口コミ数No.1プログラミング・WEBデザインスクール検索サイト

人工知能(AI)とは?活用例も日常生活での活用例も解説

みなさんは今、どのようなところで人工知能が活用されているのか、生活にどれだけ便利なものなのかご存じでしょうか?

『人工知能』や『AI(エーアイ)』という言葉をよく耳にするようになりましたが、きちんと理解できていない!という方は意外と多いのではないでしょうか?

改めて人工知能やどんなものに活用できるのかを理解して、私たちの将来がもっと便利で豊かになることを考えてみてはいかがでしょうか?

副業・フリーランスに必要なスキルが学べる!

  • DMM WEBCAMP 転職成功率98%&離職率2.3%。転職できなければ全額返金。DMM.comグループならではの非公開求人も多数

  • RUNTEQ(ランテック) 高クオリティで人気急上昇1000時間の学習量で現役エンジニアからの評価も高い

  • SAMURAI ENGINEER (侍エンジニア) 完全オンライン、マンツーマン指導で累計指導実績35,000名以上!オーダーメイドカリキュラムあり!

  • ポテパンキャンプ Web系開発企業への転職率に圧倒的な強み!毎日10時〜23時の質問サポートが魅力!

人工知能(AI)とは?

ロボットとの違い

人工知能とは、人工的に作られた人間の知能を持った脳のようなものです。英訳すると「Artificial Intelligence」単語の頭文字をとり、「AI」と呼ばれています。

みなさんもご存知の『ドラえもん』もネコ型の人工知能ロボットであると言えます。人間のように感情があり、いつでも頼りになるドラえもんはロボットだということを、つい忘れてしまいますよね。

ロボットと人工知能は似たようなものと混同しまう方も多いかと思いますが、実はまったく別のものなのです。
では一体、ロボットと人工知能では何が違うでしょうか。それをご紹介します。
ロボットは、あらかじめプログラムされたものをその通りに動き処理をしていき、外部から命令されなければ動くことができません。

人工知能は自ら学習する?

一方、人工知能は人間のように自ら考え学習し、どんどん人の行動や言動を吸収し成長することができます

現在の人工知能は、多大な量のデータを処理したり、分析することを得意とし、我々人間では長時間かかってしまう細かい作業をスムーズに解析できます。
最近では、将棋での人間対人工知能の対戦が話題になりましたよね。

万能なロボットではありませんが『学習して処理をする』というスピードについては、人間がかなうことは難しいのが現実です。

意外と身近にある人工知能?

人工知能の活用によってだんだんと人間が暮らしやすく、快適に過ごせるようになってきています。

まだ実感が湧かない方もいらっしゃると思いますが、普段の生活に人工知能がどのように関わっているかを知ることで、少し身近に感じることができるのではないでしょうか?

わたしたちの日常に、どんな人工知能を使っているものがあるのか、身近な製品を5つご紹介いたします

①音声アシスタント機能

代表的なものはアップル社のiPhoneなどに搭載されている『Siri』です。

他にもドコモの『しゃべってコンシェル』『Googleアシスタント』などの音声アシスト機能があり、みなさんも一度は試したことがあるかと思います。
話しかけるとそれに対する返答はもちろん、問いかけた内容に対する情報をインターネット上で探してくれるなど便利なサービスです。

②エアコン

人を感知できるセンサーを搭載したエアコンが増えてきましたよね。

人の動きによる体温や室温の変化を検知して、快適な温度調整を自動でしてくれます。人間がリモコンで操作をしなくてもよいのは、AIが働いて、自動化してくれているからです。

③お掃除ロボット

お掃除ロボットと聞いて『ルンバ』を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。

搭載されているカメラがゴミや、ホコリを検知し自動できれいにしてくれます。
部屋の大きさや障害物のある場所などを情報収集しながら、最適な方法で掃除を見つけ出してくれているのです。

④自動車

自動運転システムのセンサーが搭載されることで、人が運転しなくても目的地まで人工知能が運転し、連れて行ってくれる開発も進んでいます。
この人工知能が、日常的に公道を走る日は、もう少し先の未来かもしれませんが、政府も積極的に活用したいと考えているようです。

補助的な操作として、安全運転サポートシステムである自動ブレーキや、ペダルのふみ間違い装置などは、最近発売される車に搭載されていることが多くなってきています。

⑤医療機関

医療機関×人工知能によってがんなどの病気の早期発見ができるようになってきています。

人間では確認が難しいような、初期段階の症状で発見することができ、早期治療の対処ができるそうです。
今後の人工知能技術の進歩は、医療現場でのさらなる活躍を期待されているため、私たちの健康に貢献してくれるようになってほしいですね。

今後、人工知能はどこまで進歩するの?

