口コミ数No.1プログラミング・WEBデザインスクール検索サイト

働きながらの転職活動 メリット・デメリットと5つの成功メソッド

いざ転職活動を始めるにあたり、多くの方が「今の仕事を辞めてから転職活動をするべきか」「働きながら転職活動をするべきか」と悩むのではないでしょうか。

転職は今後の人生を左右する大きな転機。そのため転職活動前に退職するか否か、決断するにもかなりの勇気が必要になるでしょう。

本記事では『働きながらの転職活動』 に焦点を当て、メリット・デメリットと成功メソッドをご紹介します。

プログラミングスクールで、転職や副業に有利なスキルが学べる!

  • DMM WEBCAMP 転職成功率98%&離職率2.3%。転職できなければ全額返金。DMM.comグループならではの非公開求人も多数

  • RUNTEQ(ランテック) 高クオリティで人気急上昇1000時間の学習量で現役エンジニアからの評価も高い

  • ポテパンキャンプ Web系開発企業への転職率に圧倒的な強み!毎日10時〜23時の質問サポートが魅力!

  • SAMURAI ENGINEER (侍エンジニア) 完全オンライン、マンツーマン指導で累計指導実績35,000名以上!オーダーメイドカリキュラムあり!

  • COACHTECH(コーチテック) フリーランス特化のスクール!案件獲得や転職活動につながる実績形成ができる!

 働きながら転職する人の割合

まずは、データより働きながら転職する人の割合をご紹介します。
株式会社マイナビが20代~50代の正社員(1,500名)を対象に行った『転職動向調査2022年版』の調査によると、次のような結果になりました。
  • 在職中に転職活動をした人:73.1%
  • 離職後に転職活動をした人:30.4%
本データからは、7割以上の方が働きながら転職活動を行っていることが分かります。

また2020年度の調査に比べ、2021年度は働きながら転職活動をした人の割合が5.6pt増えました。
働きながら転職活動をした人の割合が増えた背景には、新型コロナウイルスの影響で在宅勤務が浸透し、出勤時間の削減やおうち時間が増加したことが挙げられます。転職活動に充てられる時間が増え、転職活動しやすい環境を得られたことが、働きながらの転職を後押ししているようです。

また選考のオンライン化が進み現地に出向かずとも選考を受けられるようになった点も、働きながらの転職活動者が増えた要因の1つと言えるでしょう。

参照:株式会社マイナビ『転職動向調査2022年版』


参照:株式会社マイナビ『転職動向調査2022年版』 

働きながら転職するメリット

本項目では、働きながら転職するメリットをご紹介します。

経済面の心配がない

働きながら転職活動をする場合、現職からの給料が得られるため経済面で不安に感じることは少ないでしょう。
転職前に離職してしまうと、収入が完全に途絶えてしまいます。
収入がないことで焦りを感じ、納得できないまま・妥協の末に次の転職先を決めてしまうケースは珍しくありません。

その点、働きながらの転職は大変ではありますが、落ち着いて転職先を吟味することができるでしょう。

職歴・実務経験にブランクが生じない

職歴や実務経験にブランクが生じない点も、働きながら転職するメリットです。
長い期間ブランクを設けてしまった場合、「なぜこんなにも離職していたのか」「即戦力になるのか」とイメージダウンに繋がったり、面接官への心証が悪くなるケースもあります。
またせっかく積み上げてきた職歴も仕事から長く遠ざかってしまうと、その価値がなくなってしまう場合もあります。

仕事で得た経験や長年培ってきたスキルを活かしたい方は、転職の際にブランクを作らないことでその価値を最大化することができるでしょう。

現職を辞めない選択もできる

実際に転職活動に取り組んでみると、思うような転職先になかなか出会えないこともあります。またもう少し経験を積んでから再挑戦したいと感じる場合もあるかもしれません。
そんな時、現職を辞めずに留まる選択もできます

時期を改めて転職活動を再スタートできるのも、働きながら転職活動を進めるメリットの1つと言えるでしょう。

 働きながら転職するデメリット

当然、働きながらの転職はデメリットに感じる一面もあります。
転職を検討している方は、デメリット理解も大切です。

 転職活動に注力できない

働きながら転職するデメリットとして、転職活動に注力できない点が挙げられます。
現職の業務に時間を割かれてしまい、面接などのスケジュール調整に苦戦するケースもあるでしょう。時にはじっくりと企業研究をする時間が作れず、面接に向けて準備不足になりがちです。

 働きながら転職活動を進める場合は、余裕を持ったスケジュールを意識しましょう

退職日と入社日の調整が必要

転職先が決まった後は、現職と退職交渉を行わなくてはいけません。
思わぬ引き留めにあう・引継ぎの兼ね合いで希望時期の退職が難しいなど、思った以上に退職日が後ろ倒してしまう可能性もあります
 
