IT/WEBエンジニア・デザイナーのため転職・求人支援メディア「コエテコ転職 byGMO」

システムアナリストの仕事内容や必要なスキル、年収やキャリアアップについて詳しく解説!

近年IT業界の発展は目覚ましく、どの業界の企業経営においても重要視されている分野です。IT開発関連の職業も注目されており、特にシステム開発の分析や評価を行う「システムアナリスト」はキャリアパスを希望するエンジニアからもとても人気が高い職種といわれています。この記事ではシステムアナリストの仕事内容や必要なスキル、おすすめの資格や年収などについて詳しく解説していきます。

コエテコがおすすめ!ITキャリア向け転職エージェント

  • レバテックキャリア ITエンジニアが利用したい転職エージェントNo.1に選ばれるITエンジニア経験者専門の転職エージェント!

  • TechClipsエージェント 高マッチング率のITエンジニア専門エージェント。利用者の95%が年収UP!

  • マイナビクリエイター 1都3県にお住みでクリエイティブ職の実務経験があるorスクールを修了された方が対象!​専門性とマッチング力が魅力​

  • ネクストキャリア ミドル  エンジニア1年以上経験者のみ対象。転職後のオンボーディングサポート&年収アップ保証あり!

システムアナリストって、どんな仕事?

システムアナリストの概要は以下のようになっています。

職種名 システムアナリスト
平均年収 600万円から1,000万円
概要 情報システム関連の開発や分析、現状の評価など幅広いプロセスに責任をもち、社内システムの最上流工程を担当する
活かせる資格 ITストラテジスト試験、システムアナリスト試験

では、それぞれについて詳しく解説していきます。

システムアナリストの仕事とは?

企業のシステム開発において幅広い業務を担当するリーダーの役割を果たすシステムアナリスト。ここではシステムアナリストの仕事内容について特徴を3つに絞ってご紹介します。

ヒアリングで企業の現状や課題を整理

クライアントの情報システム管理における現状を詳細までヒアリングして現在生じている問題や改善点を洗い出します。たとえばユーザー情報の管理やデータベースの使用方法などを見直すことで作業を効率化したり利益拡大に活かしたりといったメリットが浮かび上がることもありますが、そのような潜在的な問題も探ります。「営業に電子機能を導入したい」というようなクライアントの要求も把握します。

効率的なシステムを提案

クライアントの経営層のニーズを理解した後、経営目標に達するためにシステム関連の側面から解決策を立案・プレゼンテーションします。導入するシステムの種類や業務フローの方向性、経営戦略にシステムを活かす方法などクライアントの経営拡大をコンサルタンティングするという側面も持ち合わせているといえるでしょう。企画の提案においては企業側とコミュニケーションをとることや設計書の作成も業務の一つです。

システムエンジニアを統括する

システムアナリストは社内のシステムエンジニアを統括する役割を担っています。情報システム関連の知識はもちろん実務経験や実績などがあることでリーダーシップを発揮しやすくなります。またシステム開発での最上流工程を担当するので、各部署の責任者とも情報を共有したり作業を進めることがあるでしょう。対話力やロジカルな視点で物事を捉えるというスキルが重要です。

システムアナリストとITストラテジストの違い

ITストラテジストとはどう違う?

システムアナリストに類似するといわれるITストラテジストも情報を利用して企業の経営をサポートする職種です。システムアナリストは「分析」、ITストラテジストは「戦略」に特化しているという点で業務の方向性に少し違いがあります。

システムアナリストの役割と業務フロー

システムアナリストの業務はクライアントとコミュニケーションをとってヒアリングを行う作業から始まります。その後、経営目標や現在の業務、今後の課題などを踏まえて情報システムの立案や企画書の作成を行います。業務の際にはクライアントが納得するようなプレゼンを行ったり計画が適正であるかどうかについて評価・改善したりといった幅広いスキルが必要になるでしょう。既にクライアントが情報システム関連のプランを立てている場合はクライアントの要望に合わせて助言をして、より最適な方向へ導く必要もあります。さらにシステムエンジニアを統括する役目も担っているため、多くの社員とコミュニケーションを図って業務に活かすのも大切なポイントです。

