口コミ数No.1プログラミング・WEBデザインスクール検索サイト

20代におすすめの転職サイト7選|20代が選ぶべき転職サイトとは?

20代で転職を検討している人のなかには、「どの転職サイトを選べば良いのかわからない」と悩んでいる人もいるでしょう。転職サイトを選ぶときには、選ぶポイントをあらかじめ把握しておきたいですね。

この記事では、20代が選ぶべき転職サイト7選と失敗しない転職サイトの選び方をわかりやすく紹介します。

コエテコがおすすめ!転職エージェント・転職サイト

  • doda 職種、年齢、経験を問わずdodaの専門スタッフがエントリーから内定までトータルサポート!

  • アデコ転職支援サービス 人財サービスでの実績豊富なアデコ!選任コンサルタントとともにあなたに合った転職をサポート。

20代が転職サイトを選ぶときの3つのポイント 

20代が転職サイトを選ぶときには、転職を失敗しないためにも転職サイトの選び方を理解する必要があります。ここでは、20代が転職サイトを選ぶときの3つのポイントを説明します。

求人数が豊富か

最も注目すべきポイントは、転職サイトが取り扱っている求人数です。求人数が豊富であるということは、その転職サイトが多くの企業から信頼を寄せられていることの表れだといえるでしょう。求人数が多ければ、複数の条件を設定して求人を絞り込んでも、自身の好みに合う求人を見つけやすいことが強みです。

キャリアアップにつながる求人があるか

転職サイトのなかには、キャリアアップのための制度が充実している求人を取り揃えているものもあります。資格取得支援制度を活用したい場合には、「キャリアアップ」や「年収アップ」などの求人を豊富に扱っている転職サイトを利用したいですね。

面接や職務経歴書の書き方などのサポートがあるか

20代ではじめての転職を行う人のなかには、転職活動に不安を抱える人も多くいます。その場合には、面接や職務経歴書の書き方などを丁寧にサポートしてもらえる転職サイトを選びましょう。多くの転職サイトでは、面接などは無料でサポートしてもらえます。

20代におすすめできる転職サイト7選 

ここからは、20代におすすめできる転職サイト7選を紹介します。それぞれの転職サイトの特長を理解したうえで、利用を検討してみましょう!

リクルートエージェント


出典:リクルートエージェント
業界最大手ともいわれる非公開求人数を誇るのは、リクルートエージェントです。求人数は34万件にも上るといわれており、自身の条件にマッチする求人が見つかりやすいことが魅力。登録をすることで、市場には出回らない好条件の非公開求人を紹介してもらえるチャンスもあります。

キャリアアドバイザーが求職者のスキルや経歴を考慮したうえで求人を紹介してくれるため、企業とのミスマッチが少ない転職サイトとしても高い評価を獲得しています。

サイト名 リクルートエージェント
運営会社  株式会社リクルート
求人数 公開求人数:229,653件、非公開求人数:273,658件                
対応エリア 全国47都道府県・海外
 公式HP https://www.r-agent.com/

キャリトレ(2022年12月 サービス提供終了)

出典:キャリトレ
20代向けの求人を多く取り揃えているのは、キャリトレです。SNSのような「いいね機能」があることがキャリトレの特長で、気になる企業に「興味がある」をタップすることでアピールできます。企業から興味を持ってもらえれば直接スカウトが届くため、スマートフォンで手軽に転職活動をしたい20代から選ばれています。

全国に対応しているため、地方で住んでいる20代の求職者も転職先を見つけやすいことが特長。「未経験OK」や「新規事業立ち上げ」など、20代が参入しやすい求人も豊富に取り扱っています。

マイナビジョブ20’s 

出典:マイナビジョブ20’s
20代や第二新卒の転職に特化しているのは、マイナビジョブ20’sです。利用者数はのべ24万人にも上り、転職後の定着率は94.6%を誇ります。キャリアアドバイザーが個別に丁寧なカウンセリングを行い、面接対策や日程調整までフォローしてくれることが魅力。

