プログラミング教育がわかる、プログラミング・ロボット教室がみつかる

初めてでも簡単・楽しい!学研ゼミから小学生向け自習型のオンラインプログラミング学習サービス「ポコタス★Do(ポコタスドゥ)」が登場!

株式会社学研ホールディングスのグループ会社、株式会社学研ゼミから、プログラミングの基礎を楽しく学べる新サービス「ポコタス★Do(ポコタスドゥ)」の提供が2018年4月5日(木)からスタートしました。

「ポコタス★Do」は小学校中学年から高学年向けの自習型のオンラインサービスで、次々に事件が巻き起こる冒険ストーリーを進めながら、プログラミング基礎をゲーム感覚で学ぶことができます。難しいプログラミング言語を使うのではなく、ビジュアル的にわかりやすい“ブロックプログラミング”での学習方法なため、専門的な用語は一切使わずマウスの操作だけで進めていくことができます。プログラミングが初めてなお子様でも、「ヒント」ボタンなどもあるので、チュートリアルで基本的な使い方に慣れておけば、教えてくれる大人がいなくてもお子さま1人で取り組むことができるのが魅力なサービスです。



また「DO」ボタンを押すと、実際にキャラクターが指示した通りに動くため、ブロックを組んで終わりなのではなく、自分が作り上げたブロックプログラミングが正しいかどうかを毎回確認することができます。ストーリー内では、可愛らしい様々なキャラクター達が楽しい会話を繰り広げながらプログラミングを教えてくれるため、飽きることなく1つずつ問題をクリアしながら、“成功体験”を得ることができます。

【ストーリーと主なキャラクター】


主人公のハックは、最近プログラミング教室に通いはじめた小学5年生。ある日、ハックの部屋にある小窓が発光し、異世界「ザイローグ星」のお姫様コンパイラ姫とロボットのスティーブがやってくる!ザイローグ星ではロストテクノロジーとなった禁断の魔法の力「プログラミング」。姫のわがままで異世界で一緒に戦うことになってしまった主人公ハックは、悪の組織「バグース」によって仕掛けられる様々なイタズラをプログラミングの力で解決していきます。



現在リリースされているのは、無料版の「エピソード0」と、買い切り1,200円(税抜)の「エピソード1」の2種類。エピソード1では、一つずつステップをクリアしていく「カリキュラムモード」や学んだことを生かして自由に創作活動ができる「フリーモード」などがあり、しっかりとミッションをクリアしていくと、フリーモードで使えるオブジェクトもどんどん増えるようになっているため、学びながら応用もできる設計になっています。週1~2回、1回30分を目安に進めていくと、約1ヶ月分以上楽しむことができます。
「ポコタス★Do」の開発には株式会社アルファコードが協力し、命令実行の順序、条件分岐、ループなど、プログラムを扱う上で必要な概念が自然と身につくよう、原則をしっかり守って記述のルールが作られ、これをきっかけにより高度なプログラミング言語を扱う際に、どの言語を選んだ場合にも糧になるように設計されているとのことです。


2020年のプログラミング教育必修化に向けて、少しずつ話題になってきたプログラミング学習。教室に通うことも教材を使う必要もなく、PCやタブレット端末だけでお家で簡単にプレイ可能な「ポコタス★Do」、ぜひチェックしてみてはいかがでしょうか?


「ポコタス★Do」サービス紹介ページ
https://zemi.gakken.jp/service/programming/pokotasudo/

記事が気に入ったら「いいね!」をしよう!
プログラミング教育に関する情報をお届けします!

この記事を書いた人


関連記事