掲載数No.1プログラミング教室・ロボット教室検索サイト

ありがとう!5周年

子どもの創意工夫を引き出すロボットトイ「toio(トイオ)」新タイトル続々発表!

ソニー・インタラクティブエンタテインメント(SIE)は、子どもの創意工夫を引き出すロボットトイ「toio(トイオ)」「新作タイトル発表会」(2019年11月12日(火)開催)にて、数々の新タイトルを発表しました。

まず、「~みんなでもっと楽しめる~ トイオ・コレクション 拡張パック」が2019年12月5日(木)に発売開始予定。本製品では、toio™の代表タイトルである「トイオ・コレクション」に様々なゲームの追加がされております。

また、2020年に発売予定のエンタテインメント系 toio™専用新作タイトルも発表されました。

音楽の作り方を遊びながら学べる「おんがくであそぼう ピコトンズ(仮)」 を2020年夏に、新感覚ボードゲーム「大魔王の美術館 と怪盗団(仮)」を2020年秋にそれぞれ発売予定。

続いて、ゲーム専用AIの企画開発を手がけるモリカトロン株式会社より、初のtoio™専用アプリ「ウロチョロス」が2019年11月下旬より無償配信されます。

「ウロチョロス」では、toio™コア キューブ(以下キューブ)がまるで意思をもった生き物のように動きまわります。

年末年始はみんなで盛り上がろう「~みんなでもっと楽しめる~ トイオ・コレクション拡張パック」 


「~みんなでもっと楽しめる~トイオ・コレクション 拡張パック」* は、toio™の代表タイトルである「トイオ・コレクション」をアップデートした内容になっています。

紙相撲やおはじき、影踏み鬼など、「あそび」の原体験を「トイオ・コレクション」の世界観やコンセプトはそのままに現代版にアップデートした作品。

拡張パックでは直感的にあそべるゲームや頭脳ゲームに加え、それぞれのゲームに設定された条件をクリアすると新たなミニゲームが解放される仕掛けを施しております。

より長く、家族や友達みんなで楽しめる内容となっています。

なお、こちらの製品は2019年11月12日(火) より全国のtoio™取り扱い店舗にて予約も開始。

* 本タイトルを遊ぶには「toio」本体に加え「トイオ・コレクション」が必須となります。

「~みんなでもっと楽しめる~ トイオ・コレクション 拡張パック」概要

発売日 :2019年12月5日(木)
希望小売価格 :2,980円+税
ジャンル :バラエティ
対象年齢 :6才以上
プレイ人数 :1人~何人でも
発売元:株式会社ソニー・インタラクティブエンタテインメント

音楽の作り方の全く新しい方法「おんがくであそぼう ピコトンズ(仮)」


「おんがくであそぼう ピコトンズ(仮)」は、絶対位置検出技術と各種センサーを活用した ロボット技術を生かし、新しい形で音楽の制作や演奏をすることができるタイトルです。

キューブで専用マットをタッチすることで様々な音やリズムを奏でるだけでなく、上下左右に感覚的に動かしたり、回転させたりすることで、トーンや音の種類、そして楽器を簡単に切り替えることができます。

さらに、今話題の16歳のトラックメイカーSASUKEさんがプレイングアドバイザーとして参加予定。

今後、SASUKEさんには企画のアドバイザリーやイベント出演のほか、楽曲の提供を行っていただく予定です。

「おんがくであそぼう ピコトンズ(仮)」概要

発売日: 2020年夏
希望小売価格: 未定
ジャンル :音楽
対象年齢 :6才以上
プレイ人数 :1~2人
発売元 :株式会社ソニー・インタラクティブエンタテインメント

新感覚ボードゲーム「大魔王の美術館と怪盗団(仮)」


「大魔王の美術館と怪盗団(仮)は最大4人までの対戦プレイで怪盗団として美術館に潜入して美術品を狙う新感覚のボードゲームです。

全員のターンが一巡するごとに、キューブに乗った番人が美術館の中をランダムに徘徊。

まらないように番人や他プレイヤーとの駆け引きを行いながら、一番多くの美術品を集めたプレイヤーが勝者となります。

また、ゲームのボードは自由に組み替えることができ、無限にオリジナルコースをつくることが可能です。

「大魔王の美術館と怪盗団(仮)」 概要

発売日: 2020年秋
希望小売価格: 未定
ジャンルボードゲーム
対象年齢 :6才以上
プレイ人数 :1~4人
発売元:株式会社ソニー・インタラクティブエンタテインメント

toio専用アプリ「ウロチョロス」 


今回、日本初のゲーム専用 AI の企画開発を手がけるモリカトロン株式会社より、初の「toio」専用モバイル アプリ「ウロチョロス」が無償配信されます。

「ウロチョロスでは、スマートフォンやタブレットと「toio」を接続することで、キューブがまるで意思をもった生き物のように動きまわります。

キューブ同士のコミュニケーションや、 キューブがプレイヤーの動作に反応するインタラクティブ体験ができる各種モードや、キューブがプレイヤーの表情を読み解くミニゲームなどが搭載されています。

「ウロチョロス」概要

■開 発 :モリカトロン株式会社
■配信元 :モリカトロン株式会社
■配信日 : 2019年11月下旬
■価 格 : 無料
■対応プラットフォーム:iOS / Android
■公式サイト: https://morikatron.com/urochoros/

ライターコメント

「toio(トイオ)」の新製品が続々と発表されました。toioでは、キューブを使った初心者向けのプログラミング体験から学校現場でも使われることがあるビジュアルプログラミングへと、自分のレベルに合わせて学ぶことができるんですね!

また、もっと高度な体験としては、実際にコードを書いてキューブを動かすこともできるようです。

PCで入力したコードの通りに目の前のキューブが動くなんて、感動しそうですね…!

従来の商品に加えて新タイトルが多数発表され、個人的には、2020年夏発売予定のロボット技術で音楽を作り出すことができる「おんがくであそぼう ピコトンズ(仮)」が気になります。簡単に楽器の切り替えができたり、toioで作曲の体験ができちゃうようです。お子様へのプレゼントにも良さそうです。
「コエテコ厳選!業界ニュース!」ではプログラミング教育・STEAM教育に関連するリリースを広く発信しております。
リリース掲載希望の方は以下のメールアドレス宛にリリース本文、画像素材等を添えてお送りください。
※掲載判断は編集部にて行います。内容により掲載が難しい場合もございますのであらかじめご了承ください。

coeteco-support@gmo.media
新たなスキル「プログラミング教育」を先取りしませんか? 今後のプログラミング教育流れ図
今から、先取りしませんか?
コエテコ経由の体験申し込みでアマギフ2000円分プレゼント!
お近くの教室を探す →

あわせて読みたいガイド

ガイドを読めばプログラミング教育がスッキリわかる!
プログラミングまるわかりガイドを読む

RECOMMEND

この記事を読んだ方へおすすめ