企業からのスカウトオファーも受けられるため、ぜひ登録しておきたい転職サイトだといえるでしょう。

サイト名 マイナビジョブ20’s
運営会社  株式会社マイナビワークス
求人数 公開求人:3,921件(2022年12月現在)、非公開求人:調査中           
対応エリア 全国47都道府県
 公式HP https://mynavi-job20s.jp/

リクナビNEXT

出典:リクナビNEXT
会員限定のうれしい機能が充実しているのは、リクナビNEXTです。希望条件を登録しておくだけで、リクナビNEXTの限定求人がメールで受け取れます。スカウト登録をしておくことで、企業から直接オファーが届くサービスも利用可能。

そのため、「忙しくて転職活動に時間を割けない」という求職者でも、利用しやすいことがリクナビNEXTの強みだといえます。

サイト名 リクナビNEXT
運営会社  株式会社リクルート
求人数 公開求人:78,414件(2022年12月現在) 、非公開求人:調査中        
対応エリア 全国47都道府県・海外
 公式HP https://next.rikunabi.com/

リクルートダイレクトスカウト 

出典:リクルートダイレクトスカウト
ハイクラスの求人情報が豊富にあるのは、リクルートダイレクトスカウトです。年収800~2,000万円にも上る求人を多数取り揃えており、キャリアアップを目指す20代の求職者から選ばれています。2,000人以上在籍するヘッドハンターから企業スカウトを受け取れる仕組みとなっており、スキルや経験を活かせる転職を実現できます。

ただし、ハイクラスの求人に見合うだけの専門知識やスキルを求められるため、自身のスキルや強みを洗い出してから登録を検討したいですね。

サイト名 リクルートダイレクトスカウト
運営会社  株式会社リクルート
求人数 公開求人:約155,000件、非公開求人:非公開                
対応エリア 全国47都道府県
 公式HP https://directscout.recruit.co.jp/

Green

出典:Green
スマートフォンだけでカジュアルに転職できるのは、Greenです。大手企業やWeb業界の求人だけではなく、中小企業など幅広い求人を取り扱っていることが特長です。レコメンド機能を搭載しており、自身が求める求人と似た内容の求人を紹介されることがメリット。

そのため、マッチング率が高い転職サイトとしても知られています。Greenでは特にエンジニアの求人数が多いため、エンジニアで転職を検討している方は登録しておきたい転職サイトだといえるでしょう。

サイト名 Green
運営会社  株式会社アトラエ
求人数 公開求人:31,177件 (2022年11月時点)、未公開求人:調査中        
対応エリア 全国47都道府県
 公式HP https://www.green-japan.com/

アマテラス

出典:アマテラス
スタートアップやベンチャー経営者を志すなら、アマテラスがおすすめです。CEO直下やコアメンバーポジションに特化した求人も多数掲載しています。なお、アマテラスを利用している求職者の88%は、事業責任者やマネージャー経験などがあります。

現場で即戦力となれるようなスキルと経験を求められる求人が多い傾向があるため、企業の求める条件とマッチするか確認してから応募を検討してみましょう。

サイト名 アマテラス
運営会社  株式会社アマテラス
求人数 公開求人:1,000件以上(2023年3月時点)、非公開求人:調査中       
対応エリア 全国47都道府県
 公式HP https://amater.as/

20代が転職サイトを利用するメリット

本項目では、20代が転職サイトを利用するメリットをお伝えします。

転職活動のやり方や流れを教えてもらえる

20代は、社会人としてまだ若く、転職が初めてという方も多いでしょう。
その場合、どんな手順で何に注意・意識しながら転職活動を進めるべきか悩んでしまうケースも少なくありません。また手あたり次第に転職活動を進めた結果、遠回りや間違った方法で転職活動を進めてしまう懸念もあります。

