口コミ数No.1プログラミング・WEBデザインスクール検索サイト

エンジニアにおすすめの転職サイト14選!未経験者でも利用できるサイトを紹介

エンジニアとして働いているなかで「もっと年収をアップさせたい」「職場環境を変えたい」など、さまざまな理由から転職を考えることもあるでしょう。スクール等でスキルを学び、異業種からエンジニア転職を希望している人も増えています。

転職活動で、まず多くの人がチェックするのが転職サイトです。

後悔しない転職をするためにも、それぞれの転職サイトの強みを理解してから利用を検討しましょう。この記事は、エンジニアが転職サイトを選ぶときの注意点を解説、さらに、おすすめ転職サイトを目的にあわせてご紹介します

コエテコがおすすめ!エンジニア向け転職エージェント

  • レバテックキャリア ITエンジニアが利用したい転職エージェントNo.1に選ばれるITエンジニア経験者専門の転職エージェント!

  • TechClipsエージェント 高マッチング率のITエンジニア専門エージェント。利用者の95%が年収UP!

  • IT転職エージェントGEEKLY(ギークリー) 一都三県での転職を希望している方限定!大手を中心に非公開求人数は約10,000件で独占求人あり!

  • paiza転職 エンジニア・クリエイターの経験がある方のみ対象。paizaスキルチェックで客観的にスキルを可視化!

  • doda 専門スタッフによる各拠点でのカウンセリングが魅力!エントリーから内定までをトータルサポート!

エンジニアへの転職がおすすめな理由

エンジニアへの転職がおすすめな理由として、大きくは以下の2つがあげられます。
  • エンジニアの需要が高まっている
  • エンジニアの平均年収が高い
それぞれの理由をデータと一緒に、詳しく解説していきます。

エンジニア需要が高まっている

エンジニアの需要は現在も、そしてこれからも高まると政府は予測しています。

エンジニア 不足 調査

引用:IT 人材需給に関する調査/みずほ情報総研株式会社(経済産業省委託事業)

エンジニア・IT業界では人材不足が続くとなれば、「常に仕事はある」売り手市場となります。また、人材が足りないからこそ、より良い待遇を用意しエンジニアを確保しようとする企業が増えます。

将来を見据えてエンジニア転職、キャリアチェンジを考える人が増えているのもうなずけますね。

エンジニアの平均年収はおよそ526万円

経済産業省の調査によると、30代IT人材(エンジニア等)の平均年収はおよそ526万円です。

エンジニア 平均年収 30代
引用:我が国におけるIT人材の動向/経済産業省 みずほ情報総研株式会社

一方でdodaの平均年収ランキングを見てみると、30代男性の平均年収は474万円となっています。
それぞれの年齢や実績などによっても変わるので一概には比べられませんが、専門職であり、人材が不足しているIT業界・エンジニアの平均年収は高いといえるでしょう。

さらにエンジニアはキャリアアップや新しいスキルを得ることで年収がグッとアップすることも多くあります。エンジニアからコンサルタント業へステップアップすると高年収が期待できます。

ただし、IT業界は変化が早く、必要とされるスキルも常に進化することを忘れないようにしましょう。キャリアプランをしっかり描いて、実績とスキルをアップしていかないと、年収が停滞するケースもあることも念頭に置いておきましょう。

参考:doda平均年収ランキング

エンジニア向け転職サイトを選ぶポイント

転職 エンジニア 社内SE

多くの募集要項を見てエンジニア・IT業界の市場や動向を知ることが大事です。

エンジニア向け転職サイトを選ぶポイント
① 求人の種類が豊富か
② 自分の転職目的(用途)にあっているか
③ 条件の絞り込み機能がわかりやすいか
④ 居住地/勤務地の求人情報があるか
⑤ エンジニア転職で実績があるか

① 求人の種類が豊富か

求人サイト自体は大きくても、大切なのはエンジニア求人が多いかどうかです。

求人サイトによって事務職に強いとか、クリエイティブ関連に強い、総合的に職種を網羅しているなどそれぞれ特色があります。エンジニア転職では、IT業界やエンジニア求人が多いところ、あるいはベンチャー企業等の求人情報も豊富なところを選ぶとよいでしょう。

② 自分の転職目的(用途)にあっているか

  • 未経験からのエンジニア転職
  • エンジニア経験があり年収アップが目的
  • 新しいスキルや実績を身につけるための転職
  • 職場環境など働きやすさを求めて転職
上記はエンジニア転職の目的や理由の一例です。自分の目的に合わせて転職サイトを選べば、無駄な時間を使わず効率的な転職活動が可能です。

例えば、年収アップが目的ならばエンジニア経験者向けの高年収求人が多い求人サイトが向いています。

逆に「未経験でまだエンジニアとしてのキャリアプランが明確にはない」状態であれば、職種を網羅している大手の総合求人サイトがよいでしょう。

③ 条件の絞り込み機能がわかりやすいか

②の目的や用途にあった求人情報を絞り込むために、検索条件を入れる機能にも注目してみましょう。

エンジニアの職種が豊富である、働き方の条件が詳細にある、またフリーワードを入れられる欄があればマッチする求人情報を見つけやすいメリットがあります。

たとえば言語やフレームワークから、求人情報を検索できるエンジニア転職に特化した転職サイトもあります。こうした絞り込み機能は自分にとって使いやすいかどうかもポイントです。

④ 居住地/勤務地の求人情報があるか

求人サイトの中には「都市部のみ」やエリアが限定されているところもあります。居住地や希望の勤務地などのエリアに強い求人サイトかどうかもチェックしたいポイントです。

⑤ エンジニア転職で実績があるか

エンジニア転職の実績も、転職サイトを選ぶ大きなポイントです。
支援実績、求人数・登録ユーザー数、年収アップ事例、口コミ…など、サイトによって公開している実績はさまざまです。

なお、IT業界に特化した転職サイトやIT業界に強い総合型の転職サイトであれば、エンジニア転職の求人数や実績も豊富なのでおすすめです。

エンジニアにおすすめの転職サイト14選を目的別に紹介!

