掲載数No.1プログラミング教室・ロボット教室検索サイト

CATEGORY カテゴリー

Tik Tok(ティックトック)から子どもを守る、楽しくて安全な使い方とは?

歴史はまだ浅くても、最近ぐんぐんファンを増やしているSNSがTik Tok(ティックトック)です。

動画を撮って音楽をつけて投稿できる新しいスタイルのSNSとして、若者たちから絶大な支持を集めてきました。

他のサービスが投稿してはじめて意味のある参加型だったとしたら、ぼんやりと見ているだけでも楽しい鑑賞型のSNSともいわれます。

とはいえ、顔や名前をオープンにしたコミュニケーションには、保護者としても不安があるのも当然です。

ここではTik Tokの歴史から使い方、注意点にいたるまで、幅広い情報をお届けします。

Tik Tok(ティックトック)とは?

そもそも、Tik TokとはどのようなSNSなのでしょうか?基本をまとめました。

ショートビデオ専用のSNS

TikTok は中国企業のByteDance社が開発運営しているショートビデオの投稿サービスです。

2016年サービス開始と比較的新しいSNSですが、すでに動画投稿サービスとしては他を圧倒する勢いになっています。

成功の秘密は、投稿できる動画を最大60秒(通常15秒)として、早送り、逆回転など効果的な編集を容易にできるようにしたアイデアといわれます。

また、音楽配信会社と提携して自由にBGMも付けられ、専門の編集技術がなくても完成度の高いユーモラスなムービーができたりします。

多くのSNSが個人的に付き合いのある友だちとの交流を目的としているのに対し、Tik Tokは、友だち以外が投稿した動画もテンポよく楽しめる仕掛けがあり、移動中や人待ちのときの時間つぶしにも役に立つ娯楽アイテムとなっています。

Tik Tokの歴史|中国発の世界的ブーム

Tik Tokのもととなったのは2014年にスタートした中国企業が運営するWebサービスのmusical.lyでした。

口パク、ショートムービー、ダンスなどのTik Tokを成功に導くコンセプトはすでにmusical.lyでは確立されていました。

Tik Tokがスタートしたのは2016年、だれもがカンタンに動画を閲覧・検索・投稿できる操作性が支持されます。

2018年、Tik Tokとmusical.lyは正式に合併し、アカウントとデータも統合されました。

それぞれの人気の高かった機能も統合され、中国発の動画投稿サイトの巨人として世界的な広がりを見せます。

日本でも2018年、若者たちを中心に人気を呼び、同じ年の新語・流行語大賞でTik Tokがノミネートされるなど、若者たちの娯楽として不可欠なアイテムとなっています。

Tik Tok(ティックトック)と使えるのは何歳から?

Tik Tokの規定によりアカウントを開くのは13歳以上と決められています。

投稿だけではなく、アプリをダウンロードして他のユーザーの投稿の閲覧も12才以下の子どもには許されていません。

年齢制限以下の子どもが利用しているときには、そのユーザーアカウントは終了されます。

その一方で、保護者や友人のアカウントのページへの13歳以下の子どもが登場する動画投稿には規定がなく、これを問題視する声もあります。

魅力的なサービスだからこそ、保護者にとっては心配のタネになっています。

Tik Tok(ティックトック)でなにができるか?

動画撮影ができる

iPhoneやアンドロイド携帯に内蔵されたカメラを使って、Tik Tokのアプリから直接動画撮影ができます。

その場で撮影速度の変更(スローモーション、高速)、フィルター、テキストの追加などができ、撮影した動画を自分のセンスで演出できます。

動画を投稿して友だちとシェアできる

撮影した動画はアプリケーションからそのままTik Tokのサイトへと投稿できます。

また、Tik Tokの提携音楽配信会社のリストからBGMを選んで動画に音楽をかぶせる演出も可能です。

この場合は、公開の範囲をじぶんのフォロワーに限定するか、世界中のユーザーに公開できるかユーザーが選択できます。

動画を通してさまざまなコミュニケーションをとれる

SNSのなかでも圧倒的に「おもちゃ感」にすぐれているのがTik Tok。

絶えずだれかが新しい「遊び」をつくってトレンドとなります。

たとえば「超セレブと同じ音楽、同じ設定のダンスを投稿する」「世界中のユーザーがみんなで同じ質問に答えていく動画を投稿する」「Tik Tok上の好きな動画とコラボのできるデュエット機能」など。

同じ趣向の動画をつくって、みんなでワイワイコメントを付けあう楽しみもあります。

公開した動画は、世界の人から閲覧され、バズる(瞬間的で爆発的な人気が出る)と、ときには数万の「いいね」がついたりもします。

プライバシーの設定もできる

トラブルがおきないように、Tik Tokでは細かい設定が可能です。

「新規ユーザーへのおすすめを許可する」「フォロワー以外にもコンテンツを見られるようにする」「じぶんの動画をダウンロードできる人」「デュエットできる人」……など、細かい設定により、「他の人に見られたくないプライバシーを見られないようにする」設定が可能です。

また、デジタルウェルビーイングと呼ばれる機能を使えば、1日あたりのアプリ使用時間を最大2時間に制限できます。

さまざまな危険も指摘されるTik Tokですが、子どもを守る機能もある、それを使いこなすのが大事というわけですね。

子どもがTik Tok(ティックトック)を使うときの注意点とは?

