口コミ数No.1プログラミング・WEBデザインスクール検索サイト

30代でエンジニア転職すると年収はアップする?転職に失敗しない方法

30代のエンジニアは責任ある仕事が任されるようになり、職場環境になじんでいる場合が多いでしょう。企業内での業務内容も熟知し、部下に仕事を教える立場となるエンジニアがほとんどでしょう。これまで企業内で築き上げてきた信頼や評価を考えると、転職をためらうケースも少なくありません。

「30代での転職は難しい」という一般論はありますが、エンジニアとして働いている人はその限りではありません。この記事では、30代でエンジニア転職する際に失敗しない方法について解説します。

コエテコがおすすめ!エンジニア向け転職エージェント

  • レバテックキャリア ITエンジニアが利用したい転職エージェントNo.1に選ばれるITエンジニア経験者専門の転職エージェント!

  • TechClipsエージェント 高マッチング率のITエンジニア専門エージェント。利用者の95%が年収UP!

  • IT転職エージェントGEEKLY(ギークリー) 一都三県での転職を希望している方限定!大手を中心に非公開求人数は約10,000件で独占求人あり!

  • paiza転職 エンジニア・クリエイターの経験がある方のみ対象。paizaスキルチェックで客観的にスキルを可視化!

  • doda 専門スタッフによる各拠点でのカウンセリングが魅力!エントリーから内定までをトータルサポート!

30代でエンジニア転職すると年収はアップするの?

30代でエンジニア転職をして、年収はアップするのか不安に感じる人もいるでしょう。ここでは、30代のエンジニアが転職して年収はどう変動するのかについて説明します。

経験豊富な30代エンジニアの求人情報は豊富にある

職場で責任ある役割があったエンジニアの場合、IT企業で重宝される人材だといえます。高いスキルを有するエンジニアはどこの企業でも人材不足であるため、30代以降でも求人数が多いことが特徴です。新卒のエンジニアのように教育をする必要がなく、即戦力となることが30代のエンジニアには求められています。

新卒よりも実務経験を豊富に積んでいる30代エンジニアは、転職時に年収がアップしやすい傾向があります。30代以上ではリーダー経験があるなどのマネジメント能力を有していると、さらなる年収アップが望めるといわれています。

ポータブルスキル能力があると年収アップしやすい!

プログラミングスキルだけではなく、進化が著しいIT業界ではポータブルスキルを有している人材が求められます。ポータブルスキルには、以下のようなものが挙げられます。
  • チームワーク
  • 柔軟な思考力、決断力、判断力
  • リーダーシップ能力
  • コミュニケーション能力
  • スケジュール管理能力
確かなプログラミングスキルは専門性の高い業務を遂行する際に役に立ちますが、ポータブルスキルはどの企業においても通用する普遍性があるスキルだといえます。転職時には、自身のポータブルスキルを洗い出し、面接時にアピールできるよう準備しておきたいですね。

残業時間も考慮に入れよう

転職時に気を付けたいポイントは、転職先の残業時間です。年収アップを望んで転職しても、残業時間が大幅に増える業務ではライフスタイルが崩れることも懸念されます。高年収を謳う企業に転職を考える場合には、残業時間は平均してどれくらいかを必ず確認するようにしましょう。

高度システムエンジニアやコンサルタント、プロジェクトマネージャーなどの業務は高年収になりやすい業務ですが、残業時間が1ヵ月で30時間を超えるケースも多くあります。

「35歳エンジニア定年説」とは

エンジニアとして働いている方であれば、「35歳エンジニア定年説」という言葉を聞いたことがあるのではないでしょうか。これは文字通り、エンジニアは35歳で限界を迎えるということです。一体どうしてそのようなことが言われるのでしょうか。

IT業界には日々新しい技術が登場し、それを勉強し続ける必要があります。これは、日々業務の中でプログラミングを行っている皆さんであれば実感していることなのではないかと思います。そんな中で、歳を取るにつれて新しい技術を習得することがなかなか難しくなると言われています。これには、大きくわけて2つの理由があります。

1つは体力的な面。若いうちは業務外でもコードを書いたり新しい技術を習得したりする体力がありますが、年齢を重ねるうちにそういったことが段々難しくなってきます。しばらくは過去に培ってきた技術と知識で戦っていけるかもしれませんが、それもいずれ限界が来ます。体力が衰えても新しい技術領域に対する関心を失うことがないか、あるいは体力を保ち続けることができるか、そういったことを考えていく必要があります。