ではいよいよ、エンジニアにおすすめの転職サイトを具体的に見ていきましょう!

ここでは、
  • エンジニア未経験者におすすめの転職サイト
  • Webエンジニア志望者におすすめの転職サイト
  • インフラエンジニア志望者におすすめの転職サイト
  • エンジニア経験者におすすめの転職サイト
に分けてご紹介しています。ぜひご自身の目的に合ったサイトを見てみてくださいね。

「エンジニア未経験者」におすすめの転職サイト3選

Green

エンジニア 転職 グリーン
  • エンジニア求人数が多い
  • スカウト機能がある
  • エンジニアに関連する営業・デザイナー・マーケティングなど職種が豊富
GreenはITとWEB業界に特化した転職サイトです。エンジニア系に特化した転職サイトとしては求人数が15,000以上と多いです。ベンチャー企業や未経験者OKの求人も豊富なので、初めての転職・エンジニア業界未経験の方におすすめです。

Greenの良い口コミ

それでは、SNS上でのGreenの良い口コミを見てみましょう。このように、SNS上では「ITならGreenがおすすめ」との声が見つかりました。スカウトメールはテンプレートが多いそうで、たくさんのスカウトメールを受け取る方にとっては「断りやすい」という評判もあるようです。

Greenの悪い口コミ

では、Greenの悪い口コミにはどのようなものがあるのでしょうか。先ほどはスカウトメールを「断りやすい」ことがメリットと考える口コミを紹介しましたが、それを物足りない(技術不足だ)と感じる方もいるようです。また、IT業界初めての方におすすめとはいえ、Wantedlyなどのサービスと比較すると(採用する会社側に)サイト利用料がかかってしまうため、現実問題として未経験者は選考に進みづらい場合もあることがわかりました。

結論、Greenは「いろいろなスカウトを受け取りたい方」におすすめ!

以上を総合すると、Greenは「いろいろなスカウトを気軽に受け取りたい方」におすすめの転職サイトであると言えそうです。とにかく多くの会社と接点を持ってみたい方、テンプレートメールでも気にならない(むしろ気軽でありがたい)と感じる方は、ぜひ登録してみてはいかがでしょうか。

リクナビNEXT

エンジニア 転職サイト リクナビ
  • リクルート系で求人数が多い
  • スカウト機能あり
  • 全国展開で地方でのエンジニア転職にも強い
リクナビNEXTは、リクルート系列の転職サイトです。リクナビNEXTに登録と同時に、希望すれば転職エージェントのリクルートエージェントにも登録できます。幅広く職種を網羅しているので、エンジニア未経験者がアシスタント的に働ける求人や未経験歓迎の求人が見つけやすいメリットがあります。

リクナビNEXTの良い口コミ

それでは、SNS上でのリクナビNEXTの良い口コミを見てみましょう。このように、SNS上では「登録後、早々にスカウトメールが来た」との声が見つかりました。今すぐ転職活動をスタートさせたい方、まずは自分の経歴でどんな企業が選択肢にあるのか知りたい方にとっては「客観的な評価がわかりやすい」という評判もあるようです。

リクナビNEXTの悪い口コミ

では、リクナビNEXTの悪い口コミにはどのようなものがあるのでしょうか。先ほどはスカウトメールが「登録後すぐにくる」ことがメリットと考える口コミを紹介しましたが、それだけでは転職活動がうまくいくわけではないと感じる方もいるようです。自分の条件に合うスカウトメールだからといって採用が確約されているわけではなく、書類選考や面接に向けてしっかりと対策を練る必要があるようです。

結論、リクナビNEXTは「今すぐ転職活動をスタートしたい方」におすすめ!

以上を総合すると、リクナビNEXTは「自分に合ったスカウトを受け取りたい方」におすすめの転職サイトであると言えそうです。現職で忙しくて転職活動に時間を十分に割けない、自分で求人を探す手間を省いて効率よく転職活動をしたいという方は、ぜひ登録してみてはいかがでしょうか。

エン転職

エンジニア転職 転職サイト
  • 豊富な職種と求人数
  • 全国展開で地方にも強い
  • 大手企業の求人も多い
エン転職は人材紹介サービスとして実績のあるエン・ジャパンの転職サイトです。大手総合転職サイトで職種も多く、エンジニア転職もさまざまな仕事が見つけられます。初めて転職する方にとっては、リクナビNEXTと同様に、使いやすく「とりあえず最初に登録してみる」転職サイトのひとつとなっています。

エン転職の良い口コミ

それでは、SNS上でのエン転職の良い口コミを見てみましょう。このように、SNS上では「サイトがポイントを抑えてスッキリと見やすい」との声が見つかりました。検索条件が多くなれば求人数が少なくなっていくものの、求人1つひとつの情報量は多く丁寧との意見も。ステレオタイプな文言ではなく、よりリアルな情報を求めている方にとっては「企業担当者の主観コメントも良い」という評判もあるようです。

エン転職の悪い口コミ

では、エン転職の悪い口コミにはどのようなものがあるのでしょうか。先ほどは求職者が能動的に活動する場合について、サイトを「見やすい」「情報量が多く丁寧」なことがメリットと考える口コミを紹介しました。スカウトメールに関しては自分の条件とは異なるものが大量に届くこともあり「ミスマッチだ」と感じている方も多いようです。スカウトメールを選別する手間を考えるとご自身で求人を検索しにいくスタイルが合っているのかもしれません。

結論、エン転職は自から求人を探しにいくタイプの方におすすめ!