Tik Tokを使えるようになるのは13歳から。とはいえ、13歳以上だからといって野放図に使っていいわけではありません。

保護者として使い方や楽しみ方にもチェックしたいものです。安全にTik Tokを使って楽しむためのルールづくりについてまとめてみました。

Tik Tokの使い方について話しあう

Tik Tokを使えるばかりの中学生、13歳からの年齢は冒険心にあふれ無鉄砲な行動をしがちです。

保護者としては、きちんと状況を把握して必要なアドバイスするのが大事でしょう。

たとえば子どものためのスマフォを買うときに条件として「使い方について月に1回話しあう」などのルールを決めて時間をとってはいかがでしょう。

あくまでもTik Tokを悪と決めつけず「楽しくて安全な使い方を一緒にさがす」姿勢がたいせつですね。

撮影していい場所を決める

ネットのなかに潜む悪意ある人々は、ときとして信じがたいほどの勤勉さを示します。

たとえば、カフェの画面で、背景にあるインテリアから、撮影された場所をさがしてしまう「その道のプロ」もいるようです。

また、一本の動画からではわからなくても、複数の動画の情報を積み重ねていくと、投稿者の住所や通っている学校名がバレてしまう危険もあります。

その危険を避けるために、Tik Tokで撮影していい場所(例:家のなか)と決めておくのが理想的です。

顔にはエフェクトをかけて見えないようにする

Tik Tokの非常に便利な使い方として、モザイク、ぼかし、お面などで、エフェクトで顔を隠す機能があります。

本当はアカウント自体を非公開にして、友だち以外には見えないようにするのがベストなのですが「目立ちたい」「バズりたい」気持ちから「公開にしたい」とお子さんが希望するかもしれません。

そのときには、頭ごなしに否定せず「だったら、エフェクトで顔を隠してみてはどうかな」と意見をするのも効果的です。

個人情報・位置情報は禁物

プライバシーの流出によって、思いもかけない被害にあう場合があります。

中高生のときにはとくに、本名や住所、学校名などがわかる情報の公開は避けたいです。

また、ログインする際に「位置情報へのアクセスを許可しますか?」と質問があり、これを許可すると、他の人から地域がわかってしまうリスクも起こってきます。

制服を着た写真なども、重要な個人情報なので投稿しない方がいいでしょう。

プライバシー設定はきびしくを基本に

前の項目でも紹介しましたが、重要なのでもう一度。

Tik Tokではプライバシー設定ができます。

現在のところ「他の人からじぶんを検索してもらう」「非公開アカウント」「自分の動画をダウンロードできる人」「自分にコメントを送ることができる人」「私とコラボできる人」「自分とデュエットできる人」「自分にメッセージを送ることのできる人」の項目について設定できます。

中高生のうちは、これらすべて非公開、または、オフ設定でいいのではないかと思います。

まとめ:保護者も使ってみて、メリット・デメリットをよく知るのがベスト。

Tik ToKに限らず、子どもたちの新しい流行に関して、保護者は「わからない」から「禁止」と反応しがちです。

でも、それではお子さんとの貴重なコミュニケーションを断ち切ってしまうかもしれません。

夢中になるには理由があるはず。子どもたちにTik Tokがなぜ人気があるのか、理解した上でルールを決めることで保護者と子どもの関係も良好に保たれるのではないかと思います。

ぜひ保護者のみなさんも試してみて、その上でTik Tokを楽しく使う方法を、お子さんと話し合ってみてはいかがでしょう?

公開日:2020.01.09

いよいよスタート!

プログラミング教育必修化にそなえて
無料体験してみませんか?

子どもたちのプログラミング教室の様子
コエテコなら、お子さんにぴったりの教室がみつかります。
  • お住まいの近くの教室をカンタンに検索できます。

  • 授業料や口コミ、コース内容もしっかりチェックできます。

  • カンタンに無料体験の申し込みができます。

\まずは無料体験へ!/

お近くの教室を探す!
Amazonギフト券2000円分プレゼント中!

あわせて読みたいガイド

ガイドを読めばプログラミング教育がスッキリわかる!
プログラミングまるわかりガイドを読む

WRITERこの記事を書いた人

RECOMMENDおすすめ記事