口コミ数No.1プログラミング・WEBデザインスクール検索サイト

Pythonでフリーランスエンジニアになれる?案件状況や将来性・必要なスキルを解説

AIブームが巻き起こる昨今、人工知能開発に取り組める「Python」が特に注目を集めています。プログラミング言語の人気ランキングを公表している「TIOBE」によると、Pythonは数ある言語をおさえて1位とのデータも。

プログラマー・エンジニアは独立して活躍している人も多いため「Pythonでもフリーランスになれるのか」と、実情が気になっている方もいるのではないでしょうか。

この記事はPythonでフリーランスエンジニアを目指す人に向けて、案件状況や将来性、身につけておきたいスキルまで解説していきます。おすすめのエージェントも紹介しますので、案件獲得にご活用ください。

コエテコがおすすめするフリーランスエージェント!

  • レバテックフリーランス リモート×週4〜稼働案件が豊富!契約更新率93.2%​の国内最大級フリーランス専門エージェント!​

  • Midworks(ミッドワークス) 週3~&1日8時間以上稼働案件がメイン!実務経験2年以上正社員並みの手厚い保障が魅力!

  • テクフリ 3人に1人が収入120%UP実現!​10年の業界経験で培ったコネクションから​エンド直の契約が98%以上

  • フリエン 実務経験3年以上の方におすすめ!45%が高額案件で業界最速の給与支払いスピード

  • テックビズフリーランス 確定申告を税理士が実質無料対応!業務時間後や土日も対応可能なエージェント!

  • エンジニアスタイル東京 一都三県かつ実務経験2年以上の方が対象!10万件の中から厳選された案件情報をキャッチ可能!

Pythonでフリーランスエンジニアになれる?

他の様々な言語でフリーランスエンジニアが活躍しているのと同様に、Pythonでフリーランスになることは十分可能です。
求人サイトを見ても、Pythonを用いたフリーランス向け開発案件は数多く公開されています。

ただし、どの言語についても言えることですが、フリーランスとして案件を獲得していくためにはそれ相応の知識やスキルが必要。特にPythonに関しては専門性が求められる言語でもあるため、実務経験が重視されています。

未経験からでも応募できる案件もゼロではないものの、フリーランスエンジニアとしてどんどん仕事を獲得していきたいのであれば、一度企業に就職してエンジニア経験を積むのがおすすめです。

フリーランスエンジニアと会社員エンジニアとの違い

会社員エンジニアもフリーランスエンジニアも、開発チームを組んで一つのシステム完成に向けて取り組んでいくということには変わりありません。
ただし収入面で見ると、会社員は基本勤続年数に応じて上がっていくのに対し、フリーランスは年齢に関係なく、スキルさえあれば青天井に伸ばしていけるといった違いがあります。

もちろん、フリーランスもメリットだけではなく「福利厚生が得られない」「突然案件が頓挫して仕事がなくなる可能性がある」といったデメリットがあることも忘れてはいけません。

自分のスキルや求める年収などを考慮して、どちらの働き方が向いているか、どのようなキャリアパスを歩みたいかをよく検討してみましょう。

Pythonフリーランスエンジニアの案件状況

一口にPythonと言っても、できることは実に多種多様です。他言語でも行われているバックエンド開発もあれば、AI・機械学習といった最先端分野に携わることも。
ここではそんなPythonの案件状況について、フリーランスエンジニアに焦点を当てて解説していきます。
  • Pythonフリーランス向けの求人数
  • Pythonフリーランス案件の単価・年収相場
  • Pythonフリーランスの業務形態【在宅/常駐】

Pythonフリーランス向けの求人数

大手フリーランス案件サイト「レバテックフリーランス」を見ると、2022年10月現在Pythonのフリーランス向け案件は2,853件あります。
フリーランスに特に人気の言語として知られるJavaの求人数は9,093件。その3分の1程度であることを考えると、Pythonの求人数も決して少なくはないでしょう。

案件の種類としては、一般的なWebアプリ・システム開発が大半を占め、一部にAI開発等のより専門性が求められるものがある状況です。
前者はPythonを習得したエンジニアであれば取り組んでいけるため、ライバルも多い傾向。一方後者に関しては、Pythonに加えて高度な数学の知識なども求められる関係上精通したエンジニアも限られ、特に需要が高くなっています。