以上を総合すると、エン転職は「サイトで自分に合った求人を探したい方」におすすめの転職サイトであると言えそうです。似通った求人詳細ではなく、より丁寧でリアルな情報を求めている方は、ぜひ登録してみてはいかがでしょうか。

「Webエンジニア志望者」におすすめの転職サイト3選

paiza

エンジニア転職 転職サイト 自己PR

  • スキルチェックをパスすれば書類選考なしで応募可能
  • スキルランクに応じてマッチする企業を探せる
  • エンジニア目線の取材で詳細な業務内容がわかる
「開発手法」「開発環境」「使用ツール」「評価方法」「上司プロフィール」など、詳細な情報が特徴のpaiza。エンジニアに特化した転職サイトで、スキルを可視化することによってプログラミングやコーディング力を評価してもらえるシステムが優秀です。

paizaの良い口コミ

それでは、SNS上でのpaizaの良い口コミを見てみましょう。このように、SNS上では「paizaのスキルチェックでスカウトが増えた」との声が見つかりました。さらに、最初はテンプレートのスカウトメールが多かった方も、スキルチェックのランクを上げることで「定型文じゃないスカウトが届くようになった」という評判もあるようです。

paizaの悪い口コミ

では、paizaの悪い口コミにはどのようなものがあるのでしょうか。先ほどはpaizaのスキルチェックでスカウトメールが増えることをメリットと考える口コミを紹介しましたが、それだけが選考基準になるわけではないと感じる方もいるようです。また、greenの気軽に申し込めるカジュアル面談に比べて、paizaは応募一択のため、「まずは話を聞いてみたい」という気軽な転職活動がしづらい場合もあることがわかりました。

結論、paizaはスキルを客観的に判断した上でスカウトを受けたい方におすすめ!

以上を総合すると、paizaは「スキルを客観的に判断した上でスカウトを受けたい方」におすすめの転職サイトであると言えそうです。プログラミングスクールや独学でエンジニアを目指している未経験者の方や、希望の職種の実務経験がないという方は、ぜひ登録してみてはいかがでしょうか。
paiza転職はこちら

Workship

エンジニア 転職 フリーランス
  • プロジェクトごとに企業と人材をマッチング
  • 開発エンジニアの案件が豊富
  • 最短「即日」でマッチングからお仕事開始
ワークシップは働き方も週1日からリモートワーク、土日のみなど、柔軟性の高い案件が多い求人サイトです。600以上の企業の案件から、自分がやりたい仕事を選んで直接応募できます。ワークシップは新しい働き方をめざせる転職サイトです。

Workshipの良い口コミ

それでは、SNS上でのワークシップの良い口コミを見てみましょう。このように、SNS上では「リモートワーク、週1稼働、土日稼働OKな案件がある」との声が見つかりました。フリーランス向けの案件報酬は幅が広く、なかには低報酬の案件が多いサイトも見られますが、ワークシップは「高単価な案件も多い」という評判もあるようです。

Workshipの悪い口コミ

では、ワークシップの悪い口コミにはどのようなものがあるのでしょうか。先ほどは案件の種類も豊富で、高単価な案件も多いことをメリットと考える口コミを紹介しましたが、ある程度の希望条件になると「高いスキル人材が求められる」と感じている人もいるようです。

結論、Workshipは新しい働き方を求める高いスキル人材の方におすすめ!

以上を総合すると、ワークシップは「新し働き方を求める高いスキル人材の方」におすすめの転職サイトであると言えそうです。リモートワーク、週1稼働、土日稼働など、ご自身の希望条件が明確にある方は、ぜひ登録してみてはいかがでしょうか。

Wantedly

ウォンテッドリー 転職 エンジニア

  • SNSで企業と人材をつなげる新・転職サイト
  • 300万人のプロフィール・37,000社の募集
  • エンジニアをメインにIT人材が多く登録
ウォンテッドリーの募集要項は独特で、年収や給与ではなく「いかに魅力ある職場か」をアピール。働き方や業務の内容、企業とのカルチャーフィットを重視しているエンジニアにピッタリのサイトです。エントリー前に希望する企業と気軽にメッセージのやり取りができます。会社を理解してから応募できるのでミスマッチが少ないところが魅力です。

Wantedlyの良い口コミ

それでは、SNS上でのウォンテッドリーの良い口コミを見てみましょう。このように、SNS上では「カジュアル面談が良い」との声が見つかりました。未経験者や異業種転職を考えている方にとっては、経歴やスキルだけでなくまずはコミュニケーションをとってポテンシャル面を採用基準にしてもらえるのは嬉しいもの。「経験が浅くても割とまともな案件がある」という評判もあるようです。

Wantedlyの悪い口コミ

では、ウォンテッドリーの悪い口コミにはどのようなものがあるのでしょうか。先ほどはカジュアル面談ができること、経験が浅くても気軽に企業とコンタクトが取れることをメリットと考える口コミを紹介しましたが、「自らコミュニケーションを取りに行く必要がある」ことをデメリットと感じている人もいるようです。

結論、Wantedlyは企業とのカルチャーフィットを重視している方におすすめ!

以上を総合すると、ウォンテッドリーは「企業とのカルチャーフィットを重視している方」におすすめの転職サイトであると言えそうです。まずはカジュアル面談で話を聞いてみたい、大手企業よりベンチャー企業の案件を探しているという方は、ぜひ登録してみてはいかがでしょうか。

「インフラエンジニア志望者」におすすめの転職サイト3選

社内SE転職ナビ

エンジニア転職 ナビ
  • 社内SEに特化した転職サイト
  • カジュアル面談で社内SEについて気軽に質問できる
  • ひとりあたり社内SE紹介は約7社
社内SE転職ナビでの内定者経歴データをみると、サーバーサイドが30%、インフラエンジニアが22%となっています。社内SEに特化しているエンジニア転職サイトは珍しいため、特に社内SEだけを希望している方にはピッタリの転職サイトです。

社内SE転職ナビの良い口コミ

それでは、ネット上での社内SE転職ナビの良い口コミを見てみましょう。
40代を迎えて今後のキャリアを考えた時「もっと自分にいいところがあれば、次が転職するラストチャンスかも」という思いから、カジュアル面談へ。そこで「面接だけでも受けてみようかな」と思える企業を見つけ、自分の理想にマッチした案件だったため転職を決意しました。(40代・男性)
業務都合で土曜日も出勤があるため、限られた時間でも気軽に相談できるオンライン面談を受けることに。そこでアドバイザーの方からのアドバイスをきっかけに、私の希望にマッチした「大手事業会社にて、上流メインで経験を積める社内SE」への転職が実現しました!(30代・女性)
参考:社内SE転職ナビ

