口コミ数No.1プログラミング・WEBデザインスクール検索サイト

Swiftの求人は増え続けている?転職に必要なスキルや動向を解説!

Apple社がリリースしたことで、世界中から注目を集めたプログラミング言語はSwiftです。OSを問わず利用しやすいSwiftは、日本の大手企業も採用していることが特徴です。

Swiftエンジニアを目指すなら、身に付けるべきスキルやSwiftのメリットを押さえておきたいですね。この記事では、Swiftの特徴や求人の動向についてわかりやすく紹介します。

コエテコがおすすめ!ITキャリア向け転職エージェント

  • レバテックキャリア ITエンジニアが利用したい転職エージェントNo.1に選ばれるITエンジニア経験者専門の転職エージェント!

  • ネクストキャリア ミドル  エンジニア1年以上経験者のみ対象。転職後のオンボーディングサポート&年収アップ保証あり!

  • マイナビクリエイター 1都3県にお住みでクリエイティブ職の実務経験があるorスクールを修了された方が対象!​専門性とマッチング力が魅力​

  • TechClipsエージェント 高マッチング率のITエンジニア専門エージェント。利用者の95%が年収UP!

  • キャリアパーク 第二新卒・既卒の方が対象!内定獲得まで最短2週間!上場企業が運営するエージェント

Swiftとはどのようなプログラミング言語か?

2014年にApple社から発表されたSwiftは、アマツバメと呼ばれる鳥の名前から命名されました。“迅速な”“素早い”の意味を持つアマツバメから名付けたことから、Swiftが迅速なパフォーマンスが可能なプログラミング言語であることがわかるでしょう。

iOSやMacなどのアプリケーションを開発可能なSwiftは、オープンソースとして公開されており、幅広いエンジニアが活用しています。また、SwiftはObjective-Cと互換性があるため、Objective-Cで開発をしていたエンジニアでも簡単に移行できます。

Apple社では、プログラミング初心者が学習できるよう「Swift  Playgrounds」と呼ばれる学習アプリもリリースしています。ゲーム感覚で学べるキャッチーな画像を利用したSwift Playgroundsを利用すれば、楽しみながらSwiftを学べるのがメリットです。

Swiftは今需要があるのか?

歴史が浅いSwiftは、使いこなせるエンジニアが少ないことが現状です。つまり、Swiftエンジニアの案件は、知名度が高いプログラミング言語よりも競争率が低いといえるでしょう。2021年6月時点のFREELANCE STARTの調べによると、Swiftエンジニアの求人数はおおよそ2,000件です。

コードが書きやすく読みやすいことで有名なSwiftは、多くのエンジニアにとって扱いやすいことが特徴です。iPhoneやiPad、Apple watchのアプリを制作することが可能なSwiftは、今後も安定性があるプログラミング言語だといえます。
参考:FREELANCE START

Swiftと他のプログラミング言語の比較

Objective-C

現在はiOSアプリを開発するための言語としてSwiftが主流となってきていますが、それ以前はObjective-Cが主流の言語でした。

そのため、古いプロジェクトではObjective-Cを利用していることもあるでしょう。また、業務の中でObjective-Cで記述された部分をSwiftへと移行していくことがあるかもしれません。そのため、Swiftで開発を進めていく上でObjective-Cに触れることもあるでしょう。

Kotlin

Kotlinは、主にAndroidアプリ開発で使用される言語です。現在スマートフォンOSのシェアはiOSとAndroidで争っているような状態です。当然、利用者の多いプラットフォームにあるアプリの方が開発者の需要も高いので、スマホアプリを作る上でiOSとAndroidのどちらを作りたいかは考えておく必要があるでしょう。

2022年現在、世界的なシェアで見るとAndoridがモバイル端末のOSとして70%を超えています。ところが、日本国内だけに限定するとiOSが60%を超えており、シェアが逆転してしまいます。この割合は国によっても違うので、自分が今後どの層に向けてアプリを開発していきたいのかも考えて習得する言語を選ぶと良いでしょう。

React Native

iOS開発のためには、Swiftが必須なわけではありません。たとえば、ReactのフレームワークであるReact Nativeを使うことで、クロスプラットフォーム開発を行うことができます。

クラスプラットフォーム開発とは、複数の環境で動作するアプリを1つのコードで開発してしまうということ。つまり、React Nativeで開発を行えば、iOSアプリもAndroidアプリもWebアプリも、1つのコードでまとめて開発することができるのです。同じようなクロスプラットフォーム開発環境としては、他に「Flutter」などが有名です。

