掲載数No.1プログラミング教室・ロボット教室検索サイト

「中高生国際 Ruby プログラミングコンテスト 2019 in Mitaka」 受賞者決定!

12 月7日(土)三鷹市の三鷹産業プラザにおいて「中高生国際 Ruby プログラミングコ ンテスト 2019 in Mitaka」の最終審査発表会が開催され、最優秀賞、優秀賞、審査員特別賞 の各賞が決定しました。

今年で9回目!「中高生国際 Ruby プログラミングコンテスト 2019 in Mitaka」

最終審査に残ったのは、応募総数 103件の中から、1次審査を突破した、ゲーム部門7作品、クリエイティブ部門4作品の計11作品。
各作品のデモンストレーションを交えたプレゼ ンテーションの後、Ruby の生みの親であるまつもとゆきひろさんを審査委員長とする6名の審査委員によって最終審査が行われました。
その結果、各賞が決定し、受賞者には表彰状のほか副賞としてノートパソコンやタブレットPCなどが送られました。

このコンテストは、プログラミング言語「Ruby」の普及活動を行っている 10団体で組織する同コンテスト実行委員会により実施され、今回が9回目の開催となりました。

また、冒頭には、文部科学省初等中等教育局情報教育・外国語教育課情報教育振興室長 折 笠史典氏、経済産業省商務情報政策局情報技術利用促進課 課長補佐 守谷学氏の挨拶やMicrosoft クラウド・デベロッパー・アドボケイトの千代田まどか氏による 特別講演「好き!が世界を変えていく」が行われました。

最終審査結果

「中高生国際 Ruby プログラミングコンテスト 2019 in Mitaka」の最終審査結果は以下の通りです。

ゲーム部門

受賞者 作品名
最優秀賞 滝沢市立滝沢第二中学校科学技術部  チームゴースト(岩手県) TOWER of GRIME REAPER(タワー オ ブ グリム リーパー)
優秀賞 滝沢市立滝沢第二中学校科学技術部  チーム音(リズム)(岩手県) OTOZUMU
審査員特別賞 愛媛県立松山工業高等学校 千原 安司(愛媛県) アローダンジョン
審査員特別賞 滝沢市立滝沢第二中学校科学技術部  チームワード(岩手県)  もじつみ
審査員特別賞 愛媛県立松山工業高等学校 福永 蓮(愛媛県) Create Route(クリエイト ルート)
審査員特別賞 滝沢第二中学校科学技術部  チームインディ(岩手県) 棒の冒険
審査員特別賞 島根県立松江商業高等学校 長谷川 愛実(島根県) あんゆーシューティング

クリエイティブ部門

受賞者 作品名
最優秀賞 伊藤貴之(兵庫県) Denser
優秀賞 長野県松本工業高等学校 サムムと愉快な二人組(長野県)  全方向移動ロボット通信制御プロ グラム
審査員特別賞  William Yamada (アメリカ)  How Good are you Drawing?
審査員特別賞 愛媛県立松山工業高等学校 チーム松工(愛媛県) プログラムファイターズ&スクラ ッチ

☆Matz賞(マッツ) ※審査委員長特別賞 

受賞者 作品名
Matz 賞 愛媛県立松山工業高等学校 チーム松工(愛媛県) プログラムファイターズ&スクラ ッチ

本コンテストに関する詳細は以下のHPをご覧ください。
https://www.ruby-procon.net/ ( コンテストページ)
https://www.mitaka.ne.jp/ (株式会社まちづくり三鷹)

ライターコメント

以前コエテコでも紹介させていただきました「中高生国際 Ruby プログラミングコンテスト 2019 in Mitaka」の最終審査会が行われました!

公式ホームページを見ると、本当にあったら便利そうなツールや実際にプレイしてみたいゲームがずらりと並んでいます。
Twitterに着想を得たブログサービスやカメラ付き全方向移動ロボットに組み込むプログラム、リズムゲームなど作品のジャンルも様々です。

最終審査会の様子は公式HPに掲載されている動画でも見ることができます。力作をぜひご覧ください!

新たなスキル「プログラミング教育」を先取りしませんか? 今後のプログラミング教育流れ図
今から、先取りしませんか?
コエテコ経由の体験申し込みでアマギフ2000円分プレゼント!
お近くの教室を探す →

あわせて読みたいガイド

ガイドを読めばプログラミング教育がスッキリわかる!
プログラミングまるわかりガイドを読む

RECOMMEND

この記事を読んだ方へおすすめ