LITALICOワンダー 赤羽の詳細情報・口コミ・評判

掲載数No.1プログラミング教室・ロボット教室検索サイト

新型コロナウイルス等の感染症について、LITALICOワンダーの対応方針をお知らせいたします。

■教室の営業について

5月25日(月)に緊急事態宣言が解除されたことを受け、
LITALICOワンダー各教室では、感染拡大防止策を行ったうえで、6月3日(水)から教室での授業を再開いたします。

外出がご心配な方、マスクのご着用が難しい場合などは、ご無理をなさらずオンライン授業をご利用ください。
教室授業からオンライン授業への変更、授業のお振替については、教室までご連絡ください。

教室の再開にあたり、下記の感染拡大防止策にご協力いただきますようお願い申し上げます。

●お子さんには、授業前に検温をさせていただきます。37.5度以上の熱がある場合は授業をお受けいただけませんので、あらかじめご了承くださいませ。
●ご来校の際には、お子さん・保護者様ともに、マスクをご着用ください。
●授業中のサロンスペースでの待機はご遠慮ください。
●お子さんどうしは原則1m以上離れて授業を受けていただきます。また間仕切りや席配置の工夫など、対面にならないよう配慮します。
●授業後のフィードバック時や送り迎え時など、スタッフや他のお子さん・保護者様と対面にならないようご協力お願いいたします。

また、教室では各種感染防止策を徹底しております。

●咳エチケットの徹底
●来室時の手洗い・うがい・手指の消毒の徹底
●出勤スタッフ全員のマスク着用
●出勤スタッフ全員の体温測定、健康状態チェック
●通常時の75%を定員とし、密集・密接を避けた授業実施
●30分に一度、教室全体・各部屋の換気
●授業毎の使用機材の消毒(机、ブロック、PC、タブレット、マウスなど)

リタリコワンダー

LITALICOワンダー 赤羽

  • 無料体験教室
  • コロナウイルス対策

【オーダーメイド型】子どもの創造力を解き放つプログラミング・ロボット教室(年長~高校生)

★★★★★
4.0 (全13件の口コミ)

この教室について…

  • 教室見学・無料体験教室の
    お問い合わせはこちら!

  • 対象学年

    年長~高校生
  • カテゴリ

    プログラミング ロボット その他 ビジュアルプログラミング

  • 教材(ハード・ソフト・言語)

    Scratch マサチューセッツ工科大学(MIT)発のビジュアルプログラミング言語。子ども向け教育ではスタンダード レゴ®マインドストーム®EV3 レゴエデュケーションのロボットプログラミング教材。世界大会が催されるなど本格的に学びたい人におすすめ JavaScript プログラミング言語。Webページやアプリ、ゲーム開発に使われている。キャリアにつなげたい保護者に人気 レゴ®WeDo 2.0 レゴエデュケーションのロボットプログラミング教材。対象は7〜12歳で、レッスン形式で扱う教材 HTML+CSS HTMLはウェブページを作成するために、CSSはウェブページのスタイルを指定するための言語です Unity ゲームを作るための開発環境。全世界のモバイルゲームのうち50%がUnityで作られている。 Viscuit ビジュアルプログラミング言語。自分で描いたイラストを動かしながら学ぶ。未就学児から取り組めるのが特長

  • 授業形式

    集団指導

  • 住所

    〒115-0045 東京都 北区 赤羽1-4-8 千和ビル6F

スクールの特徴

  • 教育方針・理念

    そのひとりの「創造力」を自由に。

    アプリ&ゲームのプログラミングやロボット製作、デジタルファブリケーションなどテクノロジーを活用したものづくりを通じて、基礎技術力の習得はもちろん、自分で考え形にする経験を大切にしています。自分に合った学び方や、得意なことを伸ばす方法を身につけることで、子どもたちの自尊心を育て、創造力や試行錯誤する力を育むことを目指しています。