ITストラテジストの役割と業務フロー

ITストラテジストはシステムアナリストと同じく、システム開発の上流階級として情報処理の視点から経営戦略をサポートします。ストラテジストとは「戦略家」という意味を持つ言葉ですが、その名のとおり高度な情報技術を活かしてIT戦略の立案を行います。具体的な業務フローとしては事業戦略やシステム導入、計画実行後の分析や改善、さらに現状に動きがあれば経営陣に対してわかりやすくフィードバックを行うこともあるでしょう。業務を遂行する際には経営層の社員や情報データを扱う他の職種とのやりとりを行うことも多く、コミュニケーションを円滑にとることができれば業務に活かすこともできるでしょう。日々発展するIT業界全体の流れを掴んで業務に活かす視点も大切です。

システムアナリストに必要なスキル

ここではシステムアナリストを目指す方に求められるスキルについて、特に重要な3点をご紹介します。

コミュニケーションスキル

システムアナリストは、企業の責任者やシステムエンジニアといったさまざまな職種の方と対面で業務を行うことが多いため、コミュニケーションスキルがあればさまざまな場面で活かすことができるでしょう。たとえばヒアリングの際にしっかりとクライアントの意向を傾聴するか否かでは今後の業務の方向性が異なります。またデータの分析結果を説明したり新たな企画をプレゼンする際にも対話するスキルによってスムーズに業務が進むでしょう。

論理的思考力

データを正確に有効活用するためには論理的に物事を捉える力が求められます。現状を分析したり改善したりする際には問題を紐解いて原因を突き止めるプロセスが重要です。何事もデータや事実から理路整然と導き出すという思考力があれば、トラブルへの対応についても適正な判断を下すことができるようになるでしょう。ロジカルシンキングはデータを取り扱うシステム開発業界全般で必要なスキルです。

情報システム関連の知識や経験

システムアナリストはシステム開発の上流工程を行う職種であるため、IT関連の実務経験や高度なスキルが必要です。管理職経験があれば経営層の視点も身につき、経営層と今後の経営方針について話し合いをする際も比較的スムーズに進められるでしょう。さらに専門書などで学術的な知識についても勉強しておくことで、クライアントのニーズをより満たせるようになります。

システムアナリストを目指す際の注意点

システムアナリストは、システム開発における専門的な知識やスキルが必要になる職業となるため、未経験から目指すのは難しいと言えます。もし未経験からシステムアナリストを目指すなら、スキル所持をアピールできる「ITストラテジスト」などの資格などを取得しておくのが望ましいです。

なお、システムアナリストの転職は知識、スキルや高いプレゼンテーション能力などが求められるため、資格以上に実務経験が重視されている傾向があります。さらにシステムアナリストは、クライアントが抱える問題点を解決方法へ導く「論理的思考力」が求められます。

システムアナリストになるためには、そのため、まずはシステムエンジニアやIT関係の企業に就職し、知識、スキル、思考力を鍛えるためのさまざまな経験を積んでおくことも大切です。

システムアナリストにおすすめの資格

システムアナリストを目指す際に取得しなければならない資格はありません。しかし実績や実力を説明するためにも資格を取得しておくのがおすすめです。今回ご紹介するのは「ITストラテジスト試験」と「システムアナリスト試験」の2つについてです。

ITストラテジスト試験

ITストラテジスト試験は情報処理に関連する国家試験で、ITにまつわる知識はもちろん経営戦略分野についての出題もあります。合格率は15%程で難易度の高い試験といわれており独学での受験はもちろん通信講座の受講も可能です。自分の生活に合わせて学ぶペースを調整したい方にもおすすめです。

システムアナリスト試験

独立行政法人情報処理推進機構(IPA)が実施する試験で、情報戦略やシステム化の計画立案、業務改革の提案といった幅広いスキルを証明するものです。経営の知識や情報システムを体系化する技術やシステムの構想などシステムアナリストに必要な技術や実践能力が要求されています。

システムアナリストを目指す人におすすめの転職エージェント

システムアナリストを目指している人は、転職活動の際にエージェントサービスを利用することで自分に合った転職先をスムーズに見つけられます。ここではコエテコ編集部おすすめの転職エージェントをご紹介します。

doda(デューダ)

出典:doda(デューダ)

IT系や営業系、金融など幅広い転職先に対応しているdoda(デューダ)では、非公開求人を含む10万件以上の求人を紹介しています。システムアナリスト関連の求人数も多く、業務系システム開発や総合商社でのデータ分析、プロジェクトマネージャー職などさまざまな業種から探すことができます。案件数が多いので完全在宅やフレックス勤務といった雇用形態の選択肢も幅広く、理想の働き方を叶えたい人にもピッタリでしょう。