このように、ネット上では「自分の理想にマッチした案件が見つかった」との声が見つかりました。さらに「気軽に相談できるオンライン面談でアドバイスをもらえる」という評判もあるようです。日々の業務に追われてプライベートの時間が少ない方は、アドバイザーに相談しながら効率よく転職活動をすすめられるのはメリットと言えます。

社内SE転職ナビの悪い口コミ

では、社内SE転職ナビの悪い口コミにはどのようなものがあるのでしょうか。
未経験の人の場合は、未経験者を採用してくれる案件が見つからない面があるのが、難点と言えるかもしれません。(50代・男性)
紹介数は少なかったのですが、希望条件に合わない求人を紹介されても意味が無いので満足する事が出来ました。(40代・男性)
参考:キャリアトピック

先ほどは自分の理想にマッチした案件が見るかることをメリットと考える口コミを紹介しましたが、「紹介数が少ない」ことをデメリットに感じている人もいるようです。さらに、「未経験者を採用してくれる案件が見つからない」と口コミがあるため、ある程度経験年数や実務経験がある方向けと言えるでしょう。

結論、社内SE転職ナビはカジュアルに転職活動したい経験者におすすめ!

以上を総合すると、社内SE転職ナビは「カジュアルに転職活動したい経験者に方」におすすめの転職サイトであると言えそうです。システムエンジニアとしてある程度働き、次のステップに進みたいと考えている方は、ぜひ登録してみてはいかがでしょうか。

OpenWork

エンジニア 転職 SE
  • 実際に働く社員・元社員からの情報がメイン
  • クチコミによる評価スコアから仕事を検索できる
  • 社員クチコミや評価スコアは1220万件
オープンワークは会社評価レポートの回答結果を8つの評価スコアでグラフ化し、さらに8つのカテゴリで社員・元社員からのリアルな声を掲載しています。業種も豊富ですが、特にエンジニア職は幅広い職種を取り扱っています。

OpenWorkの良い口コミ

それでは、SNS上でのオープンワークの良い口コミを見てみましょう。このように、SNS上では「現場レベルで感じる会社の強み・課題がわかる」との声が見つかりました。企業研究をするときは公式サイトやIR情報だけでなく、中で働いている人のコメントを見ることでよりリアルにその会社にことを知ることができそうです。さらに、企業訪問で違和感を感じた方にとっては「openworkに課金したら」その答えがあったという評判もあるようです。

OpenWorkの悪い口コミ

では、オープンワークの悪い口コミにはどのようなものがあるのでしょうか。先ほどは現場レベルのリアルな口コミが知れることをメリットと考える口コミを紹介しましたが、なかには「会社の命令で従業員が良い口コミを投稿してる」企業もあるのだとか。社員数に対して口コミ投稿数が多く、かつ高評価が殆どの場合は信憑性に欠けるかもしれません。

結論、OpenWorkは現場のリアルな声を知りたい方におすすめ!

以上を総合すると、オープンワークは「現場のリアルな声を知りたい方方」におすすめの転職サイトであると言えそうです。企業の公式サイトや求人のキレイに並べられたテンプレートよりも、よりリアルな内情を知りたいという方は、ぜひ登録してみてはいかがでしょうか。

WILLOF TECH CAREER

エンジニア転職 エンジニア特化 インフラエンジニア
  • エンジニアに特化したサイト
  • フルフレックスやリモートなど働き方からも求人を選べる
  • LINEでの無料相談もあり
ウィルオブテックキャリアはエンジニア専門の転職サイトです。インフラエンジニアの求人も多数、掲載しています。スキル条件では、言語・フレームワーク・クラウド・OS・データベース等から詳細に希望をいれてマッチする求人が探せます。

WILLOF TECH CAREERの良い口コミ

それでは、ネット上でのウィルオブテックキャリアの良い口コミを見てみましょう。
ウィルオブ・テックキャリアのLINE相談は、通勤の電車の中や家事が終わって寝るまでの時間など、本当に私のタイミングに合わせて相談に乗っていただけ、最終的には転職活動を自分のペースで進めることができました。(女性・20代)
まずは話を聞いて欲しいという思いからLINE相談に申し込みました。自身の気持ちの整理や今後のキャリア、今転職活動をすることのメリット・デメリットなどを丁寧に説明していただき、そこで初めて本当に転職をしようと決意が固まりました(男性・30代)
参考:WILLOF TECH CAREER

このように、ネット上では「自分のタイミングに合わせて相談に乗ってもらえる」との声が見つかりました。今すぐ転職!というわけはないものの、まずは話を聞いて欲しいという方にとっては「相談したことで本当に転職しようと決意が固まりました」という評判もあるようです。

WILLOF TECH CAREERの悪い口コミ

では、ウィルオブテックキャリアの悪い口コミにはどのようなものがあるのでしょうか。2022年1月取材時点では悪い口コミは見当たりませんでした。2021年4月20日にスタートした人材紹介サービスのため、利用者数が他社と比較して少ないことが考えられます。今後も、コエテコ編集部ではサービス利用者の声を調査します。

結論、WILLOF TECH CAREERは気軽なキャリア相談からスタートしたい方におすすめ!

以上を総合すると、ウィルオブテックキャリアは「気軽なキャリア相談からスタートしたい方」におすすめの転職サイトであると言えそうです。「今すぐ転職は考えてないけどプロにキャリア相談したい」「ぐいぐい転職を勧められるのは苦手」という方は、ぜひ登録してみてはいかがでしょうか。
WILLOF TECH CAREERに登録する!

