく応募書類の添削や面接対策などの転職支援を受けたい方 
  • キャリアビジョンが明確で「TES」「NO」をはっきりと伝えられる方  
  • 専門性の高い職種への転職を目指している方 
  • ハイクラス転職を希望している方 
  • 選考通過率・内定獲得率を最大化させたい方 
上記項目からも「キャリア相談を希望する方」や「効率的に転職活動を進めたい方」は転職エージェントの強みが発揮され、希望の転職を叶えることができるでしょう。

また転職エージェントは利用中に様々な提案やアドバイスを受けることがあります。自分にとって有益な助言も多くある一方で、自分の希望にマッチしない助言を受けることもあるでしょう。納得できる転職を実現するためにも、自分の望む話ではない場合、「NO」といえる意思の強さやブレないビジョンが必要です。

転職エージェントがアンマッチに感じる懸念がある人の特徴

多様なサービスを提供してくれる転職エージェントですが、転職へのビジョンや考え方によってはせっかくのサービスの恩恵を充分に得られない可能性があります。

転職エージェントがアンマッチに感じる人の特徴は次のような方。
  • 転職について明確な考えやビジョンが定まっていない方
  • 様々な求人情報を比較・検討したい方
  • 人の意見に流されやすい方
転職を考え始めたばかりの方や転職軸が定まっていない方が転職エージェントに登録したとしても、判断基準が明確でないため、転職エージェントも時間も有効に活用できないでしょう。

そのような方は、まず転職について情報を集めたり転職サイトなどでどんな求人があるのかチェックするところから始めてみましょう。

また人の意見に左右されやすい方は、キャリアアドバイザーの意見1つに対し自分の考えや転職軸がブレてしまう可能性があり、おすすめできません。本来叶えたい転職とかけ離れた残念な結果に終わってしまう恐れもあります。

転職エージェントのデメリットまとめ

転職エージェントは、転職活動の質・効率を高めてくれる有益性の高いサービスです。また数ある転職支援サービスの中でも手厚いサポートが受けられます。

しかし一方で利用者によってはデメリットを大きく感じる一面もあります。
自分に合ったサービスなのか見極めた上で、他の転職支援サービスとも比較・併用しながら上手に活用していきましょう。

コエテコがおすすめ!ITキャリア向け転職エージェント

  • レバテックキャリア ITエンジニアが利用したい転職エージェントNo.1に選ばれるITエンジニア経験者専門の転職エージェント!

  • ネクストキャリア ミドル  エンジニア1年以上経験者のみ対象。転職後のオンボーディングサポート&年収アップ保証あり!

  • マイナビクリエイター 1都3県にお住みでクリエイティブ職の実務経験があるorスクールを修了された方が対象!​専門性とマッチング力が魅力​

  • TechClipsエージェント 高マッチング率のITエンジニア専門エージェント。利用者の95%が年収UP!

  • キャリアパーク 第二新卒・既卒の方が対象!内定獲得まで最短2週間!上場企業が運営するエージェント

RECOMMEND

この記事を読んだ方へおすすめ