掲載数No.1プログラミング教室・ロボット教室検索サイト

子ども向けeスポーツスクール3選【オンラインスクールも紹介】【2022年最新版】

日本国内に留まらず、全世界で爆発的な人気をみせているのがeスポーツ。「子どもが勉強もせずにゲームばかりして困る」と親が嘆いていたのは、遥か遠い過去になりました。eスポーツを教えるスクールも右肩上がりに増え、講師からゲームを教わる生徒も増えています。

eスポーツにまつわるビジネスも発展し、大規模な大会も国内外問わず盛んに開かれています。しかし、eスポーツを体験したことがない人にとっては、eスポーツの特徴や種類などわからないことも多いでしょう。この記事では、eスポーツの概要やおすすめのeスポーツスクールについてわかりやすく紹介します。

コエテコが選ぶ!子どもにおすすめのeスポーツ教育・教材

  • ゲムトレ ゲームを通じた教育プログラムで成績が上がる?!採用率10%以下の厳選された講師だから安心!

  • D-SCHOOLオンライン 子どもが大好きなマイクラやRobloxでプログラミングが学べる。​コエテコ​人気No.1!

  • コードアドベンチャー 元エンジニア&東工大卒の人気マイクラYouTuberによる熱中動画が魅力!プログラミング的思考も学べる

  • ユニキャン ​ゲームを通じた学びと交流を!​事前ヒアリング× 質の高い講師陣で完全オンラインレッスン

eスポーツって何のこと?

eスポーツとはElectronic Sportsの略語であり、ビデオゲームを使用して対戦を行うスポーツ競技を指します。eスポーツ市場の拡大は全世界が注目しており、2018年には世界全体で約1,000億円に達しています。2022年には市場規模は3,000億円にも達すると予想されています。さらに、2024年のパリオリンピック・パラリンピックでは、eスポーツが新種目として採用される可能性も示唆されています。

ゲームを使用した教育は、すでに導入されている「マインクラフト」が有名です。マインクラフトを通じて、子どもにとって創造力や問題解決能力が身につきやすくなるといわれています。2022年に小学校でプログラミングが必修化されたことにより、今後もeスポーツは積極的に取り入れられていくことが予想されるでしょう。
参考:ビジネス+IT

eスポーツにはどんな種目がある?

eスポーツの種目には、主に以下の7つの種類があります。
  • MOBA
  • シューター
  • 格闘
  • パズル
  • スポーツ
  • RTS
  • OCG
個人戦やチーム戦を楽しめるものから、駆け引きをしてゲームの勝敗が決まるものなどジャンルによって内容もさまざまです。世界的にも最も広く楽しまれているとされているのは、この中でもMOBAといわれるジャンルです。MOBAのなかでも有名なのはLeague of Legends(LoL)で、総プレイ人口は9,000万人を突破しています。2018年のLoL世界大会の賞金総額は約20億円で、優勝賞金は約7億2000万円にも上ります。

国内の大手企業であるKDDIや日本テレビなどもeスポーツチームとスポンサー契約を結ぶなど、続々と参入しています。このような盛り上がりをみせていることから、プロゲーマーを目指す子どもも増加傾向にあります。

イオンシネマでeスポーツ観戦!

イオンシネマでは、2017年よりeスポーツ大会の様子がライブビューイングされています。初回はMOBAのなかでも「ペイングローリー」のライブビューイングを行い、たくさんの人に見てもらいたいと入場料は1,000円に抑えたとのことです。予想に反して初回のチケットは売り切れ、入場者からも好評を得ました。大スクリーンで遊べるオフ会イベントなども積極的に実施し、ファンを獲得していったそうです。

カジュアルに参加してもらいたいという気持ちをこめて、深夜イベントでは飲食物を持ち込んでもらいお酒を飲んでライブビューイングを楽しむ人もいます。チケット料金は1,000円で据え置きのまま、2,000円のチケットを購入すればポップコーン食べ放題・ドリンク飲み放題がセットになるそうです。映画のように静かにするものではなく、仲間内でわいわい声を出してもらいながら、楽しんでもらっているとのことです。
参考:ファミ通.com

