掲載数No.1プログラミング教室・ロボット教室検索サイト

CATEGORY カテゴリー

「中高生国際Rubyプログラミングコンテスト2019」応募受付を開始

今年で9回目の開催となる「中高生国際Rubyプログラミングコンテスト2019」が応募受付を開始しました。応募受付期間は「ゲーム部門」「クリエイティブ部門」とも 2019年7月15日~9月30日です。

「中高生国際Rubyプログラミングコンテスト2019」 とは

「中高生国際Rubyプログラミングコンテスト2019」 とは世界中の中高生を対象に、国産プログラミング言語Rubyを使用して開発したプログラム作品を募集するコンテストです。

応募作品の中から、プログラムの優秀性、プログラミングの楽しさ、発想の面白さ等の観点で優秀な作品を選出し、表彰します。

本コンテストでの審査員や協賛企業からの応援メッセージによって、中高生たちがプログラミングに挑戦するきっかけとなり、将来への夢が育まれることが期待されています。

コンテストの内容

今回は、「ゲーム部門」とWebアプリケーション、各種ツール、ロボット制御等ゲーム以外のプログラム作品の「クリエイティブ部門」で審査が行われます。



2018年大会クリエイティブ部門最優秀賞作品 東京都 小林 心さん 作品名「Quiz Note」


11月上旬の一次審査では、応募者のプログラミング力の向上のためにRubyエンジニアによるソースコードのレビューが行われます。レビューの内容は応募者にフィードバックされます。

そして、12月7日に行われる最終審査会では、一次審査を勝ち抜いた約10 組がプレゼンテーションを行います。Ruby開発者まつもとゆきひろ審査委員長、他6名の審査員により審査が行われます。

まつもとゆきひろ審査委員長



審査後、「ゲーム部門」「クリエイティブ部門」各部門1組ずつに最優秀賞、優秀賞がそれぞれ授与されます。また、その他の作品についても賞が用意されており、いずれの作品に対しても副賞として情報機器が授与されるようです。

イベント概要

「中高生国際Rubyプログラミングコンテスト2019」

応募期間:2019年7月15日(月)~9月30日(月)(必着)
募集作品:過去1年以内に、応募者自らがRubyで作成したオリジナルプログラムで、Rubyの特性を生かしたプログラムの優秀性、プログラミングの楽しさ、発想の面白さや工夫が感じられるような作品
主催:中高生国際Rubyプログラミングコンテスト実行委員会
公式ウェブサイトhttps://www.ruby-procon.net/

編集部コメント

中高生向けのRubyのプログラミングコンテストの作品募集についての記事です。 公式ウェブサイトに掲載されている過去の受賞作品のレポートを読むと、地元ネタを取り入れたり、部活動での困りごとを解決する作品であったり、中高生の生活だからこそ見えてくる問題意識や発想の作品も多く、驚いてしまいました。今年のコンテストも楽しみです。

Rubyの生みの親である、まつもとゆきひろさんから実際にコメントをもらえるなんてなかなかない機会ですよね。自分の作品を見てもらえるなんて、モチベーションにつながりそうです。

また、中学生から高校生を対象にしている大会ということもあり、連続で出場している学生さんも多いようでした。プログラミングを部活でできる学校って少ないですし、プログラミングに関心がある子にとって目標をもって打ち込める場になりうるのではないでしょうか。

公開日:2019.07.19

コエテコからのお知らせを受け取ろう!
プログラミング教育に関する情報をお届けします!

この記事を書いた人


関連記事