その点、転職サイトには転職の手順やノウハウを記したコラムが公開されていたり、転職支援サービスを提供しているケースもあります。
これらのサービスを活用することで転職活動の手順を理解でき、スムーズな転職活動に繋げられるでしょう。

ヒヤリングをもとに自分に合った求人を紹介してもらえる

中には、キャリアアドバイザーが在籍する転職サイトもあります。
キャリアアドバイザーが在籍する転職サイトを利用した場合、ヒアリングで伝えた希望にマッチした案件を紹介してもらえます。

自分で探す手間が省けるだけではなく、一般公開されていないような求人を紹介してもらえることもあるでしょう。また紹介案件を通じて自分の市場価値を把握することもできるため、自分で求人を探す時にも役立つでしょう。

面接・書類対策をおこなってもらえる

転職支援が充実したサイトの場合、面接・書類対策をおこなってもらえるケースもあります。
特に書類選考は、企業へのファーストアプローチとなる重要なステップです。自分だけで作成を進めるよりも、転職に精通したキャリアアドバイザーからのアドバイスを取り入れ作成することで、書類選考の通過率がグッと向上するでしょう。

また面接対策においては、「どんな質問が多いか」「どんな回答が好まれるか」など、応募先企業に応じた質疑対策を受けられることもあります。
これらの支援を活用することで、一人で転職活動を進めるよりも効率的かつ満足度の高い転職活動を進められるでしょう。

20代が転職成功させるためのポイント

続けて、20代の転職希望者が転職を成功させるためのポイントをお伝えします。
ただ闇雲に行動するだけでは、思い描く転職を叶えることはできません。

転職を確実に成功させるためには、ポイントを押さえて行動することが大切です。

複数の転職サイトを併用する

20代が転職活動に取り組む場合、複数の転職サイト・転職エージェントに登録することをおすすめします。
一口に転職サイト・転職エージェントと言っても、取り扱う案件や精通している業界は異なります。複数のサービスに登録することで網羅的に情報をキャッチアップできるでしょう。

さらに多くの情報に触れることで、知らなかった企業やこれまで関わりのなかった業界の情報も見聞きすることができます。より視野が広がり、自分の目指す転職を叶えられるでしょう。

しっかりと自己分析を行い今後のキャリアを考える

20代の転職はスキルや経験よりもポテンシャルが重視される傾向にあります。
そのため、「なぜ前職を辞めたのか」「入社後に何をしたいのか」を明確にしておくことが肝要です。

退職理由と向き合いどのような転職にしたいのかを自己分析することで、事前にミスマッチを防止できます。さらに目指すキャリアを忠実に再現できる転職を叶えられるでしょう。

またしっかり自己分析することで軸が定まり、選考時の質疑に対してもブレのない回答ができるようになります。

実績やスキルの棚卸しをして適切にアピールする

中途採用は新卒採用とは異なり、即戦力を求めるケースもあります。
20代はポテンシャルが重視される傾向にあるとは言え、実績やスキルは転職活動の際に大きな武器となります

異業種・異業界転職であったとしても、志望動機と紐づけて前職で培った実績や身に付けたスキルをアピールしましょう

20代で未経験業界・職種への転職は難しい?

20代転職は、他の年代と違い『ポテンシャルに期待してもらえる』点が大きな特徴です。
そのため例え未経験業界や職種への転職を目指していたとしても、「やる気」や「ビジョン」をしっかりアピールできれば採用に繋がる可能性があります。

しかしただやる気やビジョンをアピールするだけでは、内定には至りません。
「応募先企業で活かせる強み」や「なぜ貴社でなければならいのか」など、具体的なストーリーや個別の志望動機を創り上げることが転職成功の鍵となるでしょう。

20代は転職サイトを上手く活用して転職成功を目指そう!