さらにdodaには変化の速い転職業界に特化したエージェントが所属しており、企業への応募や日程調整などを代行してくれます。転職が決まるまで一切のサービスを無料で受けられるので、初期費用を抑えたい人にもおすすめです。

キャリアタイプ診断では自分の性格や強み、おすすめの職種を把握できます。幅広い分野で活躍したい人や転職活動での志望動機決めに悩んでいる人は、まずは無料診断を受けてみるのも良いでしょう。
doda(デューダ)はこちら

type転職エージェント

出典:type転職エージェント

type転職エージェントはIT専任アドバイザーが所属する成果報酬型転職エージェント。手厚いサポートが特徴で、個人では難しい書類添削や面接対策、年収交渉や入社日の相談といったやり取りも可能です。また転職者の約70%が年収UPに成功したという実績もあり、IT・Web業界の正社員転職を望んでいる人におすすめの転職エージェントといえます。

エージェントとの面談では「転職で何を実現したいか」をテーマに、システムアナリストとして目指すキャリアプランを明確にすることができます。転職のプロの視点でアドバイスを行っているので、転職が初めての人や転職回数が多い人、他の転職エージェントで活動を始めている人などさまざまなニーズにも対応可能です。
type転職エージェントはこちら

レバテックキャリア

出典:レバテックキャリア

レバテックキャリアはエンジニアに特化して15年という実績をもつ転職エージェントで、正社員への転職はもちろん派遣やフリーランスを希望している人もサポートしています。さらにIT分野専門のエージェントの企業別対策によって初回提案内定率は90%、年収アップ率は80%と信頼性の高いサービスです。

求人のなかには応募が殺到する優良ベンチャー企業や大規模プロジェクトのメンバー募集といった非公開求人も多数あります。業界屈指のアドバイザーに相談することでシステムアナリストとしてのキャリアパスを叶えることができるでしょう。

無料で参加できる個別転職相談会ではシステムアナリストの市場価値やキャリアの疑問・悩みを相談することができます。転職を予定していない人でも参加可能なので、情報収集として利用するのもおすすめです。
レバテックキャリアはこちら

システムアナリストの年収

システムアナリストの年収はおよそ600万円から1,000万円程度といわれており、日本の一般的な職種の年収と比較しても高水準の年収であることがわかります。プロフェッショナルなキャリアやスキルを備えているシステムアナリストであれば、年収1,500万円以上と高額な年収の方もいるようです。システムアナリストの年収はクライアントの規模や本人の経験年数、さらに情報処理の技術や現場でスキルに大きく影響していることがわかります。年収を上げたいと考える方であれば、資格の取得や専門的な学習によって個人のスキルをあげるか、実際に企業の経営状況が改善されたという実績を積み重ねることで昇進や好待遇も期待できるかもしれません。また、より大きな規模の企業に転職することで年収アップに繋がることもあるでしょう。システム開発業界のなかでも高収入が期待できると注目を浴びている職種であるため、システムエンジニアからシステムアナリストに転職したいという方も多いようです。

システムアナリストのキャリアパス

システムアナリストのキャリアパスとしてはシステム開発関連の職種へのキャリアチェンジやフリーランスへの転身など幅広い選択肢が挙げられます。システムアナリストはシステム開発会社やコンサルティング関連会社、製造業といったさまざまな企業に就職できる可能性があり、入社したあともシステム関連の部署や経営戦略に関わる部署など配属されたポジションによってさまざまな経験をすることができるでしょう。システムアナリストとして新たな発見や知識を獲得したいという方は会社の業種を変えてみるのも新鮮かもしれません。また企業のシステムアナリストとして経験を積んだ後にフリーランスとして独立したいという方もいます。今後もIT業界のニーズは高まっているので、経験豊富で対応力のあるシステムアナリストであればフリーランスとして成功することができるでしょう。

コエテコがおすすめ!ITキャリア向け転職エージェント

  • レバテックキャリア ITエンジニアが利用したい転職エージェントNo.1に選ばれるITエンジニア経験者専門の転職エージェント!

  • TechClipsエージェント 高マッチング率のITエンジニア専門エージェント。利用者の95%が年収UP!

  • マイナビクリエイター 1都3県にお住みでクリエイティブ職の実務経験があるorスクールを修了された方が対象!​専門性とマッチング力が魅力​

  • ネクストキャリア ミドル  エンジニア1年以上経験者のみ対象。転職後のオンボーディングサポート&年収アップ保証あり!

RECOMMEND

この記事を読んだ方へおすすめ