IT/WEBエンジニア・デザイナーのため転職・求人支援メディア「コエテコ転職 byGMO」

ITコーディネータの仕事内容を解説!気になる年収やおすすめの資格なども詳しく紹介!

近年企業の経営を支えるさまざまな「コーディネータ」の需要が高まっています。特に経営のIT化をサポートするITコーディネータIT技術と経営の両方の知識を兼ね備えており、今後のビジネスには欠かせない役割を果たしています。今回の記事では、ITコーディネータの詳しい仕事内容や求められるスキル、おすすめの資格などを解説しています。気になる年収やキャリアパスについても紹介していますので、ぜひ最後までご覧ください。

プログラミングスクールで、転職や副業に有利なスキルが学べる!

ITコーディネータって、どんな仕事?

ITコーディネータの仕事内容の概要は以下のようになっています。

職種名 
ITコーディネータ
平均年収
600万円前後
概要 企業の経営戦略に沿ってIT化が必要な部分を見極め、経営者目線でシステムの運用や保持を支援する専門家
活かせる資格 ITコーディネータ試験、プロジェクトマネージャ試験

では、それぞれの項目についてさらに詳しく解説していきます。

ITコーディネータの仕事とは?

ITコーディネータはIT化を支援するだけではなく、経営を体系的に捉えて企業に適正な支援を行うことが求められるため仕事内容は多岐にわたります。ここでは仕事内容を3つの特徴に絞ってご紹介します。

経営戦略を策定する

まずはクライアントとなる企業の現状や経営目標についてヒアリングを行います。そして業務プロセスやビジネスモデル全体を把握した後、ITの側面で支援出来る経営戦略を策定します。ITコーディネータの専門的な視点により、経営層も気づかない潜在的な改善点まで洗い出すことが可能です。また戦略を提案する際には、ITコーディネータの考えだけでなく企業側の目線に立って支援内容を導くことが求められています。

クライアントの要望に沿ってIT化の支援を行う

立案した経営戦略をプレゼンテーションして経営層の理解を得た後に実際に支援を実行していきます。システム開発や運用、保守をサポートするのはもちろん、社員の育成や指導によって企業内でシステム利用の仕組みが確立するよう促すこともあります。企業によってはビジネスモデル改革業務改善、システム移行などIT化に求めるものはさまざまです。ITコーディネータは常にクライアントの要望に対して柔軟に対応する必要があるでしょう。

アフターフォローで企業の持続的な成長を促す

実行した支援内容を評価して方向性を精査していく過程がとても重要で、事実をベースに判断できるロジカルシンキングのスキルが求められます。さらに導入したシステムのメンテナンスや設定の見直し、学習コンテンツ作成などアフターフォローの形もさまざまです。持続的な企業の成長へ繋げていくためには定期的なヒアリングやミーティングの場を設けたり、課題の整理を繰り返したりながら企業の目標達成を叶えます。

ITコーディネータとITエンジニアの違い

ITエンジニアとはどう違う?

どちらもITの専門的な技術が必要ですが、ITエンジニアはクライアントの要望するシステムを構築することに特化しています。ITコーディネータは経営の視点に立ち、IT化が必要なプロセスを見極めることができるという特徴があります。

ITコーディネータの役割と業務フロー

ITコーディネータはITに特化した専門知識だけでなく経営にまつわる知識も併せ持っているため経営を適正にIT化するためのサポートを行うことができます。具体的な業務フローとしては、まずは担当する企業の経営層や各部署の社員とヒアリングを行い、経営課題の洗い出しや経営戦略の立案を行います。経営層がITに詳しくない場合は誰にでもわかるように簡潔に根拠を伝え、IT化がどのようなメリットをもたらすのかを伝えるコミュニケーション能力も必要でしょう。さらに実際に支援を行った際には課題解決やビジネスの質の向上に作用しているかどうかを専門的な視点で評価し、あらゆる業務を企業の成長に繋げます。

ITエンジニアの役割と業務フロー

ITエンジニアはシステムエンジニアWebエンジニアプログラマーゲームエンジニアなどIT関連の業務にまつわる技術者を総称したものです。それぞれ仕事内容はさまざまですが、ITの発達が目覚ましい近年ではいずれも即戦力となる技術者が求められています。システム開発に特化した業務に取り組む場合が多く、クライアントの求める内容を分析した後にシステムの基本設計や実装、テストといった作業をこなします。システムの構築だけでなく、その後の管理や運用、保守といったさまざまな業務を求められる場合もあるでしょう。クライアントの要望に合わせてシステム運用のコンサルティングを担ったりチームで活動したりと柔軟に対応します。

ITコーディネータに必要なスキル

ここではITコーディネータに求められるスキルについて、特に重要なものを3つご紹介します。

ITの専門知識

ITコーディネータの仕事を行うためにはIT技術に関連する知識が必須です。クライアントのなかには「ITに詳しい社員がいないので専門家の支援によって新システムを導入したい」という企業もありますが、どのような企業の現状に対しても対応できる技術力やITの知識が必要です。また、IT業界は日々新たな情報が更新されているため、常に最新の情報を取り入れておくことによって企業の経営戦略に合ったシステムを提供することができるようになります。