もう1つは、マネジメントに関わる面。35歳を超えると、プロジェクトマネージャーなどマネジメント層が歳下になってくることも増えると思います。IT業界は年齢に関わらず実力で役職や職責が決まる風潮が強いとはいえ、やはり歳下の部下というのは付き合いづらいものがあります。そのため、35歳を超えるとマネジメント側にいった方が仕事がしやすかったりします。

もちろん、エンジニア35歳定年説というのはあくまでも説であって、中には35歳を超えても現役でコードを書き続けているエンジニアもいます。マネジメントを行わずとも、長年の経験を生かしてスペシャリストとして業務を行う場合もあるでしょう。

ただし、やはり今後のスキルを考えると、35歳を目処にマネジメントなどのスキルを身に着けておいた方が、後々の選択肢が増えてくることは間違いありません。

技術を伸ばすのか、その他のスキルを伸ばすのか

エンジニアとして転職する中で、技術的なスキルを伸ばしていくのか、それともその他のスキルを伸ばしていくのかは重要な問題です。時間は有限ですので、自分がどちらに適正があるのかを見極めるのが大切でしょう。

自分でコードを書くことがなくても、プロジェクトを進行していく上ではエンジニアリングの知識が必要になる部分があります。それは、自分たちが作っているものがどういう工程を経て作られているのかが分からなければ、上手くマネジメントができないからです。

エンジニア職を経ずに、プロダクトマネージャーやWebプロデューサーとして仕事をしている人もいます。しかし、そういった人たちもある程度は技術に対して勉強を重ねています。そんな中で、実務でコードを書いたことのある経験は必ずあなたの強みになるはずです。

コードを書く技術を磨き続けるのが、それを利用しつつマネジメントスキルなどを身につけるのか。自分のスキルや経験を棚卸しして、一度ゆっくりと考えてみるのがおすすめです。

30代のエンジニア転職で失敗しない方法とは

30代のエンジニアが転職に失敗しないためには、十分に準備をしておくことがポイントです。この段落では、30代エンジニアが転職で失敗しないためのポイントを紹介します。

自身のスキルや強みを洗い出す

転職を考えたときには、まずこれまでの業務内容や自身のスキル、強みを洗い出してみましょう。自身を理解したうえで、転職を希望する企業に貢献できるスキルを具体的に伝えることがポイントです。高い評価を得た実績や資格なども、転職時にアピールしやすいでしょう。

自身のエンジニアとしての価値は、自身が最も理解しているものです。他のエンジニアと違いどのような違いや特色があるのかをまとめておきたいですね。

(コエテコによる独占インタビュー。30代・職歴なしからでも転職成功)

キャリアプランを立てる

キャリアプランを立てるということは、前向きに仕事をするうえでの大きな指針となるでしょう。与えられた業務を淡々とこなすだけのエンジニアよりも、積極的に業務をこなし向上心を持つエンジニアの方が企業からも求められる人材だといえます。キャリアプランを立てる際には短期的なプランではなく、10年後や20年後まで見据えた長期的なプランを立てるようにしましょう。

キャリアプランを立て勉強していることや努力していることがあれば、転職時にアピールできるポイントになります。

転職情報を幅広く集める

30代エンジニアが転職をする際には、転職サイトや転職エージェントなどから幅広く求人情報を集めましょう。業務が多忙で働きながら転職活動をする場合に、転職サイトを1つだけ閲覧し転職先を決めてしまうのはチャンスを潰してしまうともいえます。年収アップなどの明確な目標がある場合には、自身の条件に見合う求人情報をいくつかピックアップしましょう。

ITmediaやCNET Japanなどのニュース系サイトも、転職を考えたときにはしっかりとチェックしておくことがポイントです。トレンドを押さえておくことで、勢いがある企業の動向もわかりやすいでしょう。エンジニアの幅広い人脈がある場合には、おすすめの転職サイトや転職エージェントなどを聞いてみても良いですね。

30代でエンジニア転職を目指している方におすすめの転職サイト

エンジニア転職を目指すなら、失敗しない転職サイト選びが大切です。本項目では、30代でエンジニア転職を目指している方向けにおすすめの転職サイトをご紹介します。

リクルートエージェント

リクルートエージェントは、業界最大手のリクルートが運営するエージェントサービスです。非公開求人だけでも5万件以上と豊富で、多くの求人のなかからピッタリの企業を探すことができます。年収600万円以上の高収入求人が約8割を占めているので、高収入の仕事を求めている方にもおすすめです。

さらに土日・夜間の受付、電話・オンライン面談など非対面での転職活動サポートを行っているので、安心して転職活動を行うことができます。

出典:リクルートエージェント

レバテックキャリア

 レバテックキャリアは、「ITエンジニアが利用したい転職エージェントNo.1」に選ばれるエンジニア経験者専門の転職サービスです。保有求人は大手IT系・WEB系企業からスタートアップ企業まで幅広く、年収600万円以上のハイクラス求人紹介も多数行っているので、年収アップを目指している方にもおすすめです。

出典:レバテックキャリア

30代でエンジニア転職するなら自身の強みをアピールしよう!