Pythonフリーランス案件の単価・年収相場

募集企業や案件内容によって大きく変動はあるものの、Pythonフリーランスエンジニアの平均相場・平均年収は以下のようになっていました。

単価・年収ともに非常に高く、幅広い分野において期待されている言語であることが想像できます。
こと年収においては数ある言語の中でもずばぬけており、レバテックフリーランスの調査によれば「Go言語」「Swift」「Ruby」と並み居る強豪に次いで4位とのこと。
もちろん高単価・高年収を実現するには実務経験・専門性・開発実績等、必要となることは多々ありますが、フリーランスエンジニアとして大きく稼いでいきたい方にとって、Pythonは魅力ある言語と言えるでしょう。

Pythonフリーランスの業務形態【在宅/常駐】

フリーランスというと、在宅で自分の都合で開発に取り組む…といった印象を持っている方も多いかと思います。
一方、Pythonは大規模なシステム開発に用いられることが多く、チーム間での連携も必要となる関係上、在宅案件の数は非常に少ないのが実情です。

一部の企業ではデータのクラウド化を行うことで「半リモート」を実践しているところもあるようですが、より個人のスキルが重要視されるため参入ハードルも競争率も高め。
フリーランスエンジニアとはいっても、ことPythonにおいては基本的に「企業常駐型」の働き方になると思っておいた方がよいでしょう。

Pythonフリーランスエンジニアの将来性

Pythonは、AI・機械学習やデータサイエンスといった今注目されているあらゆる分野において活用されていることから、今後さらにPythonエンジニアの需要が増加することはほぼ間違いないでしょう。

国としても、経済産業省が大々的に「AI人材の育成」を掲げており、機械学習を扱えるエンジニアの重要性を説いている状況。
まさしくその機械学習に用いられているのがPythonであることから、言語としての将来性は申し分ありません。Pythonのスキルはもちろん、それに付随する専門知識も身につけておけば、将来的に活躍できるエンジニアになっていけるはずです。

Pythonフリーランスエンジニアが身につけたいスキル3選

会社に頼らずフリーランスとして案件を獲得し続けるためには、開発言語を習得するだけでは少々不十分です。ここでは、Pythonフリーランスエンジニアになるにあたり、ぜひ身につけておきたいことを3つご紹介します。

  • フレームワークやライブラリの知識
  • 他言語の知識
  • 英語

フレームワークやライブラリの知識

Pythonには、開発を効率化するためのさまざまなフレームワークやライブラリが用意されています。
  • フレームワーク
    アプリ開発に必要なものが一通り揃ったパッケージ
  • ライブラリ
    必要なコードが最初から書き込まれているプログラムの集まり
Pythonエンジニアは、これらの機能が使えるかどうかで作業にかかる時間が大きく変わってきます。案件によっては、所定のフレームワーク・ライブラリを扱えることが条件になることもあるかもしれません。

まずは一度どんなフレームワークやライブラリがあるのかを調べてみて、開発に使えそうなものがあればどんどん取り込んでいくとよいでしょう。

他言語の知識

Pythonの求人数は比較的多いものの、専門的なスキルを必要とされる場面が多かったり、かなりの実務経験が必要だったりと、なかなか応募・獲得に至れない場合もあるかと思います。
作業量が収入に比例するフリーランスにとって「案件ゼロ」は死活問題ですので、Pythonの「穴」を埋められる他言語を習得しておくのがおすすめです。

フリーランスエンジニアが扱う言語として特に人気の「Java」や、アプリ開発において特に注目されている「Swift」などは、将来性も高くおすすめと言えます。
自分の取り組みやすい言語から始めるのでもOKです。複数の武器を持っておくことで、収入面・精神面ともに安定させていきましょう。

英語

Pythonフリーランスエンジニアとしてより仕事を広げていきたいなら、ぜひ「英語」は身につけておきたいところです。

Pythonを用いた先端技術の開発は、現状日本よりも海外で活発に行われています。今後実力がついて海外エンジニアと一緒に仕事をしたり、英語の論文を解読して開発に活かしたりする場面が出てきたとき、英語のスキルは必ず役に立つはず。