経営戦略の知識

ITコーディネータはクライアントのビジネスについて体系的に理解し、ITの側面から助言を行うという役割を担っているので経営の知識や実務経験が必要です。さらに企業の経営課題の克服や目標達成のためには「仮説思考」や「ゼロベース思考」といったロジカルシンキングのスキルも求められるでしょう。これは経営状況を分析するために欠かせない思考で、論理的な根拠をもとに支援の方向性を定めていきます。

コミュニケーションスキル

ITコーディネータの支援においては常にクライアントのニーズに適したものになっているかどうかが重視されるため、経営層や各部署の社員と円滑なコミュニケーションを取れるスキルが求められます。支援を実行する前には経営戦略をプレゼンテーションしますが、IT初心者にも理解できるような簡潔な説明をすることも大切です。また、自分から意見を伝えるスキルだけでなく、相手の思いに寄り添って支援を展開していく傾聴力も支援者に必要な能力です。

ITコーディネータにおすすめの資格

ITコーディネータに関連する資格といえば「ITコーディネータ試験」が挙げられますが、その他にもITや経営にまつわるさまざまな知識を身に着けておくことでクライアントに自身のスキルをアピールすることができます。ここでは「ITコーディネータ試験」「プロジェクトマネージャ試験」の2つについてご紹介します。

ITコーディネータ試験

ITコーディネータ試験ではITコーディネータに求められる考え方やIT経営戦略、システム導入や資源の調達方法などITにまつわる知識を学ぶことができます。さらにヒアリングや課題整理、支援プロセスの提案といった実務に役立つ指導を受けることができるので実践力に強みを持つことができるでしょう。こちらの試験ではワークだけでなく集合研修も必須課題となっています。

プロジェクトマネージャ試験

プロジェクトマネージャ試験は情報処理技術者試験の一つで独立行政法人情報処理推進機構が認定しているものです。IT人材としての専門知識を活用し、システム開発のプロジェクト達成に必要な応用力や戦略知識を評価します。プロジェクトを成功させるためにはスケジュールや予算、資源や人員などを確保する必要がありますが、この資格を持っていることで全体を統括するための資質を証明することができます。

ITコーディネータの年収

ITコーディネータの平均年収は600万円前後といわれていますが、実際には個人のスキルや経験によって評価や年収が大幅に異なります。さらに仕事内容も幅広いので、請け負うプロジェクトの規模やジャンルによって年収の額が変動するでしょう。たとえば新人で実績が少ない場合は年収400万円程で、その後キャリアを積むことによって年収が900万円近くになったという方もいるようです。全年齢でいえば一般職種と比べると水準が少し高い印象ですが、これは近年各企業のIT化が著しく展開されている背景も影響しており、専門的な視点でIT経営を目利きすることができるスキルのニーズが高まっているといえます。IT関連は今後も引き続き需要がある職種なのでフリーのITコーディネータとして独立して各企業から信頼を得ることができれば年収1,000万円程が期待できるでしょう。

ITコーディネータのキャリアパス

ITコーディネータはITと経営の両方のキャリアを積むことができる特殊な仕事で、キャリアパスの選択肢も豊富です。ITコーディネータの担う業務は製造業や自治体、医療や通信、農業などさまざまな業種があるため、自分の強みとなる分野を見つけることでより専門的な領域で支援業務を行うことができます。年収を上げたいという方は各分野に特化した資格を取得して自身の需要を高め、フリーとして活動することで年収アップが期待できる場合もあります。またITや情報関連のスキルを極めたい場合はシステムエンジニアプログラマーなどのエンジニア関連に転職したり、経営のノウハウを活かしたい場合は経営コンサルタントとしてプロジェクト全体を統括するのもいいでしょう。IT経営の重要性は高まっている反面、高度な人材が不足している企業も多いのでITコーディネータのスキルはさまざまなフィールドで需要があるでしょう。

プログラミングスクールで、転職や副業に有利なスキルが学べる!

RECOMMEND

この記事を読んだ方へおすすめ

よくある質問

  • 質問 プログラミングスクールが「N週間でエンジニアになれる」というのは本当ですか?

    答え 事実ですが、個人の資質次第なところも(詳しくはこちら

  • 質問 返金保証のないスクールは、やめておいたほうがいいですか?

    答え 返金保証の有無はあまり関係ない!(詳しくはこちら

  • 質問 転職保証は本当ですか?どんな人でも保証されますか?

    答え 本当ですが、一定の条件があります(詳しくはこちら

  • 質問 未経験でもスクールの授業についていけますか?

    答え ついていけます!が、最終的には個人の努力次第(詳しくはこちら

  • 質問 「卒業率99%!」のような数値は信用してよいのでしょうか?

    答え 嘘ではないが、計算にトリックがあるかも(詳しくはこちら

  • 質問 どのプログラミング言語(Ruby、PHP、Java…etc.)がよいですか?

    答え 結論、どれでもOKです!(詳しくはこちら

  • 質問 メンターが素人や学生の場合もあると聞いたのですが……

    答え そういうケースもあります。が、必ずしもエンジニアから教わるのが正解ではないかも。(詳しくはこちら

  • 質問 SES/受託企業/事業会社の違いは何ですか?SESはよくないのですか?

    答え 転職先で多いのはSES/受託。大事なのは「自分に合うか」(詳しくはこちら

  • 質問 スクールはどのような基準で選んだらいいですか?

    答え まずは目標の自己分析を。カウンセリングで雰囲気を見きわめよう(詳しくはこちら