  • カリキュラム・コース

    子ども一人ひとりに合わせたカリキュラム設計

    カリキュラムは、一人ひとりに合わせたオーダーメイド型を採用しています。お子さんの特性やスキル、興味などに応じた指導や関わりを行っています。選択したコースの基礎を学びながら、横断的に様々な技術に触れることができる環境は、子どもたちの発想を刺激し豊かにします。

    <4つのコースを開講!>※コースの変更は可能です
    ◎ゲーム&アプリプログラミングコース
    ◎ロボットクリエイトコース
    ◎ロボットテクニカルコース
    ◎デジタルファブリケーションコース

  • その他特色

    "みんなが主役"のIT×ものづくり発表会「ワンダーメイクフェス」

    通塾生が制作した作品を発表する場「ワンダーメイクフェス」。毎年開催されるこのイベントでは、第一線で活躍するエンジニアやデザイナーを招き、子どもたちの作品を講評します。子どもたちは、プレゼンターだけでなくスタッフとして運営に関わるなど、自分に合った様々なスタイルで参加していることも特徴です。ものづくりを通じて、子どもたちと社会との接点をつくっています。2017年度(ワンダーメイクフェス4)は4500名が来場、400名以上の子どもたちが作品発表をしました。

コース紹介(4件)

LITALICOワンダー 赤羽の評判・口コミ(1件)

LITALICOワンダーのよくある質問

  • 質問 受講可能な学年はいつからですか

    答え コースによって受講可能な学年が異なります。

  • 質問 授業料はいくらですか

    答え 通塾頻度、コースに応じて異なります。また、別途入塾金(初月のみ)が発生します。

  • 質問 教室の休塾日はいつですか

    答え 各月第5週目/年末年始/全社研修日(年1回)は休塾日となります。
    上記以外の休塾日は各教室によって異なります。

  • 質問 どのコースから通うようにしたらよいですか

    答え どのコースからでも通塾可能です。
    お子さんの興味・関心に合わせて最適なコースをこちらからも提案します。まずは体験授業やワークショップに参加して、お子さんに合ったコースをご検討ください。また、途中でコースを変えることもできます。

  • 質問 入塾時期はいつですか

    答え 決められた入塾日・時期はありません。月途中からの入塾も可能です。

コエテコ編集部おすすめポイント!

担当者のコメント

LITALICOワンダーを運営するのは、発達障害のお子さんに向けた学習支援、ソーシャルスキルのトレーニング事業を行なっているLITALICO(リタリコ)。
苦手なことを頑張るだけでなく、得意なことを伸ばす教育をモットーとしています。「ウチの子、個性に凹凸があって……」なんてお悩みのあるご家庭はもちろん、「好きなことはトコトン伸ばしてあげたい!」というご家庭にもフィットするスクールと言えるでしょう。
LITALICOワンダーは年齢で区切られておらず、それぞれの興味に合わせて学べるオーダーメイド型の授業が特長
決まったカリキュラムを順番にこなしていくというよりは、お子さまの好きなこと・得意なことを見つけ、先生(メンター)と一緒に作り上げていくスクールです。プログラミングはもちろん、3Dプリンターやレーザーカッターなどを使ってものづくりをするコースもあるので、子どもに合ったコースが見つかりやすいはずです。
大会出場実績としては、小学生チームがWRO(世界的なロボット制作の大会)で世界8位に入賞!自由度が高いだけでなく、きちんと実力も伴ったスクールと言えます。子どもの「好き」にとことん向き合い、伸ばしてくれるスクールを探したい!というご家庭におすすめです。

Amazonギフト2,000円分プレゼント対象

体験教室に申し込む(無料)

LITALICOワンダー 赤羽の周辺の小学校

赤羽小学校 なでしこ小学校 稲田小学校 岩淵小学校 八幡小学校 赤羽台西小学校 第四岩淵小学校 神谷小学校 西が丘小学校 星美学園小学校

LITALICOワンダー 赤羽の近くのLITALICOワンダー

LITALICOワンダー 赤羽の近くの他ブランドのプログラミング・ロボット教室

この教室に似た条件で、近くの教室を探す

関連サマリー