「エンジニア経験者」におすすめの転職サイト5選

Findy

エンジニア転職 ギットハブ
  • GitHubでスキルを偏差値化
  • そのスキルを見た厳選された企業からスカウトが届く
  • これまでのスキルを武器に年収アップも狙える
Findyは、エンジニアにはなじみのあるGitHubを活用し、あなたのスキルを偏差値化します。Findyはハイスキルのエンジニアと企業をマッチングさせる新しいスタイルの転職サイト。とりあえずスキル偏差値を試し、自分の市場価値を知って転職活動をスタートすることも可能です。

Findyの良い口コミ

それでは、SNS上でのFindyの良い口コミを見てみましょう。
始めはOSS活動などスキル向上のモチベーション維持のために『スキル偏差値』機能を利用したいと思い、Findyに登録しました。短期間でスキル偏差値を上げることが出来て、その結果自分の希望通りの企業に転職することができました。(フルスタックエンジニア・男性)
キャリアサポートが手厚く、自分の要望に沿った企業を絞ってご提案いただけたので、本当に助かりました。(バックエンドエンジニア・男性)
参考:Findy

このように、ネット上では「スキル向上のモチベーション維持のために『スキル偏差値』機能を利用した」との声が見つかりました。スキルを可視化してくれるので、転職活動で客観的に技術力をアピールしたい方とってはありがたい機能と言えます。また、キャリアサポートも手厚く「自分の要望に沿った企業を絞って提案してもらえた」という評判もあるようです。

Findyの悪い口コミ

では、Findyの悪い口コミにはどのようなものがあるのでしょうか。先ほどはFindyの「スキル偏差値」機能で客観的に技術力をアピールできることをメリットと考える口コミを紹介しましたが、「どういう計算をしているのか」と偏差値と想定年収予測の関連性がわからないといった評判もあるようです。

結論、Findyは自分の市場価値を知りたい方におすすめ!

以上を総合すると、Findyは「自分の市場価値を知りたい方」におすすめの転職サイトであると言えそうです。スキル偏差値を客観的に診断し、厳選された企業からスカウトをされたい!という方は登録してみてはいかがでしょうか。

ビズリーチ

ビズリーチ エンジニア ハイクラス
  • 即戦力エンジニア向けのハイクラス転職
  • 年収1,000万円以上の求人が1/3以上
  • 転職のプロ「ヘッドハンター」への相談もできる
年収600万円以上の人に特に人気の転職サイトがビズリーチです。ビズリーチはテレビのコマーシャルなどでも有名ですね。エンジニアの実績があれば大幅な年収アップも期待できます。

ビズリーチの良い口コミ

それでは、SNS上でのビズリーチの良い口コミを見てみましょう。
このように、SNS上では「日系SIerでも800-1000のレンジで募集している」との声が見つかりました。年収アップ、即戦力エンジニア向けのハイクラス転職に期待ができそうです。「ベンチャー企業や大手企業からも直接スカウトが来る」という評判もあるようです。

ビズリーチの悪い口コミ

では、ビズリーチの悪い口コミにはどのようなものがあるのでしょうか。先ほどは、ベンチャー企業から大手企業まで直接スカウトが来ることがメリットと考える口コミを紹介しましたが、せっかくきたスカウトも「有料会員にならないと通常スカウトの内容見れない」といったデメリットもあるようです。「有料会員にならないと情報が少なすぎる」という評判もあり、ビズリーチで本気の転職活動をするには手数料を支払う必要があります。

結論、ビズリーチは本気でハイクラス転職を目指す方におすすめ!

以上を総合すると、ビズリーチは「本気でハイクラス転職を目指す方」におすすめの転職サイトであると言えそうです。有料会員は2種類あり、タレント会員月額3,278円(税込)、ハイクラス会員月額3,278円(税込)とランクによって月額料金が異なります。本気でハイクラス転職を目指す方は、ぜひ登録してみてはいかがでしょうか。

パソナキャリア

パソナ エンジニア 転職 高年収
  • 上場企業のエンジニア職も見つかる
  • セミナーや相談会も開催
  • 転職後の年収アップ率は約67%
パソナキャリアは総合型の大手求人サイトです。IT・WEB業界もさまざまな職種を網羅。さらに大手企業や高年収の求人情報が多いのが特徴です。

パソナキャリアの良い口コミ

それでは、SNS上でのパソナキャリアの良い口コミを見てみましょう。
3つの大手転職エージェントを利用しましたが、多くの転職エージェントは面談のスタートが「どういう企業に転職したいか」という確認からでした。しかし、パソナキャリアはそもそも「本当に転職すべきなのか」というところから親身になって相談にのってくれました。ここまで転職者の立場に立って相談にのってくれた転職エージェントは、パソナキャリアだけでした。(20代・女性)
新卒としてエンジニアとして働いていましたが、やはり研究に関する仕事がしたいと思い、パソナキャリアを使って転職活動を始めました。パソナキャリアでは最初に転職カウンセリングを受けますが、以外の土曜日も10時から18時まで面談ができるので、仕事をしている人も利用しやすいと思います。(20代・男性)
参考:転職compass

このように、ネット上では「転職者の立場に立って相談にのってくれる」との声が見つかりました。また、働きながら転職活動をする方が多い中で、「土曜日も10時から18時まで面談ができる」と評判があるようです。

パソナキャリアの悪い口コミ

では、パソナキャリアの悪い口コミにはどのようなものがあるのでしょうか。
先ほどは転職者の立場に立って相談に乗ってくれることをメリットと考える口コミを紹介しましたが、条件によっては「紹介できる案件がないと言われた」「現実を突きつけられた」という意見も見かけました。

結論、パソナキャリアは総合型転職サイトで年収アップを目指す方におすすめ!