いまや、多くの企業が人工知能をわたしたちの生活へ効果的に取り入れるべく、様々な製品の開発にかなりの力を入れています。今後どんなものがわたしたちの生活を便利にしてくれるのか、少しだけご紹介しちゃいます!

①人工知能×ドローン

日本ではここ数年、自然災害などが頻繁に発生しており、人工知能とドローンの活用が、ビジネスに大きく関わってくると言われています。
災害時には人間では困難とされる災害時に山間部での救助活動や道路が遮断されてしまった場合の物資援助が可能となるからです。

また、空からの撮影が可能なため自然災害時の状況把握などのパイプ役としても活躍することでしょう。

②人工知能×介護ロボット

少子高齢化が進む中、介護の問題はこれからさらに加速すると言われています。そこで、介護ロボットには、高齢者と会話をしてコミュニケーションをとり、健康状態を24時間管理できることが求められています。
さらに個人への手助けだけでなく介護現場の人手不足を補い、より多くの人のお世話ができるようになるため、介護職員さんの負担を減らすことも可能です。

③人工知能×農業

我々の生活に欠かせない農産物。
私たちが口にするまでの過程には、とてもたくさんの労力と手間がかかっています。その手間を人工知能の活用により、24時間農作物を管理したり、肉体労働の部分を軽減することも可能になっていきます。

そのおかげで生産性もあがり、拘束時間の負担を軽くすることが期待されるため、今後、AI農業の発展は注目の一つです。

人工知能が苦手なこと

万能に見える人工知能ですが、苦手なこともあります。

まず、人工知能は物事を「理解」することができないと言われています。「自然言語処理」と呼ばれる、ことばを人工知能で解析したり操ったりする分野がありますが、人工知能はことばを理解しているわけではありません。これは、チャットボットなど自動返信の領域で応用がなされていますが、あくまでも「こういう単語がこういう並びでやってきたら、これを返しておけば正解になる確率が高い」と推測しているのに過ぎないのです。

チャットボットなどであればそれで事足りる面も多いですが、やはり人工知能を小説など言語芸術の分野に活かしていくことはまだまだ難しいと言われてきました。

ところが、最近では小説執筆用のAIサービスが複数公開されており、それを用いて小説執筆を行っている人もいます。もちろん、まだまだ人工知能だけで小説が書けるという段階には至っていませんが、今後の発展次第では、人工知能だけで書かれた小説を読むような世界になるのかもしれません。

そして芸術領域では、小説以外にも人工知能の活用事例が増えてきています。
お題を与えることで音楽を生成したり、絵画を生成したりと、様々なタイプの人工知能があります。思えば、人間も様々な芸術作品を見たり聴いたりすることで自分の感性を養い、それを自分の作品として結晶化させます。人工知能はそれらを「理解」していないとはいえ、人間の何倍ものスピードで学習を行うことができるのですから、いずれは人間を凌駕した作品を作り出す日がやって来るのかもしれません。

人工知能によって仕事がなくなる?

人工知能の普及によって仕事がなくなってしまう、という話を聞いたことがないでしょうか。この議論は、2014年に発表された『雇用の未来-コンピューター化によって仕事は失われるのか』が発端となっています。

人工知能によって自動化され、消滅していく仕事は確実に存在するでしょう。しかしそれは人工知能だけに限ったことではなく、人類はこれまであらゆることを自動化・効率化してきており、それに伴って消えていった職業は数知れません。

その中で自分が仕事を失わないためには、人工知能をはじめとした技術を使う側に立つことを意識すると良いでしょう。人工知能で自動化される仕事があるということは、人工知能で自動化すること自体が仕事になるということです。人工知能を作っているのは、今の段階では人間です。人工知能に苦手意識を持たず、どのような仕組みになっているのかを積極的に勉強したり考えたりできるようになると良いですね。

AI(人工知能)が学べるプログラミングスクール

本項目ではAI(人工知能)が学べるプログラミングスクールをご紹介します。

Aidemy(アイデミー)



日本マーケティングリサーチ機構が実施したブランドイメージ調査にて『社会人から選ばれる、No.1 AI学習サービス』を獲得しているAidemy。異業界からAIエンジニアに転身した卒業生も多く、高い実績を誇ります。

またサービスの質・実績から経済産業省の『第四次産業スキル習得講座』に認定されており、受講料の最大70%が教育訓練給付金として支給されます。教育訓練給付金を受給できた場合、低単価でAIエンジニアのスキルを身に付けることができるでしょう。
一方で全くの初心者の場合、受講前にある程度の知識準備が必要という声も聞かれます。
受講途中に挫折することがないよう、予め情報・知識を収集した上で受講に臨むと良いでしょう。
Aidemyはこちら

