プログラミング教育がわかる、プログラミング・ロボット教室がみつかる

テント

TENTO

TENTO

教室一覧

スクールの特徴

  • 講師・教員

    プログラミング教育の書籍執筆や講演等で活躍しているエンジニア、研究者が各教室に在籍

    TENTOではプログラミング教育の研究者や、ソフトウェアの研究開発に携わる大学生・大学院生がサポート。より現実に沿った、活きたプログラミングの知識を獲得できるのが特徴です。ビスケットやスクラッチのようなタイピング不要のビジュアル言語でも、子ども達は想像力の赴くままに作品をつくり上げます。タイピングに慣れてきたら、大人の使う一般の言語でもっと自由にプログラムを組んでいきましょう。また、ネットの危険性を回避するためのITリテラシー、グラフィックソフトやワープロソフトの使い方など、一般的なICTスキルも身につけられます。                    

  • 教育方針・理念

    それぞれの興味と進度にあわせた「寺子屋方式」

    TENTOでは2011年の創業時から一貫して、一人ひとりの興味と進度に合わせ10個以上のプログラミング言語の中から各自が選択し学んでいく「寺小屋方式」の指導を行っています。キーボードに触るのが初めての生徒から、英文ドキュメントを読みこなしてバリバリと開発できる生徒まで、様々な個性と発達段階の仲間がお互いを尊重しつつ、積極的に学習を進めていきます。一般のプログラミング言語へのスムーズな移行のため、入会した日からタイピング練習が始まります。TENTOは、タイピングの習得はクリエイティブなPC使用への第一歩と考えています。                    

  • その他特色

    直営校を東京・横浜・さいたまで開講。首都圏各地でフランチャイズ校も展開

    http://www-tento.net.comにて無料体験お申込みを随時受付中です。講座時間は週1回90分、原則として月4回(年間48回)開催です(隔週も可能)。自由が丘校のみ、料金体系が異なります。TENTO EX.(フランチャイズ校)は対象年齢や料金体系が直営校と異なる場合がございます。http://www.tento-net.com にて各校のページをご参照ください。               

コース情報

  • TENTO寺子屋方式

    TENTOでは創業時より、コース分けをしておりません。江戸時代の寺子屋のように、年齢やスキルが様々な生徒が集まり、それぞれの学習を行っています。学校の一斉授業ほど堅苦しくはなく、かといって個別授業ほど生徒同士がバラバラではありません。さまざまな個性、発達段階の仲間がお互いを尊重しつつ、各自の学習を進めていきます。

    コース詳細を見る
    対象学年

    小学3年生〜高校生

    受講回数

    原則として月4回(毎週、年48回)。月2回(隔週)も可能

    受講時間

    1回:90分

    備考

    USBメモリをご用意ください。

基本情報

提供会社 TENTO
スクール名 TENTO
対象学年 小学校3年生〜高校生
公式サイト http://www.tento-net.com/

ピックアップ記事