そう考えると全てのアプリをReact Nativeで開発すれば良いような気がしてきますが、もちろんデメリットがあります。それは、OS特有の挙動を実装できないということです。

iOSアプリであればiOSアプリらしい動きが、AndroidアプリであれあばAndoroidアプリらしい動きがありますよね。そういった機能はSwiftやKotlinなどのアプリだと実装することができるのですが、React Nativeを始めとしたクロスプラットフォーム開発環境では難しくなります。

Swiftエンジニアの平均年収

Swiftエンジニアの平均年収は、おおよそ562万円です。年収幅は、240~1,400万円ほど。しかし、1,000万円を超える年収が得られるエンジニアは、非常に数が少ないといわれています。

Swiftの実務経験が浅いエンジニアは、年収が300~400万円程度に留まります。経験が浅い場合でも正社員として採用された場合には、テスト仕様書の作成などを任されるケースが少なくありません。
 
年収が500万円以上のSwiftエンジニアでは、Swiftにおける数年以上の開発経験や幅広い工程を担当できるスキルが求められます。

Swiftエンジニアとしての働き方  

Swiftエンジニアとして働く際には、正社員・副業・フリーランスのなかから働き方を選択できます。それぞれの働き方のメリット・デメリットをあらかじめチェックしておきましょう。

正社員  

Swiftエンジニアの正社員は、言語を問わず開発経験が1~2年以上求められるケースが少なくありません。企業によっては、採用コストを抑えるために開発経験が浅いエンジニアを積極的に採用しています。

そのような企業では、採用後に一人前のエンジニアとして育成するために、新人研修が手厚い傾向があります。プログラミング初心者の場合には、そのような企業を視野に入れて就職活動を行うと良いでしょう。

副業  

Swiftエンジニアの副業において、“未経験可”となっている案件はほぼ見受けられません。副業の案件を安定して継続したいなら、iPhoneアプリの開発経験のスキルやサーバーサイドの開発スキルがあれば、採用で有利になるケースがあります。

フリーランス  

Swiftエンジニアのフリーランスでは、最高年収が1,000万円にも上るといわれています。週4日以下の案件数はやや少ないため、日数を減らしたい場合は副業を検討しましょう。また、フリーランスの案件ではリモートワークが相談できる企業もあるため、あらかじめ確認しておきたいですね。

Swiftエンジニアの求人例

Swiftエンジニアには、以下のような求人があります。

業務形態 仕事内容 必須スキル 求人の特徴 給与
正社員 新規サービスの企画・設計段階から開発まで担当 Swift、Dartを利用してのアプリケーション開発
・スマートデバイス向けアプリのUI / UXの設計、提案
残業手当有り・昇給有り 年収350~750万円
正社員 「マンガBANG(マンガバン)」運営企業/自社システムの開発担当 SwiftでのiOSアプリ開発の実務経験:3年以上 リモートワーク相談可・フレックスタイム制 年収400~1,000万円

参考:doda

Swiftエンジニアの求人の探し方

Swiftエンジニアが求人を探すためには、以下のような方法があります。 
  • 転職サイト
  • 転職エージェント
  • クラウドソーシング
  • 友人・知人からの紹介
転職サイトや転職エージェントでは、好条件な非公開の案件も豊富に抱えています。「リモートワークがしたい」「年収500万円以上を目指したい」など、条件にこだわって求人を探したいなら、転職サイトや転職エージェントを利用しましょう。

また、近年では、広い人脈を活かし案件を獲得するエンジニアが数多くいます。Swiftエンジニアの案件を得たい場合には、Apple製品の知識に長けているエンジニアと交流を持っておくと良いでしょう。

Swiftの基礎知識を証明する「App Development with Swift」とはどんな資格?

Swiftに必要な基礎知識を証明する資格に、「App Development with Swift」があります。​App Development with Swift を取得することで、​Swiftの基本概念やビルディングブロックの使い方など、Swiftに必要な知識があることをアピールできます。 

試験勉強には、公式の学習教材である「App Development with Swift‬‬‬‬」を読み込むことからスタートしましょう。こちらの教材を読めば、SwiftでiOSアプリを開発するために必要な基礎知識を身につけることができるので、Swiftエンジニアを目指している方はぜひ一度目を通してみてください。

