IT/WEBエンジニア・デザイナーのため転職・求人支援メディア「コエテコ転職 byGMO」

データアーキテクトの仕事内容や年収は?ビッグデータ整備で企業経営をサポート!

経営目標達成のためにはビッグデータの活用が重要視されていますが、近年さらに専門的な視点で企業のニーズに応えるデータアーキテクトの需要が高まってきています。データアーキテクトは最先端のデータアーキテクチャーを実用化し、データの整備やシステム改善をサポートします。今回はデータアーキテクトの仕事の特徴や必要なスキル、おすすめの資格などをご紹介します。気になる年収やキャリアアップについても解説していますので、ぜひ最後までご覧ください。

コエテコがおすすめ!ITキャリア向け転職エージェント

  • レバテックキャリア ITエンジニアが利用したい転職エージェントNo.1に選ばれるITエンジニア経験者専門の転職エージェント!

  • TechClipsエージェント 高マッチング率のITエンジニア専門エージェント。利用者の95%が年収UP!

  • マイナビクリエイター 1都3県にお住みでクリエイティブ職の実務経験があるorスクールを修了された方が対象!​専門性とマッチング力が魅力​

  • ネクストキャリア ミドル  エンジニア1年以上経験者のみ対象。転職後のオンボーディングサポート&年収アップ保証あり!

データアーキテクトって、どんな仕事?

データアーキテクトの概要については以下のようになっています。

職種名
データアーキテクト
平均年収
400~1,000万円
概要
膨大な企業データを取得し、クライアントにとって実用的で有益なデータベースの管理や整備を行う
活かせる資格
基本情報技術者試験、統計士

では、さらにデータアーキテクトの仕事の詳細について解説していきます。

データアーキテクトの仕事とは?

データアーキテクトはビッグデータを整理するだけでなく、データ管理フローの提案や現場とのコミュニケーションなど幅広い業務を行います。まずはデータアーキテクトの詳しい仕事内容について、3つの特徴に絞って解説します。

ニーズに合わせたデータ管理を行う

クライアントの現状についてヒアリングをして、経営目標達成に必要なデータやシステムの管理を行います。あらゆるデータの収集だけでなくデータの保存や利用、システム設計などあらゆるサイクルにおいて役割を担っています。社内データ管理の土台づくりを行う際にはクライアントのニーズに合わせるという視点がとても大切で、企業の経営層と十分にコミュニケーションをとる必要もあります。

マーケティングや新事業のサポート

データアーキテクトは経営層や各部署にデータを提供するだけでなく、今後の目標達成までの流れをコンサルティングすることもあります。また他にもデータを有効活用する方法として統計データに基づいた新規事業の開発に関わったりクライアントのマーケティング戦略をデータ分析の側面からサポートしたりといった方法があります。データアーキテクトは企業の経営において重要な役割を担っているといえます。

社員と連携をとる

データアナリストは社内のさまざまな部署の社員と連携をとってデータフローを作成します。また、ビッグデータをチーム体制で取り扱う企業も増えているため、企業によってはデータサイエンティストデータアナリストなど他の職種との連携が必要な場合もあります。チーム体制でデータ管理を行う場合はさらにデータアーキテクトとして専門分野に特化し、円滑にデータを共有するスキルも求められます。

データアーキテクトとデータサイエンティストの違い

データサイエンティストとはどう違う?

データアーキテクトに類似する職種としてデータサイエンティストが挙げられます。データサイエンティストは蓄積・分析する業務に特化しており、一方データアーキテクトは既に収集されたデータを整備するのがメインの業務です。

データアーキテクトの役割と業務フロー

データアーキテクトはシステムの設計や構築など技術的な課題にまつわる支援、企業の経営に利益をもたらすデータ活用方法の立案といった業務を行います。膨大なデータを操作して社内で誰もが共有できるようなデータベースを作成するのもデータアーキテクトの仕事の一つです。収集したビッグデータは実用的な形式に変換することで有益な情報として活用することができるようになるため、データ処理にまつわる高度なスキルやクライアントにとって使いやすいデータベースを作成するための知識が必要です。またいずれの業務においても重要なのはクライアントの意向に沿うことなので、個人的な判断ではなく企業の目標や方針を意識して対応する力も求められます。

データサイエンティストの役割と業務フロー

データサイエンティストシステムやネットなどの手段で収集したデータそのものを分析し、今後の動向を予測したり最適化をしたりする職業です。企業が保有するビッグデータを集約して加工や分析を行い、経営上の課題を抽出し問題解決に導くという業務フローを遂行します。ロジカルな視点でクライアントの課題が解決するように導くことが大切で、企業の成長に必要不可欠な経営課題の洗い出しや目標設定も、データ分析をもとに立案します。近年ではITの発達によってデータ分析を行うためのツールやデバイスなどが目覚ましい発展を遂げていますが、企業のデータ管理に最適な方法を提案するというのもデータサイエンティストの仕事です。

データアーキテクトに必要なスキル

ここではデータアーキテクトに求められるスキルのうち、特に重要な3つについて詳しくご紹介します。

データ管理にまつわる高度なスキル

データアーキテクトは情報処理やデータベースにまつわる知識を十分に持ち、最先端の情報にも対応できる知見が求められます。データベースやツール、運用をサポートする製品など職務に関わる環境日々進化しているため、データ管理技術を常に勉強しておくことが大切でしょう。データアーキテクトはクライアントに適正な管理体制で情報の整備を行うのがメインの業務ですが、経営実績を上げるためには高い水準の技術力が必要とされます。