子ども向けeスポーツスクール

この段落では、おすすめの子ども向けeスポーツスクール3選をご紹介します。お子様がeスポーツに興味を示している場合には、入会を検討してみても良いですね。

ゲムトレ

ゲームで楽しく脳を鍛えられるのは、ゲムトレです。不登校の生徒も多く利用しており、ゲームを通してドーパミンが分泌されることで自己肯定感が向上しやすくなるとされています。大人気ゲームであるFORTNITE(フォートナイト)のほか、さまざまなゲームを授業に取り入れています。実力ごとにランク分けを行い、大会も盛んに開催されています。生徒同士が一緒にゲームに取り組むことで、コミュニケーション能力も育めるでしょう。
累計トレーニング回数は15000回を突破しています。

プラン ライト スタンダード スペシャル
料金 月々6800円 月々9800円
ライトより
28%OFF
月々16800円
ライトより
40%OFF
回数 月2回 月4回 月8回

プランは以上の通りとなっており、ゲムトレでも1時間2,200円(税込み)で体験会に参加できます。
体験会の際に継続を決定していただくと、体験会費用(税込 1時間2,200円)が無料となります。


採用率10%以下の講師の先生が教えてくれるということで、一度体験会で雰囲気を体感してみるのも良さそうです!
※料金やコースの種類は変更になっている場合がありますので、以下のボタン先の公式ホームページでご確認ください。
ゲムトレはこちら

ユニキャン

ゲームのスキルだけではなく判断力やコミュニケーション能力を磨けるのが、ユニキャンです。まず講師と意識のすりあわせをして目標設定を行います。1人ひとりに合わせて、活発にコミュニケーションを行いながらゲームを通じてレッスンを行います。レッスンでは、無料のビデオ通話サービスである「Cisco Webex Meetings」を利用します。そのため、受講する際には、お手持ちのスマホやタブレット、パソコンで「Cisco Webex Meetings」を用意しましょう。

マンツーマンコースなら1回あたりの授業料は、5,280円(税込み)であり、兄弟も通う場合には2人目以降は半額で利用できます。無料体験会もあるため、気軽に利用してみましょう。
ユニキャンはこちら

esports 銀座 school

「eスポーツの大会で活躍したい!」と考えている人から選ばれているのは、esports 銀座 schoolです。視線計測(アイトラッキング)システムなど最先端の機材を導入しているのが、esports 銀座 shoolの強みです。
以下の3つのコンセプトから、カリキュラムは成り立っています。
  • セルフプロデュース
  • eスポーツビジネス
  • コミュニケーション
eスポーツトップレベルの講師から教わることができるため、大会で勝つための戦略やテクニックまで教わることができます。自身でゲームを動画配信できるよう、動画編集などの技術を学ぶことも可能です。「ウイニングイレブン」の短期集中講座なら、授業料は41,800円(税込み)です。

まとめ

遊びの延長線上にあるeスポーツは、スクールなどで真剣に学ぶことで人生を大きく変えるツールにもなり得るでしょう。子どもがeスポーツに強い興味を示しているなら、「好き」を「得意」まで伸ばせる手助けをしたいですね。eスポーツを通して、かけがえのない仲間やテクニックなどが得られることもあります。

スクールに通うか迷っている場合には、体験会などに積極的に参加して子どもに合うかどうかを判断してみましょう!

コエテコが選ぶ!子どもにおすすめのeスポーツ教育・教材

  • ゲムトレ ゲームを通じた教育プログラムで成績が上がる?!採用率10%以下の厳選された講師だから安心!

  • D-SCHOOLオンライン 子どもが大好きなマイクラやRobloxでプログラミングが学べる。​コエテコ​人気No.1!

  • コードアドベンチャー 元エンジニア&東工大卒の人気マイクラYouTuberによる熱中動画が魅力!プログラミング的思考も学べる

  • ユニキャン ​ゲームを通じた学びと交流を!​事前ヒアリング× 質の高い講師陣で完全オンラインレッスン

新たなスキル「プログラミング教育」を先取りしませんか? 今後のプログラミング教育流れ図
今から、先取りしませんか?
コエテコ経由の体験申し込みでアマギフ2000円分プレゼント!
お近くの教室を探す →

あわせて読みたいガイド

ガイドを読めばプログラミング教育がスッキリわかる!
プログラミングまるわかりガイドを読む

RECOMMEND

この記事を読んだ方へおすすめ