以上を総合すると、パソナキャリアは「総合型転職サイトで年収アップを目指す方」におすすめの転職サイトであると言えそうです。セミナーや相談会も実施されているため、まずは話を聞いてみたいという方は、ぜひ登録してみてはいかがでしょうか。

 テクスカ

  • エンジニア転職に特化したスカウト型のサービス
  • スカウトを受けたり、面談をしたりするとポイントがもらえる(Amazonギフト券に交換可能)
  • スタートアップから大手企業まで多数の企業が利用している
テクスカは、エンジニアの転職に特化したスカウト型のサービスです。
「求職者のこだわりを伝えられる」「企業が送れるスカウトは毎月たったの5通のみ」などマッチ度・本気度の高いスカウトのみが求職者に届く仕組みとなっていて、スカウトを受けた3人のうち2人が返信するほどの、高い返信率となっています。
スカウトを受けたり、返信・面談をしたりするとポイントがもらえて、Amazonギフト券に交換できるマイレージサービスも魅力です。

テクスカの良い口コミ

それでは、SNS上のテクスカの良い口コミを見てみましょう。
このように、SNS上では「UX良い」「本気のスカウトしか来ないのは本当にありがたい」などの声がありました。サイトの使いやすさ・コンセプトの良さを魅力に感じている人も多いようです。

テクスカの悪い口コミ

では、テクスカの悪い口コミにはどのようなものがあるのでしょうか。
メリット部分ではサイトの使いやすさ・コンセプトが魅力との口コミを紹介しましたが、実際に使った方から「勤務地でも絞れるようにしてくれると嬉しい」という口コミもありました。こちらにはテクスカのアカウントから直接返信があり、企業の検索機能について検討中とのことです。テクスカは比較的新しいサービスなので、今後ユーザーの声を聞いて、更に使い勝手の良いサイトになることが期待できます。

結論、テクスカは気軽にエンジニア転職を考えている方におすすめ!

以上を総合すると、テクスカは「気軽にエンジニア転職を考えている方」におすすめの転職サイトといえそうです。無料で登録できたり、Amazonギフト券に変えられるポイントがもらえたりするほか、大量にスカウトメールがくるなどのわずらわしさもありません。
エンジニアで「転職も考えてみようかな」と考えている方は、ぜひ登録してみてはいかがでしょうか。

dodaエンジニアIT

  • ITエンジニア求人が38,000件以上(2022年6月現在)と多い
  • 職種・言語・フレームワークなど、条件を細かく指定して探せる
  • 求人の検索・応募ができるアプリや職務経歴書の作成ツールがあり、効率的に転職活動ができる
dodaエンジニアITは、人材紹介サービス大手の「パーソルキャリア」が展開しているITエンジニア向けの転職サイトです。求人件数が38,000件以上(2022年6月時点)と多く、職種や言語・フレームワークなど、条件を細かく指定して求人を探せます
専用アプリもあり、手の空いたときや仕事の休憩中にも求人の検索や応募ができます。

dodaエンジニアITの良い口コミ

それでは、SNS上でのdodaエンジニアITの良い口コミを見てみましょう。
このように、SNSでは「求人が多い印象」との声が見つかりました。転職を考えている方にとって、求人数の多さは嬉しいポイントですね。実際にいくつかに応募した結果「3社面接することになりました!」という評判もありました。

 dodaエンジニアITの悪い口コミ

では、dodaエンジニアITの悪い口コミにはどのようなものがあるのでしょうか。
先程は求人の多さをメリットと考える口コミを紹介しましたが、会員登録すると「毎日2回くらい電話してくる」という声も。また「不採用の時は返事来ない」という口コミもありますが「そのほうが逆に気が楽」と感じる人には向いているサイトだといえるでしょう。

 結論、dodaエンジニアITは幅広いIT職種を探したい方におすすめ!

以上を総合すると、dodaエンジニアITは「幅広いIT職種を探したい方」におすすめの転職サイトであると言えそうです。ITエンジニアの求人数が多く、また募集している職種も多岐にわたります。エンジニアに転職したいけど、まだどの職種にすべきか迷っているという方は、ぜひ登録してみてはいかがでしょうか。
dodaエンジニアITに登録する!

未経験からエンジニアへ転職する方法・流れ

「ITエンジニアになりたい!」と思っていても、具体的にどんな方法をとるべきなのか。またどのような流れをたどるとなれるのか、わからないですよね。
エンジニアに転職する方法・流れは以下のとおりです。
  • 最低限のプログラミングの知識やスキルをつける
  • IT業界の研究をする
  • 転職サイトを利用して転職活動を進める
未経験からエンジニアへの転職を希望している人は、ぜひ参考にしてください。

最低限のプログラミングの知識やスキル をつける

エンジニアの求人票の中には「未経験可」「未経験歓迎」で募集しているところもありますが、最低限のプログラミングの知識・スキルがあることを前提としている場合も多いです。
また「プログラミングがよくわからないから、転職の一歩を踏み出せない」という人もいますよね。その不安を解消するためにも、まずは勉強からはじめてみてください。

プログラミング学習の方法は、以下の2つがあります。
  • 独学
  • プログラミングスクール
独学は参考書やWebサイト、動画などで学ぶので費用を抑えられますが、わからないことがあったときに解決できず、つまずいてしまうことも。
プログラミングスクールはメンターがついて教えてくれるので、効率よく知識・スキルが身につけられますが、費用は数十万円〜と高額なところが多いです。

「費用の捻出が難しい。でも絶対にエンジニアになりたい」という強い希望があるなら、無料のプログラミングスクールやプログラミング研修で勉強する方法があります。
IT企業と提携しているプログラミングスクールや転職サイトが開催・運営をしている場合が多く、エンジニア転職への道をひらきやすいでしょう。

IT業界の研究をする

エンジニア未経験の方は、IT業界を研究した上で転職活動をしましょう。

「ITエンジニア」と一口に言っても、システムエンジニアやWebエンジニア、インフラエンジニア…など職種は多岐に渡ります。
職種ごとに必要とされる知識・スキルや仕事内容、働き方は違いますし、また入職前にすべき勉強内容も変わってくるでしょう。

