KID'sプログラミングラボの詳細情報・口コミ・評判

掲載数No.1プログラミング教室・ロボット教室検索サイト

キッズプログラミングラボ

KID'sプログラミングラボ

運営本部: 株式会社BluePlanet

★★★★★
-

(※口コミ件数が一定以下のため、評価は非表示)

※ 上記の評価は、スクール全体の口コミ点数・件数です

オンライン対応について

ワンランク上のプログラミング教室「Kidsプログラミングラボ」の授業が、オンラインで受けられるようになりました。
「近くに教室がない!」というお悩みもオンラインでの授業なら一気に解決できます!。
体験、説明会のご希望の方はWebサイトよりお申し込みの上、ご参加ください。

KID'sプログラミングラボについて

編集
編集

「英語や数学・物理の前にプログラミングを学ぼう」はじめとするユニークなポリシーあるKID'sプログラミングラボ。

ちょっと興味深い存在ですね。

ここでは、KID'sプログラミングラボについてまとめます。

KID'sプログラミングラボとは?


KID'sプログラミングラボ
は「小学生からはじめるワンランク上のプログラミング教室」をモットーに教室展開を行っているスクールです。

レベル別に学べる5つのコースで、初心者でもゲームやアプリを作成できるようようにカリキュラムが組まれています。

講座は、まったくはじめてパソコンに触れる子どもでも、高度なプログラミング技術をめざしていける5つのコースが組まれています。
  • プライマリー
  • ベーシック
  • プレミドル
  • ミドル
  • アドバンス
ビジュアルプログラミング言語からスタートして最終的にはプロフェッショナルな世界で使われるC#を使いこなせるレベルまで。

高度なプログラミング技術を育てていきます。

使用機材は、パソコン、アプリケーションともに教室備え付けのものを使用します。

プログラミング言語は、最初はビジュアルプログラミング言語のScratchから。

段階を進んでいくうちに、Python、HTML、CSS、JavaScript、C#、Unityなど現代第一線のシステムおよびWeb開発に使われる言語を一通りマスターできます。

検定合格の実績は?

KID'sプログラミングラボは生徒にジュニア・プログラミング検定などへのチャレンジを応援しています。


ジュニア・プログラミング検定はScratchによるプログラミング能力を測定するもので難易度別にGold(1級)、Silver(2級)、Bronze(3級)、Entry(4級)の4段階の課題が用意されています。

2020年の8月には最難関のGold(1級)試験に4名の在校生が合格。


授業レベルの高さを証明しています。

教室はどこにある?

KID'sプログラミングラボの教室は北は北海道から南は九州まで52ヵ所にあります。

とくに東名阪エリアのネットワークは充実していて東京、大阪、名古屋の3都市圏内だけでも47ヵ所のスクールが開講しています。

お住まいの近くにあるかどうかは、このボタンから探せますよ。
近くにこの教室があるか探す

料金体系(費用・月謝・授業料)は?

KID'sプログラミングラボの授業力は、コース別になっています。
コース/対象年齢 受講回数/受講時間 初期費用 月費用
プライマリーコース
小学生1年生以上が目安
月2回/1年間で修了
1回:60~90分
11,000円 9,900円
ベーシックコース
小学校3年生以上が目安
月2回/2年間で修了
1回:90分
11,000円 11,000円
プレミドルコース
小学校4年生以上が目安
月2回/1年間で修了
1回:90分
11,000円 13,200円
ミドルコース
小学校6年生以上が目安
月2回/1年間で修了
1回:90分
11,000円 13,200円
アドバンスコース
小学校6年生以上が目安
月2回/期間は無制限
1回:120分
11,000円 14,300円

※料金はすべて税込です。
※教室によって授業料が異なる場合があります。詳しくは各教室にお問い合わせください。

教材は?