柔軟な対応力

企業の要求やデータ結果に応じてサポートの方向性を変えたり時代に合わせて新たな技術を吸収したりといった柔軟な対応力が求められます。優秀なデータアーキテクトはシステム異常や変化を見逃さず、クライアントにとって有益なデータ運用を提案します。統計学データマネジメントの知識など、幅広いジャンルのスキルを身に着けておくことで判断力の向上にも繋がるでしょう。

コミュニケーションスキル

クライアントの意図を明確にしてニーズに沿ったサポートを行うためには円滑にやりとりができるコミュニケーションスキルが必要です。業務を遂行する際にはクライアントの要求に的を絞って高品質なデータを提供するので、日頃からクライアントとミーティングやヒアリングを繰り返します。またコンサルタントやデータエンジニアデータサイエンティストなど他の職種とスムーズに連携する際にもコミュニケーションスキルが活きます。

データアーキテクトの将来性

近年ではIT化にともない、ビッグデータが注目されています。ビッグデータとは、「様々な形をした、様々な性格を持った、様々な種類のデータ」で、人間では全体を把握することが困難なほど膨大なデータのことです。ビッグデータはデータ量が膨大なため、一般的なデータ管理・処理ソフトウエアで扱うことが困難となり、ビジネスに役立つ洞察や知見を見つけ出す、または分析作業が至難の業となります。

そこで多くのデータから必要な情報を見つけたり、分析するには統計学や人工知能に詳しい専門家である「データアーキテクト」の存在が必要となります。今後もますます社会情勢の変化や関連技術の進化によってビッグデータの取り扱いが増えるようになることが予想されるため、データアーキテクトの仕事はますます求められると言えるでしょう。

データアーキテクトにおすすめの資格

データアーキテクトになる際に必要な特定の資格はありませんが、データ運用の知見やデータ処理の実務経験などがあると現場で即戦力として働くことができるでしょう。ここでは、データアーキテクトを目指している方におすすめの資格「基本情報技術者試験」「統計士」についてご紹介します。

情報処理技術者試験

基礎から高レベルの資格までジャンルごとに13種類の試験を実施しており、いずれの試験も情報処理やIT活用に関連した内容です。基本的な知識を身に着けながら自分のスキルに合わせて応用スキルを磨きたいという方におすすめです。すべて国家試験で、取得しておくことで就職先にもアピールしやすいでしょう。

統計士

統計士は一般財団法人実務教育研究所が主催する認定資格です。文部科学省にも認定されている「現代統計実務講座」を修了することで資格取得が可能なので、初心者で統計にまつわる基礎知識を身に着けたい方も挑戦しやすいでしょう。統計の知識があることでデータを活かすタイミングなどを掴みやすくなるでしょう。

データアーキテクトの年収

データアーキテクトの年収はおよそ400万円から1,000万円程度と、関わる企業や業務によって幅広いのが特徴です。なるべく好条件でデータアーキテクトとして働きたい場合はシステム開発やプログラミング、データマネジメントなどITやデータ処理に関する幅広いスキルや経験があると優遇されるでしょう。また本来の目的である経営目標の達成やデータベースの効率化といった実績があれば、年収アップに繋がることもあります。プロフェッショナルなスキルや経験がある優秀なデータアーキテクトであれば年収1,000万円以上の方もいるようです。データアーキテクトの年収には個人の能力が反映されることが多いため、若い世代でも経験値が高ければ高い水準の年収が期待できるでしょう。また日本では知名度の低い職種ですが海外ではデータアーキテクトという職種が広く知られており、海外のデータアーキテクトの平均年収の方が高いといわれています。

データアーキテクトのキャリアパス

データアーキテクトはデータ設計や管理にまつわる高度なスキルが必要な職種であるため既にデータエンジニアやデータベースエンジニア、データサイエンティストなど情報処理に関わる職種を経験している方がほとんどです。その後のキャリア形成でも多くの企業にとって需要の高い優秀な人材としてキャリアを積むことができるでしょう。近年ではビッグデータを効率的に活用したいという企業が増えているため、業種が全く異なる企業のデータアーキテクトとして働くことで新たな知見が身に付くこともあります。また企業に就職するのではなくフリーランスとしてクライアントと業務委託提携をしたり、IT関係の仕事に転職したりといった幅広い選択肢があります。データアーキテクトは日本で発展段階の職種ですが、今後は人材育成制度や資格試験の充実、収入面の改善など将来性を期待することができる職種でもあるでしょう。

コエテコがおすすめ!ITキャリア向け転職エージェント

  • レバテックキャリア ITエンジニアが利用したい転職エージェントNo.1に選ばれるITエンジニア経験者専門の転職エージェント!

  • TechClipsエージェント 高マッチング率のITエンジニア専門エージェント。利用者の95%が年収UP!

  • マイナビクリエイター 1都3県にお住みでクリエイティブ職の実務経験があるorスクールを修了された方が対象!​専門性とマッチング力が魅力​

  • ネクストキャリア ミドル  エンジニア1年以上経験者のみ対象。転職後のオンボーディングサポート&年収アップ保証あり!

RECOMMEND

この記事を読んだ方へおすすめ