さらには英語ができることで海外のフリーランス案件をとったり、将来的に海外で腰を据えてPythonエンジニアとして活動したりといった働き方も見えてくるかもしれません。
GoogleやAmazonといった世界の名だたる大企業も、AI開発にPythonを活用している状況です。ぜひ英語とPython、セットで習得して活動の幅を広げましょう。

Pythonの案件獲得におすすめのフリーランスエージェント3選

Pythonフリーランスエンジニアとして活動していくにあたり、特に最初のころは「なかなか仕事が取れない…」といった懸念もあるかと思います。ここでは、案件獲得に便利な3つのエージェントを紹介しますので、ぜひチェックしてみてください。
  • レバテックフリーランス
  • フリエン
  • テックビズフリーランス

レバテックフリーランス

案件数の多さが魅力のレバテックフリーランスでは、44もの言語に対応しています。常に豊富な案件がそろっており、Pythonを使い開発する案件も獲得しやすいでしょう。

アドバイザーが在籍しているのもポイントです。技術環境や作業内容などについて質問があればアドバイザーへ相談しましょう。今後のキャリアをどのような方向性で進めていきたいかを伝えておくと、希望に合う案件の紹介を受けやすくなります。

またフリーランスとして安心して活動するためのサポートが充実しているのも特徴です。条件交渉や契約はもちろん、参画後は専任の担当者によるサポートもあります。
レバテックフリーランスはこちら

フリエン

フリーランスエンジニアを10年間にわたり支援しているフリエンは、一人ひとりに専任コンサルタントと専任キャリアアドバイザーがつくのが特徴です。カウンセリングから案件とのマッチングまでを高い質でスピーディーに実施し、希望どおりの案件へ参画できるようサポートします。

高単価の案件が多いため、年収アップも期待できるでしょう。報酬支払いサービス「フリエンペイ」を利用すれば報酬の先払い・即日払いも可能で、資金繰りの心配を解消できます。
フリエンはこちら

テックビズフリーランス

これからフリーランスとして独立するなら、テックビズフリーランスがおすすめです。専属コンサルタントは全員が独立した経験を持っているため、フリーランスならではの悩みをよく知っています。エンジニアとしての案件探しやキャリアについてはもちろん、開業手続きや税務などに関する相談も可能です。

テックビズの会員は以下の提携サービスで特典を受けられます。提携サービスは随時拡大中です。
  • Udemy
  • TECH ACADEMY
  • FREENANCE
  • フリーランス協会
  • BIGLOBE
  • SE shop
例えばUdemyなら、契約金額の5%分のAmazonギフト券を受け取れます。またフリーランス協会であれば、テックビズ ベネフィットプランへ申し込めます。
テックビズフリーランスはこちら

まとめ

当記事では、Pythonフリーランスエンジニアの実情と将来性をはじめ、Pythonフリーランスエンジニアとして活躍するために身につけておきたいスキルやおすすめエージェントまで詳細に解説してきました。

世界的にAI・人工知能の活用が進んでいる中、その開発に用いられるPythonの需要が急増していることは言うまでもありません。Pythonエンジニアは今多くの企業が求めている人材のため、フリーランスでもスキル・経験次第で十分稼いでいけるでしょう。

フリーランスエンジニアなりたてのころは案件獲得にも苦労するかと思うので、当記事で紹介したフリーランスエージェント・求人サイトを上手く活用しつつ、効率よく実績を積み上げていただけたら幸いです。

コエテコがおすすめするフリーランスエージェント!

  • レバテックフリーランス リモート×週4〜稼働案件が豊富!契約更新率93.2%​の国内最大級フリーランス専門エージェント!​

  • Midworks(ミッドワークス) 週3~&1日8時間以上稼働案件がメイン!実務経験2年以上正社員並みの手厚い保障が魅力!

  • テクフリ 3人に1人が収入120%UP実現!​10年の業界経験で培ったコネクションから​エンド直の契約が98%以上

  • フリエン 実務経験3年以上の方におすすめ!45%が高額案件で業界最速の給与支払いスピード

  • テックビズフリーランス 確定申告を税理士が実質無料対応!業務時間後や土日も対応可能なエージェント!

  • エンジニアスタイル東京 一都三県かつ実務経験2年以上の方が対象!10万件の中から厳選された案件情報をキャッチ可能!

RECOMMEND

この記事を読んだ方へおすすめ