Swiftの試験問題は2021年3月時点で日本語版の試験がないため、問題文が読める程度の英語力も合わせて身につけておくといいでしょう。

※参考 : App Development with Swift - Apple Books

まとめ 

プログラミング初心者でも学びやすいSwiftは、短期間でも習得しやすいプログラミング言語だといえるでしょう。しかし、学習でつまづいてしまった際には、プログラミングスクールの利用を検討することをオススメします。

プログラミングスクールでカリキュラムを完走することで、就職・転職先も紹介してもらえます。就職に不安を抱えるエンジニアでも、手厚い転職支援が受けられるプログラミングスクールなら安心して就職活動が行えるでしょう。

コエテコがおすすめ!ITキャリア向け転職エージェント

  • レバテックキャリア ITエンジニアが利用したい転職エージェントNo.1に選ばれるITエンジニア経験者専門の転職エージェント!

  • ネクストキャリア ミドル  エンジニア1年以上経験者のみ対象。転職後のオンボーディングサポート&年収アップ保証あり!

  • マイナビクリエイター 1都3県にお住みでクリエイティブ職の実務経験があるorスクールを修了された方が対象!​専門性とマッチング力が魅力​

  • TechClipsエージェント 高マッチング率のITエンジニア専門エージェント。利用者の95%が年収UP!

  • キャリアパーク 第二新卒・既卒の方が対象!内定獲得まで最短2週間!上場企業が運営するエージェント

RECOMMEND

この記事を読んだ方へおすすめ
  • 質問 転職エージェントと転職サイトの違いは何ですか?

    答え 転職エージェントはキャリアカウンセラーが、個別にカウンセリングをして最適な求人をを紹介してくれる転職サービスで、書類の添削や面接練習など様々なサポートをしてくれます。転職サイトは自分で求人を探す必要があります。それぞれにメリット・デメリットがあるため、初めて転職をする人やなるべく短期間で転職成功したい人はプロから転職支援を受けられる転職エージェントがおすすめです。転職経験があり、自分のペースで自由に転職活動がしたい方は転職サイトがおすすめです。

  • 質問 転職エージェントは料金がかかりますか?

    答え 転職エージェントは登やカウンセリング、書類の添削、面接練習などのサービスは無料で、転職希望者はお金を払わずに利用することができます。その代わり、転職エージェントに登録している企業からは採用が決定した際に成功報酬として紹介手数料をもらって事業が成り立っています。転職エージェントにはネットで検索して見られる公開求人の他に、社名などの採用に関わる情報を公にしない非公開求人というものがあります。こちらは企業側が転職エージェントに依頼して欲しい人材を集めることが可能。転職エージェントを利用する企業側にもメリットがあるのです。

  • 質問 現在、在職中で転職時期も決まっていませんが転職エージェントに相談できますか?

    答え はい、可能です。 「とりあえず情報が欲しい」「自分のキャリアでどんな転職先があるのか」「転職するために必要なこと」など、転職に関する相談を受付ている転職エージェントがほとんどです。なかには、プロのキャリアカウンセラーにLINEで気軽に相談できる転職エージェントもあるので利用してはいかがでしょうか。多くの転職希望者が在職中に転職エージェントに登録しています。相談をした上で転職の意思が決まったら利用するのもありですし、まだ転職時期が決まっていなくても相談できる相手が社外にいることでご自身のキャリアを見つめ直すきっかけにもなるでしょう。

  • 質問 転職エージェントに登録して、企業求人へ応募してから内定までどのくらいかかるものですか?

    答え 企業側の選考スピードやご本人のスケジュールにもよりますが、平均で在職中であれば3ヶ月程度、離職中であれば1ヶ月から2ヶ月程度と言われています。なかにはタイミングがよく面接の日程がすぐ組めて、選考回数も少なく、すぐに内定が出る方もいらっしゃいます。ただし、じっくり考えたい方や複数社比較したい方なは早ければいいという問題でもありません。ご自身の都合上、今すぐ転職をしたいと考えている方はキャリアカウンセリングの際に相談しましょう。

  • 質問 転職エージェントを利用すれば、未経験職種への転職は可能でしょうか?

    答え 企業の求人情報の中には「未経験可」と書かれているものも多くあります。転職をきっかけに、新しい職種にチャレンジしたいと考える方もいるでしょう。一般的に、企業が転職者に求めるのは「即戦力」。その点でいうと未経験者に即戦力はありませんが、「未経験可」としている求人は応募者のポテンシャルや将来性を評価していることがあげられます。応募する業界や職種とは関係なくても、これまでの経験を新しい職種にも活かせることや、企業にどう貢献できるのか熱意をアピールできれば、未経験からの転職成功も夢ではありません。