20代向けの転職サイトのなかには、「未経験者可」のような求人から、「マネージャー経験有」のようなハイクラスの求人まであります。まずは、自身の強みや経歴、資格などを見直し、どのような求人にマッチするのかを検討してから転職サイトを探したいですね。

自分で求人を絞り込むことが難しいときには、スカウト機能がある転職サイトを利用してみましょう。自身のスキルや経歴に合う仕事が見つかりやすいことが魅力です。

コエテコがおすすめ!転職エージェント・転職サイト

  • doda 職種、年齢、経験を問わずdodaの専門スタッフがエントリーから内定までトータルサポート!

  • アデコ転職支援サービス 人財サービスでの実績豊富なアデコ!選任コンサルタントとともにあなたに合った転職をサポート。

RECOMMEND

この記事を読んだ方へおすすめ
  • 質問 転職エージェントは料金がかかりますか?

    答え 転職エージェントは登やカウンセリング、書類の添削、面接練習などのサービスは無料で、転職希望者はお金を払わずに利用することができます。その代わり、転職エージェントに登録している企業からは採用が決定した際に成功報酬として紹介手数料をもらって事業が成り立っています。転職エージェントにはネットで検索して見られる公開求人の他に、社名などの採用に関わる情報を公にしない非公開求人というものがあります。こちらは企業側が転職エージェントに依頼して欲しい人材を集めることが可能。転職エージェントを利用する企業側にもメリットがあるのです。

  • 質問 転職エージェントを利用すれば、未経験職種への転職は可能でしょうか?

    答え 企業の求人情報の中には「未経験可」と書かれているものも多くあります。転職をきっかけに、新しい職種にチャレンジしたいと考える方もいるでしょう。一般的に、企業が転職者に求めるのは「即戦力」。その点でいうと未経験者に即戦力はありませんが、「未経験可」としている求人は応募者のポテンシャルや将来性を評価していることがあげられます。応募する業界や職種とは関係なくても、これまでの経験を新しい職種にも活かせることや、企業にどう貢献できるのか熱意をアピールできれば、未経験からの転職成功も夢ではありません。

  • 質問 転職エージェントに登録して、企業求人へ応募してから内定までどのくらいかかるものですか?

    答え 企業側の選考スピードやご本人のスケジュールにもよりますが、平均で在職中であれば3ヶ月程度、離職中であれば1ヶ月から2ヶ月程度と言われています。なかにはタイミングがよく面接の日程がすぐ組めて、選考回数も少なく、すぐに内定が出る方もいらっしゃいます。ただし、じっくり考えたい方や複数社比較したい方なは早ければいいという問題でもありません。ご自身の都合上、今すぐ転職をしたいと考えている方はキャリアカウンセリングの際に相談しましょう。

  • 質問 転職エージェントと転職サイトの違いは何ですか?

    答え 転職エージェントはキャリアカウンセラーが、個別にカウンセリングをして最適な求人をを紹介してくれる転職サービスで、書類の添削や面接練習など様々なサポートをしてくれます。転職サイトは自分で求人を探す必要があります。それぞれにメリット・デメリットがあるため、初めて転職をする人やなるべく短期間で転職成功したい人はプロから転職支援を受けられる転職エージェントがおすすめです。転職経験があり、自分のペースで自由に転職活動がしたい方は転職サイトがおすすめです。

  • 質問 現在、在職中で転職時期も決まっていませんが転職エージェントに相談できますか?

    答え はい、可能です。 「とりあえず情報が欲しい」「自分のキャリアでどんな転職先があるのか」「転職するために必要なこと」など、転職に関する相談を受付ている転職エージェントがほとんどです。なかには、プロのキャリアカウンセラーにLINEで気軽に相談できる転職エージェントもあるので利用してはいかがでしょうか。多くの転職希望者が在職中に転職エージェントに登録しています。相談をした上で転職の意思が決まったら利用するのもありですし、まだ転職時期が決まっていなくても相談できる相手が社外にいることでご自身のキャリアを見つめ直すきっかけにもなるでしょう。