Winスクール

Winスクールは、全国各地で教室を展開する実店舗数が多いコンピュータースクールです。
年間1,484社の企業研修実績を誇る同スクールは、企業ニーズを取り入れた300種以上の実践講座が強み。現場で求められる実務スキルが身に付きます。また就職に向けた個別キャリアカウンセリングや無料就職支援セミナーなども受けることができ、希望者の96%が就職・転職を叶えています。

多様な講座が用意されていますが、講座ごとに難易度が大きく異なります。中でもJavaやAndroidアプリ開発については難易度が高く、学習に行き詰まる方が多いそうです。受講にあたりスキルや知識が心配な方は、問い合わせ段階でどのような内容・難易度なのか確認しておきましょう。
Winスクールはこちら

AIジョブカレ

AIジョブカレは人工知能技術専門のプログラミングスクール。同社の強みは2つあります。
1つ目は、現役のCTOクラスの実力を有する圧倒的な講師力です。2つ目は、AI仕事の紹介を受けられる点。

コースは『AIジョブカレ』『AIジョブカレPRO』の2種から選択できます。
AIジョブカレは、受講条件を設けていません。受講する講座に応じて料金が変動します。

一方のAIジョブカレPROは、受講対象が限定されています。AIジョブカレPROの受講対象は、プログラミング経験1年以上かつ35歳以下の方。さらに半年以内に転職を希望する方が対象です。
対象の制限はありますが、AIジョブカレPROの場合、受講料は0円。実質無料で専門的な人工知能技術を学ぶことができます
AIジョブカレはこちら

まとめ

意外と私たちの身近にある人工知能は、上手に活用することで日常の生活がより便利になることが分かりますね。
人工知能によって人間の仕事が将来なくなってしまうとも言われていますが、最終的に決断をするのは人間、管理するのも人間です。

機械に頼るのはちょっと…と敬遠してしまう所もありますが、人工知能とはどんなものかを理解して、上手く普段の生活に取り入れてみてはいかがでしょうか?

『ドラえもん』がいる、世界の実現はまだまだ先かもしれませんが、どんな未来が待っているのか考えると少しワクワクしませんか?人工知能と共存し、うまく使いこなす事できっと生活が豊かに、楽しくなっていくといいですね。

副業・フリーランスに必要なスキルが学べる!

  • DMM WEBCAMP 転職成功率98%&離職率2.3%。転職できなければ全額返金。DMM.comグループならではの非公開求人も多数

  • RUNTEQ(ランテック) 高クオリティで人気急上昇1000時間の学習量で現役エンジニアからの評価も高い

  • SAMURAI ENGINEER (侍エンジニア) 完全オンライン、マンツーマン指導で累計指導実績35,000名以上!オーダーメイドカリキュラムあり!

  • ポテパンキャンプ Web系開発企業への転職率に圧倒的な強み!毎日10時〜23時の質問サポートが魅力!

RECOMMEND

この記事を読んだ方へおすすめ
  • 質問 プログラミングに向き不向きはありますか?具体的にどんな人が向いていますか?

    答え 論理的に物事を考える能力(ロジカルシンキング)や集中力、探究心があり、常に学び続ける努力ができる人が向いています。無料のコンピュータ職適性診断テストもありますがその結果が全てではありません。1つの目安として、自分が興味のあることなら諦めずに挑戦してみましょう。

  • 質問 スマートフォンやタブレットでもプログラミングを学べますか?

    答え スマートフォンやタブレットでもプログラミングを学べるアプリ・サイトもあります。ProgateやMimoはスマホでもプログラミングを学べると人気ですが、アプリ版はコードの全貌が見えづらいのも事実。本格的にプログラミングを学ぶのであればパソコンがおすすめです。

  • 質問 転職希望でなくても趣味レベルでプログラミングスクールに入れますか?

    答え もちろん!ゲームやアプリ制作などご自身が興味のあるコースを探してみましょう プログラミングスクールは転職希望者が多いのは事実ですが、全ての人が転職をゴールにしているわけではありません。自分の目的に合わせた学習内容を組める完全オーダーメイド型のスクールがおすすめです。

  • 質問 プログラミング言語じゃないHTML/CSSを学ぶ必要ありますか?

    答え Webサイト制作に興味があるなら、HTML/CSSは必須です。HTMLは文書を構造化するためのマークアップ言語、CSSはHTMLの見た目や装飾を整えるスタイルシート言語です。プログラミング言語ではありませんが、Web開発には必要な言語の1つなのでしっかり学びましょう。