KID'Sプログラミングラボでは、教室に備え付けのパソコンとアプリケーションを使用します。

また、プログラミング言語はScratchからはじまり、順序を追ってテキストコーディングに進んでいきます。

プライマリーコース/ベーシックコース:Scratch

米マサチューセッツ工科大学メディアラボが開発したビジュアルプログラミング言語です。

ブロックを並べるようにコマンドを組み立てて、ゲームをつくったりロボットを動かしたりできます。

プログラミングに必要な「もし~なら」「座標の概念」「変数」などの基礎が十分に学べる教材です。


プレミドルコース:python

プレミドルコースでは、アプリケーションの開発、人口知能、データ解析など幅広い用途に使われるpythonによるプログラミングに挑戦します。

テキストコーディングですが、コードがシンプルで学びやすいので初心者にも適していると言われます。

KID'sプログラミングラボでは、pythonを使ったゲームプログラミングなどを行います。

ミドルコース:HTML、CSS、JavaScript 

ミドルコースでは、Web構築に不可欠なHTML、CSS、JavaScriptを学び本格的なWebページを作成できるレベルをめざします。

HTML=Webサイトの構造を定義する

CSS=Webサイトのデザインや装飾を行う

JavaScript=Web上での情報をやりとりを便利にする

この3種類の言語を学ぶことで、Web構築をするための基本をしっかりと固めていきます。

アドバンスコース:C#/Unity

アドバンスコースでは3次元(3D)モデルを構築できるレベルの知識と技術を求めていきます。

C#=オブジェクト指向の言語でGUIアプリやWebアプリ開発に向いている

Unity=ゲーム開発のプラットフォームで2D、3Dの両方に対応する

授業では3Dゲームをつくりプロの領域をめざします。
近くにこの教室があるか探す

どんな力が身につく?

KID'sプログラミングラボのカリキュラムではな、どんな力が身につくでしょうか。

まとめてみました。

将来に求められる力をいまから学ぶ

Facebook、Amazon、LINEなど身の回りにあるサービスもITの力なしでは考えられない時代になりました。

今後もさらに、この流れは進み、世の中の基礎がITの力でつくられていきます。

KID's プログラミングラボでは、小学生から主体的に考え抜く訓練をし、そのアイデアで新しいIT社会を実現できるグローバル人材を育成します。

3つの基礎力と潜在能力

「前に踏み出す力」「考え抜く力」「チームで働く力」=経済産業省が提示する「社会人基礎力」です。

その育成になにより向いているのがプログラミング学習。

「むずかしい課題を前に、情報を集め、思考して、プロジェクトを完成させる。バグがあれば、追及して解明する」

この繰り返しにより個人の潜在能力をとことん伸ばしていきます。

動きのメカニズムを想像&創造する力

現在は、冷蔵庫や洗濯機、電子レンジなどの家電製品もプログラミングされたマイコンによって制御されている時代。

たとえば、電子レンジで物体をあたためるプログラミングを追究することで、目的の動作がどうすれば実現するかというメカニズムを知ることができます。

これらを考えつづける=実現しつづける経験により、さまざまな事象の原因・理由・問題点の解決方法をさぐれる人材に育っていけます。

カリキュラム・授業内容は?

KID'sプログラミングラボの授業は、プライマリーコース(60~90分)以外は、90分と十分な時間をとっています。

これにより「プログラミング言語を学ぶ」という以上の広範な能力を得るのが目的です。

いくつかの例を紹介します。

たとえば、英語の基礎力をプログラミングで得る

KID'sプログラミングラボの、ある保護者が言っていたのは「英語力の基礎を学ぶために、プログラミングを学ぶ」ということでした。

不思議な発想のように思えますが、考えてみると、英語の文法もプログラミングも構造の理解が大切。

また、JavaScriptやPythonをはじめとするテキストコーディングでは命令語に英単語を使います。

はじめにプログラミング言語を学び、言語の構造を理解する。

このプロセスを通して、英語力の基礎もできるかもしれない。

KID’sプログラミングラボは、このように独自の発想で多方面に広がっていく知識提供を進めるスクールです。

プログラミングを学んで数学や物理の基礎も得る

「小学校では算数や理科が得意だったが、中学・高校と進むうちに苦手になった」よく聞く話です。

理由は、小学校のうちは指示されたとおりの作業で対応できたのが、中学・高校では「考える力」が求められるようになるから。

このような考える力を得るのになにより向いているのがプログラミング。

KID'sプログラミングラボでは、数学の「方程式」「三角比」、理科の「モーメント」や「力の合成」などの発展的知識を総合的に学習します。

プログラミングを通じて、数学や理科の力、そしてなによりも大切な「考える力」が養われていきます。

総合的な学力の底上げのために役立つプログラミング知識の習得、そこにKID'sプログラミングラボの目標はあるようです。

授業の流れは?

