掲載数No.1プログラミング教室・ロボット教室検索サイト

No.1小学生プログラマーは誰だ!小学生プログラミングコンテスト 「Tech Kids Grand Prix 2022」開催決定

株式会社CA Tech Kidsは、全国No.1小学生プログラマーを決めるプログラミングコンテスト「Tech Kids Grand Prix 2022」の開催を決定しました。

全国の小学生を対象として、2022年7月1日(金)から9月30日(金)までエントリーを受け付け、2023年2月26日(日)に開催する決勝プレゼンテーションでグランプリ(優勝)を決定します。

「Tech Kids Grand Prix」開催決定



「Tech Kids Grand Prix」は、すべての小学生に向けた国内最大のプログラミングコンテストです。
『21世紀を創るのは、君たちだ。』をスローガンに掲げ、賛同する協賛企業や自治体と共に2018年度より毎年開催し、今年5回目を迎えます。

本コンテストは、地方の子どもたちも挑戦しやすいことが特徴です。
昨年開催した2021年度大会には、全国から3,122件のエントリーがありました。
内訳は、首都圏・京阪神(東京・埼玉・千葉・神奈川・大阪・京都・兵庫)からの応募が54%、その他地域からの応募が46%と、ほぼ同比率。
さらに、中間審査を突破した10名のファイナリストの居住地比率もそれぞれ5名ずつと同数になりました。

2022年度の新たな取り組み「全国6ヶ所でのエリア予選開催」


 
第5回目となる2022年度大会では、全国47都道府県を北海道東北、関東、中部、近畿、中四国、九州沖縄の6つのエリアに分けた「エリア予選」を開催します。

参加者は「Tech Kids Grand Prix 2022」にエントリーすると居住地に応じて自動的に各エリア予選に区分されます。
各エリア予選では、1〜4次審査でエリアの代表選手を決定。選ばれた計10名が、東京渋谷にて行われる本選決勝プレゼンテーションに登壇します。

地域連携大会も併催!

 
「Tech Kids Grand Prix」では、2019年度より都道府県や市町村等の各地と連携してその自治体等が主催する地元の小学生を対象とした地域プログラミングコンテストを「Tech Kids Grand Prix 地域連携大会」として同時開催しています。

2022年度は、大阪府、大分県、千葉県、那覇市、高松市など計24地域との連携が決定しており、今後も随時追加される見込みです。
各地域連携大会で1位に選ばれた方はエリア予選の3次審査に無条件で進出できます。

「Tech Kids Grand Prix 2022」開催概要

■名称
Tech Kids Grand Prix 2022 (テックキッズグランプリ2022)

■内容
小学生のためのプログラミングコンテスト

■対象
すべての小学生(生年月日が2010年4月2日~2016年4月1日の方)

■募集作品
コンピュータプログラミングを用いて開発されたオリジナル作品

※未発表または2021年12月7日以降に発表され、一般的なPCやスマートフォンで動作可能な作品に限る
※ロボットや電子工作等、特殊なハードウェアを必要とする作品は応募不可

■言語
指定なし

■表彰
優勝、VISION AWARD、PRODUCT AWARD、PRESENTATION AWARD、協賛企業賞

■賞金
総額100万円

■大会HP
https://techkidsschool.jp/grandprix/

ライターコメント

首都圏の子だけではなく、全国の子が参加できる工夫がされているコンテストです。
すべての小学生が参加できるので、低学年の時から毎年取り組むのも成長を感じられそうですね!

他の同年代の子のプレゼンや作品を知るのも、大きな衝撃になることでしょう。
学校外からの刺激をお子さんに与える良い機会にもなりそうです!

この夏のチャレンジにいかがでしょうか?
新たなスキル「プログラミング教育」を先取りしませんか? 今後のプログラミング教育流れ図
今から、先取りしませんか?
コエテコ経由の体験申し込みでアマギフ2000円分プレゼント!
お近くの教室を探す →

あわせて読みたいガイド

ガイドを読めばプログラミング教育がスッキリわかる!
プログラミングまるわかりガイドを読む

RECOMMEND

この記事を読んだ方へおすすめ