掲載数No.1プログラミング教室・ロボット教室検索サイト

乾電池型IoTデバイス「MaBeee」が教育用プログラミングソフト「Scratch3.0」に対応

ノバルス株式会社は、スマートフォンなどから乾電池製品のコントロールを可能にする乾電池型IoTデバイス「MaBeee」を「Scratch3.0」に対応させたことを発表しました。
2022年9月15日より対応しました。

これにより、難しいプログラミング言語を覚えなくても、視覚的に操作できるようになりました。

「MaBeee」が教育用プログラミングソフト「Scratch3.0」に対応



MaBeeeの乾電池を利用する製品の電池出力をBluetoothを使って操作できる技術と、教育用プログラミング用ソフトの「Scratch3.0」を用いて、パソコンからの操作が可能になりました。

これにより、Scratch3.0」の視覚的なオブジェクトを用いてプログラミングでき、乾電池を利用した製品を「MaBeee」* で操作することができるようになります。
 
* scratch3.0対応MaBeeeは以下となります
MaBeeeコントロールモデルMB-3003WB( MaBeeeシリーズは複数モデルあるので、型番をご確認の上、ご注意ください)


利用シーンとしては、玩具や理科教材、照明器具などの乾電池製品を「Scratch3.0」でプログラミングし、制御するシーンが想定されています。
画面上でプログラミングをするだけではなく、そのプログラムをもとに単三電池を使うおもちゃやロボットの動きをコントロールできます。

学校教育の理科の授業やプログラミング教育での利用が期待されます。
ノバルス株式会社としても、身近に学ぶ機会の提供を進めていくようです。

詳細は下記公式ホームページを参照してください。
https://mabeee.mobi/usecase/scratch/

直販サイト「サンワダイレクト」
https://direct.sanwa.co.jp/ItemPage/MB-3003WB1

ライターコメント

今回の対応で、「MaBeee」が教育用プログラミングソフト「Scratch3.0」に対応し、プログラミングしたものが実際に動かしやすくなりました。
しかも、小学校でも多く活用されるScratchとの連携をしているので、教える側としても親しみやすい教材になりそうです。

理科の授業で電池を使ってロボットを作る場面などもありますし、プログラミングの要素を加えた授業を作ってみるのも良さそうですね。
子供たちの発想や創作意欲を刺激しつつ、しっかりと学ぶことができる教材として活躍が期待されます。
「コエテコ厳選!業界ニュース!」ではプログラミング教育・STEAM教育に関連するリリースを広く発信しております。
リリース掲載希望の方は以下のメールアドレス宛にリリース本文、画像素材等を添えてお送りください。
※掲載判断は編集部にて行います。内容により掲載が難しい場合もございますのであらかじめご了承ください。

coeteco-support@gmo.media
新たなスキル「プログラミング教育」を先取りしませんか? 今後のプログラミング教育流れ図
今から、先取りしませんか?
コエテコ経由の体験申し込みでアマギフ2000円分プレゼント!
お近くの教室を探す →

あわせて読みたいガイド

ガイドを読めばプログラミング教育がスッキリわかる!
プログラミングまるわかりガイドを読む

RECOMMEND

この記事を読んだ方へおすすめ