同時に入社日のミスマッチが起こる懸念もあります。転職先の中には、新店・新事業の新設に合わせて人員を募集しているケースも少なくありません。職先が提示した入社日と自分の入社できる日があまりにもかけ離れていた場合、最悪採用が見送りになってしまうことも考えられます

 働きながらの転職活動を成功させる5つのポイント

本項目では、働きながらの転職活動を考えている方が押さえておくべき『働きながらの転職活動を成功させる5つのポイント』をお伝えします。

事前準備を入念に行う

働きながら転職活動を進める場合、活動に充てられる時間が限られています。
そのため効率良く転職活動を推進できるよう、本格的な活動を始める前に入念な準備を行いましょう
転職活動に向けてしておくべき前準備は次の通り。
  • なぜ転職をしたいのか振り返る
  • 自己分析(強み・弱み)
  • 職歴の棚卸
  • 転職活動の情報収集
  • 自身の市場価値を知る
  • 希望条件の洗い出し・優先順位付け
  • 働きながらの転職活動イメージを描く など
 
入念に前準備を行うことで転職活動がスムーズに進むだけではなく、ブレのない軸の定まった転職活動をおこなうことができるでしょう。

転職活動の期限を決める

現職と並行して転職活動をおこなう場合、経済面での焦りがない分ダラダラと続けがちです。
そうならないために、予めいつまでに転職を終えたいかゴールを設定しましょう

さらにはゴールから逆算し、いつまでに退職の申し出をするか、いつまでに転職先を決めるかなど、具体的な転職スケジュールをイメージしておくと良いでしょう。

有給休暇や仕事の休日をうまく利用する

面接は企業の営業時間中に行われることが大半です。
有給休暇をうまく利用し、なるべく現職にも応募先企業にも迷惑が掛からないように対応しましょう。

どうしても調整がつかない場合は、在職中である旨を伝えましょう。応募先企業も在籍中の転職は時間の調整が難しい旨を周知しています。応募先に面談日時を相談することで、朝の早い時間やお昼休憩の時間に面接を設定してくれるケースもあります。

応募先企業の予定に合わせるばかりではなく、時には自ら面接日を提案することも大切です。ある程度スケジュールを自分でハンドリングするよう意識しましょう。 

現職のメンバーに転職活動中である旨を公言しない

転職活動を進めていることが現職で公になると、周囲との関係がぎくしゃくしたり仕事にも影響が生じる可能性があります。また、あらぬ噂ばかりが独り歩きしてしまうことも考えられます。
とは言え、現職の同期などに転職の相談をしたい時もあるかもしれません。そんな時は転職活動が公にならないよう、細心の注意を払いましょう。

また会社のパソコンを使用して転職サイトを検索したり、普段着ない面接用のスーツで出社したりなど、現職への配慮が欠ける行動は控えたいものです。

転職支援サービスを活用する

転職活動は、スケジュール管理や企業選定、面接対策・企業研究など想定以上に多くの工数がかかります。働きながら転職活動を進める場合、さらに多忙を極めるでしょう。
転職活動を全て1人で行うには限界があります。また視野も狭まり、せっかくの有益な情報も見落としかねません。

働きながらの転職を検討している方は、転職エージェントなど転職を支援してくれるサービスを積極的に活用しましょう。転職エージェントは、忙しい転職者の代わりに希望条件に合った候補企業の選定・面接日程の調整・入社条件交渉など、多角的な支援で転職をサポートしてくれます。

1人で転職活動を進めるよりも、より効率的な活動が叶うでしょう

働きながらの転職活動 メリット・デメリット、成功メソッドのまとめ

今回は働きながらの転職活動について、メリット・デメリットと成功メソッドをお伝えしました。

メリット・デメリットの理解が転職結果を左右することもあります。
そのためメリット・デメリットについて理解を深めた上で、本記事で紹介した転職成功メソッドを参考に転職活動を始めましょう。

プログラミングスクールで、転職や副業に有利なスキルが学べる!

  • DMM WEBCAMP 転職成功率98%&離職率2.3%。転職できなければ全額返金。DMM.comグループならではの非公開求人も多数

  • RUNTEQ(ランテック) 高クオリティで人気急上昇1000時間の学習量で現役エンジニアからの評価も高い

  • ポテパンキャンプ Web系開発企業への転職率に圧倒的な強み!毎日10時〜23時の質問サポートが魅力!

  • SAMURAI ENGINEER (侍エンジニア) 完全オンライン、マンツーマン指導で累計指導実績35,000名以上!オーダーメイドカリキュラムあり!

  • COACHTECH(コーチテック) フリーランス特化のスクール!案件獲得や転職活動につながる実績形成ができる!

RECOMMEND

この記事を読んだ方へおすすめ