目標は大きく、しかし最初はゼロからのスタートでも大丈夫。

それがKID'sプログラミングラボの授業です。

たとえば、1回目の授業では、クリック、ダブルクリック、ドラッグを用いた操作方法からはじまります。

パソコンのキー配列が全然わかっていないところから、順次レベルアップして最終的には、テキストコーディングができるレベルをめざしていきます。

一歩一歩着実に前に進める授業が特徴です。
近くにこの教室があるか探す

教室のメリット/デメリット

メリットは?

KID'sプログラミングラボのメリットは、小学生でも将来はプロのプログラマーという大きな目標に向けて学習をスタートできる点にあります。

入学の推奨年齢は小学校3年生以上

でも、興味がある子どもなら、小学校1年生からでも受付可能だといいます。

ゼロからのスタートでも「むずかしすぎて脱落する」ことがないように考え抜かれたカリキュラムがあるから、このような受け入れ体制が可能ともいえるでしょう。

プログラミングに興味があって、でも授業についていけるか心配もあるお子さんと保護者の方にこそ検討対象に加えてほしいスクールですね。

近くにこの教室があるか探す

デメリットは?

無料体験イベントに訪れた保護者のなかには、プライマリーコースがScratchを使用すると聞き、レベルが低いように感じる人もいるといいます。

テキストコーディングに比べてみると、Scratchのようなビジュアルプログラミング言語は、遊び感覚に見えるかもしれません。

しかし、スクールの考え方は違っていてプログラミングの基礎を学ぶには、これ以上のものはない魔法のソフトだといいます。

基礎を固めて、それからぐんぐん前に進んでいけるのがKID'sプログラミングラボというわけです。

良い口コミ/悪い口コミを検証

KID'sプログラミングラボについて、現在までにコエテコに届いている口コミは1件だけですが、その回答から抜粋します。
コエテコユーザー
コエテコユーザー

体験が1人だけだったので、ふだんの教室の様子は分からないままでしたが、そのぶんとても丁寧に教えていただいて良かったと思います。

(講師から)少し難しそうなお話もありましたが、マンツーマンで教えて頂けたので子どももそれなりに理解できていたようでした。

私自身はプログラミングは全く分からないのですが、子供はそれなりに理解できているようだったのでちょうどよいカリキュラムだったと感じました。

(良かったところ)
その子のペースに合わせて個別に指導してくれるというところと、行けなかった時の振り替えもしやすい感じだったのが良かったです。

(残念だったところ)
希望していた教室がなくなってしまうということで、自宅から電車で通わなくてはならなくなったところが残念でした。。

回答された方は、以前ほかのプログラミング教室にもお子さんを通わせていたようですが、比較してみた感想は良好だったようでした。
近くにこの教室があるか探す

運営会社はどこ?怪しい会社じゃない?

KID'sプログラミングラボを運営しているのは、株式会社BluePlanetです。

設立は2004年。

このほかに大人のためのパソコンスクール、総合学習塾、個別指導塾なども経営しています。

けっして大企業ではないですが、地域にしっかりと根を下ろして教育事業を進めてきた企業に思われます。

たくさんの子どもたちと触れあってきて、その育成方法に関してもノウハウと確信を得た。

その経験から生み出されたのがKID'sプログラミングラボのカリキュラムといえそうです。
近くにこの教室があるか探す

無料体験イベントはこちら!