さらに、それぞれの職種の違いを理解していなければ「自分の希望していた仕事ができない」「仕事環境が思っていたのと違った」などのミスマッチが起きてしまうことも。

企業や求人によって、募集している職種や仕事内容が違います。ご自身に合った転職をするためにも、IT業界の研究は欠かさず行いましょう。

転職サイトを利用して転職活動を進める

未経験の方がエンジニアに転職するときには、ぜひ転職サイトを利用してください。中でもIT業界専門の転職サイトやエージェントはエンジニアの求人も多いので、活用することをおすすめします。

転職サイトであれば情報数も多く、自分のペースで転職活動をしたい人に向いています。また転職エージェントは、担当者から企業の情報や仕事内容などを細かく教えてもらえる他、履歴書作成や面接のアドバイスなどもしてくれるところも。(転職サイトと転職エージェントについては、後ほど詳しく解説します。)

どちらを利用した場合でも、個人で企業サイトの求人情報を探して回るよりも、はるかに効率よく転職活動が行えます

業界未経験・実務未経験でもエンジニアを目指せるの?

業界で働いたことがなくても、実務未経験でもエンジニアはめざせます。

キャリアチェンジを行い、エンジニア転職をした人の「前職」についての調査結果が下記になります。

エンジニア 転職 未経験
引用:「未経験からのエンジニア転職」に関する調査/アデコ株式会社

実際に異業種・業界からのエンジニア転職は珍しくありません。もうひとつ、調査を見てみましょう。企業側へのアンケート結果で、これまでに実務未経験のエンジニア採用をしたことがある、または検討している割合です。

実務未経験のエンジニア採用をしたことがあるか

エンジニア転職 未経験 採用
引用:エンジニア採用に関する調査/FIND-JOB

実に60%近い企業がエンジニア未経験者の採用を検討しているか、または採用をしています。

エンジニアは実績やスキルが優先されるのは多くの企業に共通していることです。

しかし、人材不足もあいまって、たとえ実務の経験がなくても、あるいは異業種からのキャリアチェンジであっても、意欲があり基本的なITスキルを身につけている人材であれば採用されるチャンスは大きいと言えるのではないでしょうか。

業界未経験者向け「求人票」を見てみよう!

エンジニア 未経験 年収500万
出典:リクナビNEXT

上記は実際に転職サイト「リクナビNEXT」で検索した結果です。学歴不問、業界未経験者OKで、キャリアチェンジ1年目で年収350万円、3年目には520万円とアップしています。

このように転職サイトをつぶさに見ていくと、未経験エンジニア向けの仕事も見つけられます。

エンジニアに興味がでたら転職サイトで市場をチェック

エンジニア転職 転職サイト 転職エージェント

募集要項はいわば「業界が求めている人材・スキル」を列記しているわけで業界の情報がリアルにわかる最高の資料です


前述の求人情報をみると、業界未経験でも最初こそ年収は低いものの、実績を積み上げることによって大きな昇給を得られることがわかります。

いろいろな求人の募集要項をみることは転職活動の第一歩。転職サイトはエンジニア・IT業界の市場を把握できる情報が満載です。

これらをチェックするうちに、平均年収や、実績、職種による待遇の違いなどが把握できます。転職活動では、市場のチェックと自分の市場価値を見極めることが重要です。

まずは転職サイトで、業界の動向やどんな職種が今求められているのか、取得しておくべき資格は何か、さまざまな方向からチェックしましょう。

求人サイトではココをチェック!

求人をやみくもに探すのは手間がかかり、効率がよくありません。各転職サイトはそれぞれ特色や強みもあります。エンジニア転職では、求人サイトで次の3つを要チェックです。

【転職サイトでチェックしたい項目3つ】
① エンジニアの求人数
→どれだけエンジニア需要があるのかを把握。ある程度はエリアを広げて、地域と求人数についても確認するとよい。
② エンジニア求人の種類
→どのようなエンジニアが求められているのか、さまざまなエンジニア職があるがどの職種の求人が多いのか、あるいは高い年収を得られるのかといった点をチェック。
③ エンジニアになるために必要なスキル
→求人票には歓迎スキルや必須スキルが載っている。希望する職種のエンジニアに就くのに有利なスキルや資格は何かを確認。

転職サイトはこんな人におすすめ

転職サイト エンジニア 転職エージェント

スマホやタブレットで転職サイトを気軽にチェック。転職活動の第一歩です。


転職サイトがおすすめなタイプ
  • 試しに求人を見てみたい人
  • 数多くの求人を見て自分で転職活動を進めたい人
  • 行動力のある人
  • 自分のペースで転職活動をしたい人
これから転職活動を行おうと検討中の方は、まずスキマ時間にも気軽にチェックできる転職サイトを利用しましょう。どのようなエンジニア求人情報があるのか、市場の動向も確認できます。

転職サイトは、自分で求人情報を検索、良さそうなところを選んで応募し、転職活動を進めます。積極性と行動力のある人に向いている転職方法ですね。

スキマ時間に転職サイトを利用したり、週末にじっくり求人情報を見たり、自分のペースで自由に転職活動をしたい人にも転職サイトは向いています。

転職サイトと転職エージェントは何が違うの?

転職活動では「転職サイトを使った」「転職エージェントを利用した」という声がよく聞かれます。ここでは簡単に転職エージェントと転職サイトの違いを見ていきましょう。

転職エージェントと転職サイトの違い

転職エージェント 転職サイト
手軽さ
登録には面談が必要

スマホやPCで登録するだけ
サポート
専任の担当者が全面支援

ひとりで転職活動を進める
求人数 非公開求人は多い 多い
求人の見つけ方 基本は紹介 自分で検索
特徴 担当者がサポート
求人は基本的に紹介される
履歴書の書き方や面接対策も行ってくれる
自分で求人を探し応募する
面接の日程調整など自分で行う
自分のペースで行える

転職サイトと転職エージェントの一番大きな違いは「ひとりで転職活動を行うか」それとも「担当者にサポートしてもらうか」です。

本格的にエンジニア転職活動を行うのであれば、転職サイトと転職エージェントの両方を使うのがおすすめです。

未経験者の方であれば転職サイトと転職エージェントの併用がおすすめ!

