掲載数No.1プログラミング教室・ロボット教室検索サイト

ありがとう!5周年

学校限定無料プラン「Progate for School」導入学校数が300校を突破

株式会社Progateは、オンラインプログラミング学習サービス「Progate」の学校限定無料プラン「Progate for School」の導入学校数が300校を超えたことを発表しました。

「Progate for school」はオンラインプログラミング学習「Progate」を授業に活用できるプランです。

「Progate for school」の導入学校数が300校を突破!

全国の先生のパートナーとして提供してきた「Progate for school」の導入学校数が300校を超えました。

「Progate for school」はオンラインプログラミング学習「Progate」を授業に活用できるプランです。
2016年11月より学校向けに提供開始されました。

学校教育法第1条で定義される『学校』のうち小学校、中学校、義務教育学校、高等学校、中等教育学校、特別支援学校、高等専門学校であれば2つの言語に関するレッスンを無料で提供しています。

「Progate」:https://prog-8.com/ 

「Progate for school」を2レッスンまで完全無償で提供



2020年度より小学校ではプログラミング教育が必修化され、2022年度より高校の新学習指導要領でプログラミングやデータ分析を含む「情報」が必修科目となりました。
さらに2025年に実施される大学入学共通テストでは「情報」が加わることが公表され、急速にプログラミング教育の普及が進んでいます。

しかし、教育現場の先生にはプログラミングの経験がないことも多く「何を教えたらよいのかわからない」「プログラミング教育のことを考える時間がない」など、授業に対して不安を抱く方も多いようです。

Progateでは、日々の教育に邁進する先生のパートナーになれるように「Progate for school」では2つの言語に関するレッスンを完全無償で提供をしています
 

授業に活用されている、人気のレッスンと組み合わせ



授業で活用されているレッスンのうち、人気が高いレッスンは「HTML & CSS」、「JavaScript」、「Python」、「Java」、「SQL」のようです。
また、レッスンの組み合わせとして最も人気が高いのは「HTML &CSS、JavaScript」となり、授業活用でもWebに関するレッスンの人気が高い結果となりました。

ライターコメント

学校教育の場でのプログラミング教育導入は、現場の先生の負担の大きさが問題として挙げられています。
実際、日常の業務がすでに多い先生たちがプログラミング教育の準備にかけられる時間は限られています。

そこで、学校の先生たちを補助する教材として提供されている「Progate for School」を紹介しました。
2つの言語に関するレッスンを無料で利用できるとのことなので、検討もしやすそうですね!

よくプログラミング初学者が学ぶ「HTML & CSS」、「JavaScript」も提供されていますので、実際の子どもたちのニーズにも合っているのではないでしょうか。
「コエテコ厳選!業界ニュース!」ではプログラミング教育・STEAM教育に関連するリリースを広く発信しております。
リリース掲載希望の方は以下のメールアドレス宛にリリース本文、画像素材等を添えてお送りください。
※掲載判断は編集部にて行います。内容により掲載が難しい場合もございますのであらかじめご了承ください。

coeteco-support@gmo.media
新たなスキル「プログラミング教育」を先取りしませんか? 今後のプログラミング教育流れ図
今から、先取りしませんか?
コエテコ経由の体験申し込みでアマギフ2000円分プレゼント!
お近くの教室を探す →

あわせて読みたいガイド

ガイドを読めばプログラミング教育がスッキリわかる!
プログラミングまるわかりガイドを読む

RECOMMEND

この記事を読んだ方へおすすめ