KID'sプログラミングラボでは、プログラミング学習を考える子どもと保護者のために無料体験イベントを開催しています。

「米マサチューセッツ工科大学メディアラボが開発したビジュアルプログラミング言語Scratchによる学習」と言われてもピンと来ない方もいるかもしれません。

でも実際にマウスを操作して、初歩の実習プログラムを作成してみると「ああ、こういうことだったのか」と納得される方も多いようです。

HTML、CSS、JavaScript、Pythonといったプログラミング言語も現在のICT業界のなかで主流として使われています。

これらの動きを目で見てわかる貴重なイベントとして好評です。

KID'sプログラミングラボの教室を探すにはこちらのボタンからどうぞ。

近くにこの教室があるか探す

プログラミング教室の無料体験授業を探すならこちら!

コエテコでは、全国7,000教室からお住まいの近くにある教室をみることができます。

「ロボット」「STEM」「KOOVで学べる」……など、お好みの特徴で検索が可能!

ぜひお子さんに合った教室を探してみてくださいね。


KID'sプログラミングラボの教室一覧(56件)

KID'sプログラミングラボの特徴

小学生から本格的なプログラミングを学ぼう!

  • 教育方針・理念

    「ワンランク上のプログラミング教室」ちょっとした難しさを乗り越える力を身に着ける!

    「ワンランク上のプログラミング教室」がプログラミングラボの特徴です。プログラミングラボでは、”ちょっと難しい”を主題に初心者からでもゲーム性がある楽しいゲーム作りを通してプログラミングを学びます。”楽しい!”ということは意欲的に学ぶ姿勢が培われ、何事にも興味をもって学習することが自然と出来るようになる環境を目指しています!またプログラミングの特徴でもある、”順序立てて考える力”はプログラミング教育に限った話ではなく人間力の基盤を養う大切な素養となります。

  • 授業内容

    基礎から応用へのステップアップ形式で学ぶ!

    プログラミングラボでは、1ヶ月に1つのゲームを作成し、楽しみながらプログラミングを学習します。月2回で基礎編(ゲームを作る)、応用編(ゲームを改造する)で構成されます。完成した作品は、様々な改造を行いオリジナルのゲームに仕上げていきます。作るだけではなくお友達や家族に発表をすることにより、作成した成果を共有する時間から、自身の考えを相手に伝える学習も実体験を踏まえて身に着けていきます。

  • 教材の特色

    プログラミング記述に慣れる教材!

    プログラミングラボの教材は、完全にオリジナルの教材です。パソコンは教室からお貸ししますので準備物はございません。オリジナルテキストとパソコンを使用して授業を実施します。初めは、「ものの仕組みや、流れを順序立てて考えることが出来るようになる人材の育成」を目指して始めていきます。次のステップでは、身に着けた流れの把握から「徐々にプログラミング言語に慣れていく」というステップアップ形式でプログラミング的思考力を高める教材です。

KID'sプログラミングラボのコース紹介 (5件)

KID'sプログラミングラボのよくある質問

  • 質問 対象年齢は何歳からでしょう?

    答え パソコン操作(クリック、ドラック、ダブルクリック、キータッチ)、ローマ字入力ができる事をおすすめします。そのため、明確に何年生という規定はございません。
    現に小学1年生からでも、受講していただいたケースもあります。
    小学3年生以上ですと、算数の基礎知識と講義内容がマッチしますので、目安として、小学3年生以上をおすすめしています。

  • 質問 小学生からプログラミングを始めるにあたって、理解していけるかが心配です。

    答え プログラミングラボの実践演習を、まずは4ヶ月を最短期間として、理解度を確かめてみてください。基礎力を身に付けた後は、みるみる理解力も向上します。
    ご家庭では、「今日の授業は、どうだった?」とたくさん質問をしてあげてください。その質問が、お子様の学びの定着にもつながり、今後の発展力にもつながります。

  • 質問 プログラミングラボのどのコースにするか迷っています。

    答え 各コースそれぞれの楽しさがあり、どれも魅力的な内容となっております。
    まずは、プログラミングラボにて、専任の講師と一緒に、どのコースが楽しいか、カウンセリングを行います。
    その上で授業をご体験いただいた後に、希望コースを決定いただければと思います。
    まずは、お子様の「興味!やる気!」をご持参の上、プログラミングラボへお越しください。