転職サイトは手軽に利用できる便利さが人気です。

しかし、転職サイトだけではなかなか自分にマッチした仕事が見つからないかもしれません。膨大な求人情報から条件で絞り込んでも、それぞれの求人を比較するだけでも大変な作業です。

そこで、転職支援サービスである「転職エージェント」も同時に併用することをおすすめします。

転職エージェントを利用すると、求人の紹介から履歴書の書き方、面接の日程調整などを担当者が行ってくれます。

転職サイトだけではわかりづらい企業の内部情報を教えてくれたり、自分のスキルや希望とどれくらいマッチしているかも客観的に判断してくれたり、全面的に転職活動をサポート。

エンジニア転職は、専門職なだけに業界に詳しい担当者と共に転職活動を行うことで、初めての転職や未経験エンジニアの転職もスムーズにいくことが多いです。もし、エンジニア転職に関して不安があるようなら、転職エージェントも利用してみましょう。

効率的に最短距離で、そしてなるべく自分の希望やビジョンに合った新しい職場を探すために、転職支援サービスを活用しましょう。

エンジニアにおすすめの転職サイトまとめ

エンジニアは転職が比較的多い「職種のひとつ」と言われています。同じように転職が多いのは、たとえば看護師ですが、いわゆる手に職、専門職はより良い待遇や職場環境を求めて、あるいはスキルアップを念頭に置いて、転職を叶える人が多い傾向があります。

業界未経験でも大丈夫、まずはエンジニア向けの転職サイトでどんな業務でどれくらいの年収なのか、業界についてのリアルな知識を収集しましょう。

さらにプロの手を借りて、転職エージェントを利用し、具体的なキャリアプランを進めていけば、あなたらしい働き方や希望する年収に届く「エンジニア転職」がきっと叶うでしょう。

コエテコがおすすめ!エンジニア向け転職エージェント

  • レバテックキャリア ITエンジニアが利用したい転職エージェントNo.1に選ばれるITエンジニア経験者専門の転職エージェント!

  • TechClipsエージェント 高マッチング率のITエンジニア専門エージェント。利用者の95%が年収UP!

  • IT転職エージェントGEEKLY(ギークリー) 一都三県での転職を希望している方限定!大手を中心に非公開求人数は約10,000件で独占求人あり!

  • paiza転職 エンジニア・クリエイターの経験がある方のみ対象。paizaスキルチェックで客観的にスキルを可視化!

  • doda 専門スタッフによる各拠点でのカウンセリングが魅力!エントリーから内定までをトータルサポート!

RECOMMEND

この記事を読んだ方へおすすめ

よくある質問

  • 質問 転職エージェントと転職サイトの違いは何ですか?

    答え 転職エージェントはキャリアカウンセラーが、個別にカウンセリングをして最適な求人をを紹介してくれる転職サービスで、書類の添削や面接練習など様々なサポートをしてくれます。転職サイトは自分で求人を探す必要があります。それぞれにメリット・デメリットがあるため、初めて転職をする人やなるべく短期間で転職成功したい人はプロから転職支援を受けられる転職エージェントがおすすめです。転職経験があり、自分のペースで自由に転職活動がしたい方は転職サイトがおすすめです。

  • 質問 転職エージェントは料金がかかりますか?

    答え 転職エージェントは登やカウンセリング、書類の添削、面接練習などのサービスは無料で、転職希望者はお金を払わずに利用することができます。その代わり、転職エージェントに登録している企業からは採用が決定した際に成功報酬として紹介手数料をもらって事業が成り立っています。転職エージェントにはネットで検索して見られる公開求人の他に、社名などの採用に関わる情報を公にしない非公開求人というものがあります。こちらは企業側が転職エージェントに依頼して欲しい人材を集めることが可能。転職エージェントを利用する企業側にもメリットがあるのです。

  • 質問 現在、在職中で転職時期も決まっていませんが転職エージェントに相談できますか?

    答え はい、可能です。 「とりあえず情報が欲しい」「自分のキャリアでどんな転職先があるのか」「転職するために必要なこと」など、転職に関する相談を受付ている転職エージェントがほとんどです。なかには、プロのキャリアカウンセラーにLINEで気軽に相談できる転職エージェントもあるので利用してはいかがでしょうか。多くの転職希望者が在職中に転職エージェントに登録しています。相談をした上で転職の意思が決まったら利用するのもありですし、まだ転職時期が決まっていなくても相談できる相手が社外にいることでご自身のキャリアを見つめ直すきっかけにもなるでしょう。

  • 質問 転職エージェントに登録して、企業求人へ応募してから内定までどのくらいかかるものですか?

    答え 企業側の選考スピードやご本人のスケジュールにもよりますが、平均で在職中であれば3ヶ月程度、離職中であれば1ヶ月から2ヶ月程度と言われています。なかにはタイミングがよく面接の日程がすぐ組めて、選考回数も少なく、すぐに内定が出る方もいらっしゃいます。ただし、じっくり考えたい方や複数社比較したい方なは早ければいいという問題でもありません。ご自身の都合上、今すぐ転職をしたいと考えている方はキャリアカウンセリングの際に相談しましょう。

  • 質問 転職エージェントを利用すれば、未経験職種への転職は可能でしょうか?

    答え 企業の求人情報の中には「未経験可」と書かれているものも多くあります。転職をきっかけに、新しい職種にチャレンジしたいと考える方もいるでしょう。一般的に、企業が転職者に求めるのは「即戦力」。その点でいうと未経験者に即戦力はありませんが、「未経験可」としている求人は応募者のポテンシャルや将来性を評価していることがあげられます。応募する業界や職種とは関係なくても、これまでの経験を新しい職種にも活かせることや、企業にどう貢献できるのか熱意をアピールできれば、未経験からの転職成功も夢ではありません。