30代でエンジニア転職をすると、年収アップする可能性が高いといえます。転職で成功するためにも、自身の強みを理解したうえで転職先を探すようにしましょう。キャリアプランを立てたうえで転職先を選ぶことで、企業内でどのように自身のスキルを活かせるかをアピールしやすくなります。30代の転職で迷っている人は、まずは情報収集から始めてみましょう!

コエテコがおすすめ!エンジニア向け転職エージェント

  • レバテックキャリア ITエンジニアが利用したい転職エージェントNo.1に選ばれるITエンジニア経験者専門の転職エージェント!

  • TechClipsエージェント 高マッチング率のITエンジニア専門エージェント。利用者の95%が年収UP!

  • IT転職エージェントGEEKLY(ギークリー) 一都三県での転職を希望している方限定!大手を中心に非公開求人数は約10,000件で独占求人あり!

  • paiza転職 エンジニア・クリエイターの経験がある方のみ対象。paizaスキルチェックで客観的にスキルを可視化!

  • doda 専門スタッフによる各拠点でのカウンセリングが魅力!エントリーから内定までをトータルサポート!

RECOMMEND

この記事を読んだ方へおすすめ

よくある質問

  • 質問 転職エージェントと転職サイトの違いは何ですか?

    答え 転職エージェントはキャリアカウンセラーが、個別にカウンセリングをして最適な求人をを紹介してくれる転職サービスで、書類の添削や面接練習など様々なサポートをしてくれます。転職サイトは自分で求人を探す必要があります。それぞれにメリット・デメリットがあるため、初めて転職をする人やなるべく短期間で転職成功したい人はプロから転職支援を受けられる転職エージェントがおすすめです。転職経験があり、自分のペースで自由に転職活動がしたい方は転職サイトがおすすめです。

  • 質問 転職エージェントは料金がかかりますか?

    答え 転職エージェントは登やカウンセリング、書類の添削、面接練習などのサービスは無料で、転職希望者はお金を払わずに利用することができます。その代わり、転職エージェントに登録している企業からは採用が決定した際に成功報酬として紹介手数料をもらって事業が成り立っています。転職エージェントにはネットで検索して見られる公開求人の他に、社名などの採用に関わる情報を公にしない非公開求人というものがあります。こちらは企業側が転職エージェントに依頼して欲しい人材を集めることが可能。転職エージェントを利用する企業側にもメリットがあるのです。

  • 質問 現在、在職中で転職時期も決まっていませんが転職エージェントに相談できますか?

    答え はい、可能です。 「とりあえず情報が欲しい」「自分のキャリアでどんな転職先があるのか」「転職するために必要なこと」など、転職に関する相談を受付ている転職エージェントがほとんどです。なかには、プロのキャリアカウンセラーにLINEで気軽に相談できる転職エージェントもあるので利用してはいかがでしょうか。多くの転職希望者が在職中に転職エージェントに登録しています。相談をした上で転職の意思が決まったら利用するのもありですし、まだ転職時期が決まっていなくても相談できる相手が社外にいることでご自身のキャリアを見つめ直すきっかけにもなるでしょう。

  • 質問 転職エージェントに登録して、企業求人へ応募してから内定までどのくらいかかるものですか?

    答え 企業側の選考スピードやご本人のスケジュールにもよりますが、平均で在職中であれば3ヶ月程度、離職中であれば1ヶ月から2ヶ月程度と言われています。なかにはタイミングがよく面接の日程がすぐ組めて、選考回数も少なく、すぐに内定が出る方もいらっしゃいます。ただし、じっくり考えたい方や複数社比較したい方なは早ければいいという問題でもありません。ご自身の都合上、今すぐ転職をしたいと考えている方はキャリアカウンセリングの際に相談しましょう。

  • 質問 転職エージェントを利用すれば、未経験職種への転職は可能でしょうか?

    答え 企業の求人情報の中には「未経験可」と書かれているものも多くあります。転職をきっかけに、新しい職種にチャレンジしたいと考える方もいるでしょう。一般的に、企業が転職者に求めるのは「即戦力」。その点でいうと未経験者に即戦力はありませんが、「未経験可」としている求人は応募者のポテンシャルや将来性を評価していることがあげられます。応募する業界や職種とは関係なくても、これまでの経験を新しい職種にも活かせることや、企業にどう貢献できるのか熱意をアピールできれば、未経験からの転職成功も夢ではありません。